脳内出血の症状・後遺症の最新情報

脳内出血の治療法とは

最近「脳ドック」という言葉ができています。
これはMRIによる脳の精査です。

MRIとは核磁気共鳴画像のことで、寝ているだけでできる検査です。

MRIで脳卒中が起きる前にその兆候を未然に見つけることができます。
その結果、どのような予防をするかアドバイスをしたり、内服薬の処方によって脳卒中を起こりにくくするなどの対処が可能となりました。

このような予防医療が進んだ結果、脳内出血の発症率や死亡率は減ってきています。

ただし、そうわ言っても残念ながら、未だに危険な病気のひとつであることは間違いありません。
今も尚、脳内出血に苦しめられている人は数多くいるのです。


では、脳内出血になってしまったら、どのような治療を行うのでしょうか?
ここでは脳内出血の治療法についてご説明しましょう。

脳内出血になってしまった場合、治療法は大きく3つあります。
それは「開頭手術」「放射線治療」「血管内治療」です。

・開頭手術とは、頭蓋骨の一部分を切除して、直接病気を観察して手術するものです。
・放射線治療とは、手術治療が困難な場合に、放射線治療が行われています。
・血管内治療とは、カテーテルと呼ばれる血管の中を進ませる管を誘導して問題の箇所を小さくする手術です。

そうそう、これ脳内出血で入院された患者さんに起こった事件です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070523-00000002-agara-l30


タグ:           

脳内出血のリハビリテーション

脳内出血において最大の関心事は、リハビリテーションです。

近年の最新医療(MRIやCTスキャンなど)によって、脳内出血の早期発見早期治療を実践できるようになり、死亡率は確実に減ってきています。

そして、次の段階として求められているのが脳内出血によって受けた後遺症を解消・軽減するリハビリテーションです。


近年、リハビリテーションの研究は世界的にも最も重要視されている分野です。

最近の病院では、「リハビリテーション科」などといったリハビリテーション専門のスタッフを揃える病院も増えてきています。

そのような病院では、意識障害や
東洋医学では針や香り漢方などでのリハビリテーションを進める場合があります。

脳内出血のリハビリテーションには大きく分けて、「半身不随などの身体障害に対するリハビリテーション」と「記憶障害、言語障害などに対する認知リハビリテーション」もしくは「神経心理学的リハビリテーション」があります。

音楽などの刺激、関節可動域訓練、呼びかけなどを行う「意識障害のリハビリテーション」や脳外傷や脳損傷に対する脳損傷の「身体リハビリテーション」などを必要に応じて行っていきます。


タグ:           

脳内出血の症状とは

ここでは脳内出血の症状について解説しましょう。

脳内出血の症状は非常に範囲が広いです。
ほとんど自分でも気づかないレベルの症状から、意識を失ってしまうまで様々なのです。

まずは脳内出血の症状を挙げてみます。

・頭痛
・嘔吐
・眠気
・痙攣(けいれん)
・視力の何らかの変化
・運動麻痺や喋りにくさ
・味覚異常
・手足の運動に関係する神経

脳内出血の症状は、出血の部位とその大きさ(進行状況)で決定されます。
しかし、外傷などを原因とする急性脳内出血の場合は、しばしば激しい頭痛と嘔吐、片麻痺、意識障害、けいれんなどが起こります。

これらは数秒から数分以内に起こるのですから怖いです。
出血範囲が拡大すると、症状も悪化します。

あと急性脳内出血の場合は、日中の活動時に発症すこるのが特徴でもあります。

脳内出血の場合、時間をかけて少しずつ症状が悪化する事はまれです。
ほとんどが短い時間の間に急激に症状の変化を招き、救急車で来院される事がほとんどです。


現在、脳内出血の診断は、急性期にはX線CTスキャンが有用されています。
慢性期の陳旧性血腫の診断には、発症時期を推定できるMRIが用いられます。
タグ:           

脳内出血の後遺症

脳内出血の6割を占める高血圧性脳内出血の場合、何らかの後遺症が残る場合がほとんどです。

CTスキャンやMRIなどといった先進医療のおかげで、世界的に脳血管疾患死亡率は減少の傾向にありますが、今現在も後遺症の問題などは研究中だという事です。


脳内出血の後遺症は様々です。
後遺症には「筋力低下」「言語障害」「視野障害」「身体の部分麻痺」「歩行障害」などがあります。


脳内出血手術は、放っておいたら死に至るような場合に行われる救命目的の手術と、後遺症をできるだけ軽くするために行う手術があります。

救命手術は全身麻酔で開頭手術、後遺症を軽くする目的の手術は局所麻酔で穿頭血腫吸引手術が行われるのが一般的です。

救命手術をすることで命は取り留めたものの植物状態になることもありますし、出血が軽かった場合には、かなりの程度まで回復します。


少し前まで脳内出血は非常に死亡率の高い病気でした。
それが最近では高血圧の早期治療が広まり、また脳内出血を起こしても専門医での治療がすぐ受けられるような状況になってきています。そして死亡率は減りました。

いま求められるのは、次の段階である後遺症という事ですが、脳内出血に対する後遺症についても西洋医学や東洋医学を問わず最大の関心事となっております。

タグ:           

脳内出血の原因と予防法

脳内出血とは、読んで字のごとく脳内の血管が切れて出血することで、一般的に頭蓋骨の中から出欠する脳の病気の事を総称した呼び名です。

脳内出血は、高血圧症や動脈硬化がみられる年齢である50歳〜60歳台に好発します。
以下で、もう少し詳しく脳内出血の原因と予防法について解説します。

●脳内出血の原因

脳内出血の 原因の6割は高血圧であるとされています。
この高血圧が原因で、脳血管に血管壊死が起こり、微小血管が破れて出血を起こすと言われています。

しかし脳内出血の原因には高血圧以外にも脳動脈の血管奇形や血管腫等がありますので、疑わしかったら専門医に診断してもらいましょう。
現在はCTスキャンの出現で、脳内出血は迅速かつ正確に診断出来るようになりました。


●脳内出血の予防法

脳内出血の原因の6割が高血圧からきています。
その為、高血圧を抑えることが必要となります。

具体的に言うと、アルコールの摂取量を控えること、暴飲暴食を止めバランスの取れた食事をすること、ナトリウムの排泄を促すカリウムを多く含む食品を積極的に食べることなどです。

タグ: