ポール・マッカートニー

2012年06月16日

ロック史上最も酷評にさらされた名盤

ポール自身、もう後世に自分の愛すべき作品をしっかりした形で残そうという、ファンにとっては嬉しいような寂しいような複雑なプロジェクトである『アーカイヴ・シリーズ』で『RAM』が少し前に出ました。この大きく評価が分かれるアルバム、僕は最高に大好き!です。

当然、迷わず超豪華盤を買ってしまいました。日本盤は15,000円!ですがアマゾンでUK盤が9,800円だったので、そちらを。でもDVDに日本語字幕がないのが失敗でした。

ram remasterその超豪華盤の内容は写真や他のサイトを参考にして頂くとして、そのアルバムについて。僕がビートルズを知った76年頃には当然この『RAM』は世に出ていましたが、雑誌やレコード評を見るとあまり評価は高くなかったと記憶しています。また発売された当時の評価もいわゆる「酷評だった」という記述が多く、私自身もずーっと手を出しませんでした。

しかしソロの方まである程度聴くようになった20代の時、ラムの日本盤中古を買ったのですが、その時の第一印象は「えっ?これが評判の良くないラム?」。その時はすでにウィングスも解散し、「タッグ・オブ・ウォー」が私のポールソロNo1アルバムという位置づけの時だったので、相当後追いですがそれからはポールのソロを聴きたいと思ったらまずこの「RAM」というぐらいに好きなアルバムになったのでした。

なぜ、そこまでこのアルバムは酷評だったのでしょうか?当時はジョンは「ジョンの魂」、ジョージは「オールシングスマストパス」というヒットアルバムを出して、ポールは相当意気込んでこのアルバムを制作したに違いありませんし、内容は決して悪くなかったはず。しかし、当時のポールは他の3人のメンバーと悪徳マネージャーのアラン・クラインを相手取って訴訟を起こしていたりして悪者扱いされていたり、この手作り感満載のジャケットや、リンダのコーラス、そして時代はスワンプロック全盛という時代も良くなかったのかもしれません。

実際、私のまわりでも「ラム、大好き!」という人と「ラムはちょっとね」という人に分かれています。でも私は本当にポールらしさ(趣味の良い所も悪い所も含めて)のよく出た素晴らしいアルバムだと思います。この音の良くなった機会にもう一度「ラム」をご賞味してはいかが?

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 12:07|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2012年04月22日

コンプレックス

ビートルズのコピーバンド(あえてこう言いますけど)のベース・パート、つまりポール役として僕はコンプレックスのかたまりであります・・。ビートルズコピーバンド業界(笑)では、ベースは当然ポールのパートであり、ポール役なのですが、これは本当にハードルが高い。

僕のポール役としてのコンプレックス、その1は背が低い(足も短い)。その2、右利きである。その3、高い声が出ない(もう致命的・・涙)

paul & johnその1の背が低い(足も短い)はこれはもうどうしようもないのです。映像でポールを見ているとその細くて長い脚に惚れ惚れします。特にエドサリバンショーはカッコいいですね。でもこれはどうしようもないし、日本人なので開き直ってシークレットブーツを履けば何とか少しは誤魔化せます。

そして2の右利き、これも50前のオッサンには今さらどうしようもないし、今でもベースを弾くのに一生懸命なのに左利きになろうもんなら10代のベースを初めて持った時に逆戻りです。バンドとしての演奏力の方を優先させるためには、これは諦めがつきます。でも今でも左手でペンを持っている人やご飯を食べている人を見ると羨ましくてしょうがない・・。(時々、左利きに人に何故ベース弾かないの?って変な質問をします)

そして3の高い声が出ない。これはポール役として致命的です・・涙。ポールはとにかく声が高いです。それも伸びやかで艶やか。ポール役の必須である「Long Tall Sally」は僕にはまだ歌えません。最近、ようやく「Kansas City」や「I'm Down」が以前に比べてまともになった程度で、それもまだまだです。YouTubeとか見ていても、ビートルズ・コピーバンドで本当にハイトーンで上手に「Long Tall Sally」を歌う方がみえますね。本当に羨ましいです。でも諦めてませんよ。車を運転しながら、日々大声で練習しています。交差点で信号待ちしている車から叫び声が聞こえてきたら、それは僕ですから・笑

でも時々いるんですよねー、スリムで、左利きで、らくらくロングトールサリー歌っている人が。「100万円で左利きになってロングトールサリー歌えるようになります」と高須クリニックで宣伝したら僕は真剣に考えるかも・・・笑

いつになったらこんなふうに歌えるんだろう?

