★ 松岡昇の毎日が英語レッスン ★

英語、英語学習、英語教育、国際コミュニケーション、異文化理解などについてテキトーに書きます。記事の下のコメント欄に、ご意見や感想、質問、リクエストなどをお書きください。     

2012年03月

映像翻訳の体験

こんにちは。松岡昇です。ワシントンの満開の桜の様子がテレビで伝えられています。日本から贈られて今年が100周年だそうです。さいたまのさくらはあと1週間で満開でしょうか。楽しみです。

さて、英語を本格的に勉強している方の中には、将来、戸田奈津子さんのように映画の字幕翻訳をやってみたいと考えている方もいらっしゃるかもしれません。実は、先日、そんな映像翻訳の専門家を育成する日本映像翻訳アカデミーに行き、字幕翻訳の体験をしてきました。かなりエキサイティングな経験でした。アルクのホームページに 「映像翻訳体験に興奮」 という記事を書きましたので、興味のある方はお読みください。

マッツ

NHK World: 24時間英語ニュースなど

こんにちは。松岡昇です。ご機嫌いかがですか。

私はインフルエンザで1週間つぶれていました。春とは言え、まだ空気が冷たいですから、油断はできませんね。

ところで、ご存知でしたか。いつの間にか、NHKのネットテレビが進化していました。NHK World TV -- Live Streaming です。

P1030469このHPの右上に "NOW ON AIR" と書かれたTV画面があります。Auto Start を on に、大画面で見るには 512KをクリックすればOK.



毎時30分間のニュース (NHK Newsline) に加え、その間に日本を紹介する様々な番組がストリーミングで放送されます。ほぼ24時間ノンストップです(時々待ち時間が入ることもあります)。何といっても、ニュースとニュースの間の番組が楽しいです。(マッツ)

米国でのPlain English Movement

こんにちは、松岡昇です。

前回に引き続き plain English (平易な英語)についてもう少しお話します。

Plain English movement

アメリカでは1970年代に Plain English movement(「平易な英語」運動)というのが起こりました。時の大統領ジミー・カーターは Executive Order 12044(大統領による行政命令12044号)に署名します。これにより、Federal officials must see to it that each regulation is written in plain English and understandable to those who must comply with it.(連邦政府の役人は、それぞれの法規を平易な英語で書き、法規に従わなければならない人たちに理解できるように配慮しなければならない)ということになります。

また、州によっては、商品の保証書や保険の契約証書、消費者契約書などを「平易な英語」で書かかなければならいと法制化したところもあります。この時に採用した Plain English の定義が、言語学者 Rudolf Flesch が考案した readability(読みやすさ)を測定する計算式です。

どこかの政府のように、外来語まで過剰に使って、やれコンプライアンスだ、TPPだ、ストレステストだと、国民を煙に巻くのとは大違いです。

Flesch は1986年に亡くなっていますが、彼の研究は、今や、米国内向けではなく、「世界が英語を共通語としてどう使うべきか」 に貴重なヒントを与えてくれています。

フレッシュの「読みやすさ」を測定する計算式

総語数 ÷ 総文数 × 1.015 = X
総音節数 ÷ 総語数 × 84.6 = Y
206.835 − (X + Y) = フレッシュ・スコア

スコアと評価は、
                     0〜30  : very difficult
P1030395 30〜50  : difficult
 50〜60  : fairly difficult
 60〜70  : plain English
 70〜80  : fairy easy
 80〜90  : easy
 90〜100 : very easy

マイクロソフトのワードでは、2回クリック(校閲 ― スペルチェックと文章校正)するだけで計算してくれます。Flesch Read Ease の数値がそれです。

もし出てこないようであれば、設定が必要です。1.[ファイル] タブをクリックし、[オプション] をクリック。2.[文章校正] をクリック。3.[Word のスペル チェックと文章校正] で [文章校正とスペル チェックを一緒に行う] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。4.[文書の読みやすさを評価する] チェック ボックスをオンにします。

スペル チェックと文章校正が終了すると、文書の読みやすさに関する情報が表示されます。

それでは、また。(マッツ)

