当ブログと相互リンクのご希望はコチラ

テクニック

波止で釣れる魚たち(4)


<ワカシ・イナダ>
この魚も、スズキ同様、ワカシ(ツバス)→イナダ(ハマチ)→ワラサ(メジロ)→ブリと、成長するごとに呼び名が変わる出世魚です。カッコ内は関西方面での呼び名です。船釣りで狙う場合が多いようですが、秋になれば港の周辺にまで回遊してきますので、波止からでも充分に釣るチャンスはあります。

活きたアジやイワシを使ったノマセ釣り、もしくは、オキアミを使ったカゴ釣りなどで狙いますが、アタリ、ハズレのムラが大きい魚ですので、根気よくトライして下さい。また、最近では、ルアーで狙う釣り人も増えています。波止から釣れるサイズは、40センチまでの「ワカシ」「イナダ」と呼ばれるものがほとんどです。掛かれば一気に突っ走るため、興奮することまちがいなしです。

方 言:アオ・アオイオ・シロバラ・マルゴ・バチ・ワカナ
釣れる時期:11月〜4月
波止でのポイント:波止の先端付近や一文字波止など潮通しの良い場所
エ サ:アジ・イワシ・オキアミ
仕掛け:ノマセ釣り・カゴ釣り・ルアー釣り
難易度:釣りにくい(朝、夕の一瞬の時合い[回遊の瞬間]を逃さないこと)
<カレイ>
カレイには、たくさんの種類がいますが、釣りの対象魚となるのは、「マコガレイ」と「イシガレイ」と呼ばれているものです。いずれも、波止や砂浜からの投げ釣りで狙います。11〜12月には、湾奥の浅場や港内まで接岸し、産卵に備えエサを荒食いします。そして、産卵後の3〜4月に再び浅場へと接岸し、体力回復のためにエサを活発に追うようになります。この時期に釣れるカレイを俗に、「花見カレイ」と呼んでいます。

投げ釣りで釣れるマコガレイは、大型でも40センチ程度ですが、イシガレイは50センチオーバーのサイズが釣れることもあります。いずれも、潮の流れが速い場所で大型が釣れる実績があるようです。カレイは、淡白で白身、とてもおいしい魚です。

方 言:マコガレイ−アカガレイ・アマガレ・カシラクロ・ホソクチ・マコ
    イシガレイ−イシモチガレ・エシガレイ・セエタ
釣れる時期:11月〜4月
波止でのポイント:港の航路筋など(海底が砂泥地であること)
エ サ:青イソメ・岩イソメ(マムシ)・ボケ
仕掛け:投げ釣り仕掛け
難易度:比較的釣りやすい
wakashi 
続きを読む

テクニック

波止で釣れる魚たち(3)


<シマダイ>
イシダイ(磯の王者)の幼魚であり、夏〜秋にかけて波止際へと寄り付いてきます。その後、深場の磯へと移動し、イシダイと呼ばれるサイズへ成長していきます。シマダイは口が小さいが、頑丈な歯をしているため、小型でも軸の太い針(伊勢尼針やチヌ針など)を使った方が良いでしょう。波止で釣れるサイズは10〜20センチクラスですが、さすがに磯の王者の子供だけあって、その引きは強烈です。

方 言:サンバソウ
釣れる時期:8月〜10月
波止でのポイント:岩礁帯・波止際・テトラポット付近
エ サ:石ゴカイ(ジャリメ)・青イソメ・オキアミ・シラサエビなど
仕掛け:ズボ釣り(サビキ釣りにも掛かることがあります。)
難易度:比較的釣りやすい(成魚のイシダイは幻の魚と呼ばれていて、なかなか釣れません)

<スズキ>
スズキは、アジやイワシなどの小魚を捕食する代表的なフイッシュイーターです。40センチまでのものをセイゴ、40〜60センチまでのものをフッコ(ハネ)、60センチ以上のものをスズキと、成長するにしたがって呼び名が変わっていきます(このような魚を「出世魚」と呼んでいます)。

