★ 松岡昇の毎日が英語レッスン ★

英語、英語学習、英語教育、国際コミュニケーション、異文化理解などについてテキトーに書きます。記事の下のコメント欄に、ご意見や感想、質問、リクエストなどをお書きください。     

2007年04月

Weekend Guest : ボーダーレスなサイエンスワールド

Hi, 松岡みーです。How are you?

4月28日今日からゴールデンウィークですね。皆さんの予定は? テニスだけ? 混むから出かけない? ふむ、それが一番かも。

さて、今週も、お待たせ、Weekend Guest です。今週のゲストは主人とウン十年来のお友だちの桑名さんに登場していただきます。Enjoy.


Weekend Guest : ボーダーレスなサイエンスワールド ___

Old friends (ECC)              桑名 里枝

松岡さんとのご縁ですか? 早いハナシが、そのむかしECC外語学院の池袋校で 「石田純一も真っ青なさわやか好青年」 上司と 「売れないソーホーの画家のような風貌 (と称された) 」 の
23才の新米非常勤講師という、うるわしい 「師弟関係」 からすべてが始まりました。

当時11年間のNY生活を終えて帰国したばかり、R音と子音が強すぎる日本語を何の疑問も持たずに話していた私を 「ストロングくわな」 と命名したのも 「ミスター松岡」 です。しかも他の同僚講師たちが 「エレガント○○」 「パワフル△△」 と呼ばれていたなかの 「ストロング」 ですからね。「パワフル」、これはいい形容詞です。内側から溢れる力を感じさせます。 「エレガント」、これにいたっては説明がいりません。しかるになぜ私だけさる格闘技を連想させるネーミングだったのか。松岡さんのセンスが大いに問われるところです。

さて、その約10年後、元ECCの生徒だった相手と結婚したさいに、2次会のパーテイーでの司会をお願いしたのは、他でもない松岡さんでした。彼のネーミングセンスは疑わしくも、そのトークセンスは余人をもって代えがたしでしたので、はい。じっさい松岡 MC はその個性ある名司会ぶりで、大いに会場は盛り上げてくださったのでありました。かくもご恩ある松岡さんからの依頼ということで、過去の 「ネーミング事件」 の確執には目をつぶり、このブログの格調高いウイークエンドゲストとして参加させていただくことになったのですが…

ただ、理化学研究所というバリバリの理系の世界にいる自分に、英語かつ異文化交流に関してアカデミックなアングルは少々難題。ですので、このウイークエンドは、究極のサイエンスワールドにおけるボーダーレスな日々へ、皆さまをナビゲートさせていただきましょう。

「速くて」 「重くて」 ミクロでマクロな世界

まずは、私の職場の理化学研究所 (理研) について少し説明が必要ですね。理研は、物理、工学、化学、生物学、医科学という多分野の研究領域をカバーしている世界的に見てもユニークな日本で唯一の総合的な自然科学研究機関です。その埼玉県の和光研究所内にある、仁科加速器研究センターというデイープな物理の世界に私は所属しています。といっても研究者としてではなく、海外の研究機関や研究者達とのコミュニケーション、英語関係の仕事全般、国際学会関係の仕事等がメインで、ようするに研究室の国際関係担当、といったところでしょうか。

にしても「加速器」とはそもそもなに? ですよね。当然です、その質問。平たくいえば、すべての物質を構成する原子核を高スピードで 「超加速」 する巨大な装置のことです。それにより原子核どうしを衝突させ、そこから観測できる現象を調べることによって、たとえば宇宙創造のしくみの究明や、きわめて寿命の短い不安定な原子核の発見が可能となり、また植物の新品質開発やガン治療などの応用研究がすでに実現しています。

東京タワー私が勤務する加速器研究施設には、原子核を高速の70%まで加速し、かつ世界最強のビームを発生できる世界最大の加速器、超伝導サイクロトロン (SRC) があります。超ミクロから超マクロの世界のミステリーを明かすのは、まさにこの東京タワーのおよそ2倍の重さの 「鉄の塊」 なのです。

じっさい2004年の7月には、これまで未確認だった新しい113番元素の発見に成功しました。皆さんも化学の授業で使われた水素、ヘリウムで始まる 「元素周期表」 に日本で発見・命名された元素が載る、これはかなり歴史的でエキサイテイングなことです。今後 SRC を利用することにより、113番以降の元素もどんどん発見できるだろう、という追い風が吹いているサイエンスな職場ではしかし、なかなかアンサイエンスな日常が繰り広げられています。

