★ 松岡昇の毎日が英語レッスン ★

英語、英語学習、英語教育、国際コミュニケーション、異文化理解などについてテキトーに書きます。記事の下のコメント欄に、ご意見や感想、質問、リクエストなどをお書きください。     

2012年07月

語学留学の直前準備(その3): 「数を撃てば当たる」

こんにちは、松岡昇です。

オリンピックのおかげで、普段の生活時間が乱れている方も少なくないのではないでしょうか。昼は猛暑ですので、気をつけて。

さて、語学留学の直前準備 (その3) を書きます。もう出かけちゃったという人は、現地で読んでください。

英語を話す: 「数を撃てば当たる」 マインドで

「整った文で、一発で決める」?
学校の英作文では、いつも正しい英語を書くように指導されてきました。このため、英語を話すときにも同じような心理が働いてしまいます。口を開く前に、自分が言おうとしている英文が正しいかどうかを、センテンスの最初から最後まで点検したりします。そして、過不足なく一発で決めようとします。これは、私たち日本人に多かれ少なかれ共通して見られる傾向です。

ボーリングとテニス
「正しく整った英文で、一発で決めよう」 と思うと、自然に口数も少なくなり、また、会話への参加率も下がります。理由は、日本人の会話スタイルと英語圏の会話スタイルの違いにあります。日本人は、ボーリングのゲームのように、1人がボールを投げるのをみんなが見届けます。1人が終わると、次の人が ... と、順番に話をします。一方、英語圏の会話はテニスのようです。自分が打つとすぐに相手が打ち返してくる。もたもたしていると、相手に一方的に打ち込まれます。自分から打とうとしなければ、出番はありません。

「数を撃てば当たる」 マインドで
つまり、「正しく整った文で...」 などと構えていると、いつになっても実践練習ができません。解決策は、「『数を撃てば当たる』 マインドで」 、とにかく話すことです。とりあえずラケットを振って、数多くボールを打つことです。文が整わなくて構いません。
I'm a second-year student at a university in Tokyo, Japan, and I major in economics.
と、整った英文一発で決めようとせずに ...
I'm student, ... er ... a university student, .... er ... second year now. I ... er ... come from Japan. And ... er ... my university ... er ... is in Tokyo, and ... er ... I study ... economics. That's ... er ... my major.
こんなふうに、数を撃てば、言わんとすることは必ず通じます。

こうして、どんどん積極的に会話に参加すれば、自然と英文は整ってきます。留学中に困ったことがありましたら、下のコメント欄にでも書いてください (マッツ)。

ロンドンオリンピック開会式: Hey Jude

こんにちは、松岡昇です。暑いですね〜。今日は頭から水をかけてテニスをやりました。さいたまは今日も猛暑日です。私の出身の群馬県館林市は、最高気温で最近はすっかり有名になってしまいました。兄が暮らしていますが、ちょっと心配です。

さて、いよいよオリンピックが始まりました。自然がたっぷりの開会式でしたね。

オリンピックの公式サイト London 2012 Olympics
を紹介しておきます。試合の結果や画像、情報が随時更新されています。英語を読むいいチャンスですね。

ところで、開会式にビートルズが出てきましたね。と言ってもポール・マッカートニーだけですが。実は、私は閉会式に出てくるのではと予想していました。でも、曲目はズバリ的中、Hey Jude でした! ポールが Hey Jude 〜 と歌い始めたときに、NHK の解説者が 「日本の柔道もメダルが期待されています」 と言ったのは偶然だったのでしょうか、それともシャレ? せっかくですから、歌詞とその和訳を付けておきます。

Hey Jude (written by Paul McCartney)

Hey Jude, don’t make it bad
Take a sad song and make it better
Remember to let her into your heart
Then you can start to make it better
なあ ジュ―ド 悪く考えるな
悲しい歌も気持ちひとつで明るくなる
彼女を君の心に受け入れることだ
そうすれば すべては好転するだろう

Hey Jude, don’t be afraid
You were made to go out and get her
The minute you let her under your skin
Then you begin to make it better
なあ ジュード こわがるな
行動を起こして彼女を手に入れるんだ
彼女を君の一部として受け入れてごらん
とたんに すべては好転するだろう

And any time you feel the pain
Hey Jude, refrain
Don’t carry the world upon your shoulders
For well you know that it’s a fool who plays it cool
By making his world a little colder
たとえどんなに苦しくたって
ねえ ジュード くじけるな
何もかもひとりで背負い込むことはないんだよ
自分の世界を冷やかなものにして
常に冷静さを気取っている奴のなんと愚かなことか

