★ 松岡昇の毎日が英語レッスン ★

英語、英語学習、英語教育、国際コミュニケーション、異文化理解などについてテキトーに書きます。記事の下のコメント欄に、ご意見や感想、質問、リクエストなどをお書きください。     

■ 言語学

英語:単音節語が多い言語 ー 聞き取りにくい

こんにちは、松岡昇です。

ちょっと新しいことを知りました。英語のリスニングが難しい理由です。『英語の歴史から考える英文法の「なぜ」』(朝尾幸次郎著、大修館)にこんな記述があります。「英語で最もよく使われる単語500語を見ると、単音節語は400語、なんと8割に」のぼるということです。

音節 (syllable) とは、母音を中心とした音のまとまりの単位で、 1 音節内には母音が 1 つだけ含まれています (二重母音などは例外)。 その母音の前後に子音が加わって1 音節をつくります。つまり、単音節語とは1音節でできている語のことで、cat, dog, car, train, come, go, eat, drink, sleep などは全て単音節語です。

language, communication, dictionary, understand, important などの複数の音節から成る単語に比べ、 単音節語は音声としての情報量が少ないため、当然その分、聞き取りが難しいというわけです。なるほど ...

上記の本は、「なるほど」と思わせる内容が多く、おススメの一冊です。(マッツ)

日本人にとって「遠い英語」

こんにちは、松岡昇です。昨夜の新潟の地震、被害が少ないといいのですが。私は今、長野に向かう新幹線に乗っています。大きな地震の後はやはりちょっと不安ですね。

新幹線の中でちょっと時間がありますので、Language Distance について書きます。アメリカの国務省が職員を海外に派遣する際、現地語の研修をやりますが、現地語によって研修時間が大きく変わります。日本語にはスペイン語などの約4倍の研修時間が組まれています。

英語 −−− スペイン語(600時間)
英語 −−−−−−−−−−−− 日本語(2,200時間)

この資料は Language Distance (言語間の距離)の話をする時に時々引用しています。アメリカ人にとって日本語は 「最も遠い」 言語であることを物語っているように思えます。このことは裏返せば、私たち日本人にとっても英語は 「遠い言語」 と言えそうですね。

マラソンのつもりで、気合を入れて走り続ける覚悟が必要です。近道をあれこれ探したくなる気持ちは分かりますが、驚くほど楽な近道などありません。(マッツ)

ことばの宿命:あいまいな文

こんにちは、松岡昇です。

「ことばの宿命」の続きです。ことばは書くにしても話すにしても、「一列」 にしか単語を並べることができません。このためいくら文法的に正しく表現しても、私たちが書いたり話したりする文は、その意味がしばしばあいまいになります。大津幸雄先生は 『探検!ことばの世界』(NHK出版)の中で、こんな文を作って説明していますので紹介しましょう。

「健太郎は自転車で逃げた泥棒を追いかけた」
問1:「自転車に乗っているのはどっち?」

「茶色い目の大きな犬を飼っている宇宙人」
問2 「茶色いのは何?」
問3 「大きいのは何?」

Old men and women came over.
問4:old なのは?

正解
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

 正解
問1の答:自転車に乗っているのは、「健太郎」又は「泥棒」
問2の答:茶色いのは、「犬の目」、「宇宙人の目」、「犬の体」又は「宇宙人の体」
問3の答:大きいのは、「犬の目」、「宇宙人の目」、「犬の体」又は「宇宙人の体」
問4の答: old なのは men and women,又は men だけ

工夫によってある程度、あいまいさを回避することはできますよね。例えば1であれば、「健太郎は、自転車で逃げた泥棒を追いかけた」、「健太郎は自転車で、逃げた泥棒を追いかけた」、あるいは、「健太郎は逃げた泥棒を自転車で追いかけた」 のようにしたり、4であれば old man and
old women とか women and old man のようにすればあいまいさがなくなります。

いずれも「修飾」という文法の限界です。
ことばはおもしろい。(マッツ)

ことばの宿命:文構造;文法だけでなく文脈も(解答解説)

