こんにちは、松岡昇です。今日の埼玉は雨ですが、春の雨というのはどこか暖かく明るいところがあって風流ですね。昔の芝居のセリフに、「春雨じゃ、濡れてまいろう」 というのがありましたが ... 風邪をひくので、まねないほうがいいでしょう。

食品の春雨は考えてみると、実に上手に名前を付けたもんだと感心しますね。雨の中を歩きながら春雨(食品)のことを思い浮かべてみてください。うん、なるほど、うまいことを考えたなあ、と納得できます。帰りにスーパーで麻婆春雨が買いたくなりますね。この春雨、中国では 「粉条」、台湾では 「冬粉」 と言うようで、英語では
glass noodles です。「春雨」 ほど風流じゃないですね。In Japan, glass noodles are called haru-same, or "spring rain." なんて説明するといいかも。

さて、荒磯先生の Tune Up Your English: L. 53 の解答をアップします。

Tune Up Your English: L. 53 these three days の解答--
次の英文は日本語に、和文は英語に、という問題でした。
1. He hasn’t done anything to speak of the last month.
2. They’ve been away for the last two weeks.
3. It hasn’t rained here in the past two months.
4. この2週間彼は仕事で北海道にいた。
5. この数年この地方ではほとんど雪が降らなかった。
6. 近頃は良い援助者を見つけるのはむずかしい。

解答
1. 彼はこの1ヶ月間たいしたことはしていない。
  (to speak of 「取り立てて言うほどの」)
2. 彼らはこの2週間どこかに行っていた。
3. ここではこの2ヶ月の間雨が降らなかった。
4. He has been in Hokkaido on business (for) the last/past two
  weeks.
5. There has been very little snow here (in/for) the past
  several years.
6. It is hard to find good help these days.

いかがでしたか。次回は「最近、近頃」を取り上げます。(荒磯)
--------------------------------------------------------------------------------------

問題1にあった to speak of という表現、謙遜が好きな日本人にはいろいろな所で使えそうですね。You did a great job! なんて言われて、Oh, nothing to speak of. のように返す。でも、謙遜が過ぎるといやらしく響きますので要注意ですね。それでは、また。Enjoy walking in the spring rain! (マッツ)