スズキは、淡水の「ブラックバス」と並び、ルアーの対象魚(「シーバス」と呼んでいます)として、また、関西方面では、「エビ撒き釣り」の対象魚として、非常に人気の高い魚です。針ガカリした後には、豪快な「エラ洗い」(水面でジャンプをして、針を外そうとする動作)を演出し、スリリングな駆け引きが味わえます。都心の港湾付近に多く生息している魚です。

方 言:マルタ・オオタロウ・ススキ・ユウド
釣れる時期:厳寒期を除くほぼ年中(4月〜6月と11月〜12月は大型が釣れます)
波止でのポイント:港の岸壁やテトラポット付近
エ サ:シラサエビ・青イソメ・アジ・イワシ
仕掛け:ウキ釣り(エビ撒き釣り)・ズボ釣り・ブッコミ釣り・ノマセ釣り・ルアー釣り
難易度:比較的釣りやすい
suzuki

 

 

 

 

 

 

<ソイ>
ソイは北方系の魚で、比較的水温の低い地域に多く生息しています。波止では、あまりなじみのない魚ですが、一言でいえば、「カサゴ」を黒くして、いかつくしたような感じです。また、最大30センチ程度までにしか成長しないカサゴに対し、同じ仲間であってもソイは50センチ位にまで成長します。根魚であるソイは、夜行性の魚でもあります。

方 言:タケノコメバル・キツネメバル・ハチメ
釣れる時期:4月〜12月
波止でのポイント:テトラポット付近・岩礁帯・捨て石周り
エ サ:シラサエビ・イソメ類
仕掛け:探り釣り・ウキ釣り
難易度:どちらかといえば釣りにくい(北海道や東北地方では、比較的釣りやすいと思います。)
soi

続きを読む

テクニック

波止で釣れる魚たち(2)


<カマス>
カマスは、アジ、キビナゴ、イワシなどの小魚を常食とするフイッシュイーター(魚食魚)です。小型でスマートな容姿に似合わず、とてもどう猛な魚で、比較的大きな群れで回遊しています。

波止や船から釣れるカマスは、アカカマスとヤマトカマスの2種類で、サイズは20〜25センチクラスのものです。ちなみに、南方海域に生息するオニカマスは、「バラクーダ」と呼ばれていて、体長は1メートル以上にもなります(もちろん波止では釣れません)。

方言:アカカマス・・ホンカマス・アカカマサ・アカハダカマス
   ヤマトカマス・・ミズカマス・アオカマス・イソカマス
釣れる時期:6月〜9月
波止でのポイント:比較的水深のある港の岸壁・テトラポット付近など
エ サ:キビナゴ(ウキ釣り)
仕掛け:ウキ釣り・ルアー釣り
難易度:比較的釣りやすい(群れに当たれば)

kamasu

 

 

 

 

 

 

 

 

<カワハギ>
カワハギは、口の後ろから包丁を入れ、切り口の皮をつまんで引っ張ると、簡単に皮がはがれます。このことが名前の由来になったと言われています。また、波止ではカワハギの仲間である「ウマズラハギ(顔が長い)」もよく釣れます。この魚は、海中でヘリコプターのように上下移動しながら、エサを突っつきに来ます。また、かなりのおちょぼ口で、「エサ取り名人」といわれているため、イカリ針(ギャング釣り)で引っ掛けた方が確実に釣れるでしょう。波止で釣れるサイズは、15〜20センチクラスです。カワハギのキモ(肝臓)は、特に美味なことでも有名です。

方 言:カワムキ・ハギ・ハゲ・マルハゲ・ギッパ・スブタ・コオグリ
釣れる時期:7月〜11月
波止でのポイント:波止際や岩礁帯付近
エ サ:石ゴカイ(ジャリメ)・青イソメ・オキアミなど
仕掛け:探り釣り(胴つき釣り)、ギャング釣り(ハゲ掛け、ギャング針使用)
難易度:釣りにくい(針に掛かりにくい、と言った方がよいかもしれません)

kawahagi

 

 