「インターナショナルな」 職場

理研には現在600余人の外国人研究者が働いています。そのうちの約半数が欧州人、2割が中国人、中国以外のアジア人が2割、約1割が米国人、そしてその他の少数派としてオセアニア、中南米、オセアニア、中近東からの研究者たちがいます。

この職場のひとつの特徴は、ロシア、インド、東欧(ハンガリー、ウクライナ、アルマニアなど)などからの人と知り合うことが多い、ということ。民間の外資系ですと職場の外国人の大半が米国人か欧州人の場合が多いので、これは埼玉県にいながらして文字どおりかなり 「インターナショナルな」 職場環境といえます。

とくに物理の世界では、ロシアやインドの機関と共同研究や実験を行うことが多いため、この2国から多くの研究者がうちの研究室を訪れますが、そのなかでひときわ特徴的なのがインド人研究者です。独特の抑揚が強いインド人の英語は、じつに印象深いものがあります。それも、独特の首フリつき。そうなのです、まるで首フリ人形のごとく、彼らは左右に首を揺らすのです。はじめにこれを目のあたりにしたときは、「え?なんか異論あり?」 と思ったものですが、実はこれ、イエス、という肯定のうなずきなのですね。

私たちが、うんうんと縦にうなずくのと同じ意味をもっているわけです。ただ、彼らは水平にうなずいているというだけ。で、これがまた伝染しやすい。一週間も一緒に仕事をしてみてください。気づいたら自分も彼らと話すときに、左右に首を振っています。これは確実です。

インド英語のアクセント

さらに印象深いのは、彼らの英語のアクセントです。研究者である彼ら (彼女ら) はカースト的に身分が高く、インド社会では 「最高の教養レベルをもった人達」 と位置付けられている特権階級であるゆえ、たとえ出身地が違ってもその話すインド英語には共通点があります。小鳥がチュンチュン鳴くような、スタッカート的な抑揚とでもいいますか。たとえば私の名字は、欧米人はまず例外なく「くわーな」と発音します。でもインド人は違います。なぜか「く〜わなっさん」なのです。

「く〜わ」にアップダウンな抑揚がつくのです。普通なら外国人研究者には、ファーストネームで呼んでね、とするところを、彼らにはあえて名字で呼んでもらっているのも、ひとえに自分の名前をこのラブリーなサウンドエフェクトで聞きたいからにほかなりません。

“Actually” は枕ことば?

さらに、彼らの話し方にはひとつの特徴があります。それは、"Actually" の連発。とにかく会話が "Actually" ではじまり、返答が "Actually" ではじまる。この単語の本来の意味は、「そう言うけれど、実際はね」 とか 「さっきはそう説明したけれど、本当はね」 といったところですが、彼らが使う場合は、なんのことはない、単なる枕言葉だったりするのです。ようするにオチがない。

「今日は暖かくていい天気ねー」 (私)
「Actually, く〜わなっさん」 (インド人研究者)
お、なんか反論あるのか! と身構えると…
「今日は気温が高くなるそうですよ」 (インド人研究者)
はて、なんのための "Actually" だったのか……と考えるのは、もうとうにやめました。

余談ですが、彼らはなぜか理研の食堂の 「うな丼」 が好きです。ヒンズー教徒であるからには、もちろん牛肉はご法度ですが、いわゆる厳格なベジタリアンは別として、彼らの多くはリベラルな環境で育ったせいか、魚や鶏料理は許容範囲内。そのなかでも 「うなぎ」 は 「好物」 と呼ぶほどの人気ぶりで、理研リピーターたちには、「うなぎ専門店」 でのもてなしがいちばん喜ばれました。なぜにやそんなにうなぎがすきかね、と聞いてみたところ…
"Actuallyく〜わなっさん, because it’s tasty."
聞いた私が 「懲りないヤツ」 でした、はい。

サイエンスと音楽はボーダーレス

アインシュタインがヴァイオリンを好んで演奏していたことはよく知られていますが、私のまわりの研究者にもクラシックやジャズを愛好し、自ら楽器を演奏する人たちが少なくありません。一見、物理の世界と音楽は全く関係がないように思えますが、実はこの二者は密接につながっています。というのも、音楽は音、すなわち空気の振動を媒体としており、そうした 「波動」 は物理学のなかでは主要な役割を示すものだからです。それはともかく、サイエンスの難題に挑戦する彼らにとって、音楽がインスピレーションであり、オアシスであることは間違いありません。

