こんにちは、松岡昇です。

大学の傍ら、私はしばしば企業に出向きます。英語研修や異文化理解研修がその主な目的です。グローバル人材に英語力が必要なのは言うまでもないことですが、それと同じくらい、あるいはそれ以上に重要なのが異文化理解力です。ことばでの誤解や曲解の傷はそれほど深くはないですが、文化の違いによる行き違いの傷はたいていが深く修復が難しいのです。

51d3KK7knmL__SY346_異文化理解の研修で参考にする文献に Erin Meyer の The Culture Map があります。異文化間ビジネスの文脈で書かれていますが、ビジネス以外の場面でも大いに参考になる図書です。

原書を読めば、英語と異文化の両方を一度に勉強できますね。一石二鳥 (Killing two birds with one stone) 。ちなみに和訳された 『異文化理解力』(エリン メイヤー著)もあります。学生の皆さんは図書館へ行ってみてください。きっと見つかるはずです。

月2限クラスの皆さん、アップが遅くなりごめんね。(マッツ)