Hi, 松岡みーです。How are you doing?

今日は久しぶりに 「よろず相談」 をやります。先週末に頂いた質問にお答えします。

2008.02.19 質問: 英語のリスニングをやっていて、単語はほとんど聞き取れているのに、言っている内容が理解できないということがよくあります。どこに原因があるのでしょう。

回答: 以前にも幾度となく全く同じ相談を受けています。多くのひとの共通した悩みなんですね。原因はいくつか考えられますが、もっともよくあるのは 「簡単な単語の組み合わせ」 です。書かれた英語と違って、ネイティブの話す英語には、ノンネイティブの私たちにはわかりにくい、簡単な単語の組み合わせによる 「イディオム (慣用句)」 がとても多いのです。

例えば

He works out …
と聞けば、ふん、「彼は外で仕事をしている」 のかなあ、と思うわけです。
さらに聞くと
… three days a week …
と続く。なるほど、「週に3日」 ね、ふむふむ。
さらに聞くと
… to build his body.
と続く。
えー? to build his body ? ちょっと待って、どういうこと???
と考えているうちに、次のセンテンスが始まってしまう。
実は、work out には do physical exercises (トレーニングをする) という意味があるんです。したがって文全体は 「彼は体作りに、週3日、筋トレをやっている」 となります。

対策: イディオムに慣れる

解決策としては、簡単な単語の組み合わせによるイディオム (慣用句) に慣れることです。特に get や go, come, bring, take のような基本動詞との組み合わせに、普段から注意して取り組むことです。書店に行くと 「イディオム集」 とか 「慣用表現集」 のような本も数多くあります。一冊購入して一気に覚えるというのが手っ取り早いかも。

質問、相談のあるかたは気軽にお寄せくださーい。
それじゃあ、Mya you next time!