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 14:42|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2012年01月09日

2012年のビートルズ予想

皆さん、あけましておめでとうございます(もう9日ですが・・w)。今年もボチボチですがこのブログを更新していきますので、皆さんヨロシクお願いします。2012年はビートルズ・デビュー50周年ということで、ビートルズ関係もきっと色々な事が起こるのではないかと思います。と、いうことで2012年のビートルズを私が勝手に予想したいと思います。。

beatles+albums1、ロンドン・オリンピック開会式にポールとリンゴが共演する!?

今年はロンドン・オリンピックの年です。イギリス、ロンドンといえばもう普通に考えてもこれでしょう。毎回オリンピックの開会式はその国の企画で極秘に進められて、毎回アッと驚くような趣向が凝らされています。ということで、これは極秘に進められているのではと思うのです。ポールとリンゴの他にジュリアン(ショーン?)とダニーの息子が加わるという説もあるようですが、私個人的にはこれはなしです。ポールとリンゴ二人で何か共演してほしいです。出来れば、最新技術を駆使してジョンとジョージのライブ映像をステージで等身大で合成してあたかも共演しているような洒落たことをしてくれたらもう涙モンなのですが。

2、リマスターによる映画「Magical Mistery Tour」「1964Washington DC Live」の発売、その他iTuneで他タイトルリリースか!?

デビュー50周年ですからアップルも何かを極秘裏に進めているのは間違いないのではと思います。ファンの間で発売が待ち望まれている映画「Let It Be」については少し前に監督のマイケル・リンゼイホッグが発売は2013年になるだろう、と語っていたので今年はまずないと思います。その代わりに「Magical Mistery Tour」がデジタルリマスターのきれいな映像で発売されるのでは。また昨年Appleのホームページで期間限定で公開されたビデオ版のノーカット「1964Washington DC Live」も今年あたり正式に発売されるのではと思います。あれだけファンをアッと言わせた映像をこのまま発売しないとは考えられませんし、すでにブートDVDでも出回ってしまっているので特典映像も満載で音声は5.1サラウンド、そして更にきれいな画像で発売されることを願います!

3、ポール日本公演実現か!?

これはもう待ちくたびれました・・。先回の来日が2002年ですからもう10年も経ってます。最近も精力的にツアーをしているポールなのに何故か日本だけは来ない。もう今年は来てほしいと切に願っております!ひょっとして前述のリンゴ共演がきっかけで一緒に来日ツアーとか!?

と、まあ勝手に希望的観測ばかりで予想してしまいましたが、これのひとつでも実現されたら嬉しいですね。

今年のお正月も恒例行事、デビューアルバム「Please Please Me」のオリジナル・モノ盤に針を落として今年もビートルズファンにとって良い年になりますように祈念して聴きました。

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 11:59|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2011年12月22日

ナークツイン

今年もあと10日ほどで終わろうとしています。今年は本当に色んな事がありました。皆さんにとってはどんな年だったでしょうか。そういう中でライブ・ザ・ベアーズ!もライブをたくさんさせて頂き、沢山のお客様に支えられた一年でした。そして最後の最後にこんな重大発表があるなんて!(笑)

lennon-mccartney2今年も毎月のアルマジロ、ビートルズ・セッションナイトをはじめ色々なイベントやライブに出させて頂きました。

中でも岡崎美術館の「ビートルズとその時代展」でのライブは私たちベアーズのキャリアの中でも本当に心に残るイベントでした。本当にたくさんのお客様に来て頂き、入れなかったお客様が外のモニターで私たちのライブを見て頂いたという有難いぐらい信じられないイベントでした。来て頂いた皆さん本当にありがとうございました。

そういった様々なことのあった一年でしたが、来年に向けてお知らせがあります。

バンマスのこんちゃん!が諸事情により、ベアーズを1年間お休みすることになりました。ですから来年1年間のベアーズとしてのライブは未定です。ただし、毎月第三木曜日のアルマジロ・ビートルズ・セッションナイトは残ったメンバーで変わらず続けて行きますので、お客様と一緒に盛り上げていきたいと思っていますのでヨロシクおねがいします。

