★ 松岡昇の毎日が英語レッスン ★

英語、英語学習、英語教育、国際コミュニケーション、異文化理解などについてテキトーに書きます。記事の下のコメント欄に、ご意見や感想、質問、リクエストなどをお書きください。     

2018年08月

Tune Up Your English: L. 102 「かかる・要する」解答

こんにちは、松岡昇です。前回(8月28日)に紹介したBGM、利用していますか。今、Relaxing Jazz & Bossa Nova Musi Radio を聞きながら、ブログアップの作業をしていますが、実に快適です。

ただ、何か難しい読み物をしたり、本当に集中したいときはダメですね。僕はジャズとボサノバが大好きなもんですから、ついついメロディーを追いかけたり、先を予想したりしまうんです。テキトーな勉強をするときにテキトーということですね。

さて、Tune Up Your English の解答をアップします。

Tune Up Your English: L. 102 「かかる・要する」 の解答 -

次の英文は日本語に、和文は英語に、という問題でした。
1. How much time did it take to finish the work?
2. It will take a while for the economy to recovers.
3. The cost of repairing the damage was higher than we had
  expected.
4. すべての道具を用意するのにだいぶお金がかかった。
5. 彼が元気になるにはもう2週間かかるでしょう。
6. ロサンゼルスまで飛行機で何時間かかりますか。

解答
1. その仕事の完成にはどのくらい時間がかかりましたか。
2. 経済が回復するのには暫く時間がかるでしょう。
3. その損傷の修理には予想以上にお金がかかった。
4. Preparing all the tools cost a lot.
5. It will be two more weeks before he gets well.
6. How many hours does it take to fly to LA?

次回は 「〜とは残念です」 を取り上げます。(荒磯芳行)
---------------------------------------------------------------------------------

いかがでしたか、take に cost。それでは、また。(マッツ)

勉強+集中用のBGM

こんにちは、松岡昇です。

暑い夏には昼寝が一番ということで、何か昼寝にいい音楽はないだろうかとウェブ検索に 「昼寝、音楽」 と入れたら、15分用とか30分用とか、中には時間になったところでアラームがなるような気の利いたものまで見つかりました。

再生しながら好みの音楽を探しているうちに、「勉強+集中用スローなジャズ&ボサノバ」 のようなものが出てきました。Relaxing Jazz & Bossa Nova Music Radio などはなかなかいいかも。勉強に集中できるかどうか分かりませんが。

マッツ

Tune Up Your English: L. 102「かかる(要する)」

こんにちは、松岡昇です。

暑さがぶり返してきました。もうすぐ、子どもたちの夏休みは終わりだというのに、38度を超えています。「熱中症に気をつけて下さい」 の英語、覚えました?(一番下、参照)

さて、荒磯先生の Tune Up Your English をアップします。

Tune Up Your English: L. 102 「かかる(要する)」 ---------
1. あの博物館を建てるのに10億円かかった。
 It cost a billion yen to build that museum.
2. その国は生活費がだいぶ高い。
 The cost of living is quite high in that country.
3. 東京から大阪へは新幹線で約3時間かかる。
 It takes about three hours to go from Tokyo to Osaka by
 Shinkansen.
4. 彼が元気になるには、少なくとも3週間はかかるでしょう。
 a. It will be at least three weeks before he gets well.
 b. It will take at least three weeks for him to get well.

荒磯先生荒磯芳行です。 この課では 「〜するのに〜がかかる」 を取り上げますが、ここでは、「時間」 がかかる、と 「お金」 がかかる、に焦点を当てましょう。ということで、時間関係と金銭関係の構文と語句を見てゆきたいと思います。ですが、構文に関しては、特に意外なものはりません。使われる語句が構文を決定すると言えます。

金銭関係で先ず頭に浮かぶのは cost という語、時間関係では
take ですね。上記の枠内の例文1.ではcostが動詞として使われていますが、注意していただきたいのが cost の活用変化です。現在形、過去形、過去分詞形は皆 cost で、変化なしということです。

