こんにちは、松岡昇です。10月になりました。台風の接近が気になりますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、文法の授業ではあまり時間をかけられることのない 「仮定法現在」 ですが、このブログでは荒磯先生が3回に渡り、たっぷり解説をしてくださっています。3回目の今日は 「必要、願望」 の表現に使われる 「仮定法現在」 を紹介しましょう。

Tune Up Your English: L. 38 「必要、願望」 と仮定法現在

あなたがここに10時までに来ることが必要です。
?? It is necessary that you will be here by 10:00.


荒磯先生荒磯芳行です。前の2レッスンで、ちょっとなじみの少ない 「仮定法現在」 の使い方を勉強しましたが、このレッスンでもまた、別の観点から 「仮定法現在」 を取り上げます。今回は、動詞でなく、形容詞(それに名詞)が主役です。

It is necessary that S + V(原形) ...
「必要性、重要性、正当性」 など、また 「願望」 を表す形容詞に、この用法があります。
important、proper(適切な)、advisable(勧められる)、desirable(望ましい)、essential(不可欠な)など
・ It is necessary that you (should) try to understand.
 (分かろうと努力することが必要です。)
 これは It is necessary for you to try to understand. とも言えま
 す。仮定法を使った文のほうが 「硬い」 ですが。
・ It is advisable that you (should) study grammar and word
 usage.
 (文法と語法の勉強がお勧めです。)
 勿論、これも It is advisable for you to study ...と言うことができ
 ます。

natural(当たり前の)もこのように使うことがあります。
・ It is only natural that there (should) be disputes among
 them.
 (彼らの間で争いがあるのはごく当然なこと。)
 ですが、この語に関しては、米国では、
 It is natural that there are disputes ...のほうが一般的ですが。

It is our desire that S + V(原形)...
また、これらの語に関連した名詞にも仮定法現在が使われます。
・ It is our desire that she (should) accept the post.
 (われわれは彼女がそのポストにつくのを希望します。)

ということで、上記の問題文は、正しくは:
(硬く)It is necessary that you (should) be here by 10:00.
(くだけて)It is necessary for you to be here by 10:00.


課題:次の英文は日本語に、和文は英語にして下さい。
1. Is it so important that he learn foreign languages?
2. It is desirable that she not slight the meeting.
3. It is my advice that your wife see a doctor as soon as
  possible.
4. あなたはその困難を乗り越えることが絶対必要です。
  (overcome the difficulties)
5. 私の忠告は、あなたは絶対に諦めてはダメだということです。
6. 初めてのプレゼンであなたが上がるのは当たり前です。
  (get nervous)
------------------------------------------------------------------------------

解答は2,3日後にアップします。(マッツ)