 

 

 

<クロダイ>
クロダイは、磯釣り師の間でも人気の高い魚です。警戒心が非常強く、悪食家で、時には人家から出る残飯やスイカ、ミカンまで食べることもあるそうです。不思議なことに、幼魚時代はすべてがオスで、25センチくらいに成長するとメスへ性転換することもあります(そのままオスでいるクロダイもいます)。

クロダイ釣りは、地域により「独特かつ、こだわりの釣り方」が数多くあり、その奥の深さが多くのファンをとりこにしています。波止で釣れる平均サイズは、30〜40センチ。まれに、50センチを超える大型も釣れます(最近は、60センチオーバーの超大物も現実に釣れています)。

比較的波気があり、潮が濁っている時が好条件といえます。ちなみにクロダイに似た、「キビレ」と呼ばれる魚は、汽水域に多く生息し、腹ビレ、尻ビレ、尾ビレが黄色く染まっているのが特徴です。

方 言:チヌ・チン・クロチヌ・マナジ・カワダイ
釣れる時期:4月〜10月(大阪湾では厳寒期を除き、ほぼ年中釣れます)
波止でのポイント:波止際・テトラポット付近
エ サ:オキアミ・エビ、カニ類・貝類・環虫類など、非常に雑食
仕掛け:落とし込み釣り・ウキ釣り・コスリ釣り・ブッコミ釣り
難易度:比較的釣りにくい(情報収集と研究を惜しまないこと)

chinu

 

 

 

 

 

 

 

キビレチヌ

kibire

続きを読む

波止で釣れる魚たち(1)

<アイナメ>
ぶ厚いクチビルとザラザラした肌が特徴です。テトラや岩礁帯の隙間などに住み着いており、エサが近づいてくるのをジーッと待っています。エサを捕食するとすばやく穴へ戻る習性がある(根魚の特徴)ため、掛けアワセたらすぐに抜き上げるようにしましょう。穴へ潜られてしまうと、いくら引っ張っても出てきません。ナツメ型のオモリを赤く塗った「ブラクリ」という仕掛けを使うと効果的です。アイナメとよく似た「クジメ」という魚もいます。

ainame

方 言:アイナ・アイメ・アブラメ・アブラコ・アブラウオ・ネウ・ヤスリ
釣れる時期:11月〜翌年4月
波止でのポイント:捨て石、岩礁帯、テトラポット付近
エ サ:青イソメ・岩イソメ・袋イソメ・シラサエビなど
仕掛け:ズボ釣り(穴釣り)・探り釣り
難易度:釣りやすい

<アコウ>
関西方面では高級魚と呼ばれているアコウは夜行性の根魚で、白色の縞模様とダイダイ色の斑点が特徴です。根魚のシーズンは冬が中心となるのに対して、アコウは夏に最盛期を迎えます。この魚は針掛かりすれば、強烈なパワーで一気に根に潜ろうとします。そのため太仕掛けを使い、ヒットすれば強引に巻き上げることがコツです。また、過去に釣れたことのある、実績ポイントを狙うようにして下さい。ちなみに、アコウの食味は最高だということです。
akou2

方 言:キジハタ(正式名です)
釣れる時期:7月〜10月
波止でのポイント:捨て石、岩礁帯、テトラポット付近や波止の切れ目など
エ サ:シラサエビ・青イソメなど
仕掛け:ウキ釣り・探り釣り・ブッコミ釣り
難易度:釣りにくい(近年はその数が非常に少なくなってきています)

<アジ>
波止で釣れるアジは2種類。ひとつは「マアジ」と呼ばれ、赤っぽい色をしています。もうひとつは「マルアジ」と呼ばれ、青っぽい色をしています。アジは尾ビレ寄りの側線に、ゼンゴと呼ばれる硬いウロコがあります。尾ビレ側から逆なですると痛いので気を付けて下さい。また、クチビルが薄い魚ですので、掛かった時はゆっくりと巻き上げるようにして下さい。アジは下層を泳いでいるため、底付近を狙うようにして下さい。