例文1.は過去を表す過去形ですね。cost の基本的な使い方を見ましょう。
This book cost (me) 1000 yen. (この本は1000円だった。)
me は省略可能です。
A round-the-world cruise costs (you) several million yen.
(船での世界一周の旅には数百万円かかる。)
How much does it cost? / What does it cost?
(それはいくらかかりますか。)

cost には名詞用法もあります。例文2.がそれ。

次に、「時間がかかる」 を見てみましょう。例文3.がそれです。時間の表現には take が頻出します。
It takes (me) half an hour to go to the office by bicycle.
(自転車で仕事に行くと30分かかる。)
This work takes a lot of time.
(この仕事にはだいぶ時間がかかる。)

例文4.に注意しましょう。a.と b.は同じ意味を表しますが、a.のように before 節が後に続く場合には、「かかる」を表すのに be が使われますが、a.のように for ~ to ~ が続く場合には take が使われます。(もっとも、native speaker の中には、どちらの文型でも、be も take も可能、という人もいますが。) また、
The experiment took both time and money.
(その実験には時間もお金もかかった。)
という表現もあります。

さらに、「空港まで車で行くとだいぶ時間がかかる」 は
It takes a lot of time to drive to the airport.も
The drive to the airport takes a lot of time. も可能です。

また、「その仕事をするには色々困難が伴う」 は
It takes a lot of trouble to do the work. とも
The work takes a lot of trouble.とも言えます。
元来、trouble という名詞は take という動詞とよく一緒に使われます。collocate するということです。

問題:次の英文は日本語に、和文は英語にして下さい。
1. How much time did it take to finish the work?
2. It will take a while for the economy to recover.
3. The cost of repairing the damage was higher than we
  had expected.
4. すべての道具を用意するのにだいぶお金がかかった。
5. 彼が元気になるにはもう2週間かかるでしょう。
6. ロサンゼルスまで飛行機で何時間かかりますか。
-------------------------------------------------------------------------------

2,3日後に解答をアップします。それじゃあ、
Take care not to suffer heatstroke!(マッツ)

Tune Up Your English: L. 101 「驚き」の表現の解答

こんにちは、松岡昇です。セミがマンションの廊下やベランダで仰向け状態になっているのをよく見つけます。セミは仰向けになってしまうと起き上がれないんですね。短い命ですから、見つけると必ず拾い上げて飛ばしてやります。今シーズンは20匹以上助けてやりました。そのうち 「セミの恩返し」 があるかも。

ちなみに、「セミ」 は cicada [sikeida] です。暑い暑いと言いながらも、実は私は夏が大好きなんです。暑さを一層演出してくれる
a chorus of cicadas(セミ時雨)、いいですね。少年の頃、夏休みに、畳の上で大の字になって昼寝をしたのを思い出します。あのときも、セミは大合唱していましたが、少しもうるさくなかった。

「閑さや、岩にしみ入る蝉の声」(松尾芭蕉)

さて、Tune Up Your English: L. 101 の解答をアップします。

Tune Up Your English: L. 101 「驚き」の表現の解答 ------

次の英文は日本語に、和文は英語に、という問題でした。
1. The teacher was amazed at his admirable answer.
2. His old friends were stunned by his success.
3. I was absolutely flabbergasted by his claim.
4. 私の部屋からは湖の素晴らしい景色が眺められる。
5. 違いが分かれば、あなたは驚くでしょう。
6. 彼が謝罪をしなかったのには彼女は口あんぐりだった。

解答
1. 先生は彼の見事な答えに感心した。
2. 彼の旧友は彼の成功にあっと驚いた。
3. 私は彼の要求には唖然とした。
4. My room has a stunning/amazing view of the lake.
5. You will be amazed when you see the difference.
6. She was dumbfounded when he did not apologize.

いかがでしたか。次回は「かかる(要する)」 の表現を取り上げます。(荒磯)
--------------------------------------------------------------------------------

それでは、また。(マッツ)

コロッケ: 起きてから寝るまで「志村けん」

こんにちは、松岡昇です。ストンと涼しくなりました。皆さんのところはいかがですか。

先日、たまたまスイッチをつけたテレビ番組で、ものまね芸人のコロッケが自分の芸歴のようなことを話していました。驚いたのは、コロッケの半端でない練習でした。

寝る前に、翌日誰のものまねの練習をするかを決めて、その名前を紙に書き壁に貼るのだそうです。そして翌朝目覚めて、紙に書かれた名前を見た瞬間から、例えば、志村けんになりきる。1日のあらゆる場面でしゃべりもしぐさも志村けんを実演する、どうしたらそれらしくなるかを考えながら、それを寝るまでやり続けるのだそうです。

