レアアイテム

2010年02月27日

ヴァージンな子達・・・

題名に惹かれて見てしまった・・? スイマセン、レコードの話です。私のコレクションの中に未開封のレコードがいくつかあります。マニアの間では『シールド』と呼ばれているシロモノで、良く輸入盤とかで見かけるラップ、もしくはビニールに入ったままの状態でのレコードです。レコードは聴かれるために、生まれてきたのに何十年も経っても未開封のままの、ある意味 『不幸な』レコード達を紹介します。

live peaceそもそもなぜヴァージンのままにしておくのか?それは正直ここまで来ると「開封するのがもったいない」からですかねー。もちろんレア盤であればあるほど「未開封」の方が価値があがります。レコードを未開封のまま持っていてもレコードの目的として何の意味も持たないのは分かっていますけど・・。でもここまで来ると開ける勇気がないです(笑)

最初に紹介するのはジョンのソロで『Live Peace In Toronto 1969』の未開封盤です。恐らく私の所有する未開封盤の中で一番古いもので、1969年オリジナル盤ですから40年以上未開封のままです。

live peace side1969年の初版には来るべき1970年のカレンダーがおまけで付いていましたが、それも入ったままの状態で未開封になっています。

横から見るとカレンダーの金具が見えます。この金具も私の持っている針金のものとプラスチックの2種類があるらしい・・。この中に40年前の空気が入っている?

 

mobile

次は、今もアナログ盤コレクターの間で人気のある「モービル・フィデリティ盤」の未開封4タイトルです。これは80年代に最高音質のレコードを作るという目的で出されたもので、ビートルズ以外にも様々なアーティストのレコードが出されています。

この中で特に珍しいのは「With The Beatles」で、プレス工場でスタンパー(レコードをプレスするための元型)を落として割ってしまい、1回しかプレスされなかったために枚数が特に少ないと言われています。昨年出たリマスター盤に負けないくらいクリアで良い音がします。

los beatles

次に変わったところではウルグアイ盤の『Los Beatles』未開封盤です。

このウルグアイ盤が珍しい、というかウルグアイ盤をわざわざ買う日本人自体が珍しい・・。

でもこのレコードをネットオークションで見た時、すぐ入札してしまいました。ジャケット裏に書いてある曲名がポルトガル語?だし開封して聴いていないので、何が収録されているか分かりません・・・

dawn

これは『Dawn Of  The Silver Beatles』という80年代にアメリカの通販のみで販売されたレコードの未開封盤です。

内容はビートルズが落ちたことで有名なデッカレコードのオーディションテープです。

この手のものはハーフ・オフィシャル盤と呼ばれ、法の目を巧みに潜った違法スレスレのレコードで20年以上前は沢山出されていました。

all things

最後に紹介するのは、ジョージのソロ『All Things Must Pass』のミレニアム・ヴァージョン、3枚組アナログの未開封盤です。

限定で出されたアナログ盤だったので、すぐに売り切れてしまい、私も買うのに意外と苦労しました。

でもCDの小さなジャケットに比べ、大きなアナログ盤のボックスジャケットのアートワークは本当に素晴らしいです。

これらが私のコレクションの『不幸なヴァージン・レコードたち』の一部です。これらは今後もきっと開けられることはないでしょう・・・、ゴメンナサイ。

でもご安心ください!私は同じもので、開封したものをもう一枚ずつ持っていますから!!

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーをポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 14:58|PermalinkComments(7)TrackBack(0)