今晩は、松岡昇です。今夜のさいたまはいくらか涼しいです。秋の気配を感じます。みなさんの所はいかがですか。

1ヵ月ほど前に、友人からこんな記事(7月17日)がウェブにあるとメールが来ました。こんな見出しです。

Berkeley Banishes Gender-Specific Words - Such as 'Manhole' - From City Code

・Berkeley:バークレー市(米国カリフォルニア州)
・banish:なくす
・gender-specific words:性を特定した用語
・such as 〜:例えば 〜 のような
・city code:市の規約(文書)

記事の最初は

Berkeley, California, has adopted an ordinace to replace some terms with gender-neutral words in the city code. (中略) "she" and "he" will be replaced by "they." The words "manpower" and "manhole" will become "workforce" and "maintenance hole."

・adopt an ordinace:条例を採択する
・replace A with B: A を B に置き換える
・term:用語
・gender-neutral words:性的に中立な、男女の区別のない
・A is replaced by B: A は B に置き換えられる

3人称単数の they
つまり、市の規約文書からは he と she がなくなり、代わりに they が使われるということです。「3人称単数の they」です。LGBTQ(lesbian, gay, bisexual, trans-gender, queer:性的少数者)の認識が社会に広まりつつある今、こうした動きは自然なのかもしれませんね。

(マッツ)