「平易な英語」 (Plain English) が国際通用語

こんにちは、松岡昇です。ご機嫌いかがですか。

英語が事実上、国際通用語になっていることは、改めて言うまでもないことですが、やはり私たち日本人にとっては、英語を使うことは難しい。日本人ばかりでなく、世界の多くの人たちにとって、程度の差こそあれ、同様のことが言えると思います。

それでも世界の人々が英語をコミュニケーションのツールとして使っていこうとすれば、何らかの工夫が必要になってきます。そのひとつが 「平易な英語」 の使用だと私は考えます。

kaleido07_pic1アルクのウェブサイトに、「伝わりやすい英語」 という記事を書きました。今年1月末に野田総理がダボス会議にテレビ会議システムでメッセージを送りました。その時の英語字幕について言及しています。興味のある方はどうぞお読みください。

それでは、また。(マッツ)

やっぱり新学期は春でしょう

こんにちは、松岡昇です。お元気ですか。ひと雨ごとに春が近づいてくるようです。今日のさいたまは午前まで雨が降っていましたが、昼すぎて、空が春の明るさになってきました。

英語学習誌の4月号
書店に行くと、いろいろな英語学習誌の4月号が、英語をマスターする HOW-TO を特集しているのが目に入ります。年の始めより、年度始めの方が、学習者の気合が入るのでしょう。考えてみれば、日本人は小学1年生のときから、春の訪れと共に新しい教科書を手にして勉強してきたわけです。なので、大学生になっても、社会人になっても、やはり 「学習のスタートは春」 が基本でしょう。

動植物が目を覚ます季節

DSCF0004自然界が冬の眠りから目を覚まし、草木は芽を吹き、花を咲かせ、やがて野山は新緑一色に染まる。こんな季節に人間も新たな人生の1ページを始めるというのは、ごく自然な営みです。日本に限らず、北半球の国々にとっては同様のことが言えるのではないかと思います。(写真は去年撮影したもの。今年はまだ咲いていません。)

あるアメリカの作家は
アメリカ人作家の Hideo Levy は、現在、日本の大学で教鞭を取っていますが、こんなことを言っていました。
 「春に新学期が始まる日本の学校はいい。秋に始まる米国では、自然の色彩が薄れていく中での授業になる。それより日本のように、自然が1日1日カラフルに開いてくる季節の授業は気持ちが良い。」(朝日新聞天声人語、2011年12月2日)
 私の大学にも北半球から来ている教員が少なくありませんが、私が質問した先生方はみな、リビー氏と同じことを言っています。

北半球には春がおススメ
北半球では、ご存知のように、ほとんどの国で学校年度の開始が9月です。是非、この際、日本のように春スタートにしてみてはどうでしょう。きっと、学生も教員も新しい1年を今以上に爽やかな気分でスタートできるのではないかと思います。
 ああ、そうそう、そう言えば、日本の大学で、秋スタートにしようなんて動き始めたところがあるらしいです。「教育・研究のグローバル化」 だとか。どこまで自分に自信がないことか!

みなさんは、どうお考えですか。(マッツ)

ゲスト記事一覧

こんにちは、松岡昇です。天気予報によると、今日のさいたまは気温が18度まで上がるとか。みなさんの所はいかがですか。早く暖かくなってほしいという気持ちもありますが、寒さの中、春を待ち焦がれるのも悪くはないですよね。

さて、先週は亀くんをゲストに、グローバルIT企業の現場のお話をしていただきました。今までに他にもたくさんのゲストに記事を書いていただいています。まだ読まれていない方のために、あるいはもう一度読みたいという方のために、Weekend Guest の一覧をアップします。いずれも素晴らしい記事です。是非、お読みください。

今までのゲスト記事の一覧  _____________

TKubota    76人目のゲスト 2012年2月25日
   「電話会議の3つのポイント」
   (久保田巧さん)


草深:313ba06c-s 75人目のゲスト 2011年2月26日
 「英語とわたし」
 (草深はるのさん)

阿部さん、写真2010年5月 110 74人目のゲスト 2010年5月15日
 「妊娠、育児、プロの通訳」
  (由佳さん)

須山1 73人目のゲスト 2010年4月24日
 「ドイツ留学」
  (友貴ちゃん)