この練習を、日ごとに模倣する相手を変えながらやったそうです。これをとにかく必死に続けたと言う。芸人として生き残れるかどうか、とにかく毎日必死になってこれを続けたそうです。この修行によって、どんな場面設定でもその人物のまねを自動的にできるようになった、と、まあこんな話でした。

私は、コロッケはものまねの天才だと思っていましたが、実はこんなにも努力をしていたんですね。恐らくコロッケのものまね修行と同じように 「英語のものまね」 をやれば、自動的に英語を話したり、聞けたりできるのだろうなあ、などとつくづく思ったのでした。

マッツ

Tune Up Your English: L. 101 「驚き」の表現

こんにちは、松岡昇です。

さて、荒磯先生の Tune Up Your English の L. 101 をアップします。今回はいろいろな 「驚き」 の表現を取り上げて下さいました。 surprise の他に、2つ3つ状況によって使い分けられる表現を持てるといいですね。

Tune Up Your English: L. 101 「〜には本当に驚く」 --------

1. 彼がそんなに怒ったとは驚きだね。
(a) It is surprising that he got so angry.
(b) I was surprised that he got very angry.
(c) (Much) to my surprise, he got so angry.
(d) Surprisingly, he got terribly angry.
(e) What surprised me was that he got so angry.
(f) What a surprise to learn that he got so angry!

2. astonish(「まさか」と非常にびっくりさせる)
(a)その庭園の美しさは必ず訪問者を驚かす。
The garden’s beauty never fails to astonish the visitors.
(b)私はその町の外観の変化に驚いた。
I was astonished by the changes in the town’s appearance.
(c)彼女はそれらの難民への驚くほどの関心の欠如を露呈した。
She showed an astonishing lack of concern for those
refugees.
(d)同僚を大いに驚かせたことには、彼女は仕事を辞めてしまったのだ。
Much to the astonishment of her colleagues, she quit her job.

3. amaze(仰天させる。amazingは通常「素晴らしい」)
(a)私は日本の古代史に関する彼の豊かな知識に驚く。
I am amazed at his profound knowledge of Japan’s ancient
history.
(b)その事故で一人も死者が出なかったことは驚くべきことだ。 
It is amazing that no one was killed in the accident.
(c)その市の物価の高さに我々は驚いてしまった。
It amazed us that the city was so expensive.
(d)彼女は素晴らしい演技を見せてくれた。
She gave an amazing performance.

4. astound(予想外のことで驚かす)
(a)手品師は新しい技で観衆を驚かせた。  
The magician astounded the audience with his new tricks.
(b)私はその集会の参加者の数に驚いた。
I was astounded by the number of people at the meeting.
(c)驚いたことには、委員会は彼を罰しないことにした。
Astoundingly, the committee decided not to punish him.

5. stun(「あっ」と思わせる)stunning(「魅力的な」)
(a)その美術館での盗難は美術界を驚かせた。 
The theft at the museum stunned the art world.
(b)彼女の顔には驚きの表情があった。
There was a stunned expression on her face.
(c)彼女は驚くような無作法な発言をした。
She made stunningly rude remarks.
(d)彼はそこで素晴らしい若い女性に出会った。  
He met a stunning young woman there.

6. flabbergast(俗語調で、肝を潰す)
実に多くの人がいまだにその大統領を支持していたかを知ると驚く。
It flabbergasts me to learn how many people supported the
president.

7. shock(ショックを与える)
そのCEOの急死に全社員はショックを受けた。  
The CEO’s sudden death shocked all the employees.

8. dumbfound(驚いて何が何だか分からなくなる)
父も母も息子が万引きをしたのを知って口がきけないほど驚いた。
They were dumbfounded to learn that their son had shoplifted.