理研では、このような音楽愛好家たちが研究職、事務職に関係なく 「器楽同好会」 のメンバーとして、不定期的に演奏会を開催しています。研究所ならではの自由な雰囲気のなか、毎回趣向をこらした演目が目白押しで、クラシックあり、ジャズあり、邦楽あり、民族音楽あり。幼少のみぎりからヴァイオリンやヴィオラを習ってきた筋金入りのクラシック派から、即興がはじまったらその情熱がとまらないジャズピアニストまで人材はたいへん豊富です。

なかには、どんな作品でも初見で弾き、およそ一般的に知られていないマニアックな小作品を毎回ピアノで披露する人もいます。ここまでくると、研究と音楽どちらが本業なのか、果てしなくボーダーレスといえますね。ちなみに元素113番を発見した研究者は、尺八と琵琶の奏者でもあります。

戦メリメドレー数年前のクリスマスコンサートでは、和洋フュージョンの 「戦場のメリークリスマス」 が実現しました。前述のジャズピアニスト (当時脳科学系の研究室所属) が、「戦メリ」 と山下達郎の 「ホワイトクリスマス」、さらにバッハをフューズして編曲したオリジナル作品を、ピアノ、弦楽器のオケと琴 (私と友人) がコラボレーションしたもので、こういうユニークな試みも自由闊達な研究所ならでは、ともいえるかもしれません。「科学者の楽園」 と称される理研は、音楽家たちのパラダイスでもあります。

フライデーランチ

Terrace Lunchもう何年目になりますか、週に一度 「フライデーランチ」 と称して必ず金曜に一緒に昼食をとるメンバー達がいます。そもそもは、全く違う研究室の仲よいフランス人研究者と気の合う仲間で自然発生的に始まったもので、当初はフランス語が苦手な私が 「自然にフランス語を身につける」 べく、その友人たちとフランス語でランチという志の高いものだったのが、あえなく挫折。その後、なしくずし的に英会話ランチとして定着し、現在に至っています。

所属研究室、国籍、年令その他は全く問わず、ただひとつ英語が話せる、という共通点のみ。それよりも会話力と体力が勝負のランチいえるかもしれません。というのも、機関銃のように早口でしゃべるドイツ人、議論好きで熱く語るベトナム人、話し出したら止まらないフランス人、なまりの強い英語を聞き取るだけで体力を消耗するインド人などなど、と歴代のメインメンバーには、どれも個性的な顔ぶれが揃っているからです。

普通ならタブーな政治や宗教の話題から 「昨日のTV番組の○○タレントってー」 という路線まで、話題は森羅万象なんでもあり。ときには、そのときの国際情勢により、少々きなくさい方向に議論がヒートアップしていくこともありますが、基本的には和やかな 「異研究室交流」 なひとときをメンバーで楽しんでいます。

興味深いのは、オリジナルメンバーのフランス人が本国に戻って数年たち、その後いろいろなメンバーが入れ替わり立ち代わりしながらも、不思議とメンバーがゼロになったことは一度もないということ。一人が帰国すると、なぜか絶妙なタイミングで違う顔ぶれが新メンバーとして加わる、といったことを繰り返しながら今に至っています。

最近までコアメンバーは私を含めて4人。ベトナム人、スイス人、東大生の娘さん二人をもつスーパー Mom の脳科学研究室の秘書さん (日本人) という顔ぶれですが、これにアドホック的にイタリア人、フランス人、ロシア人、中国人、ウクライナ人、ポーランド人などが加わり、まさに万国旗満載! という風情がフライデーランチの醍醐味といえましょう。

物理と美術もボーダーレス

さて、ランチのあとは、理研構内にある 「Tully’s」 でコーヒーを、というのがここのところ定着している私たちのパターン。ここが普通のタリーズと違うのは、壁面に理研に勤務する人たちによるアート作品が飾られていることです。それは写真や、絵画、3Dシャドーボックスだったりしますが、その栄えある初代の展示作品は、前述のフライデーランチの長年のコアメンバーのベトナム人の友人ダンさんによるものでした。

彼は、日本在住14年、優秀な理論物理研究者でありながら、画家としてもプロ級で、ベトナムにおいては美術協会会員でもある 「ルネサンスマン」 です。彼の HP をご覧いただければ一目瞭然ですが、その腕前は半端ではなく、それこそどちらが本業か、と聞かれることも珍しくないようです。

