★ 松岡昇の毎日が英語レッスン ★

英語、英語学習、英語教育、国際コミュニケーション、異文化理解などについてテキトーに書きます。記事の下のコメント欄に、ご意見や感想、質問、リクエストなどをお書きください。     

■ 諸言語

たまには他の外国語: イタリア語の本

こんにちは、松岡昇です。今年も残すところ1ヶ月となりました。やり残したことはありませんか。私はやり残してんこ盛り状態です。

51wSAqs7WCL__SL500_
イタリア在住の知人から、 『ゼロからスタート イタリア語(文法編)』 (東城健志著、Jリサーチ出版)という本が送られてきました。毎日、英語ばかり見ている私にとってはとても新鮮で、一気に一晩で読んでしまいました。初心者向けの語学書は、書くのがとても難しいです。どういう順序でどのようにどこまで説明しようかと悩まされます。東城先生のこの本は、その点がよく整理されて書かれていて、「ゼロからスタート」の学習者に優しい仕上がりになっています。これからイタリア語に挑戦、という方にはおススメです。ちなみに、東城先生はイタリアの国立大学(ペルージャ外国人大学)の日本語科で教鞭をとられていますが、お人柄のとても優しい方です。

英語の先生も、たまに他の外国語を

私は車の中に、いつも英語 (アルクの English JournalHearing Marathon Monthly Text) 以外に 2、3の外国語入門書を入れてます。大学の行き帰りに、気が向くと CD をかけながら勉強もどきをします。現在は中国語、スペイン語、フランス語に加え、上のイタリア語教材の CD が入っています。他の外国語に触れると、自分が学習者になりますので、普段気づかない英語学習者の心理が分かったりします。こころをわくわくさせながら新しい教材を開き、課が進むにつれ霧が濃くなり、それより先に進む気力が徐々に削がれ、「ま、いっか」 と投げ出したくなる。しかし、別な方法や教材なら簡単にマスターできるかもしれない、なんて純粋に期待したりします。普段なら 「問題外」 扱いにしている学生の悩みや不安や疑問を、自分自身が感じていることに気づきます。英語漬けになっている英語の先生がた、たまに他の外国語に触れてみてはどうでしょう。Ciao! (マッツ)

国語学者の大野晋氏、逝く

Hi, 松岡みーです。How are you?

国語学者の大野晋氏がきのう亡くなられたそうです (朝日新聞「天声人語」)。たくさんの方が知らないうちに国語辞典や古語辞典でお世話になったはずです。

大野晋、『日本語練習帳』みぽこの主人が最近(?)といっても8年前ですが、読んだ本に 『日本語練習帳』 (岩波新書) というのがありました。その一節にこんなくだりがあります。

「親分、ポリの野郎が来やがりましたぜ」 といえば、泥棒の子分が親分に対して 「ポリの野郎」 と警官を侮蔑的に扱っている。それとともに 「......ましたぜ」 といって、親分に敬意を忘れません。日本語社会の成員は、たえず相手が自分をどう見ているか、上か下か、遠いか近いかと神経をまわしています。

実に例文がいいですね。日本語を通じて 「日本とは何か」 を生涯かけて追求した研究者でした。ご冥福をお祈りします。

Weekend Guest (10人目) : アメリカでの日本語教育

Hi, 松岡みーです。How are you?  心配された週末の天気も好転し、今日は、墓参り日和ですね。

さて、今日は、お楽しみ Weekend Guest の10人目で、Etsuko さんに、テキサス州のダラスから 「アメリカでの日本語教育」 をレポートしていただきます。

今週の Weekend Guest : アメリカでの日本語教育 _____

                     Etsuko (日本語教師、ダラス在住)

Howdy! I’m from Texas. Nice to meet y’all.

この挨拶、 Country Music でお馴染みの Willie Nelson の声だと、テキサス風の英語になります。今日はちょとだけ私の住む Dallas と日本語教育の話をします。

Lone Star
テキサス州のニックネームは一つ星の州旗にちなんで、Lone Star です。その昔オバケのキュウタロウという漫画にドロンパというキャラクターが出ていましたが、皆さんご存知でしょうか。彼の胸にも Lone Star がありました。この旗は星条旗といっしょによく見かけます。

The Six Floor Museum
Dallas はこの夏も暑く、気温は毎日朝から華氏100度にもあがり、40℃近いわけで、運転席に射す日差しも強く日焼け止めをしっかりぬって出勤です。ダラスといえば、J.F.K. の暗殺事件を思い出される人も多いと思います。暗殺現場のビルが The Six Floor Museum として博物館になり、当時のアメリカ社会の模様を詳細に伝えています。

L.B.J.
ダラスを東西に走る高速にL.B.J.というニックネームがついていますが、誰だかわかりますか?

私が日本語教師になってから、今年で16年目です。アメリカでの日本語学習ブームは日本の経済発展とともに1980年代に起こり、各地の大学でコースが開設されました。やがて日本語を学ぶことのベネフィットを考慮した教育熱心な親達にサポートされ、高校から小学校まで日本語学習が広がっていきました。最近の若い学生の日本語学習の動機には、日本のゲームやアニメ、ポップカルチャーに対する強い興味が影響しているようです。Dr. Susan Napier という人が 「アニメの価値観」 と呼べるようなものに対する西洋ファンの反応についてという内容のおもしろい考察をしています。

2003年のThe Japan Foundation の調べによると、全米の1274校の教育機関で、約13万人の学生がいるということでした。テキサス州では やはり圧倒的にスペイン語学習者が多いのでが、”less-commonly-taught language” といえども、州の日本語教師会に約40名の教師が参加しており、日本語学習者とともに頑張っています。今、私たち日本語教師の間では2つのことが話題になっています。一つは第1回目の AP Japanese Exam が2007年5月に実施されること。もう一つは、アメリカで中国への関心が高くなり、中国語学習をカリキュラムに組む小中高の教育機関が増えてきたことです。いろいろな意味で自分の仕事について考えさせられます。

外国語教育の指針について、1999年に出版された「21世紀の外国語教育のスタンダーズ」という本で、Communication, Cultures, Connections, Comparisons, and Communities というキーワードを使って学習目標を提示しています。Cultures はProducts, Practices, Perspectives がその内容となります。 外国語教育の中の1言語日本語として、アメリカの生徒達にどんな寄与ができるのだろうか。学生達に習いたいと思わせる魅力を日本語は日本文化は継続できるのか。教師として私はどうやって力をつけようか。そんなことをちょっと年度の初めに思いました。

ダラスで私の生徒達が目にする日本といえば、日本の車、本屋の少年ジャンプ英語版、スドクというパズル、ポケモンや遊戯王やゲーム、テレビで放映されている忍者なるとやクレヨンしんちゃん、スーパーでみかける EDAMAME, TOFU, SUSHI、結構ある日本食レストラン、ラムネとポッキー。空手、剣道、合気道の教室、マリナーズのイチロー選手。さて、皆さんはどんな日本を世界に向けて発信したいですか。(Etsuko)
______________________________

Etsuko さん、ありがとうございました。

社会言語学の第一人者、鈴木孝夫氏は 『武器としてのことば』 (1985、新潮社) の中で、「(日本が)非武装平和主義の旗をかかげている現在、... 広報の重要性は軍事力に匹敵する。自分の国を他国に正しく伝え、理解と共感を得、好意をもってもらえれば、安全保障に役立つ。... 日本人は今こそ、ことばを武器と考え、国家的な見地からの言語情報に関する総合戦略を打ち建て、巨額の国費を投じるべきだ」 と主張しています。軍備ではなく、ことばによる平和の構築構想です。

その具体的な行動のひとつに、世界の多くの人々に日本語を紹介していくことが述べられています。日本政府は、海外での日本語教育にもっともっと助成金を投じ、世界における日本語の普及と日本文化の理解を促進すべきだと思います。Etsuko さん、頑張ってください。

それじゃあ、みなさん、Have a nice weekend!!