内藤さん003 72人目のゲスト 2010年2月27日
 「英語学習の思い出」
 (内藤史門さん)

荒磯先生 71人目のゲスト 2010年1月30
 「新春クイズ - ことばの機微」
 (荒磯芳行先生)

 
100-0095_IMG 70人目のゲスト 2010年1月9日
 「旅、食、そして英語」
 (津久井ヒデくん)

関口4 69人目のゲスト 2009年10月30日
 「タイのエイズホスピスと仏教僧」
 (関口定子さん)

かよこさん3SmallHand 68人目のゲスト 2009年9月5日
 「私らしくマイペースで走る」
 (かよこさん)

古谷1 67人目のゲスト 2009年8月31日
 「1年間の米国留学を終えて」 
 (古谷純子さん)

bon dancing 2 66人目のゲスト 2009年8月11日
 「アメリカの盆踊り」
 (ミノフまどかさん)

bunkasai 65人目のゲスト 2009年5月17日
 「ベトナムとカンボジアへ」
 (鈴木みー)

アレックス1 64人目のゲスト 2009年1月17日
 「日本での1年を振り返って」 
 (アレックス君)

荒磯先生 63人目のゲスト 2009年1月3日
 「金言 -- 新年を迎えて」
 (荒磯芳行先生)

久美0 62人目のゲスト 2008年12月28日
 「中東便り -- アブダビ」
 (中村久美さん)

悦子さん2 61人目のゲスト 2008年11月29日
 「ダラス便り -- アメリカ人高校生、落語に挑戦」
 (Etsukoさん)

加藤坊さんプノンペン.JPG 60人目のゲス 2008年10月11日
 「人との出会い求めて -- 再びアジアへ」
 (加藤くん)

MT1 59人目のゲスト 2008年10月3日
 My Dream Is Coming True
 (古谷さん)

Masaki 1 58人目のゲスト 2008年9月13日
 「英国でボランティア留学」
 (Masaki)

まどかさん1   57人目のゲスト 2008年5月3日
   「LAで2言語生活」
   (フミノまどかさん)


Toshie1   56人目のゲスト 2008年4月19日
   「外資系マーケティングの Mission Impossible」
   (トシエちゃん)


レイ先生 55人目のゲスト 2008年4月12日
 「インドの英語」
 (Ray先生)

浅井ちゃん4 54人目のゲスト 2008年4月5日
 「 『楽しい』 が基本」
 (浅井ちゃん)

kobayashi, Hokkaido   53人目のゲスト 2008年3月29日
   「話が早い先生との出会い」
   (小林くん)


加藤 旅3 52人目のゲスト 2008年3月15日
 「旅、そしてインドの企業へ」
 (加藤くん)

Aya のリアルトークリスニング   51人目のゲスト 2008年3月8日
   「English AyaPod が本に」
   (Aya さん)


立ちえもん2 50人目のゲスト 2007年12月1日
 「英語と情報技術の時代に」
 (立野さん)

拓海1職場 49人目のゲスト 2007年11月10日
 「無駄な経験なんてない」
 (拓海くん)

みな1   48人目のゲスト 2007年10月20日
   「帰国して、またチャレンジ」
   (落合美奈さん)


松本1 47人目のゲスト 2007年10月14日
 「伝えようとすれば伝わる」
 (松本さん)

久美ちゃん1 46人目のゲスト 2007年10月7日
 「インターンで得た自信」
 (中村 久美さん)

おと1 45人目のゲスト 2007年9月30日
 「いいことも悪いことも」
 (乙部さん)

菅谷1 44人目のゲスト 2007年9月24日
 「語学学校よりもボランティア」
 (菅谷さん)

Etsu9 43人目のゲスト 2007年9月15日
 「日本修学旅行」
 (Etsukoさん)

ボランティアの仲間 42人目のゲスト 2007年8月18日
 「フロリダでボランティア活動」
  (高梨くん)

Which one hurts? 41人目のゲスト 2007年8月11日
 「歯科医院の国際コミュニケーション」
 (江口さん)

