★ 松岡昇の毎日が英語レッスン ★

英語、英語学習、英語教育、国際コミュニケーション、異文化理解などについてテキトーに書きます。記事の下のコメント欄に、ご意見や感想、質問、リクエストなどをお書きください。     

■ イベント

イベントのご案内:「第12回 ALC Learners' Club」

こんにちは、松岡昇です。皆さんは雨は嫌いですか。私は日曜日のテニスが何よりの楽しみですので、日曜の雨はいやですが、それを除けば、けっこう好きです。特に雨の日の読書はいいですね。どこかロマンチックで。もちろん読み物は小説に限ります。

さて、アルク主催のイベントが7月21日(日)に開催されます。ゲストとして私がワークショップを行います。今回は「リスニングから議論できる英語へ」をテーマに行います。「ひとりディベート」 なんていう学習法も紹介します。楽しいですよ。興味のある方は、こちら「第12回 ALC Learners' Club」から詳細をご覧ください。

雨が好きといえば、Gene Kelly を超える人はいないかも。雨の日に、ミュージカル映画『雨に唄えば』の名場面を思い出す人も少なくないでしょう。
〜 I'm singing in the rain.
Just singing in the rain.
What a glorious feelin'
I'm happy again.
I'm laughing at clouds.
So dark up above.
The sun's in my heart.
And I'm ready for love. 〜

(マッツ)

8th Anniversary: 東日本大震災から8年

こんにちは、松岡です。昨日で震災から8年が経ちました。私の住むさいたま市は幸い大きな被害にはあいませんでしたが、テレビを通じて当時の状況は、8年を経た今でも決して脳裏から離れるものではありません。

NHK World は昨日のニュースでこんなふうに振り返っています。
On March 11, 2011, a magnitude-9 earthquake struck, generating a tsunami more than ten meters tall. Nearly 16,000 people died and more than 2,500 others remain missing.

亡くなられた方や遺族の方々のことを思うと目頭が熱くなります。深く哀悼の意を表すとともに、被災されたすべての方々に心からお見舞い申し上げます。(マッツ)


今週の土曜日、セミナーでおしゃべりします。英語に興味ある方はどなたでも、どうぞ気軽にご参加ください。
セミナーのご案内
第10回 ALC Learners' Club のセミナー
開催日:2019年3月16日(土)11:00〜16:00
会場:御茶ノ水トライエッジカンファレンス

セミナーのご案内:ALC Learners' Club 3月16日(土)

こんにちは、松岡昇です。今年も早1カ月が過ぎて、今日から2月。Time really flies! 寒い日が続きますが、お変わりありませんか。I hope all is well with you.

今日はセミナーのご案内です。アルクが定期的に開催してる ALC Learners' Clubのセミナーで、どなたでも参加できます。英語学習の刺激を受けたい、そんな方のためのセミナーですのでお気楽にご参加ください。

今回は私の他にもう一人ゲストを加えて、Talk Show, Workshop, Lecture と3本立ての内容です。パートナーのケイティ(Katie Adler)さんは、NHKのテレビ(リトル・チャロ)やラジオ(英会話、Radio Japan)やWeb (NHK World) で活躍されている声優さん(voice over artist)であり、英会話コーチでもあります。

詳細とお申し込みはこちらから。
第10回 ALC Learner's Club のセミナー
開催日:2019年3月16日(土)11:00〜16:00
会場:御茶ノ水トライエッジカンファレンス

お誘いあわせの上、奮ってご参加ください。Come join us!
会場でお会いしましょう。(マッツ)

セミナーのご案内(11月17日):使える語彙力をアップ

こんにちは、松岡昇です。

英語を話すには、3,000語くらいの語彙がサッと口から出てくるようだと楽ですね。3,000語というのは覚えるのに大変な数ではありません。私たちのほとんどが高校2年生くらいまでに経験している語彙ですから。ただ、「使えるように」 することを考えると、幾つかの工夫が要ります。

