hoge

2月8日(水)の稽古

一斉退社日の水曜日。薄暗い山道を体育館へ歩いていく。2月の午後6時。大分日の入りが遅くなり、少し明るくなってきた。左側のテニスコートのナイターの証明がまぶしい。
体育館の受付に挨拶して、体育館の照明をつけてもらう。隣のフットサルの人たちはまだ来ていない。
今日の稽古は、アッちゃんと二人。スーさんは、インフルエンザにかかったとのことでお休み。
アッちゃんが来るまで、太刀の素振り、八方斬りで時間をつぶす。
6時30分、アッちゃんが来たので、稽古を始める。
太刀素振り7本を5本ずつ。杖の素振り20本を5本ずつ。
一の組太刀と1撃の変化、2撃の変化、二の組太刀を5本ずつ。
その後、31の杖の型と組杖を交互に2本ずつ。13の杖を2本ずつ。
最後に10の組杖の1と2をやって、終了。
次回は、11日の土曜日。マットが使えるので太刀取りと杖取りをやろう。

三島合気会の稽古始め

1月8日の夜のは、三島合気会の稽古始めである。しかも師範稽古の日だったが、あいにく師範は、本部道場に本部推薦昇段手続きの為に行かれて、ミンチョル先生の代理稽古となった。師範の代理稽古だと緊張する。代理稽古なので、参加者人数が心配されてが、10人以上が参加してくれたので、まずは一安心。片手取り転換法から、諸手取り呼吸法。指導部の先生方と違って、うまく説明ができないので、やり方やポイントを説明しながらやったが、うまく説明出来たかどうかはわからない。合気道は、開祖が天から授かった技だという。開祖から直接技を指導されることができないわれわれは、開祖か伝えられた技を師範を通して学ぶのである。そんな合気道の技をわれわれは教えることはできない。代理稽古を任され場合、師範を通して教えられた技を出来るだけ忠実に稽古人に伝える。それが指導する立場の立場である。決して技を教えてはならない。僕はそう思う。
正面打ち第一教、二教、入り身投げ、片手取り四方投げは、剣の理合い引き合いに説明、また取り方についても、諸手取りや後ろ両手取りは、正面打ちから派生した技であることを説明したが、間違ったかもしれない(^^ゞ
とにかく今年の初めての指導については、うまくいったかな(^^ゞ と。

沼津合気会の稽古始め

1月8日、沼津合気会の稽古始めに行く。沼津体育館の道場に入ると、準備体操の真っ最中。一礼して、加わる。k今日の指導は、N指導員。新年会での件もあるので、気を引き締める。参加者は、10人くらいだっただろうか。全員黒帯で、女性がいないさびしい稽古だったが、いつになく有意義な内容だった。
稽古内容は、横面打ちが主体で、途中で中断が入る指摘も少なく、難しい稽古ではあったが、楽しかった。
今年も合気道を楽しめそうだ。
PRIUS ONLINR 公式サイトはこちら
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
ギャラリー
  • 3人の稽古
  • 春の嵐
  • 桜の里
  • エイプリルフール
  • ホーホケキョ
  • 沼津発宇都宮行きの東海道線
記事検索
プロフィール

ミンチョル先生

livedoor 天気
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