石原先生1  40人目のゲスト 2007年6月30日
  「ファッションデザイナーが夢だった」
  (石原先生)


前田さん1  39人目のゲスト 2007年6月23日
  「ディベート、企画、そして TOEIC 」
  (前田さん)


小野1 38人目のゲスト 2007年6月16日
 「只今、ボランティア留学に奮闘中」
 (美紀ちゃん)

はる & かずみ 37人目のゲスト 2007年6月9日
 「どうなることやら、私と英語」
 (和美ちゃん)

風見さん 36人目のゲスト 2007年5月19日
 「新隠居主義 II 〜 還暦の大学院」
 (風見さん)

plumeria 35人目のゲスト 2007年5月12日
 「技術系社員研修のプログラミング」
 (井川さん)

sakaguchi1 34人目のゲスト 2007年5月5日
 「英語が助けてくれた就職活動」
 (坂口くん)

汐留サイトのレストランにて 33人目のゲスト 2007年4月28日
 「ボーダレスなサイエンスワールド」 
 (桑名さん)

大学(アル) 32人目のゲスト 2007年4月21日
 「立派な教師になります」
 (アルくん)

『英語耳』 の松澤です 31人目のゲスト 2007年4月14日
 「エンジニアの私が英語を」
 (松澤さん)

川合さん   30人目のゲスト 2007年4月7日
   「ちょっとイギリスへ」
   (川合さん)


外1 29人目のゲスト 2007年3月31日
 「イギリス留学(その後)」
 (美奈)

お守り 28人目のゲスト 2007年3月10日
  「大学受験勉強も音読で」
 (萌)

かばちゃんEVENT.JPG 27人目のゲスト 2007年2月10日
  「私の英語学習と外資系航空会社遍歴」 
 (かばちゃん)

古賀さん2.JPG 26人目のゲスト 2007年2月3日
  「業務時間中に外出して英会話」 
 (古賀さん)

千葉さん3.JPG 25人目のゲスト 2007年1月27日
  「商社マン、インド英語との遭遇」
 (千葉さん)

岡田さん1    24人目 のゲスト 2007年1月20日
    「リサーチ (研究) は楽しい」 
    (岡田さん)


manga4 23人目のゲスト 2007年1月13日
  「日本のマンガ英語版」
 (妃さん)

高橋さんプレゼン 22人目のゲスト 2007年1月6日
  「外資参入で英語学習再スタート」 
 (高橋さん)

紹介:猪瀬 21人目のゲスト  2006年12月30日
 「国際協力は出会いから始まる」
 (猪瀬さん)

23448978.JPG 20人目のゲスト 2006年12月23日
  「好きなことで食っていける幸せ」
 (松岡昇)

中原さん5 19人目のゲスト 2006年12月9日
  「インド出張報告」 
 (中原さん)

せぶら 18人目のゲスト 2006年12月2日
  「ことばは心の絵の具」 
 (岡林さん)

OC委員長1 17人目のゲスト 2006年11月26日
  「 IT 業界、英語から逃げられない日々」
 (岩澤さん)

空港カナダ 16人目のゲスト 2006年11月18日
  「夢の計画表でCAに」 
 (Pink)

Mr. Kimura 15人目のゲスト 2006年11月11日
  「外資系企業漂流譚」 
 (木村さん)

マルタ 14人目のゲスト 2006年10月28日
  「ピースボートで世界一周」
 (櫛田ようこちゃん)

 13人目のゲスト 2006年10月21日
  「北京旅行」  
 (荒磯先生)

 12人目のゲスト 2006年10月7日
  「中国人留学生の一生懸命」
     (草ちゃん)

 11人目のゲスト 2006年9月30日
  「ただいま受験英語に奮闘中」
  (アルくん)

 10人目のゲスト 2006年9月23日
  「アメリカでの日本語教育」
 (Etsuko さん)

 9人目のゲスト 2006年9月16日
 「テニスコーチの豪州ワーホリ体験記」 
  (城谷コーチ)

 8人目のゲスト 2006年9月9日
 「おしゃべり美奈のイギリス留学レポート」
 (美奈)

 7人目のゲスト 2006年9月2日
 「加藤くんのフィリピン・レポート」
 (加藤くん)

