★ 松岡昇の毎日が英語レッスン ★

英語、英語学習、英語教育、国際コミュニケーション、異文化理解などについてテキトーに書きます。記事の下のコメント欄に、ご意見や感想、質問、リクエストなどをお書きください。     

■ 世界の英語

Kei Nishikori のインタビュー (準決勝戦後)

こんにちは、松岡昇です。

実は、私は、英語よりもテニスが好きなんです。テニスで食っていければそうするのですが、市民大会2回戦レベルですので、とても無理。

ご存知の通り、US Open で日本のプレイヤーが決勝進出を決める史上初の快挙を錦織圭がやってくれました。準決勝戦後のインタビュー(on-court interview)がこちらで聞けます。興味のあるかたはどうぞ。

私は、今週土曜日にさいたま市の市民大会ダブルスに出場します。来月はシングルスです。錦織のようにユニクロのウェアを着て頑張ろうと昨日ユニクロに行ったら、売り切れでした。3回戦突破は無理かも ... (マッツ)

インド英語はインド映画で

こんにちは、松岡昇です。お元気ですか。時間がなくてなかなか更新できませんが、こんな記事でつなぎます。

P1050358出版社アルクのウェブサイトにある 「マッツと探検!映像英語」 が本日更新されました。「インド英語はインド映画で」 というタイトルで書きました。お時間のあるときにお読みください!(マッツ)

英語に出てくる単位: さいたま気温80度? じぇじぇっ!

こんにちは、松岡昇です。急に暑くなりました。昨日のさいたまは80度!でした。

アメリカのABC News の天気予報で今日の東京の天気予報を見ると、このようになっています。
H: 80  L: 61  Nice with clouds and sun

一方、イギリスの BBC Weather では、こうです。
H: 27   L: 17  Cloudy

上の H と L は、最高気温(High)と最低気温(Low)です。ご存知のように、気温(温度)を表すには、摂氏 Celsius(セルシアス)と華氏 Fahrenheit(ファーレンハイト)の2通りがあります。アメリカでは Fahrenheit を、イギリスでは日本と同じ Celsius を採用しています。

ところで、もし、飛行機に乗っていて、次のような機内アナウンスがあったら、あなたはどうしますか。
According to the latest weather report, it is fair in New York, and the temperature on the ground is 50 degrees Fahrenheit.
華氏50度。さあ、何を着て飛行機から降りますか。
Tシャツ  セーター  コート

即断できなかった人には、松岡流概算式をおススメします。
30引いて、2で割る
50°F - 30 = 20  20 ÷ 2 = 10°C
何を着るか結論は出ましたね。 Take care and have a nice day!
(マッツ)

「平易な英語」 (Plain English) が国際通用語

こんにちは、松岡昇です。ご機嫌いかがですか。

英語が事実上、国際通用語になっていることは、改めて言うまでもないことですが、やはり私たち日本人にとっては、英語を使うことは難しい。日本人ばかりでなく、世界の多くの人たちにとって、程度の差こそあれ、同様のことが言えると思います。

それでも世界の人々が英語をコミュニケーションのツールとして使っていこうとすれば、何らかの工夫が必要になってきます。そのひとつが 「平易な英語」 の使用だと私は考えます。

kaleido07_pic1アルクのウェブサイトに、「伝わりやすい英語」 という記事を書きました。今年1月末に野田総理がダボス会議にテレビ会議システムでメッセージを送りました。その時の英語字幕について言及しています。興味のある方はどうぞお読みください。

それでは、また。(マッツ)

新幹線の英語アナウンスは日本人で

こんにちは、松岡昇です。なかなかブログを書く時間が取れず、失礼しました。お元気でしたか。

shinkan-sen皆さんは、英語に興味をもっていらっしゃる方ばかりだと思いますので、新幹線に乗って、英語のアナウンスに耳を傾けたことがあるでしょう。どうでしたか、聞き取りやすかったですか。ネイティブスピーカーの英語ですよね。皆さんは英語が達者ですから、それほど難しくなかったかもしれませんね。

私は、昨日もそうでしたが、今年は、企業の異文化理解研修や英語研修で、新幹線に乗る機会がとても多くありました。新幹線を利用するたびに感じるのが、車内やホームでの英語のアナウンスです。あれは誰のためなのでしょう?