方 言:マイワシ…ヒラゴ・ヒラゴイワシ・ヒラデ・ヤシ
    ウルメイワシ…ウルメ・テッポウ・ドンボ・メグロ
    カタクチイワシ…シコ・セグロ・タレクチ・ヒシコ
釣れる時期:4月〜11月
波止でのポイント:比較的水深のある港の岸壁など
エ サ:アミエビ・シラス
仕掛け:サビキ釣り
難易度:非常に釣りやすい(ファミリーフイッシング向き)

<ウミタナゴ>
波が穏やかで、海草が多く茂った岩場に生息しています。ふつうの魚は卵を産みますが、この魚は胎生魚といって3〜5センチほどの子供を産みます。また、口が小さいので、小型の針を使うようにして下さい。4月〜5月には子持ちの大型(25センチ級)が釣れます。

方 言:タナゴ・キンタナゴ・コモチダイ
釣れる時期:11月〜翌年5月
波止でのポイント:波の穏やかな岩礁帯や捨て石、テトラポット周りなど
エ サ:石ゴカイ(ジャリメ)・青イソメ・シラサエビ
仕掛け:ウキ釣り
難易度:比較的釣りやすい(地域にもよりますが)

<カサゴ>
根魚の代表格として日本全国に生息し、アイナメ同様、岩穴を棲み家としています。ひとつのポイントを集中して狙うよりも、テトラポットの穴や捨て石周りを丹念に探り歩いていくことが釣果をのばすコツです。また、根ガカリするようなポイントでないと釣果は期待できません。煮付けにすれば、おいしい魚です。

方 言:ガシラ・アラカブ・カラコ・ハチメ・マホゴ
釣れる時期:ほぼ年中(水温の下がる12月〜2月はよく釣れます)
波止でのポイント:捨て石、岩礁帯、テトラポット付近
エ サ:シラサエビ・オキアミ・青イソメ・魚の切り身など
仕掛け:ズボ釣り(穴釣り)・探り釣り
難易度:釣りやすい

(注)各魚とも釣れる時期は地域により異なります。
kasago



テクニック

mausu

(1)傾斜防波堤


この防波堤は、基盤に捨て石と形の異なる捨てブロックを使い、積み重ねたもので、全国各地の小さな漁港でよく見られます。この構造は基礎部分が傾斜しているため、波の力を一番強く受けるのは水面近くよりも上の部分です。したがって、このタイプの防波堤は波に十分注意する必要があります。

mausu

(2) 直立防波堤


この防波堤は海底から直立し、ほとんど垂直に近い壁のため、波の力を直角に受け止め、はね返す形になっています。この防波堤は、フタのないコンクリート製の箱のようなものを海底に沈め、内部の空洞に石などを詰め、防波堤上部に大型のコンクリート(ケーソンという)でフタをします。

 

このような構造の直立防波堤を一般的にケーソン波止と呼んでおり、海底地盤がよほどしっかりしていないと設立することはできません。

この構造は底(基礎部分)ぎわの部分が潮流や波の力でえぐられやすいので、それを防止するためにテトラポッドが沈められ、絶好の魚の棲み家となります。また、ケーソン波止には、消波効果を高めるため防波堤の沖側面に櫛状のすき間を取り入れた、「スリット波止」と呼ばれるものもあり、魚が身を隠すには最適な空間のようです。

mausu

(3)混成型防波堤


傾斜型と直立型の中間の構造をもつ防波堤です。現在、ほとんどの港の防波堤がこの構造になっています。捨て石などで基礎をつくり、周囲をブロックなどで固めておいてからその上にケーソンを置き、さらに防波堤の沖側にテトラポッドを沈め、波を砕けさせるようにして防波堤の港側は波のない静かな状態に保つようにしてあります。

mausu

(4)セル護岸の防波堤

このタイプの防波堤は、近年の埋め立て地によくみられ、鉄の矢板(土砂くずれや浸水を防ぐために、構造物の土台周囲などに打ち込む板状のくい)を打ち込み、内側に土を盛り、外側に捨て石を入れ、その上にコンクリートが置かれた構造となっています。関西では「セル石波止」と呼んでいます。

 


テクニック

fb8c275b.jpg

1.波止(防波堤)釣りとはどんな釣り?