こんにちは、松岡昇です。日曜日に出題した問題の解説です。

次の日本語を読んで質問に答えてください、という問題でした。

「私の大好きな道子のお母さんのカレーライス」
問題:「私が大好きなのは?」

解答:「私が大好きなのは、道子、又は道子のお母さん、又は道子のお母さんのカレーライス」

解説:みなさん、正解だったと思います。ことばというのは、文字でも音声でも 「一列」 にしか並べられません。従って、話がやや複雑になると、 「決め事」(文法) に従って書いたり話したりしても、正確に伝わるとは限りません。私たちが小学生のとき (いや今でも) 作文で苦労した(している)要因のひとつは、この 「一列」 にしか並べられない 「ことばの宿命」 にあると言えるでしょう。このことは話を聞いたり読んだりする側にとっても同じです。

もし、「私の大好きな道子のお母さんのカレーライス」 の前に、「私は小さいころから道子の家によく遊びに行き、道子のお母さんにとてもかわいがってもらいました。なので、道子のお母さんが大好きでした。そんな」 のような一節があれば、「私が大好きなのは道子のお母さん」 だと解釈できます。

もし、「私の大好きな道子のお母さんのカレーライス」 の前に、「私は小さいころから道子の家によく遊びに行き、夕飯をごちそうになりました。道子のお母さんは料理が上手く、中でもカレーライスは絶品で、三杯もおかわりしました。そんな」 のような一節があれば、「私が大好きなのは道子のお母さんのカレーライス」 だと解釈できます。

和文にせよ英文にせよ正しく読み取ろうとすれば、それは文法だけではなく、文脈にも十分注意を払う必要があるということです。

なぜこんな話をしたかというと ... 次回、詳しくお話します。(マッツ)

ことばの宿命:文の構造:文法だけでなく文脈も

こんにちは、松岡です。How are you doing? 今日は日本語のお話。It's the same with English, though. まずは、次の問題をやってみてください。

次の日本語を読んで問に答えてください。

「私の大好きな道子のお母さんのカレーライス」
問:私が大好きなのは?

考えてください。Talk to you later. (マッツ)

日本「アジア英語」学会での研究発表

こんにちは。松岡昇です。

やっとブログを書く時間が取れました。先週末は学会の全国大会があり、京都に行ってきました。久しぶりの研究発表も無事に終わり、ひと息ついているところです。私の所属しているこの学会は、日本「アジア英語」学会というもので、発足して15年を迎えます。名前の示すとおり、「アジア英語」を研究する研究者の集まりです。

今回の私の研究テーマは、「日本政府の使う英語の可読性(Readability)」でした。これに関連したブログを3月15,16日に書いていますので、興味のある方はそちらをお読みください。

また、日本「アジア英語」学会に興味のある方も公式ホームページにリンクを付けておきますので、クリックしてお読みください。

また近々ブログを更新します。(マッツ)

『英語支配とは何か』 という本

Hi, 松岡みーです。How are you?

11月と言えば読書の秋の真っ只中。今日は本を1冊紹介したいと思います。

75031838『英語支配とは何か』(津田幸男著、明石書店)

9月22日のブログ 「No English, No Job?」 の反響が大きかったため、その関連でこの本を紹介します。ちょっと硬い本ですが、英語を使っている、あるいは、勉強している、あるいは、勉強していた方には、どなたにでも共感できる内容の本です。

著者の津田先生の研究には前々から強い関心を持ってきましたが、昨今の日本人総1億3000万人をあおるような 「話せる英語」 の教育論に若干の不安を感じ、皆さんにもぜひ一読していただきたくご紹介するような次第です。

有料ブログに切り替える?津田先生ご自身にも英語を今後どのように扱っていくかについては、明確な結論が出ていないように見受けられます。ただ、今後、英語教育者をはじめ、英語使用者や学習者が英語をどう扱っていくかを考えるときに、この本はそのベースを与えてくれる良書だと確信します。みなさんで一緒に考えていきましょう。

それじゃあ、みなさん、よい週末を。

ちょっとおもしろい本 : from Hand to Mouth

Hi, 松岡みーです。How was your golden week? Was it golden?