汐留サイトのレストランにベトナム戦争を子供の頃体験した彼の独特の世界観溢れるそのシュールな作風にはファンも多く、彼の HP には多くの賞賛の声が世界中から寄せられています。また、彼の一連の作品は、汐留サイトのさる高級イタリアンレストランの壁に2ヶ月間展示されたり、銀座の画廊や東京都立美術館にも出展、とその活動の幅は年々広がりを見せています。

Dang Gallery Talkそのダンさんの絵画が 「Tully’s」 の壁に展示されたとき、ベトナムにおける西洋絵画の歴史、現代のベトナム美術についてのレクチャーが本人によって行われました。彼の奥様が用意した美味しいベトナムのお菓子と、タリーズによるコーヒーサービスを味わいながら、ベトナム美術の現状についてのQ&Aを楽しむ。まことに贅沢かつアートフルな時間が展開したのでありました。

Come to 理研

ことさように、理研のサイエンスワールドではボーダーレスな日々が繰り広げられています。そんな世界を覗いてみませんか? 今年は4月21日に終わってしまいましたが、理研では、毎年4月に一般公開という行事が開催されます。普段は厳重オフリミットの施設の見学や、さまざまな科学のイベントが目白押しで、一日に6000人以上の入場者がある人気の高い一大イベントですので、ご興味がある方はこちらをご覧ください。
Welcome to the wonderful world of science! (Rie)
_____________________________

「く〜わなっさん」、さんきゅうでした。
そう言えば、理研のみなさんには、数年前、主人のアンケート調査にご協力いただきました。この場を借りて、改めてお礼申し上げます。

それでは、みなさん、Have a SUPER NICE Golden Week!!

過激なTOEICの教科書

Hi, 松岡みーです。 How are you?

Oh, lovely Me-chan.ここのところ主人が忙しかったのは、大学用のTOEICの教科書を企画していたからなんです。今朝できあがりました。で、今度のヤツは 「何といっても教師がラク」、「何といっても生徒に力がつく」 というコンセプト。内容はかなり過激で、半期で100点アップ、通年授業で200点アップ間違いなし(?ホンマかいな)、というやつです。通るかなあ、この企画。

予告: 今週の Weekend Guest は、理化学研究所のジュディーオングこと 「く〜わなっさん」 の登場です。お楽しみに!

グッドタイミングの G W

Hi, 松岡みーです。How are you?

社会人のみなさん、新入社員のみなさん、新年度が開始していかがですか。異文化理解の研修の効果は出ていますか。パイロットのみなさん、ちゃんと飛んでますか。学生のみなさん、2週目の授業はいかがですか。みぽこの主人は長い冬眠から覚め、一気に授業が始まったためか、かなりお疲れ気味です。

4.26でも、あさってからゴールデンウィーク!! やっぱりゴールデンウィークって絶妙のタイミングですよね。遊んだり休んだり、食べたり休んだり、ちょっと調整ですね。その後、ちょいと頑張れば、ナツヤスーミーですので . . .
それじゃあ、. . . . 

えっ、今日はこれだけ? ってゆーか、っていうわけです。
いや、ほんと、ごめんなさい。来週からがんばりますので . . . はい。
あ、そうそう、予告です。

予告: 今週の Weekend Guest は、理化学研究所のジュディーオングこと 「く〜わなっさん」 の登場です。お楽しみに!

Weekend Guest (32人目) : 立派な教師になります

Hi, 松岡みーです。いい天気だと思っていたら、さいたま市は、少しずつ曇ってきました。How are you doing?

押入れから失礼お待たせ、今週の Weekend Guest です。今週は、半年前、受験真っ最中にゲストで書いてもらったアルくんの再登場です。
この春、めでたく志望校に入学したアルくんは、今 . . . .


Weekend Guest : 受験が終わって、これからが本番 ____

アル家の迷犬、華  立派な教師になります !     by アル

私の写真の代わりに、我が家の迷犬、華ちゃんで失礼します。
今回は受験が終わったということで、Freshman・アルより 「春風」 を吹かせにやってまいりました。今から頑張る受験生、そして新たなスタートを切った浪人生へのエールになればいいな。

私はかなり背伸びして今の学校 (某大学教育学部英語専攻) に入ったので、周りの生徒も教授も本当に頭の良い人ばっかり! まぁ、中には頭蓋骨に穴あけて換気したほうが良いよさそうな教授もおりますが。人員異動が少ないので 「俺の常識=世界の常識」 といった、ある種宗教めいたお方がいるのですよね。いくら研究が素晴らしくても、こんなお方は No
thank you。

