June 16, 2004

"Greatest Hits" The Monkees

Greatest Hits今回は冒頭から愚痴っぽい話から入りますが、なかなか覚えが悪いのか?前回同様リンクを貼り付ける作業に四苦八苦しております。特に「.」と「,」や「:」と「;」を間違って打ったりすると、間違いに全く気が付かないのでもう一度最初からやり直しという具合なもので、やっぱりもっとHTMLタグを勉強しないとダメですね・・・(汗)。全く関係のない前置きになりましたが、今回は1960年代に活躍したポップ・グループ、モンキーズの『Greatest Hits』を紹介したいと思います。

「なぜモンキーズ?」と思われる方は多いと思いますが、本人が好きなんで・・・。そもそもモンキーズを聴き始めたのは、高校時代に忌野清志郎氏がタイマーズ名義で「Daydream Believer」をカヴァーしていて、そのカヴァーがきっかけで原曲が聴きたくなり、当時Aristaから出ていたベスト盤を買ったのが最初で、大学時代にライノから発売された4枚組ボックス『Listen To The Music』で完全にハマってしまい、ライノからオリジナル・アルバムが再発された時は再結成もの以外は全部買い揃えました。

また前置きが長くなりましたが、このベスト盤のご紹介をしたいと思います。このモンキーズは1966年にテレビ・ショーのためにオーディションで集められた4人(デイヴィー・ジョーンズ、ミッキー・ドレンツ、ピーター・トーク、マイク・ネスミス)により結成されました。そして、そのテレビ・ショーは1968年で終了し、途中でピーター・トークとマイク・ネスミスが脱退するのですが、バンド自体はデイヴィー・ジョーンズとミッキー・ドレンツの2人で1970年まで活動していました。このモンキーズという作られたアイドル・バンドを提案したのがドン・カーシュナーという人なんですが、元々キャロル・キングバリー・マンニール・セダカといったアメリカン・ポップスの有能な作曲家を擁していたアルドン・ミュージックの社長だった人で、新しく設立した『スクリーン・ジェムス』という会社からこのモンキーズを売り込むためにアルドン時代のライターにも曲を提供させていました。しかし、最初はこのモンキーズのプロジェクト自体にあまり自信がなかったのか、当時まだ駆け出しのソングライターだったトミー・ボイス&ボビー・ハートの2人にモンキーズの曲を書かせ、その中から選ばれたデビュー曲「Last Train To Clankville(恋の終列車)」(全米1位)が大ヒットすると、キャロル・キングやニール・セダカなどの有名なライターの曲を多数投入するようになり、最近ではオースティン・パワーズ・デラックス2の挿入歌に使用されたニール・ダイアモンド作でモンキーズ最大のヒット曲「I'm A Believer」(全米1位)、同じくニール・ダイアモンド作でポップな名曲「A Little Bit Me, A Little Bit You(恋はちょっぴり)」(全米2位)、ジェリー・ゴフィン&キャロル・キング作の「Pleasant Valley Sunday」(全米3位)や日本で彼らの楽曲では一番メジャーな「Daydream Believer」(全米1位)などヒット曲を連発します。またメンバーのひとりであるマイク・ネスミスも作曲家としての才能があり、「The Girl I Knew Somewhere(どこかで知ったあの娘)」(全米39位)やポール・バターフィールド・ブルース・バンドが取り上げた「Mary, Mary」、ナッシュヴィルでエリア・コード615の面々と録音したカントリー・ロックの名曲「Listen To The Band(すてきなミュージック)」(全米63位)といった彼のオリジナル曲もこのベスト盤には収録されていますので、これからモンキーズを聴いてみようという方にはオススメの1枚です!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. Listen To The Band / The Monkees  [ Novelty Weblog ]   January 05, 2006 01:05
BYRD'S SELECT MUSICを始めたころに取り上げたモンキーズですが、今久しぶりに聴いています。 それも↓の写真のボックス・セット『Listen To The Band』を。 このボックスを買う以前(大学2回
2. モンキーズ The Monkees  [ Listen To The Music ]   November 16, 2006 21:02
モンキーズは1966年にテレビ番組『ザ・モンキーズ』のオーディションで選ばれたデイヴィー・ジョーンズ、ミッキー・ドレンツ、マイク・ネスミス、ピーター・トークの4人によって結成されたグループで、彼らはトミーダ

この記事へのコメント

1. Posted by 240   January 15, 2006 07:00
おはようございます。
小生ブログへのコメント有難うございます。BYRDという名前はやはりBYRDSから来ているんですね。こっちのブログも非常に興味深いですね〜。
私も60〜70年代洋楽が大好きなので、たまに遊びに来ます!!!
2. Posted by BYRD   January 15, 2006 21:50
240さん、こちらでは初めまして♪
こちらこそコメントありがとうございます。

ハンドルネームはバーズが好きなのでそのまま付けたのですが、今思うとかなり恥ずかしいなと(^_^;)。

音楽ネタはこちらがメインですので、また興味のあるエントリがありましたら、いつでも遊びに来て下さい(^^)。

今後ともよろしくお願い致します♪
3. Posted by 彦星   July 22, 2007 17:33
5 初めまして!
私もモンキーズがとってもB膵イです私は現在ハタチなのですが母が買ってきてくれたビデオシリーズで私が小学校の低学年の頃に知りましたその時はストーリーとかは少ししか理解できなかったのですが4人が個性的ですっごく面白かったのを覚えています十代になって改めてモンキーズの音楽の良さに衝撃的に気づきました初めて買ったモンキーズのCDはアルバムは[The Definitive Monkees]です!ゆくゆくは全部集める予定でございます私と同じ歳くらいの方だと、なかなかモンキーズや60〜70年代の洋楽について詳しい方がいらっしゃらないので貴重な情報が聞けて嬉しいです★ありがとございますそれでは長文を失礼いたしました
4. Posted by BYRD   July 22, 2007 21:39
彦星さん、こちらこそはじめまして♪

お母様と親子でモンキーズがお好きとは素晴らしいことですね〜。(^^)

モンキーズのオリジナル・アルバムの現在の再発盤はデラックス・エディション(現在はまだ最初の2枚しか再発されてないのですが)という当時公式で発表された音源の他に当時未発表だった音源も収録されたもので少し割高なんですが、ベスト盤に収録されてない曲や未発表音源の中にもたくさんいい曲がありますので是非聴いてみてくださいね。(^^)

今後ともよろしくお願い致します。(^^)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile


BYRD
1960〜70年代の洋楽を中心にレビューを書いております。

幣ブログでは誹謗・中傷や常識のないコメント(初めての方で挨拶なしのコメントなど)やトラックバックが多いことからコメント・トラックバック共に管理画面で確認してからの表示としておりますが、何卒ご了承ください。

相互リンクも内容的に関連性の高いブログやサイトは大歓迎です。詳しくはこちらをお読み下さい。
Recent Comments
Amazon.co.jp