でも、今年の最後の最後に!もうひとつライブが決まりました。12月29日(木) ハノハノ・ハワイアン・ダイニングさんで「年忘れビートルズ・ナイト」ということで、いつもとは一味違ったアコーステックのビートルズをご披露いたします。

最初はこんちゃんと私の二人で「ナークツイン」という変名で行う予定でした。ナーツクインというのは、1950年代、まだジョンとポールが十代の頃、ポールの従兄の結婚式で二人で演奏した時の名前です。その時には二人が得意としたロックやカントリーなどを演奏したそうです。

実はこんちゃんと私もベアーズの定期の練習以外で、コーラスなどが不安だったりすると『こんちゃん、来週ナークツインやらない?』『OK、いいよ!』という感じで二人だけでよくスタジオに入っていました。それをこの機会にハノハノさんのご厚意に甘えて、初めて人前で披露しようと思ったんです。でも僕一人がこんちゃんを一人占めするのは何か気が引けて、ベアーズ全員でアンプラグでやろう、ということになりました。

ぜひぜひ、今年最後に年忘れアコーステック・ビートルズを美味しいワインとお料理とともに聴きに来て下さいね。しばらくこんちゃんの歌声も聴けませんから。

ハノハノ・ハワイアン・ダイニング様のライブ情報はコチラです。>>>

でも、こんちゃん!これからもあなたとだったら、いつでもどこでも一緒に演奏するさ!

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 23:31|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2011年07月03日

頂きもの3品

最近、ビートルズ関連で嬉しい頂きものが3点ありました。それぞれ貴重なもので本当に嬉しい限りです。6月は誕生日月だったので、そういったプレゼントはこの歳になっても本当に嬉しいですね。

texan&strap

3つのうち、2つは実はアコーステックギターのEpiphone Texan関係です。最近、YesterdayをやったりしてTexanを弾く機会が多かったからでしょうか。

ひとつはバンマスのこんちゃん!からの頂きもので、6月18日のポールバースディライブのイベントに間に合いようにと、1965年当時にポールが使っていたストラップのレプリカです。

これはそのライブのMCでも話したのですが、今はこのストラップは当然売っていないので、なんとこんちゃん!が作成したくれたものなのです(バンマス、ありがとー・)。ベースはジョンが使っているJ160E用のストラップなのですが、その肩当にボアの生地を探して貼って作ってくれたのです。もうこれはドンズバです。ぜひ1965年のエドサリバンショーの映像や写真を見て下さい。まさにその時のストラップです。

letter

もうひとつはこのブログを読んで頂いている方で、アメリカ在住のロッキー・ラックーンさんからの頂きものです。これは現在ポールがTexanに貼っているデトロイト・レッドウィングスとピッツバーグ・ペンギンズのシールです。

私のこの稚拙なブログを読んで頂き、ライブでTexanを弾いてYesterdayを歌うというので、ぜひこのシールを貼って下さいという事でわざわざアメリカから送って下さいました。

残念ながら18日のライブには間に合わなかったのですが、次回のジョン、ジョージトリビュートライブではぜひ貼って演奏したいと思います。また、アメリカで何度かポールのライブに行かれているということ、ラスベガスのポールのライブでオリビアハリスン、ショーン、ヨーコに会ったということも一緒にお手紙で頂きました。羨ましい!ロッキー・ラックーンさん、ありがとうございました。

beatles watch

そして3つ目は、アルマジロに毎月来て頂くお客様で、笠井さんから頂いたビートルズ・ウオッチです。笠井さんはすごいギターコレクターでもあり、またビートルズ関係のグッズも色々収集されていて、いつもマニアックな話で二人で盛り上がっています。

そうしたら突然、「これあげるわ」(関西弁)と頂いてしまいました。10年ぐらい前にジャケットをモチーフにした腕時計が何種類か出たのですが、その中で一番人気の高かった「With The Beatles」です。

全然未使用の状態で、とてももったいないなので僕も使わずに大切に飾っておきます。笠井さん、ありがとうございます。また色々マニアックな話題で盛り上がりましょう。

こうしてビートルズが縁で色々な方とお友達になり、そしてこんなに素晴らしいものまで色々頂いて本当にありがたいですね。皆さん、ありがとうございます!