大学(アル)授業は Too hard! 自分が平均点を越えていると思われるのは、今のところ 「情報処理」 の授業だけという状況です。今になって英語だけというのもつまらないと感じるようになってしまいました。高校時代の外国語科の生徒が 「卒業時には間違いなく英語嫌いになる外国語学科〜」 と言っていたのを思い出します。本当に英語嫌いになりそう。

でも、仲間は物凄く良い人たちばかりです。方言丸出しの子、スポーツマン、勿論美男も美女も勢ぞろい・・・ Anyway、個性豊かな面々です。・・・キャラの濃さだったら俺も負けませんけどね!いろんな意味で! この人たちに会えただけでも、この学校に入ってよかったと思えます(肖像権の関係で写真載せられないのが残念です)。

高校時代、受験時代に背負っていた期待の分だけ、今は不安に押しつぶされそうになっている自分がいます。第一志望に受かったからといって楽しいことだらけではない。これからが本番なのだから。だけど、それでもこの試練を乗り越えて必ず卒業時には立派な先生になることを約束します。未来の My students、乞うご期待! (アル)
______________________________

イラストbyみー母 さんきゅうでした、アルくん。

アルくんが感じているように、専門が英語だと 「英語嫌い」、あるいは 「英語バカ」 になるのでは、という不安はあるよね。何のための英語なんだろう、何のための英語教育なんだろうという問いの答を探してください。

それじゃあ、みなさん、Have a GREAT weekend!!

どうなる、フランスの大統領選挙

Hi, 松岡みぽこです。How are you?

さくらから緑へ緑が日に日に濃くなってきていますが、どうも日曜日は雨が降るとか。せっかく、テニスには絶好の季節になったというのに。市民大会 (今度はダブルス) も近づいてきているで、猛練習をしたい主人はちょっと不機嫌。

ところで、フランスでは、今度の日曜日に大統領選挙が行われます。誰かが過半数を得票すれば、その候補者が大統領になりますが、いままでそのようなケースはありません。したがって、1回目の投票の結果、上位2人が選ばれ、その2人のうち1人を選ぶ決選投票がその後に行われます。決選投票は2週間後の5月6日(日)です。

今回の選挙は争点がはっきりしないと言われながらも、サルコジさん(男性)とロワイヤルさん(女性)の対決はちょっと注目したいですね。世論調査によれば、この2人が決選投票に残ることはほぼ確実。で、2人の争点はこんな感じです。

サルコジさん: 「競争」
グローバル経済の中でフランス産業が生き残り成長できるよう、アメリカ式の競争原理を労働社会に取り入れる。

ロワイヤルさん: 「平等」
伝統的な弱者救済を旨とする平等主義を守りつつ、雇用問題や産業の活性化を図る。

「競争」 か 「平等」 か。
フランスはかつての日本のように終身雇用が基本です。一度雇用すれば、容易に解雇することはできません。残業も厳しく制限されていますので、労働者にとってはうれしいです。家族との時間も持てればバカンスも楽しめる。しかし、経営者にとっては大変。国際競争の中では苦戦を強いられます。また、能力のある猛烈社員にとっても 「平等」 は不満の対象。

さあ、フランス人はどんな選択をするのでしょう。また、新大統領はどんなレシピーで雇用と経済力を回復させるのでしょう。
みぽこはロワイヤルさんを応援します。美人だから。あなたは?

「英語で落語」 クラスに多くの学生が

Hi, 松岡みぽこです。 冬に逆戻りしたような日が続きますが、
How are you doing?

ブラシが気持ちいい主人の授業のひとつに Introducing
Japan という科目があるります。国際コミュニケーション学部の選択科目です。このクラスに何と、予想していた
4倍の数の学生が集まってしまいました。シラバスのコース概要には次のように書いたのですが . . . .

日本の伝統芸能である落語を英語で世界に紹介する試みをする。これを通して日本のユーモア文化を再認識し、さらに、それを英語で世界に伝える際の問題点や醍醐味を、実践を通して学ぶ。プロジェクトとして、受講者各自が落語を翻訳し演じる。

多くの学生が興味を示してくれたのは嬉しいのですが、かなり大変な授業だということを覚悟して登録したのかどうかちょっと不安。評価は rakugo performance とレポートです。みんな頑張ってよ。

Weekend Guest (31人目) : エンジニアの私が英語を

Hi, 松岡みーです。What a beautiful day! How are you doing?