11月17日(土)に出版社アルクの主催で、そんな語彙力アップのセミナーをやります。題して、「ボキャビル:聞いて、覚えて、使って、定着」 。参加者のみなさんと一緒にその実際をやっていこうというものです。楽しいですよ。是非、ご参加ください。
詳細と申し込みはこちらからです

第8回 ALC Learners' Club
11月17日(土) 11:00 - 16:00
会場:アーバンネット神田カンファレンス
ゲスト:松岡昇(13:00 - 15:00)「聞いて、覚えて、使って、定着」

会場でお会いしましょう。(マッツ)

イベントの案内:「リスニングと文法」

こんにちは、松岡昇です。

今週の土曜日に、出版社アルク主催のこんなイベントをやります。
「リスニングと文法:秒速3ワードの文法力」
興味のある方はどうぞ。

マッツ

研究会のご案内

こんにちは、松岡昇です。私の所属するNPO法人で下記のような研究会を開催します。参加希望される方は名前と所属をお書きの上、松岡 nbmatsuoka@ybb.ne.jp までメールでお知らせください(6月7日まで)。

第25回 国際コミュニケーションマネジメント研究会

日時:2018年6月9日(土)午後2時 – 4時30分
会場:青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング(株)会議室
アクセス http://www.aogaku-hicon.jp/access.shtml
会費(資料代):一般500円、学生200円、GHIA会員無料
共催:青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング(株)
NPO法人グローバル・ヒューマン・イノベーション協会(GHIA)

―――――――― プ ロ グ ラ ム ―――――――――――

1.「Japan-India Institute for Manufacturing ― インドに於けるものづくり人材の育成」
------- 松岡 昇(GHIA 理事、獨協大学 非常勤講師)
2.「ICTツールを使ったビジネスコミュニケーション ー 権力、専門性、文化を横断するプロジェクト運営」
------- 武富拓也(明星大学 人文学研究科 大学院生) 
------- 田中宏昌(明星大学 教授)

- - - - - - - - - - - - -  休憩(Coffee Break) - - - - - - - - - - - - - - -

3.「ブータンの教育制度 ー 教育言語としての英語」
------- 橋内武 (桃山学院大学 名誉教授)
------- 加藤三保子 (豊橋技術科学大学 教授)
------- 齋藤智恵 (帝京大学 准教授)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お待ちしております。(マッツ)

ご案内:国際コミュニケーションマネジメント研究会

こんにちは、松岡昇です。うむー、オリンピックの盛り上がりがすごい!女子パシュートは事前にドキュメンタリー番組を見ていただけに、感動がひとしおです。

さて、研究会の案内です。私の所属するNPO法人グローバルヒューマンイノベーション協会と青山学院ヒューマンイノベーションコンサルティング株式会社が共催する、第24回国際コミュニケーションマネジメント研究会のご案内です。参加希望の方は、松岡昇まで 「研究会参加希望+お名前+ご所属」 を添えてメール
(nbmatsuoka@ybb.ne.jp)でお申し込みください。下記のプログラムにご興味がある方はどなたでも歓迎です。

 第24回 国際コミュニケーションマネジメント研究会 

日時:2018年3月10日(土)午後2時 – 5時
会場:青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング(株)会議室
アクセス http://www.aogaku-hicon.jp/access.shtml
会費(資料代):一般500円、学生200円、GHIA会員無料
共催:青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング(株)
   NPO法人グローバル・ヒューマン・イノベーション協会(GHIA)

―――――――― プ ロ グ ラ ム ―――――――――――

司会: 近藤由紀子(オフィスミュゲット 代表)
ご挨拶: 竹下裕子(GHIA理事長、東洋英和女学院大学 教授)

1.「何のために言葉(英語)を学ぶのか?⇒異文化理解⇒世界平和」
------- 浜地道雄(一般財団法人グローバル人材開発 顧問)
2.「国際協力業界の実状と人材確保の為に必要なコミュニケーションデザイン」
------- 田中信行((株)国際開発ジャーナル社 企画営業部)

