こんにちは、松岡昇です。

高校生のころ、こんな経験はありませんでしたか。教科書に出てくる英語の内容がだんだん高度になってきて、辞書を頼りにひと通り和訳をします。しかし、訳したその日本語の意味が自分でもさっぱり分からない、そんな経験です。

多くの場合、「無生物主語構文」 や 「名詞構文」 がその原因になっていたりします。アルクの映像翻訳のウィブページに、そんな記事を書きました。興味のある方は、お時間のあるときにお読みください。
翻訳の技術:無生物主語構文や名詞構文

寒くなってきましたね(マッツ)。

お知らせ: 英語プレゼンテーションのセミナーを行います。

テーマ: これで十分! はじめての英語プレゼンテーション
日時: 11月17日(土)、10:00 - 18:00
場所: アルク本社イベントホール(井の頭線:永福町駅)
レベル: TOEICスコア450以上(目安)
講師: 松岡昇
定員: 40人限定(定員になり次第、受付締切)