4月14日みぽこはとても元気になってきました。きょう病院に行き、プラスチックのえり巻がはずせるかも。

みぽこの主人は、大学の最初の一週間を終え、へとへとの様子です。
さくらは、いつの間にか、緑の葉と入れ替わり、新緑が日に日にまぶしくなって来ていますね。

さて、おまちかねの Weekend Guest です。今週は、『英語耳』 をはじめ英語学習書のベストセラーを次々と世に送り出している松澤さんに登場していただきます。実は、松澤さんの本職は . . .  

Weekend Guest : エンジニアの私が英語を ________

『英語耳』 の松澤です
『英語耳』 の松澤です。

松岡先生のゲストとして書かせていただきます。



 「ヒアリング・マラソン」 のファン

10年以上も前からアルクの 「ヒアリング・マラソン」 のファンです。年季が入っています。当時は教材がカセット・テープでした。でも、ヒアリング・マラソンを始めた当時は、教材が1000時間分付いてくると勘違いしていたので、毎月2時間しか来ないので、ダマされたと思いました。いまではこういう、オッチョコチョイはいないのでしょうね。

  実は理系人間

『英語耳』私は、純粋の理系人間です。仕事もずっとソフトウエアのエンジニアとして米国のゼロックスとものすごくたくさんの商品を共同開発して来ました。英語学習の世界では、アルクに行くと、「語源の松澤さん」、そのほかの会社やインタビューを受けるときは 「英語耳の松澤さん」 と思われています。私の名刺は、純粋な富士ゼロックスの開発のものなので、受け取った皆さんが驚きます。人が驚くのは、毎回とても楽しみです。

  英語をともに楽しむ友

松岡先生とは、アルクの 「ヒアリングマラソン」 受講生100万人突破謝恩イベント (2007/3/3の耳の日) で親しくお会いしました。ヒアリングマラソンをつくっておられる方なので、とても楽しみでした。アルクから招待をいただいていたので、受講生として参加していましたが、このイベントは、内容が大変に濃くてすばらしかったと思います。

松岡先生にも、ひとりの受講生のファンとしてアプローチしましたが、必要以上に驚かせてしまったようで、申し訳ありませんでした。英語をともに楽しむ者として、すぐに意気投合させていただけたことは、嬉しい限りです。その日のうちに、松・松コンビが出来上がり、数年来の友人と感じる、他人にはそう言おうと約束していただけたことは光栄です。

毎年、11月にアルクで講演をしておりますので、2007年はぜひ松・松コンビとしてなにかコラボレーションができる講演をぜひ企画したいと考えております。約束ですよ・・・・・・

 エンジニアの私が英語を

「エンジニアがなんで英語を教えているのか?」 と毎回質問されるので、自己紹介です。会社の仕事がゼロックスとのコラボレーションなので、毎日英語を使っていて、それが30年になるので、実用英語が身についてきたのだと思います。才能よりも、量です。この結果 「英語の修得は壮大な慣れだ!」 と言っています。

米国のゼロックスとは専用回線がつながっているので、電話はいくら話してもタダです。実際には、年間契約なのですが、使っても使わなくても同じ金額です。このために、毎週3-4回電話会議をしています。電話もつい長電話になります。英文電子メールは、J-Star の時代から数えると、20年以上使っています。英文電子メールは2000年からの5年間がいちばんたくさん書きました。ゼロックスに出した英文メールは5年間で10,000通を超えたのです。

  「発音」と「多読」で英語はマスターできる

『単語耳』ここ5年ぐらいで、英語界で、「発音」 と 「多読」 が認知されたことは、非常に大きな喜びです。本屋さんに行くとたくさん並んでいます。10年前はぜんぜんありませんでした。

「発音」 と 「多読」 さえやっていれば英語は必ずマスターできます。それを効率よくすればよいのです。私の多読は、毎年10,000ページ以上 (と言うとかっこよさそうなので) をなんとなく目安として意識して続けています。

だいぶ長くなりましたのでこのあたりで、筆をおきます。(キーボードから手を離します。) 続きは、私のサイト 「英語・発音・語彙」 に来て見てくださいね。 (松澤 喜好)
______________________________

ふーむ、参りました。まさに 「習うよりも慣れよ」 ですね。松澤さん、ありがとうございました。松澤さんのホームページには、英語学習のヒントがいやほどあります。行ってみてください。

それじゃあ、みなさん、さっそく声を出して多読してみますか。
Whatever you do, have a nice weekend!!