- - - - - - - - -- - - - -  休憩(Coffee Break) - - - - - - - -- - - - - - - -

3.「メディアから読み取れないミャンマー」
------- 中田健吾(LB JAPAN(株)代表取締役、財団法人未来工学研究所 特別研究員)
4.「大学英語教育プログラムにおけるICM(国際コミュニケーションマネジメント)」
------- 小田眞幸(玉川大学文学部 教授)

閉会の辞: 三宅ひろ子(GHIA副理事長、昭和女子大学 専任講師)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お時間と興味のある方は、是非、ご参加ください。(マッツ)

「国際コミュニケーションマネジメント研究会」のお知らせ

こんにちは、松岡昇です。すっかり秋めいてきました。出遅れたセミが2,3匹、近くで鳴いていますが。

私が所属する NPO法人グローバ・ルヒューマン・イノベーション協会と青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング蠅共催する研究会のお知らせです。今回で第23回を迎える研究会ですが、下記の日程と内容で開催いたします。ご興味のある方は、是非ご参加ください。参加を希望される場合は、研究会担当:松岡昇 nbmatsuoka@ybb.ne.jp まで、氏名とご所属をお書きの上、メールでお申し込み下さい。

第23回 国際コミュニケーションマネジメント研究会

日時:2017年10月14日(土)午後2時 – 5時
会場:青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング
    会議室
    アクセス http://www.aogaku-hicon.jp/access.shtml
会費(資料代):一般500円、学生200円、GHIA会員無料
共催:青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング        
    NPO法人グローバル・ヒューマン・イノベーション協会
   (GHIA)
――――――-------- プ ロ グ ラ ム ―――――――――
ご挨拶 --- 竹下 裕子(GHIA理事長、東洋英和女学院大学 教授)

1.「ASEAN地域における工場従業員のコミュニケーションツー
  ル」
  榎本 勇太(早稲田大学リサーチアシスタント)
2.「パプアニューギニアにおける多言語コミュニケーションの実情
  ー 開発コンサルティングの視点から」
  高梨 直季(蠅いはつマネジメント・コンサルティング 国際ビジ
  ネス支援部)
3.「ダイキン工業のグローバル人材開発の現状 ー 語学研修以
  外をメインに」
  山田 立人(ダイキン工業 イングリッシュサポートセンター)

- - - - - - - - - - - - - -  休憩(Coffee Break) - - - - - - - - - - - - - - -

4.「日韓コミュニケーション − 不思議なカルチャーを乗り越えて」
  李 淑(昭和女子大学 総合教育センター 准教授)
5.「国際経営がもたらす英語事情と英語教育の有り様」
  辻 和成(武庫川女子大学 教授)
  ※本テーマの研究調査成果データ(128頁)を配布予定

閉会の辞 --- 三宅 ひろ子(GHIA副理事長、昭和女子大学 専任
         講師)
-----------------------------------------------------------------------------------

互いに学び合い交流しましょう。楽しいですよ。(松岡)

研究会のご案内

こんにちは、松岡昇です。今度の日曜日に、私の所属するNPOが研究会を開催します。興味のある方は、下のコメント欄をクリックし、 「参加希望」 +名前・所属 を書いてください。気楽にご参加ください。

第22回 国際コミュニケーションマネジメント研究会

日時:2017年6月11日(日)午後2時 – 5時30分
会場:青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング(株)会議室、アクセス http://www.aogaku-hicon.jp/access.shtml
会費(資料代):一般500円、学生200円、GHIA会員無料
共催:青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング(株)
   NPO法人グローバル・ヒューマン・イノベーション協会(GHIA)

――――――----- プ ロ グ ラ ム ―――――――――――
1.Content Analysis of Consumer-Generated Media (CGM) in Tourism: Different Concerns between Japanese and Chinese Online Tourists
Li, Meng(明星大学 大学院)
2.Conversation Analysis of Overtime Talk among Japanese White-collars
Zhong, Xiaohui(明星大学 大学院)
3.「『中国語少し通じます商店街』プロジェクトの試み」
根本 晃(ディラ国際語学アカデミー)
4.「日本語学習番組 “Japan-easy”の監修報告〜『見えない視聴者』と放送局を繋ぐために」
荒川 洋平(東京外国語大学 教授)
-------------------------------------------------------------------------------------

