こんにちは、松岡昇です。送り盆をして、帰省先から戻ってきた人も多いのでは。この週末は台風一過の猛暑のようです。

さて金曜日ですので、荒磯芳行先生の Tune Up Your Speaking & Writing、 Lesson 14 (参考訳・解説) をアップします。課題をまだやっていない方は、まず自分なりの英文を作って、それから参考訳と解説をお読みください。

【Lesson 14】 「滝クリのおもてなし」(参考訳、解説)----------------
(1)まずは、日本文を英語にして言ってみましょう。
(2)次に、下の参考語句を参照しましょう。
(3)もう一度、日本文を英語にして言ってみましょう。
(4)最後に英語で書いてみましょう。

【課題文】
東京が2020年夏期オリンピックを主催するというニュースを日本の人々は大歓声を挙げて歓迎した。それは少なからず滝川クリステルのユニークな努力のお陰である。彼女は、ブエノスアイレスで国際オリンピック委員会(IOC)のメンバーを前にして日本の計画をプレゼンした2013年の日本代表団の一員であった。

英語とフランス語の両方での彼女のIOC委員に対するスピーチの中で、滝川は、心からの誠意が日本の 「おもてなし」 の基本であることをを強調した。滝川は、やさしく微笑みながら、日本語でゆっくり発音しながら 「おもてなし」 の概念を紹介したが、それがIOC委員に深い感銘を与えたことは間違いない。滝川は、「おもてなし」 が意味する信頼と尊敬の精神が日本人の中に今日でも深く根付いていることを強調した。

滝川は、1977年にフランのパリで生まれ、3歳の時に日本に移り住んだ。大学卒業後、彼女は放送ジャーナリズムの分野に身を置いた。フランス文化を日本に紹介した彼女の努力が高く評価され、フランスの 「芸術文芸勲章」(Order of Arts and Letters) を受章した。滝川は若い人たちに、時勢に遅れずについて行くために新しい知識を求めることに貪欲であることが極めて大切であると強調する。

【参考語句】
・be overjoyed
・much of one’s thanks goes
・present Japan’s plans
・heartfelt sincerity
・hospitality
・spirit of trust and respect
・urge people to 〜
・pursue new knowledge
・keep up with the times

という問題でした。
参考訳と解説はこちら

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【参考訳】
Japanese people were overjoyed when they learned that Tokyo will be hosting the 2020 Summer Olympics and Paralympics. Much of our thanks goes to Christel Takigawa for her unique efforts. She was a member of the 2013 Japanese delegation, which presented Japan's plans to the members of the International Olympic Committee (IOC) in Buenos Aires.

Addressing the IOC both in English and French, Takigawa stressed that heartfelt sincerity is the very foundation of Japanese hospitality. When she expounded the concept of "omotenashi" by uttering the Japanese word slowly and clearly along with a warm smile, it undoubtedly made a strong impression on the members of the IOC. Takigawa emphasized that the spirit of trust and respect that "omotenashi" means is strong among Japanese people even today.

Born in Paris, France, in 1977, Takigawa moved to Japan when she was three. After graduating from university, she started her career in broadcast journalism. With her efforts to introduce French culture to Japan honored, she was awarded France’s Order of Arts and Letters. Takigawa urges young people to eagerly pursue new knowledge to keep up with the times.

【解説】
・were overjoyedは「大喜びした」
・host は、名詞としては、「客をもてなす主人(役)」ですが、「客をもてなす」という動詞用法もあり、更に「主催する」の意味に発展
・will be hosting(未来進行形)。「未来進行形」は「意図や計画というより、自然に、または何かの事情で、することになっている」を表し、予定や計画が順調に進展しているというニュアンスがあります。Tokyo will host the 2020 Summer Olympics. なら、オリンピックを主催する予定という事実を淡々と述べていることになるでしょう。
・present は、ここでは、「計画などを発表する」という意味。例:She presented a report to the conference.(彼女は会議でレポートを発表した)
・address は「に話しかける」。例:He addressed the audience in a soft voice.(彼は聴衆に優しく話しかけた。
・expound は「詳細に説明する (explain in detail) 」
・heartfelt sincerity は「心のこもった誠意」。sincerity は sincere(誠意のこもった)の名詞形
・undoubtedlyは「疑いなく」
・with her efforts ... honored は「...の努力が賞賛されて」。この with は「付帯状況」を表す表現を作ります。例:He was sitting with his eyes closed. (彼は彼の目が閉じられたという状態で座っていた・目を閉じて座っていた)
・Takigawa urges young people to eagerly pursue... は「滝川は若い人々に...を熱心に追求せよと力説する」
・「時勢について行く」は keep up with the times が定訳。

【今課の注目表現】口慣しをしましょう。
1. She was overjoyed to see her son again.
2. My thanks go to her efforts.
3. He presented the results of his survey to the committee.
4. The mayor addressed the crowd on his new plan.
5. She was sitting on the floor with her legs crossed.
6. He is undoubtedly the fastest runner in the school.
7. Her speech made a favorable impression on the audience.
8. I urged her to reconsider her decision.
9. He tried to keep up with the other students.

【発音(アクセント)に注意】
host, effort, present (動詞), utter, warm, graduate (動詞), career, award, urge
------------------------------------------------------------------------------

それでは、よい週末を。(マッツ)