アメリカやイギリスのような英語圏からきた旅行者のため?
そんなことはないですよね。今や英語は国際語として世界で広く使われていますので、対象は外国からやってきた人たち全体、と考えていいでしょう。

日本に来る外国人は英語圏からが多い?
そんなことはないですよね。国(地域)別の訪日旅行者数は以下のようになっています。
 1位:韓国(240万人 35%)
 2位:台湾(140万人 16%)
 3位:中国(130万人 15%)
 4位:アメリカ(70万人 8%)
 5位:香港(50万人   6%)
 (国際観光振興機構、2010年のデータ)
アメリカ、オーストラリア、イギリスのような英語圏からの旅行者は全体の12%程度です。つまり、88%は非英語圏からの人たちです。

ネイティブスピーカの英語は聞きやすい?
非英語圏から来た人たち、つまり、英語のノンネイティブスピーカーにとって、ネイティブスピーカーの英語は聞きやすいでしょうか。答えはノーです。ノンネイティブスピーカーにとってはネイティブスピーカーの英語よりもノンネイティブスピーカーの英語の方が分かりやすいのです。一番の理由は、「単語がくずれない」 ことです。

単語が 「くずれない」 ?
例えば、車内アナウンスで、We will be stopping at Nagoya, ... の stopping at が ネイティブスピーカーのアナウンスでは stoppin ga(t) [ストッピン ガッ(ト)] のように聞こえます。一方、ノンネイティブスピーカーは、書かれたものと同じように単語ひとつひとつを 「くさずに」 発音する傾向がありますので、その発音から stopping at と言っていることが容易に聞き取れます。ネイティブスピーカーがやる音の連結や同化、脱落がノンネイティブスピーカーには少ないのが、ノンネイティブスピーカーにとって分かりやすくなっているのです。皆さんにもそんな経験はありませんか。

日本人の英語アナウンスではだめ?
今まで述べてきたことから、私には、新幹線のアナウンスにネイティブスピーカーを使い、日本人を使わない理由が分かりません。ネイティブスピーカーのやる音の連結や同化、脱落を、ネイティブスピーカーと同じようにやらないと通じなくなるなら話は別ですが、むしろそうしない方が通じるのですから、日本人のアナウンスにしない理由はないのです。もちろん、ネイティブスピーカーにも理解できます。私たちと同じように英語を学校で勉強した韓国人や中国人や、その他の非英語圏からやってきた人たちにとって、その方が助けになるはずです。日本人の 「おもてなし」 です。

Beautiful Japan, Beautiful Japanese English!
日本の新幹線に乗って、富士山を眺めながら、日本人女性のやさしいイントネーションと発音の車内アナウンスを聞けば、より多くの外国からのお客さんに喜んでもらえると思います。日本だけでなく、日本人の英語の評判もアップするかも。 Oh, beautiful Japan and beautiful Japanese English! なんてね。JRに提案してみます。 

今年ももう少し。みなさん、忙しい時期ですので体に気をつけて。(マッツ)

ヒラリーさんの 「国際的」 な英語

Hi, 松岡みーです。How are you?

ヒラリーさんが国務長官 (Secretary of State ) に就任して最初の外国訪問先として先日来日しました。ちょうど時を同じくして、日本の酔っ払い大臣がメディアをお騒がせしたため、ヒラリーさんの影が薄くなってしまいましたが、テレビのニュースなどでヒラリーさんのスピーチを聞いた方も多くいらしたと思います。

彼女の英語はとても 「国際的」 ですね。ゆっくりとしたスピード(秒速1.5 words程度)で、一語一語をとても丁寧にはっきりと発音しています。どこかの酔っ払いとは大違いです。アメリカの国営放送 Voice of America が非英語圏向けに放送しているニュースで special English program というのがありますが、ヒラリーさんの英語はそこで使われているスピードと語彙を制限した英語を思わせます。非英語圏に対する配慮のようにも受け止められます。この意味で 「国際的」 な英語なのです。ちなみに、彼女の米国内での英語は秒速3 words(ネイティブのノーマルスピード)です。

Googleで Hillary Clinton video をキーワードに検索して聞いてみてください。

多文化言語としての英語

Hi, 松岡みーです。How are you?  ベランダから見た今日の富士山です。

今日の富士山すみません、どうも。今回はブログを開設してから最長のブランクを記録してしまいました。主人が論文の翻訳で忙しいかったとか。

この間に、更新されてない記事を何度も見る羽目になった多くの皆さん、ごめんなさい。今日から、また、せっせと書きます。

さて、今日は新刊書の紹介です。

English as a Multicultural Language in Asian Contexts: Issues and Ideas

本名先生の新刊書という本です。日本を代表するアジア英語研究の第一人者、本名信行氏による著書で、タイトルが示すように、アジアの様々な国や地域で使われている英語について書かれたものです。小学校、中学校、高等学校、大学などで英語教育に携わっている方、あるいはこれから英語の教員を目指す方にはおススメの1冊です。(主人の論文の引用もチラッと入ってます。)

それじゃあ、また。Mya you tomorrow.