みなさんのご来場をお待ちしております。(マッツ)

イベントのお知らせ:大学生、大学院生へ

こんにちは、松岡昇です。大学生、大学院生向けのイベントのお知らせです。以下、グローバル・サミット・オブ・ウィメン東京大会実行委員会からのお知らせを貼り付けます。

----------- グローバル・サミット・オブ・ウィメン東京大会 -----------
ユースフォーラム聴講生(無料招待)の募集について


2017年5月「グローバル・サミット・オブ・ウィメン東京大会」ユースフォーラムに学生の皆さんを無料でご招待いたします。参加を希望する方は、以下の要領で申込を行ってください。

グローバル・サミット・オブ・ウィメン東京大会とは
グローバル・サミット・オブ・ウィメン(以下GSW)とは、先進国から新興国まで世界90カ国以上のビジネスリーダーや閣僚など世界的な女性リーダー約1200人が集う、世界有数の国際女性会議です。27回目となる今年は東京で開催を行います。
東京大会には、国際通貨基金(IMF)の専務理事クリスティーヌ・ラガルド氏やフィリピン副大統領Leni Roberedo氏、ベトナム国家副主席Dang Thi Ngoc Thinh氏など各国の首脳が参加する他、日本からは東京五輪担当大臣丸川珠代氏、参議院議員森まさ子氏、東京都知事小池百合子氏、BTジャパン代表取締役吉田晴乃氏、カルビー代表取締役会長松本晃氏など、総勢80名以上の豪華なゲストが登壇致します。今回は特に若い世代に注目し、ゲームやアニメーション、ファッションの世界で活躍する方々の招聘も予定されています。
 
ユースフォーラムとは
若い人たちを対象とした、GSWのフォーラムの一つです。オーストラリアや日本などグローバルに活躍する女性起業家、女性技術者が登壇し、若い世代におけるSTEMの可能性と重要性について議論します。申込を行った学生は無料で聴講が可能です。男女に関わらずお申し込みできます。

ユースフォーラムの主な登壇者
Marita Cheng 2Mar Robotics代表取締役社長
オーストラリアに本拠を置く、生活応援型のロボット構築を目指す2Mar Robotics社より、創業者であり代表取締役社長のマリタ チャン氏が登壇されます。
マリタ チャン氏は同社以外にも視覚障害者のためのiPhoneアプリを作るAipol社を経営しており、2012年にはオーストラリアを代表する栄誉である「ヤング・オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた事でも注目されています。http://aubot.com/
Chika Tsunoda エニタイムズ(株)代表取締役社長
日本に本拠を置く、新しいご近所お手伝いコミュニティを提供するエニタイムズ社より創業者で代表取締役社長の角田千圭氏が参加します。
同社は、日常のちょっとした困りごとを気軽に依頼したい人と、空いた時間にスキルを活かして仕事をしたい人をつなげるマーケットプレイスを開発・運営しています。https://anytimes.co.jp/
Evelyne Raby  Cybelangel代表取締役社長
フランスに本拠を置くITセキュリティーを提供する Cybelangel 社より最高執行責任者である エベリン ラビィ氏が参加します。
Cybelangel社は、インターネット上でデータ漏洩の検出サービスを提供しており、顧客に悪影響を与える可能性のある脅威をリアルタイムで検出する事を特徴としています。https://www.cybelangel.com/
司会進行役 Wendy Lewis (ウェンディ ルイス)
マクドナルド社 (米国) グローバル ダイバーシティー&インクルージョン担当役員、副社長

開催/応募について
日時:2017年5月12日(金)16:15〜17:00
場所:グランドプリンスホテル高輪会議場
対象:大学及び大学院に在籍中の男女学生(学年・専攻は問いません)(上限200名)
その他:
事前応募者のみ参加可能です。
交通費・宿泊日は自己負担です。
12日のユースフォーラムのみ参加無料です。それ以外の分科会や晩餐会など参加希望の場合は、別途参加費をお支払い頂きます。
エントリー後大会事務局から送付されるネームカードを帯同してください。
基本使用言語は英語(日本語通訳付き)です。
応募期限:2017年3月31日(金)まで
応募方法:以下のアドレスより必要事項を回答のうえ、応募登録を行ってください。
      https://goo.gl/DtivUl
  ※原則として先着順とし、定員に達し次第締めきりとさせて頂きます。