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 11:54|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2011年05月08日

Here Today

先回のエントリーでも書いたように、今月のアルマジロ、セッションナイトでの「Yesterday」のために最近は久しぶりにアコーステックギターを弾いています。やっぱりアコギはいいですね。

texan2ずっとベースばかり弾いていたので、たまにギターを弾くとすごく新鮮で、またその音に心が癒されます。このepiphone Texanは日本製のモデルの方ですが、すごく良く鳴って高音がきらびやかな感じの音でとても気に入っています。

「Yesterday」もだいぶスムーズに弾けるようになったので(ヴォーカルは全然だめですが)、次の課題曲は以前から弾きたいと思っていた「Here Today」の自主トレに入りました。

この曲は僕達、ビートルズファンにとっては特別な曲ですね。ポールにとってももちろん特別な思い入れがあるようで、今回自主練のためにYouTubeで動画見ていたら、とても素敵な動画がありました。

画像はあまり良くありませんが、後半にポールは歌いながら感極まって涙ぐみながら歌っています。ジョンとリンダを思い出したのでしょうね。

こんな近くでポールの歌う「Here Today」を聴けたら、もう号泣です。(この動画だけでも涙が出てしまいます・・)

あっ!ポール婚約おめでとう。今回はお金目当ての女性じゃないよね・・・

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 12:08|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2010年10月10日

すべてはここから始まった

ジョン、70歳誕生日おめでとう。(一日遅れだけど・・笑)

全てはここから始まった・・。

こちらは本物。十代ですでにレノン=マッカートニーの姿が見えますね

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ



nksmkzts4068 at 11:12|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2010年03月14日

出会い頭のポール

昨日、ブログ仲間のYujiさんが名古屋に遊びに来て(その理由はまた後日・・)、Yujiさんのリクエストで名古屋メシの「みそかつ」を食べに。その後、共通の友人ワインセラピストさんのお店まで、夜の名古屋を少しの間ドライブしたんです。

chaos and creation in the backyardその時、思いがけない出会い頭の衝撃が。と、いっても事故ではありません。・・「音楽」です。それもポールおじさんです。

僕は最近は車で聴く音楽はランダム再生に設定してあって、ハードディスクの90枚分のCDの中から曲がランダムに再生されます。意外な曲が次から次へとかかるので、これが結構楽しい。(Yujiさんも、これは楽しいね、と気に入ってました)

その時、ポールの『This Never Happened Before』が。この曲はマイナー中のマイナーで、少し前のアルバム『Chaos and Creation in the Backyard』の中の1曲です。このアルバム自体がマイナーな存在かも。でも僕はこのアルバム、大のお気に入りで、ポール近年の中で傑作だと思っています。その中の1曲が不意にかかって、思わず鳥肌が立ちました。もちろんYujiさんは気付いてないだろうけど・・(笑)。

皆さんもないですか?普段よく聞いている曲や何気に聴いている曲でも、街を歩いていていたりや喫茶店に入っていて不意に耳に入って、驚くくらい素敵な曲だって再認識すること。これを私は「出会い頭の音楽」と読んでいます(笑)。

最近のポールの作品は派手さはないけど、この曲のように良い意味で肩の力が抜けた素敵な曲が多い。そんな曲がたくさん詰まっている、このアルバムの素晴らしさを再認識しました。

プライベートなデモテープに近いくらいシンプルな音づくりなんだけれども、所々に惹き付けられるセンスのいい雰囲気があって、またポールの弟マイクが撮った自宅裏庭でギターを弾く若きポールのジャケがたまらなくいい。

ポールおじさん、これからもこんな素敵な曲をたくさん書いてね。

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーをポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 12:03|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2010年01月04日

今年の抱負&ビーネタ第1弾

皆様、明けましておめでとうございます。新年いかがお過ごしでしょうか。私はもう明日から仕事です。昨年はこの拙いブログをお読みいただいて本当にありがとうございました。皆さんから頂くコメントや「読んだよ」と声を掛けて頂き、励みにして続けています。今年も更新のペースは、こんなゆっくりとした感じですが、大好きなビートルズネタを中心に続けていきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。

beatles2010今年のビートルズ関係の抱負としては・・・。その1  参加させてもらっているビートルズバンド、Live! The Bears のライブを精力的に出来たらいいな、と思います。何と今年はベアーズ結成、10周年なんだそうです(って、私はまだ2年足らずなので)。何か記念的なイベントも考えたいと、バンマスのこんちゃん!も言っていますので、乞うご期待!