Weekend Guest (55人目) : インドの英語

Hi, 松岡みーです。How are you?

新緑 after さくらさくらが終わり、中庭のテニスコートは新緑に埋もれています。新年度がいよいよスタートしました。みなさんはこの1週間どうでしたか。みぽこの主人は講義の初日の連続で、毎日ヘタヘタになって帰ってきていました。

さて、今週も Weekend Guest をお迎えします。今週は、松岡みーのブログ初の外国人ゲストです。主人と同じ大学で教鞭をとるインド出身のレイ先生です。

最近、周辺にインドの企業と係わる人が急に増えてきました。商社やIT関連の人たちです。インド人というと英語はネイティブのようでノン・ネイティブのようではっきりしない部分が多いかと思います。 Let's read and find it out!!

今週の Weekend Guest : English in India _______________

レイ先生                  D. Ray

Hello everyone. I’m D. Ray from
India and I’m a colleague of Mr.
Matsuoka. I’m thrilled that he asked me to be the guest column writer
this time. As you are presumably
English learners or at least somehow interested in English, I’d like to take this opportunity to give you a rough idea of ‘English in India’.

English for Intra- and International Communication

Learning English in India is very important for different reasons.
One of them is, as India is the home of several different
languages, English serves as the language for communication
within the country. Obviously, it is the language for international
communication as well. For business, for education, for job, for all
the important things in life, English plays an important role in India.

Code Switching

English is in the air in India. English being used in the surrounding environment, before starting any kind of formal education, the
children start inhaling it ! Indian people often code switch between
the languages they know. They primarily use their mother tongue
and/or the local language/s, with some English words and/or
phrases included. If they do not know a word in one of the
languages, they use the other. Since others around know both/all
of those languages, it does not break down the communication. In the case where people do not have a common language, they take refuge in English.

A Lot of Exposure to English

In India, there is a lot of exposure to English. English movies, for
children or for adults, are watched in English usually, that means
no subtitles or dubbings included. It is the same in the case with
books. Most of the English books are read without getting
translated. Their contribution to the English fluency of the people of India is questionable. It does not mean everyone can understand
everything from the beginning and there is a possibility that some
people might left behind forever, but that is how it works there.
Some people might be totally fluent in English, some other might
be staggering behind based on their level and standard of
education and the environment.

Still a Foreign Language for Some People

Where there is almost exclusive use of English, some people
might simultaneously give the gist of it in the local language for the sake of other people. At the same time, some people might
deliberately use English to show off. Whereas there is virtually no monolingual English speaker in Indian population, there might be some people with just one local language, unable to communicate in anything else, but their mother tongue. For these groups English might still be a foreign language which might cause a great deal of grief for them.

Borrowing Another 'Voice'

There is a tendency in India to use English in different unpleasant situations. There might be cases where people use English or it
would be unacceptable in Indian culture. People often use it to
complain, to scold or to swear, somewhat like borrowing another
‘voice’ to assert authority or to express approbation, which
appears to be more appropriate in India. Even in case of young
couples talking about something as innocent as love, English
might step in. Might sound funny as it is, almost no Indian would
ever utter the phrase ‘I love you’ in any Indian language, but
English!

Well, I guess I should stop before you all start hating me! If you
still like to know more about English in India, maybe in the near
future, with the permission of Mr. Matsuoka, I will be writing again
for you. Till then go on with your English.
____________________________________________________

レイ先生、さんきゅうでした。
インドの英語事情にだいぶ明るくなりましたね。

それじゃあ、インドに関係ある人もない人も、Have a GREAT weekend !!

衛星放送 : 昨日はバレンタインでしたか

Hi, 松岡みーです。How are you?

