あじさいこんにちは、松岡昇です。アジサイの花が見られるようになってきました。雨は憂鬱ですが、雨に濡れて緑を深くした葉の上に見る紫や白やピンクのアジサイは、何とも美しい。憂鬱だった雨に感謝したい気持ちになりますね。ところで、「アジサイ」って英語で何て言うんでしょう。


さて金曜日ですので、恒例の荒磯芳行先生による Tune Up Your Speaking & Writing の Lesson 9 (課題) をアップします。

【Lesson 9】 「ボランティア」----------------------------------------------
(1)まずは、日本文を英語にして言ってみましょう。
(2)次に、下の参考語句を参照しましょう。
(3)もう一度、日本文を英語にして言ってみましょう。
(4)最後に英語で書いてみましょう。(来週金曜に解答例&解説)

【課題文】
 ニューヨーク市内の病院で、若い男女に出会った。院内の小児病棟には、難病を患った子供達が入院している。二人は土曜ごとに足を運んで、彼はギターを弾き、彼女は童話を読む。「デートはボランティアと決めています。私たちの幸せな気持ち、子供達と分かち合えたらと思って。」
 同じくニューヨークに住むアンジェラ(Angela)宅を日曜に訪ねると、ちょうど一家で出掛けるところだった。夫婦と子供二人が到着したのは、アパートの建築現場。ホームレスのためのアパートを仲間と共にこしらえ始めて、半年近くになるという。子供たちは金槌やのこぎりの使い方を父から教えてもらって大はしゃぎ。アンジェラは、「日曜は家族ボランティア・デーなの。親子のコミュニケーションは取れるし、第一、安上がりなのが何よりだわ」と笑った。
 アメリカでは、あらゆる所でボランティアの姿を見る。図書館、美術館、消防署、病院、学校で、温かい笑顔に迎えられる。アメリカでボランティアが盛んなのは、キリスト教の博愛精神が人々の心の底に流れているからに違いない。

【参考語句】(必ずしも使う必要はありません)
・pediatric ward
・serious illnesses
・care for/treat
・share our happiness
・stop off/call at
・provide a good opportunity for communication with
・success of the volunteer movement
・spirit of Christian charity
・flow in people’s hearts
--------------------------------------------------------------------------------

それじゃあ、今週末も課題、頑張ってくださいね。
Have a nice weekend. (マッツ)