Weekend Guest (5人目) : 日本語を世界の人々へ

Hi, 松岡みーです。How are you doing? 

今日は、お楽しみ Weekend Guest の5人目で、風見さんに登場していただきます。風見さんは、日本語、ドイツ語、英語を自由に使いこなす、いわば 「トリリンガル」 です。現在、大学院で日本語教育の研究に没頭中。論文作成に忙しい最中、無理を言ってお願いしました。それでは、Enjoy!!


今週の Weekend Guest (5人目): 風見さん _______

            新隠居主義 〜言葉の旅へ〜

風見さんドイツ3
▽ 団塊の世代

この間テレビを見ていたら、北野タケシが来年還暦なんだって。そうか、もうそんな時代になったんだ、と感慨深く見ていたら、考えてみれば僕もタケシと同い年だ。1947年、昭和二十二年生まれ、つまり戦後のベビーブームの生まれなのだ。そんな話をすると若い女の子から 「あっ、それってダンコンの世代ですよね」 って何度か言われたことがある。お嬢さん、人前でそんなはしたない言葉を言っちゃいけない、それは団塊(だんかい)って読むんだよ、と言いたいが、恥ずかしいのと、馬鹿馬鹿しいのとで訂正はしないことにしている。日本語は大丈夫か。

ということで僕も来年、六十歳になるらしい。今は東京近郊の大学の大学院に通っている。専攻は外国語研究科日本語教育専攻という長たらしい名前だが、要は日本語教育の研究をするところだ。数年前に会社をリタイアして日本語教師養成機関で学んだ後、日本語教育能力検定試験を経て大学院に入った。正直言って、大学院と言うところはもっとのんびりしたところかと思っていた。若い院生仲間と毎日飲み歩いて、たまに勉強する、なんて…。ところがどっこい大学院と言うところは正に 「知の格闘技場」 といってもいいようなところだ。仲間の院生も飲み歩くどころか、毎日目が吊上がっている。一人は入学式の次の日に辞めてしまった。とは言え、大方の授業は教授とマンツーマンのような状態なので面白いことは、面白い。学部の授業もとっているがよく教授と間違えられる。階段教室で大勢の若い人にまぎれて受けていた授業では、前期の最後の授業が終わったとき、講義をしていた教授がツカツカと僕の席にやってきて 「半期の間、熱心にお聴きいただき、ありがとうございます」 と礼を言われた。教壇から見ていつも一人だけ変な学生がまぎれ込んでいるのが気になっていたのかもしれない。

▽ 新隠居主義

僕はずっと長いこと金融関係の会社で主に企画業務や経営管理業務をやっていた。その間、考えてみればビジネスマン冥利に尽きる仕事を多くやらせてもらったと思っている。特に今から18年位前に、さる大手の電機メーカーとプロジェクトを組んでさせてもらった仕事は勉強になった。それは来るべき日本の高齢化社会の到来を見つめて新たな事業コンセプトをつくり、新しいビジネスを立ち上げようと言うものだった。結論から言えば、時代が15年位早すぎた感があるのだが、今ならぴったりとくることもあると思う。その時のコンセプトは 「Free Age」 というもので、定年後の人生を前向きに捕らえてゆきたいというものだった。その頃はまだ 「企業戦士」 とか 「モウレツ社員」 とかがもてはやされていて、定年のイメージというと、もう会社にいけないとか、やることがないとか暗いイメージが多かった。それを逆にリタイアーとは義務的労働からFree、子育て等の義務からFreeになるなど 「自由になる年代」 ととらえてそれを実現するビジネスや商品開発をサポートすることを考えた。

