September 24, 2016

泰光さん

豊田泰光さんというかたに、どんな印象をお持ちでしょうか。

西鉄ライオンズのスラッガー
…と言っても、やまねこも現役時代は知りません。
知っているのは、野球解説者の泰光さん。
たしか焼酎のCMに出てた泰光さん。

どちらかというと「陽気なおっさん」という印象がありました。
そして「焼酎」「九州」というところから?どことなく豪快な。
あくまで印象ですが、どちらかというと大ざっぱな。

すごく昔のことで、詳しいことはあいまいなのですが、
強烈に憶えていることがあります。
たしか「ベールボールマガジン」か「週刊ベースボール」のコラムだったと思います。
そんな豊田泰光さんが、こんなことを書いておられました。

(大まかに)
日本の野球用語は、物騒だ。
アウトになることを「死」(一死、二死とか)
アウトにすることを「殺」(刺殺、併殺など)
もともと英語だったものを、戦時中に無理やり日本語にしたので、
軍隊用語が元になってる。
戦後ずいぶんたったのだから、こういう物騒な用語だけでも変えられないものか。

…子供のころだったかもしれない記憶に頼ってるので、すごくあいまいです。
別のかたが書いてたんだったりしたらごめんなさい。
でも、やまねこの記憶の中では、ずっと豊田泰光さんでした。

ずいぶんと時間がたち、野球用語は変わりません。
憶えてる人も、ほとんどいないと思います。
ただ、やまねこはふだんの会話や文章で、
たとえば「参戦」とか「強行軍」といった、
戦争や軍隊に例えた言葉は使わないようにしています。
それがなにかを生むのかは、わかりません。
できているのかもわかりませんが、そうしたい、と思っています。

そんな泰光さんの訃報を知ったのは、8月16日、
旅先でのことでした。
やまねこにとっては、少しだけ、特別なことのような気がしました。


9.18駒沢大学ファンラン、
9.22四谷天窓.comfort、
2本のLIVEも無事終了いたしました。
やまねこなりの平和の祈りをちりばめつつ、歌わせていただきました。

<9.18にうたった歌>

  しあわせの青い猫
  てのひらの海
  少年時代(井上揚水さんのカバー)
  しずめのさくら
  あなたがここにいてほしい(Pink Floydのカバー)
  太陽の子

<9.22にうたった歌>

  慰霊祭
  ねむの木の小鳥
  命
  しずめのさくら
  Dear Love
  Illusion

聴いてくださったみなさん、ありがとうございました。

いつも思うのですが、やまねこはすばらしいお客さんに恵まれてると思うのです。
数ではなく。
みなさんLIVEの最初から最後まで、すごく真剣に聴いててくださるのです。
(じぶんもできるだけそうするようにしてます)
お客さんはやまねこの誇り。
やまねこもお客さんに誇りに思ってもらえるように、がんばらなきゃね。


次回のLIVEは、10.16(Sun.)に駒沢大学ファンランになります。
またお会いできますように!

nkv0151 at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