今日は連休の間に読んでいたちょっと面白い本を紹介します。

FC0691116733from Hand to Mouth: the Origins of
Language
(Michael C. Corballis, 2002,
Princeton University Press)

この本は 『言葉は身振りから進化した -- 進化心理学が探る言語の起源』 というタイトルで日本語にも翻訳されています。原書は、若干の専門用語は出てきますが、比較的わかりやすい英語で書かれていますので、チャレンジしてみる価値はあります。

内容は翻訳版のタイトルが示す通りのもので、人間の話すことばについて、言語学や心理学などの知見に基づき、その起源や進化の神秘を解き明かそうというものです。探検小説でも読んでいるような興奮を覚えます。著者は、言語は from hand to mouth, つまり、手(身振り)から口(音声言語)へと進化したと主張しています。

ペーパーバック版なら原書でも3,000円くらいですので、日本語の翻訳版(3,885円)より安価でお得です。from hand to mouth はイディオムで「その日暮らし」という意味もありますので、これをタイトルに含んだ本は幾冊もあります。検索するときには副題にも注意してください。それじゃあ、また。
Profile

マッツ

今までの記事
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor 天気
松岡昇の著書
51nRjDhXhiL__SX351_BO1,204,203,200_

『会話力がアップする英語雑談75』(2015年, DHC)


Presentations to Go表紙

Presentations to Go
(2013年 センゲージ ラーニング)


HM7_cover+obi

『英語の壁はディクテーションで乗り越える』
(2011年、アルク)


ここ聞き1
『日本人は英語のここが聞き取れない』ベストセラー
(2003年,アルク)


ここ聞き2
『続 日本人は英語のここが聞き取れない』(2004年、アルク)


TOEICテスト対策よくわかる英文法
『TOEICテスト対策よくわかる英文法』 (2004年、アルク)


2016 仕事英会話まるごとフレーズ


『仕事英会話まるごとフレーズ』 (共著 2016年アルク)


仕事英会話ミニフレーズ 新装版

『まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ 新装版』
(共著、2007年、アルク)


仕事英語ミニフレーズ

まるごと使える仕事英会話ミニフレーズ―仕事がおもしろくなる!即戦力表現集
ロングセラー
(共著、1992年、アルク)



大学、高校、企業の教科書

2018 Beat Your Best

Beat Your Best Score on the TOEIC Teat (2019年 松柏社)



10 1分間英語プレゼン

『1分間・英語プレゼンテーション』(2017年、松柏社)


12 TOEIC 松柏社

『現スコアから150点アップを実現させるTOEIC総合演習』(2016年、松柏社)


An Intensive Approach to the TOEIC Test

TOEIC 1セメスター用教材
An Intensive Approach to the TOEIC Test(2008年、金星堂)


More Power for the TOEIC Test 金星堂

TOEIC 集中講座、演習用
More Power for the TOEIC Test(2007年、金星堂)


Kick Off for the TOEIC Test

Kick Off for the TOEIC Test ベストセラー
TOEIC対策通年授業用
(2006年、金星堂)


Get Ready for the TOEIC Test

Get Ready for the TOEIC Test ペストセラー
(2005年、金星堂)


初めて聞くニュース英語 入門編

「はじめて聞くニュース英語」
(共著、2003年、アルク)



------ スターの英語 ------

11

『ハリウッドスターの英語4』
(共著、2015年、アルク)


7012074

『ロックスターの英語』
(共著、2012年、アルク)


『ハリウッドスターの英語 3』 (アルク)

『ハリウッドスターの英語3』
共著、2008年、アルク)


ハリウッド2

『ハリウッドスターの英語2』
(共著、2007年、アルク)


ハリウッド1

『ハリウッドスターの英語1』
(共著、2005年、アルク)



--- 通信教育講座教材 ---

js-presen_index_01

『ビジネスプレゼンテーションの英語』(2015、アスク)



--------- 専門書 ---------

41flyEaC-TL__SL500_AA300_

『企業・大学はグローバル人材をどう育てるかー国際コュ二ケーションマネジメントのすすめ』
(共著、2012年、アスク出版)


共生社会の異文化間コミュニケーション

『共生社会の異文化間コミュニケーション』
(一部翻訳、2009年、三修社)



---------- その他 ----------

_SX352_BO1,204,203,200_

『TOEFL ITPテスト 学習スタートブック』
(共著、2013年、Jリサーチ)

_SY498_BO1,204,203,200_

『470点入門TOEIC語彙・イディオム基礎問題集』
(1994年, アルク)



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