海岸のあらゆるところには、さまざまな構造物が作られていますが,防波堤というものは、停泊する船の安全を守るために、コンクリートや石で作られた、文字どおり波を防ぐ建造物であり、また、水産業や港湾工事など港に無くてはならない建造物です。

防波堤の形状は色々とありますが主に、港を囲むように岸から突き出しています。

防波堤には、湾全体を大きな波から守るため沖合いに作られた沖堤防(一文字や切れ波止という)や、テトラポッド(波をやわらげるブロックのかたまり)を積み上げた堤防、また、船を着岸させる荷役のための岸壁といったものがあります。

このような波が穏やかで、比較的安全な場所から手軽に楽しめる釣りを波止(防波堤)釣りといいます。波止釣りはビギナーが初めて釣りを試みる時、最も安全に始められる釣りのひとつであるため、釣り人口の中でもかなりの割合を占めています。

しかし、その一方、都市圏における波止釣りでは、マナーを知らない釣り人が多数押しかけるため、水質汚染やゴミ放置の問題が深刻化しつつあります。

ちなみに、防波堤や岸壁は自治体の港湾局などによって管理された公共施設の一部であり、決して釣りの目的のために作られたものではありません。そこで釣りをすることは、「黙認」という立場が取られていることも承知しておいて下さい。

そのため、事故を起こして防波堤の管理者や地元の人たちに迷惑をかけるということのないよう、充分注意のうえ行動して下さい。

また、造船所や工場などの敷地内に存在する岸壁がありますが、ほとんどの場合立ち入りが禁止されているため、釣りをすることはできません。

柵を飛び越えて無断で侵入する釣り人もいるようですが、絶対にそのようなマネはしないで下さい。この件に関しては、後に「波止釣りのルール・マナー編」で詳しく解説いたします


釣り場情報

入門編

 

小道具は最良品を使用します。

最良品を使用する理由

磯釣りの基本は、いかに釣りに集中できるかです。


言い換えれば、魚の口元にいかにエサを届けるかにかかってきます。


そのためには、無用なトラブルを発生させない仕掛けを作る必要が有ります。


竿やリールは結構価格も高いものです。
それに比べると、小道具の価格は安いものです。
小道具によい製品を使用すれば、少なからず釣の成果も向上します。

続きを読む

入門編

 

理想はホールインワンの竿ケースです。

竿ケースの備える条件

磯釣りをする時は、常に荷物をいかに少なくするかを考えて準備する事が大事です。


竿バツグも同様ですので、理想としては荷物が十分入るホールインワンの竿ケースを提案したいと思います。


竿ケースの備える条件は以下の通りです。

  • 出来るだけ軽い方が使用しやすい、たとえば 誤って海に落としても浮いている事が必要です。
  • 磯竿を完全にガードするようになっている事 が必要です。船の上で誤って竿ケースをスバイク靴で踏まれても、竿が折れないようにガードしておく必要が有ります。私の場合は、竿が入っていたアクリル製のケースを利用しています。
  • 磯釣りで最低限必要な物が収納できる大きさが必要です。
続きを読む

入門編

 

リールは何を使用するか

必要最小限に大きい3000クラスを使用します。

使用するリールの種類

リールについては、レバーブレーキ付きの3000クラスを使用しています。


理由は出来る限り大きいリールのほうが以下の点で優れているからです。
大きいリールの利点

  • 大きいほうが巻き取りスピードが速く力も強いので有利です。
  • 大きいほうが糸よれが少なく、トラブル発生が少ないと思います。
  • 大きいほうが遠投がしやすく、安心して使用出来ます。

大きいリールの欠点

  • 大きいリールにすると、重量が重たくなります。
  • 予備を含めると2個は必要になるのでその分荷物になります。


 

続きを読む