荒磯先生荒磯芳行です。この課は、簡単に言えば、「〜に非常に驚く・驚いた」 を表す色々な表現の勉強です。



1. 一番馴染みの深い surprise の活用から始めましょう。先ず使用度の高い6つの構文を確認します。名詞・動詞として色々に変化しますね。

2.の astonish とその後の語は、surprise の同意語ですが、それぞれの語の表す強さやニュアンスが少しずつ異なります。astonish、amaze、astound、stun は 皆 surprise より 「強い」 と言えます。文例を参考にしてそれを感じ取ってください。

6.の flabbergast は発音してみると感じるように、やや 「誇張的で」、俗語っぽく、「おったまげる」 のような感じを表します。

7.の shock は日本語でも 「ショック」 として使われますね。心臓をドキンとさせるような 「驚き」 を表します。

8.の dumbfound は、「驚きで頭が混乱する / 開いた口が塞がらない」 (他動詞) です。(dumb は 「口のきけない」 という形容詞です。)

問題:次の英文は日本語に、和文は英語にしてください。
1. The teacher was amazed at his admirable answer.
2. His old friends were stunned by his success.
3. I was absolutely flabbergasted by his claim.
4. 私の部屋からは湖の素晴らしい景色が眺められる。
5. 違いが分かれば、あなたは驚くでしょう。
6. 彼が謝罪をしなかったのには彼女は口あんぐりだった。
---------------------------------------------------------------------------------

解答は 2,3日後にアップします。それじゃあ、また。(マッツ)

だじゃれ英語:cosmetics (化粧品)

こんにちは、松岡昇です。ダジャレで覚える単語をひとつ。

化粧は薄めでもなく濃いめでもなくコスメに (cosmetics)
  ウケた?だめ?

cosmetic: (名詞)(通例〜s) 化粧品
Japanese cosmetics are popular among female tourists from Asian countries.
(日本の化粧品はアジアからの女性観光客に人気です)
Where is the cosmetics department?
(化粧品売り場はどこですか)
What brand of cosmetics are you using?
(どこの化粧品を使っているの)

cosmetic: (形容詞)化粧の、美容の
She had a little cosmetic surgery.
(彼女はプチ美容整形をした)

ちなみに 「化粧をする」 は ...
I'm not wearing makeup today.
(今日はお化粧していなの)
I just didn't have time to put it on.
(する時間がなくて)

語学は何と言っても単語力。英語ではスラスラと出てくる語彙が
3,000語くらいあると、speaking も listening も、reading も writing もだいぶ楽になります。語彙力をつけるには reading が一番ですが、いいダジャレに思いついた時には、それで覚えるのも手です。

また思いついたときにアップしまーす。(マッツ)

Tune Up Your English: L. 100 強調構文の解答

こんにちは、松岡昇です。先日、箱根に行ってきました。登山鉄道の終着点の強羅でも35度近い気温で、避暑にはなりませんでしたが、温泉と料理でちょっとだけのんびり。みなさんの夏休みはいかがですか。

さて、荒磯先生の Tune Up Your English の解答をアップします。

Tune Up Your English: L. 100 強調構文の解答 ------------

次の英文は日本語に、和文は英語に、という問題でした。
1. It was for the sake of modesty that she did not say “I”.
2. Was it for this that we suffered?
3. It must have been him that called me last night.
4. It is seldom that she eats any breakfast.
5. The very idea of sending him abroad delighted him.
6. その戦争が終わったのは1945年です。
7. 私のことをあなたに話したのは誰ですか。
8. 彼が到着したのはパーティーがほとんど終わった頃だった。
9. 悪いのは私です。
10.彼女に今一番必要なものはあなたの愛情です、お金ではありません。

解答
1. 彼女が「私」と言わなかったのは謙遜からです。
2. 我々が苦しんだのはこのためですか。
3. 昨夜私に電話してきたのは彼に違いない。
4. 彼女が名のつくような朝食を取るのは滅多にありません。
5. 彼を外地に送ろうというアイディアに彼は喜んだ。
6. It was in 1945 that the war came to an end.
7. Who was it that told you about me?
8. It was not until the party was almost over that he arrived.
9. It’s me who is to blame. (下、補足を参照)
10. What she needs most now is your affection, not money.
----------------------------------------------------------------------------------

補足:上の9の問題 「悪いのは私です」
強調する前の文は I am to blame. (私が悪いのです)ですね。この I (私) を強調するために It is 〜 that ... の強調構文を利用して、I を〜の部分に、残りの am to blame を ... の部分に入れ
→ It is I that am to blame.
という文ができます。文法的にはこれで完璧なのですが、この文はいかにも文法臭い文ということで、好まれないようです。口語では、I を me に、am を is に、また that を who にして
→ It's me who is to blame.
と言うのが普通です。

それでは、また。(マッツ)

チコちゃんの Don't sleep through life!