Hey Jude, don’t let me down
You have found her now go and get her
Remember to let her into your heart
Then you can start to make it better
なあ ジュード がっかりさせないでくれ
せっかく見つけた彼女を手に入れずにどうする?
彼女を君の心に受け入れることだ
そうすれば すべては好転するだろう

So let it out and let it in
Hey Jude, begin
You’re waiting for someone to perform with
And don’t you know that it’s just you
Hey Jude, you’ll do
The movement you need is on your shoulder
心を開いて迎え入れればいい
ねえ ジュード スタートを切れよ
誰かが助け舟を出すのを待ってるのかい
だめだよ きみでなきゃできないことさ
ねえ ジュード 君次第なんだ
君が自分でなんとかするしかない

Hey Jude, don’t make it bad
Take a sad song and make it better
Remember to let her under your skin
Then you’ll begin to make it better
Better, better, better, better, ...
Na na na na na na na ... Hey Jude ...
なあ ジュード 悪く考えるな
悲しい歌も気持ちひとつで明るくなる
彼女を君の一部として受け入れることだ
そうすれば すべては好転するだろう

こんな歌だったんですね。40年もの間、知りませんでした。使えそうなフレーズがたくさんありますね。

それじゃあ、がんばれニッポン!!

語学留学の直前準備(その2): 90秒 speaking 特訓

ふーっ、今年はなんでこうも忙しいんでしょ? 松岡昇です。猛暑の中、みなさんはいかがお過ごしですか。

前回のブログの後半が頓挫したままでした。「語学留学の直前準備(その2)」 として、仕切り直します。前回のブログでは語学留学直前の準備として、

「積極的な話し手」 に変身
「自分のことを話す」 練習

についてお話しました。今日はこの続きを書きます。

「90秒 speaking 特訓」

「積極的な話し手」 になるための2つ目の事前準備は、「90秒 speaking 特訓」 です。留学先に行く前に、ある程度日常的なことも話せるよう、練習しておくといいでしょう。音声日記のつもりで、毎晩寝る前に、「今日あったこと」 や 「明日の予定」 などを90秒間英語で話します。このときに携帯電話を使って録音してもいいです。翌朝聞き返して、うまく表現できなかった個所を辞書でチェックする等のレビューができます。

90秒はけっこう長い時間です。おしゃべりになってあれこれ話さないと、なかなか終わってくれません。5 W's & 1 H (when, where, who, what, how, why) の全てについて話そうと心がけると、おしゃべりになれます。

こうした練習を事前にしておくと、現地に到着してから話せるようになるまでの時間がだいぶ短縮されます。やっとしゃべる勇気が出た頃に帰国、なんてことにならないための準備です。

次回 <その3> は、「『数を撃てば当たる』マインドで」 についてお話します。(マッツ)

語学留学の直前準備(その1): 「自分のことを話す」 練習

こんにちは。松岡昇です。

この2日間、さいたまは猛暑。今日も朝から30度を超えています。皆さんのところはいかがですか。

さて、大学ではあと1、2週間で夏休みに入ります。休みの期間中に語学留学を計画している学生も少なくありません。そんな学生から、事前にどんな準備をしたらいいかとよく尋ねられます。私のアドバイスの定番は次のようなものです。

語学留学の直前準備: 「積極的な話し手」 に変身

海外の語学学校で様子を見ていると、たいがい聞き役でいるのが日本人です。「自分のことは控え目に、ひとの話はよく聞く」 と幼い頃からしつけられてきましたので、仕方がありません。日本人のコミュニケーション・スタイルであり、マナーです。私は基本的にこのマナーは好きです。宮沢賢治の言う 「ジブンノコトハ勘定二入レズ、ヨク見聞キキシ、忘レズ」 であり、S. Coveyの言う、Seek first to understand, then to be understood.(自分のことをわかってもらおうと思うならば、まずは自分から相手のことを理解すること) です。

ただ、せっかく違った文化の人たちが 「話す」 練習のために集うのですから、この場合は普段と少しだけ違った自分を演じた方がいいでしょう。それは 「積極的な話し手」 になることです。これは 「英語の練習」 のためであり、また、「異文化理解」 のためでもあります。具体的には、次のような要領で準備します。

「自分のことを話す」 練習

まずは 「自分のことを話す」 練習です。新学期の英語の授業での自己紹介を除けば、私たちは英語で自分のことを話すことはほとんどありません。その自己紹介にしても、My name is ...  I'm from ...  My hobby is ...  といった程度で、せいぜい30秒です。これでは 「積極的な話し手」 にはなれません。自分の日常生活や大学で熱心にやっていること、週末をどう過ごしているか、就職については、等々いろいろと 「自分のことを話す」 練習をしてみましょう。そのために必要な語彙や表現などを手帳にメモしておくのもひとつの手です。