異文化理解 (その8) : 比喩には注意

4月13日Hi, 松岡みーです。How are you?
みぽこは日に日に元気になってきています。

さて、「異文化理解」 で比喩の話をしてきました。そして、比喩による表現は、異文化間では、ときに誤解を招く危険性もある、なんていう話をしました。

国際政治場面での失敗例で有名なものを挙げると、鈴木善幸首相の 「ハリネズミ」 を専守防衛に例えたもの (1981年)、中曽根首相の 「不沈空母」 と表現した日本の防衛構想 (1983年) などがあります。いずれも日米首脳会談での発言です。

今、中国の温家宝首相が来日しています。メディアに映る温首相の表情はとてもおおらかです。今回の訪日を首相自ら 「氷を溶かす旅」 と呼んでいます。きのうの国会の演説にも 「氷を溶かす」 という比喩が使われていました。

大抵の場合は、 「人間が共通して持つイメージ」 の領域が大きいため、やはり、比喩の使用は、異文化間でさえ、リスクよりも効果的利益の方が大きいです。ですから、

結論 : 比喩は、異文化でも積極的に使う、でも気をつけて。

てな感じでどうでしょうか。

予告: 今週の Weekend Guest は、ベストセラー 『英語耳』 の著者、松澤さんに登場していただきまーす。明日です。乞うご期待!

異文化理解 (その7) : 比喩には注意 (解説)

Hi, 松岡みぽこです。How are you?

4月12日みぽこの母さんがえり巻にこんないたずらをしました。みぽこがよくなってきて、余裕が出てきた証拠ですね。

ああ、そう言えば、何でえり巻をしているの? と疑問に思っているひとがいるかもしれません。これは、傷口をなめたりしないためです。ばい菌が入るといけないので。

はい、それでは、みぽこもがんばって、えーと、そう、「比喩には注意」 の話のつづきです。

比喩というのは上手に使えばとても効果的です。抽象的で複雑なことをうまくことばにできないときに、ズバリ的確な 「たとえ」 が見つかったりすると嬉しいものですよね。

先週、 「レモン」 の例 を取り上げましたが、昔、アイドル中3トリオというのがいて、欽ちゃん (萩本欽一) が彼女たちをこんなふうに紹介して笑いを取ったことがあります。

山口百恵ちゃん、黄色いレモン
桜田淳子ちゃん、ピンクのさくさんぼ
森昌子ちゃん、あんぽん柿

百恵ちゃん、淳子ちゃんまでは 「さわやかなアイドル」 というイメージで紹介し、昌子ちゃんのところで 「あんぽん柿」 (半なま状態の干し柿) と落としています。

これがおもしろいのは、私たちが文化的な経験や常識や理解を共有しているからです。「あんぽん柿」 について多少わからなくても、「あんぽん」 という発音のおもしろさ、「柿」 という田舎のイメージ。これが、華々しい芸能界の 「みずみずしいアイドル」 との間に作る「落差」。昌子ちゃんにはそんな要素がなくはなかった。こうしたイメージをテレビの前の人たちが共有していたので、欽ちゃんは意図した通りに笑いが取れた。

比喩表現には、このように共通した文化が前提になります。なので、異なった文化を相手にするときには、先日の例、Your wife is like a lemon. のように、ときに、とんでもない誤解を与える危険性があります。

このリスクを回避するためには、

 自信のない比喩はできるだけ避ける
 不安な比喩には、説明を追加する

といっても、あまり神経質にならなくていいと思います。ただ、こうしたことを知っておくということが大事です。Just in case.

それじゃあ、また、Mya you tomorrow.

異文化理解 (その6) : 比喩には注意 (解説)

Hi, 松岡みぽこです。How are you?

くすりが効いてきた . . . April 9Good news!! 昨日、病院に行ったら、薬が効いているようで、よくなってきているとお医者さんから言われました。みぽこ、うれしいです。1週間くらいのうちに炎症もやみ、痛みもなくなるでしょうとのこと。先週の土曜日には、症状がよくなっていないと言われて、ちょっとショックだったのですが。にがい薬を泡をふきながら無理やり飲んだ甲斐がありました。あと、みなさんからの応援メッセージが何よりの薬だったようです。

さて、先週金曜日に出題した「異文化理解」のクイズの解説です。そんなこと、知ってるよ、という人も少なくなかったかと思いますが . . . .

