★ 松岡昇の毎日が英語レッスン ★

英語、英語学習、英語教育、国際コミュニケーション、異文化理解などについてテキトーに書きます。記事の下のコメント欄に、ご意見や感想、質問、リクエストなどをお書きください。     

■ Listening

イベントの案内:「リスニングと文法」

こんにちは、松岡昇です。

今週の土曜日に、出版社アルク主催のこんなイベントをやります。
「リスニングと文法:秒速3ワードの文法力」
興味のある方はどうぞ。

マッツ

趣味の動画で英語の勉強が止まらない!

こんにちは、松岡昇です。ゴールデンウィーク、お楽しみですか。

私は3日と4日にさいたま市のテニス大会があります。毎年参加しているのですが、ここのところ1回戦落ち、2回戦落ちが続いています。エントリー費は1人1000円ですが、15分で負けたりするときには泣きそうになります。勝ち進むことを考え、カミさんに作ってもらった昼の弁当は、早々と10時くらいに食べるはめになったり ...

今回は、何とか3回戦くらいまで勝ち進み、お昼の時間に弁当を食べたいと思っているんですが。

ところで、テニスが好きな私は、よく YouTube でテニスのレッスンを見ます。テニスの月刊誌も読みますが、本よりもやはり動画です。伝わり方が違います。日本の動画も見ますが、大雑把にコーチングするアメリカのレッスンも好きです。例えば、カリフォルニア発の Essential Tennis。 気がつくと、ラケットを握って1時間以上も見ていたりします。また、繰り返し見るレッスンも少なくありません。

考えてみれば、楽しいうちに長時間、英語のリスニング練習をやっていることになります。ときどき、重要なポイントが字幕で示されることもあり、気の利いた表現に出くわすことも少なくありません。自分の「好き」という文脈とビジュアルという補助により、吸収力は抜群です。皆さんも、自分の趣味で YouTube を検索してみてください。英語の勉強が止まらなくなりますよ!(マッツ)

英語教材辛口ランキング50:1位と50位が ...

こんにちは、松岡昇です。

61BpOzl-5FL__SL500_AA300_ 3月に出た 『英語教材完全ガイド:英語教材辛口ランキング50』(普遊社)によると、英語教材 「話す・聞く」 部門のランキングは、

1位: 「1000時間ヒアリングマラソン」(アルク)
50位: 『日本人は英語のここが聞き取れない』(松岡昇著、アルク)


ちょっと嬉しいですね。1位の 「1000時間ヒアリングマラソン」 はアルクの通信教育講座で、編集部が偉いのですが、実は、私も主任コーチとして関わっています。また、辛うじて50位に滑り込んだ 『日本人は英語のここが聞き取れない』 は、このブログの右側、上から2番目にある拙著です。偶然にも 松岡がらみの教材がランキングの最初と最後を飾っています。光栄です。

『日本人は英語のここが聞き取れない』 は初版から10年が経ちますが、欲を言えば、50位でなく、2位でもよかったんですが ... (マッツ)

高校の先生にセミナー

こんにちは、松岡昇です。

昨日、夜遅く帰宅したら、出かけるときには咲いていなかったさくらが、急に開き始めました。今日もさいたまはとても暖かです。

来月、4月27日(土)、28日(日)、29日(祝)と3日間に渡り、アルクの主催で、高校の英語の先生方を対象に 「英語力向上集中講座」 をやります。私は28日担当で、「徹底したトレーニングで英語の耳と口を鍛える」 というテーマでワークショップをやります。興味のお有りの先生方、是非ご参加ください。楽しいですよ!(マッツ)

ロックスターの英語

こんにちは、松岡昇です。お元気ですか。今年は一気に年末が来たような感じがしませんか。秋が短かったからでしょうか。

7012074本の紹介が続きますが、アルク出版編集部が 『ロックスターの英語』 という本を出しました。ロックスターたちの生のインタビューを聞きながらリスニング練習をする学習書です。Paul McCartney や The Rolling Stones, Sting なども出てきます。「レベル別・モデル学習法」 や 「理解度チェック」 (松岡昇執筆) で単に聞き流しにならないようにデザインされています。ロックファンの方は、是非チャレンジというよりも、楽しみながらリスニング力をつけてはいかがでしょう。(マッツ)

英語ジョークの理解は難しい

こんにちは、松岡昇です。

先日、大学でトイレに入っていたときの話。髪の毛もじゃもじゃの大柄でライオンのようなアメリカ人の先生 Mr. A が入ってきて、入口そばの鏡をのぞきこむや、ひとこと . . . .
Why ??? rich instead of handsome?