あとはビートルズを通しての輪をもっと広げていきたいと思います。昨年は大阪のThe Beatribesさんをはじめ、浜松のWLBS!さん、そして東京のThe AspreysLenny#さん、またアルマジロに来て頂いた多くのお客様とお知り合いになることが出来ました。今年はもっともっと多くのビートルズが大好きな方々とお知り合いになって、輪が広がればいいなと思います。

そして抱負その2   これはその気になって今から準備しなければいけないと思いますが・・・今年こそ、リバプールに行きたいっっっ!!まさかキャバーンで演奏するなんて大そうなことは申しません。が、観光でいいです。リバプールへ行きたい。行って世界を変えた4人の若者がいた空気を直接感じたいっ! これは何とかせねば。

と、新年早々力が入ってしまいましたが、新年第一発目のビートルズネタです。

ジョンの少年期を描いた映画 『Nowhere Boy』の予告編です。日本公開は夏頃なんでしょうか?この予告編を見ると、当時のジョンやポールと同じ楽器や、俳優の雰囲気など非常に良い感じで期待できそうです。(ミミおばさんなんかソックリです、ポールはあまりにも少年ですが・・) うーん、リバプールに行く前に観たいっ。(もう行く気だし)

いつもお読み頂きありがとうございます。

もし宜しければ下のバナーをポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 18:01|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

2009年12月28日

買っちゃった・・・

年末でバタバタして最近、このブログの更新が滞りがちになっております・・。今月は2回しか更新していないですね。と、いうわけで今年最後の更新をさせて頂きます(笑)。最近、ビートルズ系で大きな買い物をしていないのですが(あっ、リマスター買ったんだ・・汗)、またまた悪い虫が動き始めてしまいました。また大蔵省に相談しなきゃ。って、もう買ってるし・・。

paul with texan

以前から探していたポールが使っているエピフォン社のテキサンというアコーステックギターです。ビートルズ時代は露出度はあまり高くないのですが、あの『Yesterday』で弾かれているギターです。ポールは65年頃手に入れて、アルバム「Help!」や「Rubber Soul」のレコーディングで使用されています。テレビのエド・サリバンショーでもYesterdayを歌う時に弾いていますね。

数年前にポールのシグニチャーモデルが復刻で出され(日本製とアメリカ製がありますが)ましたが、当時は日本製でも30万円以上したので手が出ませんでした。でも数年後に無性に欲しくなるのが、私のいけない病気です。

texanでもいざ探すとなかなかないんですね、これが。(もちろん自分の買える価格でという意味で) で、ダメ元でミクシイのビートルズ楽器関係のコミュニティで「求む!」の書き込みをしてみました。そうしたら、ある方からすぐに連絡があり、適価にて今回譲って頂ただいたという訳です。

無事届いたのが左の写真です。パッと見て「あれっ?」と思いません?そうです、右仕様なのにピックガードが反対側に付いているのです。実はポール自身は左利きなのにテキサンは右仕様のものを弦を反対に張り替えて使用しているため、ピックガードが上に来ているんですね。ですから右仕様のギターなのにピックガードだけ反対に付けて、ギターを持った時にポールのようにピックガードが上に来るようにしてるのですよー。(うーん、マニアック)実は私は左仕様のテキサンを探していたのです。それを弦を張り替えて右用に使えば、ポールが使っているのと反対になるでしょ。

texan caseでも、それだとブリッジとかの改造が必要になるんですね。(ポールもブリッジの部分を左仕様に改造しています) でもこのギターは、前オーナーの方が私と同じように考えられて、右仕様のギターにピックガードを反対に貼り変えていらっしゃったんです。こんな私の希望していたドンズバ仕様を譲って頂けるなんて、なんたる偶然!(神様、ありがとう)こんな偶然は二度とない!と思い、すぐにカミさんに土下座して買いました。(またかい) このケースがまたニクイなぁ

練習をして近いうちにぜひライブでも使ってみたいです。「Yesterday」?「夢の人」?うーん、頑張ります。

実はこの曲が大好きなんです。テキサンがこの曲のプロモで久々に登場しました。

いつもお読み頂きありがとうございます。

今年一年みなさん、ありがとうございました。来年もヨロシクお願いします 

来年も皆さんにとって良い年でありますように!

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 22:40|PermalinkComments(19)TrackBack(0)