結局当時はビジネスには繋がらなかったが、その考え方を僕は今自分の人生で勝手に 「新隠居主義」 と呼んで暮らしの指針にしようとしている。日本にはもともと 「隠居」 と言う制度があった。落語によく出てくる、横丁のご隠居さんや、根岸の里に丁稚一人を連れて庵を構えている隠居まで、その形態は様々であるが、隠遁でもなく現役でもなく社会との程よい距離感をもって暮らしていた人々がいた。もちろん江戸時代のそのままでは現代に合わないところもあるし、体力だって当時の年寄りとは違うかもしれない。しかし、その暮らし方や基本的なスタンスは日本人の考える理想の老後の一つといってもいい様に思える。各々の国にはその国の人々が心地よいと思える伝統的なリタイアー後の姿があるのではないかと思う。ヒルズ族が憧れるように、サンタモニカでクルーザーに乗るばかりが能ではないのだ。何もマネをすることはない。来年から大量に団塊世代の定年族が生れるが、産業界は今てぐすねをひいて、そのマーケットを狙っている。それに踊らされずにどこまで自分なりの 「老いの形」 を作っていけるのか試されてもいると思う。

▽ 心の言葉としての日本語

新隠居主義の指針の一つは生活パラダイムのシフトだ。それは平たく言えばものの判断基準、優先順位のつけ方を 「何をすべきか」 から 「何をしたいか」 に切り替えてゆくことだ。ベキ論に慣らされたサラリーマン時代の垢を落として 「少年の眼差し」 を取り戻すことから始めたい。僕の場合、現役時代からリタイアーしたらやりたいことを50位リストアップしておいたが、その中でも一番強かったのは 「言葉」 に対する興味だ。大学時代はドイツ語を学んだが就職してからは一度も使っていない。しかし頭の中ではいつかはまたちゃんとやってみたいという気持ちがあった。英語についてはちゃんと勉強したのは高校生までで、大学ではドイツ語専攻だったのでほとんど英語はやらずじまいだった。しかし英語が嫌いと言うわけではなかった。大学受験のときはその頃多くの学生がやったように 「赤尾の豆タン」 (僕の使ったのは豆タンの大きいほうの赤い辞書) と呼ばれる受験生用の英和辞書を全部丸暗記した。それ以来三十余年、会社でも英語を使う機会はなかったが、一つだけ30年間続けてきたのは毎日風呂に入った時、その日にあった事や見たものを英語で声に出して言ってみるということをやっていた。なぜそんなことをしたかはよく覚えていないが、英語で日記を書くほどの気力や根性はなかったのだろう。

風見さんOC2
しかし、そのおかげでか先年、大学のオープンカレッジで受けた松岡先生の英語のプレゼンテーションの授業にもなんとかついてゆくことができたように思う。(先生の授業はいつもエキサイティングでした) 今は大学院の授業で言語学の英語の原書を読まされている。これが結構きついのだが 「英語を学ぶ」 から一歩 「英語で学ぶ」 という世界に足を踏み入れたようで、これも楽しい。

英語にしてもドイツ語にしてもバイリンガルではないので悲しいかな頭の中では媒介語としての日本語がいつも行き来している。一方、外国語を勉強するたびに逆に日本語の不思議さや魅力が自分の中で際立ってくる。もっと日本語について勉強したい、もっと日本のことを知りたいというのが今の気持ちだ。母語である日本語の中に自分の故里があるような気がする。今は心の言葉としての日本語に興味が涌いている。

風見さんとネコ2
▽ あらたな社会を目指して

最後に新隠居主義では社会とのつながりを持つ、という点が重要である。僕は今行っている日本語教育の勉強をゆっくりと発展させてゆき色々な面で社会に還元してゆきたいと思っている。日本はこれからどの国も体験したことのない急速な高齢化と少子化の激流に巻き込まれてゆく。それを補うべく、時とともに外国人が職場や我々の日常の世界に増えてゆくはずだ。それは一時、日本人に戸惑いと混乱をもたらすに違いない。今から三十数年前、ドイツにトルコ人労働者が大挙して流入してきた時の混乱を当時ドイツに住んでいた僕は目の当たりにした。その時の影響は今もドイツに色濃く残っている。日本が多様化する価値観をうまく受け入れて行けるのかとても心配なところがある。同時に入ってくる外国人にも日本の言葉と文化を理解してもらわなければ共生は困難になってくる。そのために何かできないか探してゆこうと考えているところだ。(風見)
____________________________