06 鏡トイレには私ひとりしかいなかったので、そのことばは半分私向けのものだとは気がついたものの、考え事をしていた私には、部分的に単語が耳に残っただけで、Mr. A が何と言ったのか理解できませんでした。私はそれに対して無反応のまま、ありきたりの挨拶をして、教室に急ぎました。

何となく気になっていたので、数日後、Mr. A に会ったとき、何と言ったのか尋ねると
I said, "Why wasn't I born rich instead of handsome?"

日本語なら考え事をしていても、この程度のジョークなら笑えるのでしょうが、英語では難しい。

しかし、このジョーク、なかなかいいですねえ。けっこう使えそうです。みなさんも試してみては。女性なら、handsome を beautiful に変えて。

NHK World: 24時間英語ニュースなど

こんにちは。松岡昇です。ご機嫌いかがですか。

私はインフルエンザで1週間つぶれていました。春とは言え、まだ空気が冷たいですから、油断はできませんね。

ところで、ご存知でしたか。いつの間にか、NHKのネットテレビが進化していました。NHK World TV -- Live Streaming です。

P1030469このHPの右上に "NOW ON AIR" と書かれたTV画面があります。Auto Start を on に、大画面で見るには 512KをクリックすればOK.



毎時30分間のニュース (NHK Newsline) に加え、その間に日本を紹介する様々な番組がストリーミングで放送されます。ほぼ24時間ノンストップです(時々待ち時間が入ることもあります)。何といっても、ニュースとニュースの間の番組が楽しいです。(マッツ)

AERA English 2月号: ディクテーション記事

こんにちは、松岡昇です。
正月の飲み過ぎ、食べ過ぎはだいじょうぶですか。私は昨日胃薬を飲んで、今日は何とか胃が軽くなりました。

P1030131年末に取材を受けた記事が AERA English 2月号に掲載されました。「ディクテーションで即効!英語耳」 というタイトルの記事 (p. 16 - 21) です。既に書店に出ています。


興味のある方はどうぞ。(マッツ)

『「英語の壁」はディクテーションで ...』 (学習法その2)

松岡です。ご機嫌いかがですか。
I have a sore throat and a slight fever. です。寒暖の差が大きいこの季節、風邪などひかぬよう気を付けたいものです。

『「英語の壁」はディクテーションで乗り越える』(学習法その2)

英語の壁 「速度の壁」を乗り越える
本書で最初に取り上げている壁は、「速度の壁」 です。日常、英語を耳にしない私たちにとっては、どうしても自然の速度で話されている英語が、自然ではなく 「速すぎる」 ように聞こえます。本書でいう chunk (ことばの塊) とそのコア (中心になっている語) を掴み取る練習をひと通りやった後に、NHK World Daily News などで試してみてください。本だけで完結させず、[ 本 → 実際の英語 ] というように、いつも現実の英語に結び付ける練習が大切です。(マッツ)

松岡昇のセミナー情報
Global Biz English: グローバル・プロジェクトを英語で模擬体験
日時: 11月12日(土) 10:30 - 17:00
場所: アルク イベントホール

松岡昇の新刊書: 『「英語の壁」はディクテーションで ... 』

Hi, 松岡昇です。How are you?

久しぶりに英語の学習書を書きましたので、紹介します。

『「英語の壁」はディクテーションで乗り越える』 (アルク)

「英語の壁」はディクテーションで乗り越えるタイトルがほとんど内容を説明していますが、要は、ディクテーションで聞き取りの力をアップさせようというドリルブックです。

リスニングは難しい
ことばの4技能、「読む」、「聞く」、「話す」、「書く」 のうち、ある程度学習が進むとつまずくのが 「聞く」 ことです。確かに、英語のニュースや映画を1度で聞き取るのは容易なことではありません。最近では、ITの技術革新に伴い、職場で海外とのテレカンファレンスを行う機会も増えてきて、英語の聞き取りに頭を悩ますビジネスマンも増えてきています。