問題 _________________________

「あなたの奥さんはとてもさわやか感じですね」 と、日本人がほめるつもりで言った

Your wife is like a lemon. Your wife is like a lemon.
(あなたの奥さんはレモンのようです)

が、実は、相手のアメリカ人にとっては、とても失礼なことばになった。
何故でしょう。

解答・解説:レモンは、日本人にとっては、その色彩や形状、そしてすっぱい果汁から 「さわやか」 といったイメージがありますよね。ですから like a lemon (レモンのよう) と言った日本人に罪はありません。ところが、アメリカ人にとっての lemon というのは 「不良品、役立たず」 といった悪い意味があります。

If you think that something is a failure, or not as good or useful as it should be, you can say that it is a lemon. (コウビルド英英辞典)
______________________________

それじゃあ、一体どうしたらいいのよ、そんなことまで知らないといけないわけ?! ということになりますね。せっかく一所懸命英語を使って、おまけにほめてやろうとサービスまでして。ふむ . . . .

このつづきは明日しまーす。
それじゃあ、Mya you tomorrow.
Profile

マッツ

今までの記事
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor 天気
松岡昇の著書
51nRjDhXhiL__SX351_BO1,204,203,200_

『会話力がアップする英語雑談75』(2015年, DHC)


Presentations to Go表紙

Presentations to Go
(2013年 センゲージ ラーニング)


HM7_cover+obi

『英語の壁はディクテーションで乗り越える』
(2011年、アルク)


ここ聞き1
『日本人は英語のここが聞き取れない』ベストセラー
(2003年,アルク)


ここ聞き2
『続 日本人は英語のここが聞き取れない』(2004年、アルク)


TOEICテスト対策よくわかる英文法
『TOEICテスト対策よくわかる英文法』 (2004年、アルク)


2016 仕事英会話まるごとフレーズ


『仕事英会話まるごとフレーズ』 (共著 2016年アルク)


仕事英会話ミニフレーズ 新装版

『まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ 新装版』
(共著、2007年、アルク)


仕事英語ミニフレーズ

まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ―仕事がおもしろくなる!即戦力表現集
ロングセラー
(共著、1992年、アルク)



大学、高校、企業の教科書

2018 Beat Your Best

Beat Your Best Score on the TOEIC Teat (2019年 松柏社)



10 1分間英語プレゼン

『1分間・英語プレゼンテーション』(2017年、松柏社)


12 TOEIC 松柏社

『現スコアから150点アップを実現させるTOEIC総合演習』(2016年、松柏社)


An Intensive Approach to the TOEIC Test

TOEIC 1セメスター用教材
An Intensive Approach to the TOEIC Test(2008年、金星堂)


More Power for the TOEIC Test 金星堂

TOEIC 集中講座、演習用
More Power for the TOEIC Test(2007年、金星堂)


Kick Off for the TOEIC Test

Kick Off for the TOEIC Test ベストセラー
TOEIC対策通年授業用
(2006年、金星堂)


Get Ready for the TOEIC Test

Get Ready for the TOEIC Test べストセラー
(2005年、金星堂)


初めて聞くニュース英語 入門編

「はじめて聞くニュース英語」
(共著、2003年、アルク)



------ スターの英語 ------

11

『ハリウッドスターの英語4』
(共著、2015年、アルク)


7012074

『ロックスターの英語』
(共著、2012年、アルク)


『ハリウッドスターの英語 3』 (アルク)

『ハリウッドスターの英語3』
共著、2008年、アルク)


ハリウッド2

『ハリウッドスターの英語2』
(共著、2007年、アルク)


ハリウッド1

『ハリウッドスターの英語1』
(共著、2005年、アルク)



--- 通信教育講座教材 ---

js-presen_index_01

『ビジネスプレゼンテーションの英語』(2015、アスク)



--------- 専門書 ---------

41flyEaC-TL__SL500_AA300_

『企業・大学はグローバル人材をどう育てるかー国際コュ二ケーションマネジメントのすすめ』
(共著、2012年、アスク出版)


共生社会の異文化間コミュニケーション

『共生社会の異文化間コミュニケーション』
(一部翻訳、2009年、三修社)



---------- その他 ----------

_SX352_BO1,204,203,200_

『TOEFL ITPテスト 学習スタートブック』
(共著、2013年、Jリサーチ)

_SY498_BO1,204,203,200_

『470点入門TOEIC語彙・イディオム基礎問題集』
(1994年, アルク)



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