風見さん、ありがとうございました。
実は、風見さんは、下町と猫と落語とジャズをこよなく愛し、エッセイと写真ですばらしいブログを作っていらっしゃいます。時間のあるときにこちらからご覧ください。

それじゃー、みなさん、Have a nice weekend!!
Profile

マッツ

今までの記事
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor 天気
松岡昇の著書
51nRjDhXhiL__SX351_BO1,204,203,200_

『会話力がアップする英語雑談75』(2015年, DHC)


Presentations to Go表紙

Presentations to Go
(2013年 センゲージ ラーニング)


HM7_cover+obi

『英語の壁はディクテーションで乗り越える』
(2011年、アルク)


ここ聞き1
『日本人は英語のここが聞き取れない』ベストセラー
(2003年,アルク)


ここ聞き2
『続 日本人は英語のここが聞き取れない』(2004年、アルク)


TOEICテスト対策よくわかる英文法
『TOEICテスト対策よくわかる英文法』 (2004年、アルク)


2016 仕事英会話まるごとフレーズ


『仕事英会話まるごとフレーズ』 (共著 2016年アルク)


仕事英会話ミニフレーズ 新装版

『まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ 新装版』
(共著、2007年、アルク)


仕事英語ミニフレーズ

まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ―仕事がおもしろくなる!即戦力表現集
ロングセラー
(共著、1992年、アルク)



大学、高校、企業の教科書

2018 Beat Your Best

Beat Your Best Score on the TOEIC Teat (2019年 松柏社)



10 1分間英語プレゼン

『1分間・英語プレゼンテーション』(2017年、松柏社)


12 TOEIC 松柏社

『現スコアから150点アップを実現させるTOEIC総合演習』(2016年、松柏社)


An Intensive Approach to the TOEIC Test

TOEIC 1セメスター用教材
An Intensive Approach to the TOEIC Test(2008年、金星堂)


More Power for the TOEIC Test 金星堂

TOEIC 集中講座、演習用
More Power for the TOEIC Test(2007年、金星堂)


Kick Off for the TOEIC Test

Kick Off for the TOEIC Test ベストセラー
TOEIC対策通年授業用
(2006年、金星堂)


Get Ready for the TOEIC Test

Get Ready for the TOEIC Test べストセラー
(2005年、金星堂)


初めて聞くニュース英語 入門編

「はじめて聞くニュース英語」
(共著、2003年、アルク)



------ スターの英語 ------

11

『ハリウッドスターの英語4』
(共著、2015年、アルク)


7012074

『ロックスターの英語』
(共著、2012年、アルク)


『ハリウッドスターの英語 3』 (アルク)

『ハリウッドスターの英語3』
共著、2008年、アルク)


ハリウッド2

『ハリウッドスターの英語2』
(共著、2007年、アルク)


ハリウッド1

『ハリウッドスターの英語1』
(共著、2005年、アルク)



--- 通信教育講座教材 ---

js-presen_index_01

『ビジネスプレゼンテーションの英語』(2015、アスク)



--------- 専門書 ---------

41flyEaC-TL__SL500_AA300_

『企業・大学はグローバル人材をどう育てるかー国際コュ二ケーションマネジメントのすすめ』
(共著、2012年、アスク出版)


共生社会の異文化間コミュニケーション

『共生社会の異文化間コミュニケーション』
(一部翻訳、2009年、三修社)



---------- その他 ----------

_SX352_BO1,204,203,200_

『TOEFL ITPテスト 学習スタートブック』
(共著、2013年、Jリサーチ)

_SY498_BO1,204,203,200_

『470点入門TOEIC語彙・イディオム基礎問題集』
(1994年, アルク)



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