こんにちは、松岡昇です。今日は秋晴れと呼ぶにふさわしい爽やかな天気ですね。いかがお過ごしでしょうか。

さて、Tune Up Your English ですが、「仮定法現在」 には明るくなりましたか。アーカイブに入っていますので、怪しくなったらいつでもご覧になって復習してください。今日は 「〜してもらう」 という表現を取り上げていただきました。

Tune Up Your English: L. 39 「〜してもらう」 ----------------

彼は息子に車を洗ってもらいました。
?? He got his son wash his car.


荒磯先生荒磯芳行です。上の英文は have と get の混同でしょう。「〜してもらう」 とか 「〜させる」 とかいう意味を表すときは<have+行為者+動詞の原形>か、または<get+行為者+to+動詞の原形>のどちらかを使います。

「△に〜してもらう (〜させる)」
  = have △ 〜 / get △ to 〜
例:He had Tom help him. / He got Tom to help him.
両方とも 「彼はトムに手伝ってもらった」 で、意味は大体同じと考えていいでしょう。

「△を〜してもらう」
  = have △ 〜(過去分詞) / get △ 〜(過去分詞)
混同しないで欲しいのが、「行為者」 の代わりに 「行為を受けるもの」 が来る型です。その形は <have/get+行為を受けるもの+動詞の過去分詞>で、このときは、have も get も同じ文型で使えます。
例:She had/got the dishes washed by Mary.
(彼女はメリーに皿洗いを手伝ってもらった。)

更に注意: get △ 〜(過去分詞)
ここで、更に注意して欲しいのが、get を使った場合は、主語になるものが、他人に 「してもらう」 または 「させる」 という意味の他に、「自分でやる」 ことも表せるということです。すなわち、He got his car washed.という文は、他人に洗ってもらった場合にも、自分で洗った場合に使えるのです。

ということで、上記の問題文は、正しくは:
→ He got his son to wash his car.
又は、He had his son wash his car.

課題:次の英文は日本語に、和文は英語にして下さい。
1. Let’s get the plumber to fix that pipe.
2. She had her hair washed and set.  
3. I won’t get my team coached by him.
4. 彼は看護師に顔の傷の手当をしてもらった。
5. 子供達に庭の雑草取りをしてもらおう。(weed the yard)
6. 私は弟に彼女の写真をたくさん撮らせた。
-----------------------------------------------------------------------------

それでは、今週もよい1週間をお過ごしください!(マッツ)