リスニングの 「4つの壁」
たくさん聞いて慣れるしかないのですが、2年も3年も朝から晩まで英語ばかり聞いているわけにはいきません。そこで本書では、聞き取りの練習にディクテーション (書き取り) を採用し、特に日本人にとって聞き取りの難所となっている 「4つの壁」 を効率よく攻略できるよう、様々なエクササイズを準備しました。 「4つの壁」 とは:

速度の壁
音声語彙の壁
音の変化の壁
語順の壁

ちょっと腕まくり
これらの壁を1つずつ乗り越えながら、聞いた瞬間に理解できるリスニング力を養成しようという本です。簡単に力がつく本ではありません。しかし、腕まくりをしてしっかり取り組めば、今のリスニング力が数段階アップすることは確実です。

リスニング力を強化したいという方、是非お試しください!(松岡)
Profile

マッツ

今までの記事
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor 天気
松岡昇の著書
51nRjDhXhiL__SX351_BO1,204,203,200_

『会話力がアップする英語雑談75』(2015年, DHC)


Presentations to Go表紙

Presentations to Go
(2013年 センゲージ ラーニング)


HM7_cover+obi

『英語の壁はディクテーションで乗り越える』
(2011年、アルク)


ここ聞き1
『日本人は英語のここが聞き取れない』ベストセラー
(2003年,アルク)


ここ聞き2
『続 日本人は英語のここが聞き取れない』(2004年、アルク)


TOEICテスト対策よくわかる英文法
『TOEICテスト対策よくわかる英文法』 (2004年、アルク)


2016 仕事英会話まるごとフレーズ


『仕事英会話まるごとフレーズ』 (共著 2016年アルク)


仕事英会話ミニフレーズ 新装版

『まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ 新装版』
(共著、2007年、アルク)


仕事英語ミニフレーズ

まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ―仕事がおもしろくなる!即戦力表現集
ロングセラー
(共著、1992年、アルク)



大学、高校、企業の教科書

2018 Beat Your Best

Beat Your Best Score on the TOEIC Teat (2019年 松柏社)



10 1分間英語プレゼン

『1分間・英語プレゼンテーション』(2017年、松柏社)


12 TOEIC 松柏社

『現スコアから150点アップを実現させるTOEIC総合演習』(2016年、松柏社)


An Intensive Approach to the TOEIC Test

TOEIC 1セメスター用教材
An Intensive Approach to the TOEIC Test(2008年、金星堂)


More Power for the TOEIC Test 金星堂

TOEIC 集中講座、演習用
More Power for the TOEIC Test(2007年、金星堂)


Kick Off for the TOEIC Test

Kick Off for the TOEIC Test ベストセラー
TOEIC対策通年授業用
(2006年、金星堂)


Get Ready for the TOEIC Test

Get Ready for the TOEIC Test ペストセラー
(2005年、金星堂)


初めて聞くニュース英語 入門編

「はじめて聞くニュース英語」
(共著、2003年、アルク)



------ スターの英語 ------

11

『ハリウッドスターの英語4』
(共著、2015年、アルク)


7012074

『ロックスターの英語』
(共著、2012年、アルク)


『ハリウッドスターの英語 3』 (アルク)

『ハリウッドスターの英語3』
共著、2008年、アルク)


ハリウッド2

『ハリウッドスターの英語2』
(共著、2007年、アルク)


ハリウッド1

『ハリウッドスターの英語1』
(共著、2005年、アルク)



--- 通信教育講座教材 ---

js-presen_index_01

『ビジネスプレゼンテーションの英語』(2015、アスク)



--------- 専門書 ---------

41flyEaC-TL__SL500_AA300_

『企業・大学はグローバル人材をどう育てるかー国際コュ二ケーションマネジメントのすすめ』
(共著、2012年、アスク出版)


共生社会の異文化間コミュニケーション

『共生社会の異文化間コミュニケーション』
(一部翻訳、2009年、三修社)



---------- その他 ----------

_SX352_BO1,204,203,200_

『TOEFL ITPテスト 学習スタートブック』
(共著、2013年、Jリサーチ)

_SY498_BO1,204,203,200_

『470点入門TOEIC語彙・イディオム基礎問題集』
(1994年, アルク)



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