昨日は St. Valentine's Day だったんですね。みぽこにも主人にもすっかり縁がなくなりましたので、ただの2月14日でしたが。

World News Hour - AsiaNHKの衛星放送1の 「ワールドニュースアワー・アジア」 を見ていましたら、このバレンタイン、最近では、中国やタイ、ベトナムでも若い男女の間で盛んになってきたんですね。中国では英字新聞でラップされたバラの花が今年は人気だったとか。

衛星放送では世界のニュースが毎日各国から放送されています。受信されている方は是非ビデオにでもとってご覧ください。みぽこの主人のお気に入りは、上に紹介した

「ワールドニュースアワー・アジア」(2ヶ国語) 
   火〜土曜 3:15 – 4:00 a.m.

この番組は、KBS(韓国)、CCTV(中国)、STVN(上海)、ATV(香港)、VTV(ベトナム)、CH9(タイ)、CNA(シンガポール)、ABS-CBN(フィリピン)の順で放送されます。この内、香港のATV、シンガポールのCNA、フィリピンのABS-CBNの副音が英語です。また、香港ATVは英語の字幕がつきますので学習向きです。

さっそくビデオに録画予約をしてみては。
Enjoy!

よろず相談 : イギリス人の英語がさっぱり聞き取れない

Hi, 松岡みーです。How are you?

今日のさくら 3.29← 今日のさくら (70%開花)

花見には最高の天気。こんな日に北側の暗い部屋で仕事はしたくない、とみぽこの主人。が、出版社の人たちの顔が部屋の4隅から、出かけるな、出かけるなよ、とささやいています。

さて、昨日、こんな質問がメールで寄せられました。みなさんの参考になるかも知れませんので紹介します。

イギリス人の英語がさっぱり聞き取れない _________

よろずやに質問なんですが、先日ヨーロッパに行ってきました。色々な国に行き、色々な人たちとコミュニケーションをしました。特に、イギリスだったんですが、正直、イギリス人と話していて、聞き取れない、聞き取れてもそれが一体どういう意味なのか理解できないことが多々ありました。でも、ユースホステルなどで出会った他の国の人 (Non-native speaker) の英語はわかりやすく、コミュニケーションも問題なくできました。 この Native と Non-native のギャップをすごく感じました。このギャップを感じてしまうのはなぜでしょうか。そして、このギャップを埋めるためには、今後どのような学習方法を取っていけば良いのでしょうか。自分にとって、このギャップが今後の学習に良い手土産となりました。

加藤
_____________________________

TO : 加藤

国外に出れば必ず何か問題にぶち当たる。これがおもしろいんだよね。

まず、加藤の失策をひとつ指摘すると、イギリス人に、自分に分かるように話させるとこをしなかったこと。世界で最も 「国際音痴」 がイギリス人です。国際場面での英語の使い方を加藤が気づかせるべきだった。速度、表現、語彙の選択等々。

さて、質問の答。

「理解のギャップ」 の理由は3つあります。

Non-native 同士のコミュニケーションは、お互いに初心者マークをつけたドライバーなんです。自分の運転と周囲に気を配りながら慎重にゆっくりと運転します。したがって、双方にとって分かり易い。

Native はアメリカ人であれイギリス人であれ、プロのドライバーです。タクシーの運転手のようにビュンビュンと走りまくります。特に若い連中は向こう見ずな運転をします。一時停止をしなければ、信号無視もする。とても初心者マークのドライバーにはついていけない。(若者の英語より、年配者の英語の方が分かり易かったはずです。)

日本の英語教育のモデルはいつの間にかアメリカ英語100%になってしまっています。どんな教材であれ、ほとんどはアメリカ人が録音しています。もちろん表現もアメリカ英語です。したがって、イギリス人の発音と表現に耳が馴染んでいないんです。

ギャップを埋めるには

慣れしかありませんね。I love Lucy というアメリカのTVドラマで、ルーシー夫妻がロンドンへ行くシーンがありました。ルーシーが通りがかりの人に道を尋ねるのですが、何と言っているのかさっぱり分からない。ルーシー曰く、It'll take more than lifetime to understand their English. (一生かかってもイギリス人の英語は分かりそうにないわ) 文言は正確に覚えていないけど、何かこんなことを言ってました。

