November 18, 2004

"No Dice" Badfinger

No Diceまたいつもの悪い癖が出てしまったのか、アナログでも持っているに拘わらず、16日に発売されたビートルズの『The Capitol Albums, Vol.1』を買っちゃいました(汗)。楽曲自体はすべてダブリを買うことになりますから、所有欲というか、何というか、ここまで来ればほとんど病気みたいなものですね(苦笑)。元々自分が最初に買ったビートルズのアナログ盤が米国仕様のアルバムだったためか、この米国盤特有の大味なステレオ・ミックスにも結構愛着があるので、個人的にはなかなか楽しめました。多分この調子だと続編の『Vol.2』(多分来年発売?)も買ってしまいそうです(苦笑)。ビートルズの話が長くなってしまいましたが、今回はビートルズが設立したレコード会社のアップルで活躍したバッドフィンガーのアルバム『No Dice』をご紹介します。

今回紹介するバッドフィンガーは、元々「アイヴィーズ」というバンド名で1968年にアップルからデビューしたのですが、デビュー・シングルである「Maybe Tomorrow」(全米51位)が不発に終わったために、彼らのデビュー・アルバム『Maybe Tomorrow』も日本、ドイツ、イタリアだけの発売となり、挙句の果てにアップルからバンド名の変更を告げられてしまいます。そして「バッドフィンガー」と改名することなります。バッドフィンガーとしての仕切り直しのデビュー・シングルには、リンゴ・スター出演の映画『マジック・クリスチャン』の主題歌でポール・マッカートニー作の「Come And Get It(マジック・クリスチャンのテーマ)」(全米7位/全英4位)が選ばれ、アップルの思惑通りに大ヒットします。そして1970年に、その「Come And Get It(マジック・クリスチャンのテーマ)」(全米7位/全英4位)を収録したバッドフィンガーとしてのデビュー・アルバム『Magic Christian Music』をリリースします。そして同じく1970年に、彼らのセカンド・アルバムとして今回紹介する『No Dice』がリリースされます。アルバムの内容は、すべてメンバーのペンによるオリジナル曲で構成されており、先行シングルで現在では元祖パワー・ポップの名曲とも呼ばれている「No Matter What(嵐の恋)」(全米8位/全英5位)、ニルソンやマライア・キャリーがカヴァーして大ヒットさせた名バラード「Without You」が代表曲です。その他の曲では特にリーダー格のピート・ハムの書く曲は素晴らしく、オープニング・ナンバーの「I Can't Take It」のようなパワフルなアップ・テンポの曲もあれば、「Midnight Caller」のようなしんみりくるバラードも書いています。その他のメンバーの曲では、トム・エヴァンスとジョーイ・モランドの共作曲「Better Days」がいい出来です。これからバッドフィンガーを聴いてみようという方は、ベスト盤から入門されるのもいいと思います。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. NO DICE/BADFINGER(CD ALBUM)  [ ぶっとんだ音像字 ]   November 23, 2004 08:30
今日は東京へ出張に行った。 でかい、やっぱり。好き嫌いは別にして、相変わらず日本のカルチャーの発信地である事には変わり無いんだなーと、いなか根性を丸出しで人々を眺めてみた。 てなことで、BADFINGERは1960年代の幻想が終わりかけた時代に、ぱっと咲いた花のよう
2. Without You /Budfinger  [ bongokidの音楽コラム ]   March 29, 2005 21:47
"Without You"という曲で検索するとウェブにはたくさんの紹介ページがあって、わざわざ書くこともないかとも思ったが、とりあえず個人的な回想を。 最近ではホール&オーツがカバーしている。古くはニルソンで大ヒット。ちょっと前だとマイケル・ボルトンやマライア・キャ

この記事へのコメント

1. Posted by k-hiko   November 21, 2004 00:41
ベストとアイヴィーズしか持ってませんけど、満足しています。"Baby Blue"”Day After Day"が好きですね。
ピート・ハムのソロも聴いてみたいと思ってるんですけど、まだです。それ気になるんですよね。
2. Posted by スワン   November 21, 2004 13:29
URLに行ってみて下さい。笑えますよ。
3. Posted by BYRD   November 21, 2004 20:47
>k-hikoさん
「Baby Blue」と「Day After Day」、自分も両方とも好きです♪
その2曲と「No Matter What(嵐の恋)」を加えれば、自分のバッドフィンガーBEST3になります(ベタベタですが)。
自分もまだピート・ハムのソロは未聴ですが、彼はこのバンドで一番いい曲を書いてるので気になるところです。

>スワンさん
ご無沙汰しております。
"BEDFINGER"って・・・ちょっと下ネタ想像してしまいました(笑)。
4. Posted by lenmac   November 23, 2004 08:29
はじめまして!
同じアルバム紹介してたので嬉しくなりトラックバックさせて頂きました。
他もいろいろクロスしてるので又遊びに来ます!
5. Posted by BYRD   November 23, 2004 23:08
lenmacさん、こちらこそはじめまして!
トラックバックありがとうございます。
lenmacさんのblogを拝見させていただきましたが、幣blogと音楽の趣向が似ているところも多いので、こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。
こちらからもトラックバックさせていただきますね。
またいつでも遊びにきてください!
6. Posted by bongokid   March 30, 2005 21:53
トラックバックありがとうございます。
改めて曲の良さを認識している今日この頃です。
7. Posted by BYRD   March 31, 2005 00:19
bongokidさん、こちらへのコメントありがとうございます。
バッドフィンガーはホントにいい曲をたくさん書いてますよね。
それと「Without You」もニルソンなどのカヴァーももちろん素晴らしいのですが、
やっぱり彼らのオリジナルが一番ですよね!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile


BYRD
1960〜70年代の洋楽を中心にレビューを書いております。

幣ブログでは誹謗・中傷や常識のないコメント(初めての方で挨拶なしのコメントなど)やトラックバックが多いことからコメント・トラックバック共に管理画面で確認してからの表示としておりますが、何卒ご了承ください。

相互リンクも内容的に関連性の高いブログやサイトは大歓迎です。詳しくはこちらをお読み下さい。
Recent Comments
Amazon.co.jp