 6人目のゲスト 2006年8月26日
 「世界の英語にアテンション・プリーズ」
 (Miss Hong Kong)

5人目のゲスト 2006年8月19日
  「日本語を世界の人々へ -- 新隠居主義」
 (風見さん)

4人目のゲスト 2006年8月12日
 「英語体得体験記 -- 留学中のサバイバル英語」
 (Ayaさん)

3人目のゲスト 2006年8月5日
 「英語の夢を追って70年」
 (荒磯先生)

2人目のゲスト 2006年7月29日
 「英語と私 -- なぜ歯科医が英語?」
 (江口さん)

1人目のゲスト 2006年7月22日
 「英語の授業 -- MY (Move-Yourself) Method」
 (松岡昇)
Profile

マッツ

今までの記事
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor 天気
松岡昇の著書
51nRjDhXhiL__SX351_BO1,204,203,200_

『会話力がアップする英語雑談75』(2015年, DHC)


Presentations to Go表紙

Presentations to Go
(2013年 センゲージ ラーニング)


HM7_cover+obi

『英語の壁はディクテーションで乗り越える』
(2011年、アルク)


ここ聞き1
『日本人は英語のここが聞き取れない』ベストセラー
(2003年,アルク)


ここ聞き2
『続 日本人は英語のここが聞き取れない』(2004年、アルク)


TOEICテスト対策よくわかる英文法
『TOEICテスト対策よくわかる英文法』 (2004年、アルク)


2016 仕事英会話まるごとフレーズ


『仕事英会話まるごとフレーズ』 (共著 2016年アルク)


仕事英会話ミニフレーズ 新装版

『まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ 新装版』
(共著、2007年、アルク)


仕事英語ミニフレーズ

まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ―仕事がおもしろくなる!即戦力表現集
ロングセラー
(共著、1992年、アルク)



大学、高校、企業の教科書

2018 Beat Your Best

Beat Your Best Score on the TOEIC Teat (2019年 松柏社)



10 1分間英語プレゼン

『1分間・英語プレゼンテーション』(2017年、松柏社)


12 TOEIC 松柏社

『現スコアから150点アップを実現させるTOEIC総合演習』(2016年、松柏社)


An Intensive Approach to the TOEIC Test

TOEIC 1セメスター用教材
An Intensive Approach to the TOEIC Test(2008年、金星堂)


More Power for the TOEIC Test 金星堂

TOEIC 集中講座、演習用
More Power for the TOEIC Test(2007年、金星堂)


Kick Off for the TOEIC Test

Kick Off for the TOEIC Test ベストセラー
TOEIC対策通年授業用
(2006年、金星堂)


Get Ready for the TOEIC Test

Get Ready for the TOEIC Test べストセラー
(2005年、金星堂)


初めて聞くニュース英語 入門編

「はじめて聞くニュース英語」
(共著、2003年、アルク)



------ スターの英語 ------

11

『ハリウッドスターの英語4』
(共著、2015年、アルク)


7012074

『ロックスターの英語』
(共著、2012年、アルク)


『ハリウッドスターの英語 3』 (アルク)

『ハリウッドスターの英語3』
共著、2008年、アルク)


ハリウッド2

『ハリウッドスターの英語2』
(共著、2007年、アルク)


ハリウッド1

『ハリウッドスターの英語1』
(共著、2005年、アルク)



--- 通信教育講座教材 ---

js-presen_index_01

『ビジネスプレゼンテーションの英語』(2015、アスク)



--------- 専門書 ---------

41flyEaC-TL__SL500_AA300_

『企業・大学はグローバル人材をどう育てるかー国際コュ二ケーションマネジメントのすすめ』
(共著、2012年、アスク出版)


共生社会の異文化間コミュニケーション

『共生社会の異文化間コミュニケーション』
(一部翻訳、2009年、三修社)



---------- その他 ----------

_SX352_BO1,204,203,200_

『TOEFL ITPテスト 学習スタートブック』
(共著、2013年、Jリサーチ)

_SY498_BO1,204,203,200_

『470点入門TOEIC語彙・イディオム基礎問題集』
(1994年, アルク)



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