こんにちは、松岡昇です。

私は、ニュースを除けば、テレビをリアルタイムで見ることはほとんどないのですが、幾つか録画で定期的に見ているものがあります。そのうちのひとつがNHKの 「チコちゃんに叱られる!」 です。けっこうおもしろい。

Don't sleep through life!
これは番組のスタジオの壁に掛けられている英語です。 チコちゃんの素朴な質問に対し、ゲストが答えに窮すると、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」 とチコちゃんが一喝しますが、
Don't sleep througth life! はその英訳ですね。

sleep の意味はご存知の通り 「眠る」 ですが、
「眠る」 → 「活動しない」 → 「ぼんやりしている」
のような意味でも使われます。

マッツ

Tune Up Your English: L. 100 強調構文

こんにちは、松岡昇です。今のさいたまは嵐の前の静けさ
(the calm before a storm) でしょうか、しのぎやすい天気です。

さて、荒磯先生の Tune Up Your English の記念すべき Lesson 100 をアップします。この連載が始まったのが 2015年の7月29日でした。以来3年間にわたり、100の記事を書いていただきました。改めてお礼を申し上げます。今までの先生の記事はすべてアーカイブ(左下の「今までの記事」)に保管してあります。
Tune Up Your English (下から4番目)をクリックして、お時間のあるときにお読みください。

Tune Up Your English: L. 100 「〜 こそ ... だ」 強調構文 --

1. その事故の原因はスピードだった。
It was speed that caused the accident.

2. そのアイディアを思いついたのは木村君で、私ではない。
a. It was Kimura that/who hit on the idea, not me.
b. Kimura was the very person that hit on the idea, not me.

3. その悲劇が起きたのはまさにこの部屋だ。
It was in this room that the tragedy took place.

4.そのチームの責任者は私です。
It’s me/I that is responsible for the team.

5. 彼が本をくれたのは私にです
a. It was to me that he gave a book.
b. It was me that he gave a book to.

6. あなたがやってみたかったのは何ですか。
What was it (that) you wanted to try?

7. 傘のないのに気づいたのは帰宅してからだった。
It was not until I got home that I missed my umbrella.

8. 彼が何故嘘をついたのか全く分からない。
I just/simply can’t understand why he lied.

9. 彼は確かによく働く、しかし、進歩が遅い。
He does work hard, but makes slow progress.

10. 君が今一番必要なのはよく休むことだ。
What you need most now is a good rest.

荒磯先生荒磯芳行です。この課では強調構文を見て行きましょう。

一番簡単な構文は、8.のような強調を表す副詞を使うものです。just や simply の他に、exactly を使って
That’s exactly what I wanted to say.
(まさにそれが言いたかったんだよ) とか
very (形容詞) を使って
At that very moment the teacher came in.
(まさにその瞬間に先生が入ってきたんだ) などと言えます。

ですが、ここでは、it ~ that~ の構文の応用に焦点を当てて見ていきたいと思います。典型的な構文はお馴染みの it ~ that~ です。ですが、実際には、色々な変化が伴います。

1. が典型的な例で、it が that が率いる部分を代表して文頭に置かれます。

2.は、強調されるものが人間 (Kimura) の場合は、who も可能ということです。very person は 「まさにその人」 という意味で、この very は形容詞で 「まさにその、ちょうどその」 という意味です。これに続く関係代名詞は that です。

3.は、この部屋の中で、という副詞句が強調の対象で、前置詞の付いた副詞句全体が前に置かれます。

4.は 「私」 が強調されますが、文法的には “I” であるべきでしょうが、これは非常に堅功、文語調なので、通常は me が使われます。他の代名詞についても、砕けた文体では目的格が使われます。

5.は、「誰々に」 の場合ですが、a.と b.の形が可能ですが、a.の方が分かりやすく、一般的です。

6.は what が文頭に置かれると、that は省略されることが多いということ。

7.は not until という慣用句が率いる節を強調しています。この構文は使用頻度が高いですね。
例: It was not until one o’clock that the show began.
(ショーが始まったのは何と1時になってからだった。)

9.は do(es) を使って動詞を強調します。

10.は what を使った強調文。It is a good rest that you need most now. と同じ意味ですね。

最後にちょっとした 「お遊び」 をやってみましょう。
Mary wore a red dress at the party last Saturday.
(メリーはこの前の土曜のパーティーで赤いドレスを着ていた。)
の中の色々な部分を it ~ that ~ 構文で強調します。

(a) It was Mary who/that wore a red dress at the party last  
  Saturday.
(b) It was a red dress that Mary wore at the party last
  Saturday.
(c) It was last Saturday that Mary wore a red dress at the
  party.
(d) It was at the party that Mary wore a red dress last
  Saturday.