おススメ教材

ネイティブの 「生の英語」 の教材を使って耳を慣らすことです。台本をもとに教科書仕立てに録音したものでなく、例えばインタビューや雑談的なトークを収録したものとか。以前にも薦めているかもしれませんが、月刊誌の The English Journal (アルク) なんかはいいかも。イギリス人もよく登場します。また、米国のCBSと並んで英国のBBCのニュースも毎月あります。

松岡
______________________________

Speak easy English, をゴロニャーゴ、しるぶプレ うむ、加藤くんの悩み、よく分かります。 イギリス英語については、今週の Weekend Guest の美奈ちゃんもかなり苦労したようです。慣れるまではどうしようもありません。それまでは、状況が許せば、自分から相手の英語をコントロールすることです。

Will you speak more slowly? (ゆっくりお願いします)
Plain English, please. (平易な英語でお願いします)
With easy words. (簡単な単語で)
I hate to misunderstand or ask you to repeat over and over again.
(誤解や何度も繰り返しをお願いしたくありませんので)

それじゃ、まったねー。

予告:今週の Weekend Guest は、イギリスからの「留学体験(7ヶ月後の私)」です。お楽しみに。
Profile

マッツ

今までの記事
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor 天気
松岡昇の著書
51nRjDhXhiL__SX351_BO1,204,203,200_

『会話力がアップする英語雑談75』(2015年, DHC)


Presentations to Go表紙

Presentations to Go
(2013年 センゲージ ラーニング)


HM7_cover+obi

『英語の壁はディクテーションで乗り越える』
(2011年、アルク)


ここ聞き1
『日本人は英語のここが聞き取れない』ベストセラー
(2003年,アルク)


ここ聞き2
『続 日本人は英語のここが聞き取れない』(2004年、アルク)


TOEICテスト対策よくわかる英文法
『TOEICテスト対策よくわかる英文法』 (2004年、アルク)


2016 仕事英会話まるごとフレーズ


『仕事英会話まるごとフレーズ』 (共著 2016年アルク)


仕事英会話ミニフレーズ 新装版

『まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ 新装版』
(共著、2007年、アルク)


仕事英語ミニフレーズ

まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ―仕事がおもしろくなる!即戦力表現集
ロングセラー
(共著、1992年、アルク)



大学、高校、企業の教科書

2018 Beat Your Best

Beat Your Best Score on the TOEIC Teat (2019年 松柏社)



10 1分間英語プレゼン

『1分間・英語プレゼンテーション』(2017年、松柏社)


12 TOEIC 松柏社

『現スコアから150点アップを実現させるTOEIC総合演習』(2016年、松柏社)


An Intensive Approach to the TOEIC Test

TOEIC 1セメスター用教材
An Intensive Approach to the TOEIC Test(2008年、金星堂)


More Power for the TOEIC Test 金星堂

TOEIC 集中講座、演習用
More Power for the TOEIC Test(2007年、金星堂)


Kick Off for the TOEIC Test

Kick Off for the TOEIC Test ベストセラー
TOEIC対策通年授業用
(2006年、金星堂)


Get Ready for the TOEIC Test

Get Ready for the TOEIC Test ペストセラー
(2005年、金星堂)


初めて聞くニュース英語 入門編

「はじめて聞くニュース英語」
(共著、2003年、アルク)



------ スターの英語 ------

11

『ハリウッドスターの英語4』
(共著、2015年、アルク)


7012074

『ロックスターの英語』
(共著、2012年、アルク)


『ハリウッドスターの英語 3』 (アルク)

『ハリウッドスターの英語3』
共著、2008年、アルク)


ハリウッド2

『ハリウッドスターの英語2』
(共著、2007年、アルク)


ハリウッド1

『ハリウッドスターの英語1』
(共著、2005年、アルク)



--- 通信教育講座教材 ---

js-presen_index_01

『ビジネスプレゼンテーションの英語』(2015、アスク)



--------- 専門書 ---------

41flyEaC-TL__SL500_AA300_

『企業・大学はグローバル人材をどう育てるかー国際コュ二ケーションマネジメントのすすめ』
(共著、2012年、アスク出版)


共生社会の異文化間コミュニケーション

『共生社会の異文化間コミュニケーション』
(一部翻訳、2009年、三修社)



---------- その他 ----------

_SX352_BO1,204,203,200_

『TOEFL ITPテスト 学習スタートブック』
(共著、2013年、Jリサーチ)

_SY498_BO1,204,203,200_

『470点入門TOEIC語彙・イディオム基礎問題集』
(1994年, アルク)



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