「自分のこと」 とは自分個人についてだけでなく、自分の家族、自分の友人、自分の大学、自分の住んでいる地域や町のこと、日本の若者のこと、日本の震災のこと、日本の原発問題、のように発展させてください。こうした話が 「異文化交流」 の楽しいところで、何よりも重要な異文化理解の活動なのです。

こんな本で練習してもいいでしょう。
『1分間自分のことを英語で話してみる』 (浦島久著)
『1分間日本のことを英語で話してみる』 (広瀬直子著)

<その2> に続く。

日本「アジア英語」学会での研究発表

こんにちは。松岡昇です。

やっとブログを書く時間が取れました。先週末は学会の全国大会があり、京都に行ってきました。久しぶりの研究発表も無事に終わり、ひと息ついているところです。私の所属しているこの学会は、日本「アジア英語」学会というもので、発足して15年を迎えます。名前の示すとおり、「アジア英語」を研究する研究者の集まりです。

今回の私の研究テーマは、「日本政府の使う英語の可読性(Readability)」でした。これに関連したブログを3月15,16日に書いていますので、興味のある方はそちらをお読みください。

また、日本「アジア英語」学会に興味のある方も公式ホームページにリンクを付けておきますので、クリックしてお読みください。

また近々ブログを更新します。(マッツ)
Profile

マッツ

今までの記事
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor 天気
松岡昇の著書
51nRjDhXhiL__SX351_BO1,204,203,200_

『会話力がアップする英語雑談75』(2015年, DHC)


Presentations to Go表紙

Presentations to Go
(2013年 センゲージ ラーニング)


HM7_cover+obi

『英語の壁はディクテーションで乗り越える』
(2011年、アルク)


ここ聞き1
『日本人は英語のここが聞き取れない』ベストセラー
(2003年,アルク)


ここ聞き2
『続 日本人は英語のここが聞き取れない』(2004年、アルク)


TOEICテスト対策よくわかる英文法
『TOEICテスト対策よくわかる英文法』 (2004年、アルク)


2016 仕事英会話まるごとフレーズ


『仕事英会話まるごとフレーズ』 (共著 2016年アルク)


仕事英会話ミニフレーズ 新装版

『まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ 新装版』
(共著、2007年、アルク)


仕事英語ミニフレーズ

まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ―仕事がおもしろくなる!即戦力表現集
ロングセラー
(共著、1992年、アルク)



大学、高校、企業の教科書

2018 Beat Your Best

Beat Your Best Score on the TOEIC Teat (2019年 松柏社)



10 1分間英語プレゼン

『1分間・英語プレゼンテーション』(2017年、松柏社)


12 TOEIC 松柏社

『現スコアから150点アップを実現させるTOEIC総合演習』(2016年、松柏社)


An Intensive Approach to the TOEIC Test

TOEIC 1セメスター用教材
An Intensive Approach to the TOEIC Test(2008年、金星堂)


More Power for the TOEIC Test 金星堂

TOEIC 集中講座、演習用
More Power for the TOEIC Test(2007年、金星堂)


Kick Off for the TOEIC Test

Kick Off for the TOEIC Test ベストセラー
TOEIC対策通年授業用
(2006年、金星堂)


Get Ready for the TOEIC Test

Get Ready for the TOEIC Test ペストセラー
(2005年、金星堂)


初めて聞くニュース英語 入門編

「はじめて聞くニュース英語」
(共著、2003年、アルク)



------ スターの英語 ------

11

『ハリウッドスターの英語4』
(共著、2015年、アルク)


7012074

『ロックスターの英語』
(共著、2012年、アルク)


『ハリウッドスターの英語 3』 (アルク)

『ハリウッドスターの英語3』
共著、2008年、アルク)


ハリウッド2

『ハリウッドスターの英語2』
(共著、2007年、アルク)


ハリウッド1

『ハリウッドスターの英語1』
(共著、2005年、アルク)



--- 通信教育講座教材 ---

js-presen_index_01

『ビジネスプレゼンテーションの英語』(2015、アスク)



--------- 専門書 ---------

41flyEaC-TL__SL500_AA300_

『企業・大学はグローバル人材をどう育てるかー国際コュ二ケーションマネジメントのすすめ』
(共著、2012年、アスク出版)


共生社会の異文化間コミュニケーション

『共生社会の異文化間コミュニケーション』
(一部翻訳、2009年、三修社)



---------- その他 ----------

_SX352_BO1,204,203,200_

『TOEFL ITPテスト 学習スタートブック』
(共著、2013年、Jリサーチ)

_SY498_BO1,204,203,200_

『470点入門TOEIC語彙・イディオム基礎問題集』
(1994年, アルク)



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