参加可否:参加が可能な方には4月上旬に事務局より参加通知と参加方法の詳細を、回答頂いた連絡先メールアドレス宛に送付いたします。
問合せ先:2017GSW東京大会実行委員ユースフォーラム担当 gswyouth@2017tokyo.jp
 
Profile

マッツ

今までの記事
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor 天気
松岡昇の著書
51nRjDhXhiL__SX351_BO1,204,203,200_

『会話力がアップする英語雑談75』(2015年, DHC)


Presentations to Go表紙

Presentations to Go
(2013年 センゲージ ラーニング)


HM7_cover+obi

『英語の壁はディクテーションで乗り越える』
(2011年、アルク)


ここ聞き1
『日本人は英語のここが聞き取れない』ベストセラー
(2003年,アルク)


ここ聞き2
『続 日本人は英語のここが聞き取れない』(2004年、アルク)


TOEICテスト対策よくわかる英文法
『TOEICテスト対策よくわかる英文法』 (2004年、アルク)


2016 仕事英会話まるごとフレーズ


『仕事英会話まるごとフレーズ』 (共著 2016年アルク)


仕事英会話ミニフレーズ 新装版

『まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ 新装版』
(共著、2007年、アルク)


仕事英語ミニフレーズ

まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ―仕事がおもしろくなる!即戦力表現集
ロングセラー
(共著、1992年、アルク)



大学、高校、企業の教科書

2018 Beat Your Best

Beat Your Best Score on the TOEIC Teat (2019年 松柏社)



10 1分間英語プレゼン

『1分間・英語プレゼンテーション』(2017年、松柏社)


12 TOEIC 松柏社

『現スコアから150点アップを実現させるTOEIC総合演習』(2016年、松柏社)


An Intensive Approach to the TOEIC Test

TOEIC 1セメスター用教材
An Intensive Approach to the TOEIC Test(2008年、金星堂)


More Power for the TOEIC Test 金星堂

TOEIC 集中講座、演習用
More Power for the TOEIC Test(2007年、金星堂)


Kick Off for the TOEIC Test

Kick Off for the TOEIC Test ベストセラー
TOEIC対策通年授業用
(2006年、金星堂)


Get Ready for the TOEIC Test

Get Ready for the TOEIC Test ペストセラー
(2005年、金星堂)


初めて聞くニュース英語 入門編

「はじめて聞くニュース英語」
(共著、2003年、アルク)



------ スターの英語 ------

11

『ハリウッドスターの英語4』
(共著、2015年、アルク)


7012074

『ロックスターの英語』
(共著、2012年、アルク)


『ハリウッドスターの英語 3』 (アルク)

『ハリウッドスターの英語3』
共著、2008年、アルク)


ハリウッド2

『ハリウッドスターの英語2』
(共著、2007年、アルク)


ハリウッド1

『ハリウッドスターの英語1』
(共著、2005年、アルク)



--- 通信教育講座教材 ---

js-presen_index_01

『ビジネスプレゼンテーションの英語』(2015、アスク)



--------- 専門書 ---------

41flyEaC-TL__SL500_AA300_

『企業・大学はグローバル人材をどう育てるかー国際コュ二ケーションマネジメントのすすめ』
(共著、2012年、アスク出版)


共生社会の異文化間コミュニケーション

『共生社会の異文化間コミュニケーション』
(一部翻訳、2009年、三修社)



---------- その他 ----------

_SX352_BO1,204,203,200_

『TOEFL ITPテスト 学習スタートブック』
(共著、2013年、Jリサーチ)

_SY498_BO1,204,203,200_

『470点入門TOEIC語彙・イディオム基礎問題集』
(1994年, アルク)



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