次の英文は日本語に、和文は英語にしてください。
1. It was for the sake of modesty that she did not say “I”.
2. Was it for this that we suffered?
3. It must have been him that called me last night.
4. It is seldom that she eats any breakfast.
5. The very idea of sending him abroad delighted him.
6. その戦争が終わったのは1945年です。
7. 私のことをあなたに話したのは誰ですか。
8. 彼が到着したのはパーティーがほとんど終わった頃だった。
9. 非難されるべきなのは私です。
10.彼女に今一番必要なものはあなたの愛情です、お金ではありません。
---------------------------------------------------------------------------------

解答は3、4日後にアップします。それじゃあ、また。(マッツ)

Profile

マッツ

今までの記事
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor 天気
松岡昇の著書
51nRjDhXhiL__SX351_BO1,204,203,200_

『会話力がアップする英語雑談75』(2015年, DHC)


Presentations to Go表紙

Presentations to Go
(2013年 センゲージ ラーニング)


HM7_cover+obi

『英語の壁はディクテーションで乗り越える』
(2011年、アルク)


ここ聞き1
『日本人は英語のここが聞き取れない』ベストセラー
(2003年,アルク)


ここ聞き2
『続 日本人は英語のここが聞き取れない』(2004年、アルク)


TOEICテスト対策よくわかる英文法
『TOEICテスト対策よくわかる英文法』 (2004年、アルク)


2016 仕事英会話まるごとフレーズ


『仕事英会話まるごとフレーズ』 (共著 2016年アルク)


仕事英会話ミニフレーズ 新装版

『まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ 新装版』
(共著、2007年、アルク)


仕事英語ミニフレーズ

まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ―仕事がおもしろくなる!即戦力表現集
ロングセラー
(共著、1992年、アルク)



大学、高校、企業の教科書

2018 Beat Your Best

Beat Your Best Score on the TOEIC Teat (2019年 松柏社)



10 1分間英語プレゼン

『1分間・英語プレゼンテーション』(2017年、松柏社)


12 TOEIC 松柏社

『現スコアから150点アップを実現させるTOEIC総合演習』(2016年、松柏社)


An Intensive Approach to the TOEIC Test

TOEIC 1セメスター用教材
An Intensive Approach to the TOEIC Test(2008年、金星堂)


More Power for the TOEIC Test 金星堂

TOEIC 集中講座、演習用
More Power for the TOEIC Test(2007年、金星堂)


Kick Off for the TOEIC Test

Kick Off for the TOEIC Test ベストセラー
TOEIC対策通年授業用
(2006年、金星堂)


Get Ready for the TOEIC Test

Get Ready for the TOEIC Test ペストセラー
(2005年、金星堂)


初めて聞くニュース英語 入門編

「はじめて聞くニュース英語」
(共著、2003年、アルク)



------ スターの英語 ------

11

『ハリウッドスターの英語4』
(共著、2015年、アルク)


7012074

『ロックスターの英語』
(共著、2012年、アルク)


『ハリウッドスターの英語 3』 (アルク)

『ハリウッドスターの英語3』
共著、2008年、アルク)


ハリウッド2

『ハリウッドスターの英語2』
(共著、2007年、アルク)


ハリウッド1

『ハリウッドスターの英語1』
(共著、2005年、アルク)



--- 通信教育講座教材 ---

js-presen_index_01

『ビジネスプレゼンテーションの英語』(2015、アスク)



--------- 専門書 ---------

41flyEaC-TL__SL500_AA300_

『企業・大学はグローバル人材をどう育てるかー国際コュ二ケーションマネジメントのすすめ』
(共著、2012年、アスク出版)


共生社会の異文化間コミュニケーション

『共生社会の異文化間コミュニケーション』
(一部翻訳、2009年、三修社)



---------- その他 ----------

_SX352_BO1,204,203,200_

『TOEFL ITPテスト 学習スタートブック』
(共著、2013年、Jリサーチ)

_SY498_BO1,204,203,200_

『470点入門TOEIC語彙・イディオム基礎問題集』
(1994年, アルク)



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