脳内出血の治療法とは

最近「脳ドック」という言葉ができています。
これはMRIによる脳の精査です。

MRIとは核磁気共鳴画像のことで、寝ているだけでできる検査です。

MRIで脳卒中が起きる前にその兆候を未然に見つけることができます。
その結果、どのような予防をするかアドバイスをしたり、内服薬の処方によって脳卒中を起こりにくくするなどの対処が可能となりました。

このような予防医療が進んだ結果、脳内出血の発症率や死亡率は減ってきています。

ただし、そうわ言っても残念ながら、未だに危険な病気のひとつであることは間違いありません。
今も尚、脳内出血に苦しめられている人は数多くいるのです。


では、脳内出血になってしまったら、どのような治療を行うのでしょうか?
ここでは脳内出血の治療法についてご説明しましょう。

脳内出血になってしまった場合、治療法は大きく3つあります。
それは「開頭手術」「放射線治療」「血管内治療」です。

・開頭手術とは、頭蓋骨の一部分を切除して、直接病気を観察して手術するものです。
・放射線治療とは、手術治療が困難な場合に、放射線治療が行われています。
・血管内治療とは、カテーテルと呼ばれる血管の中を進ませる管を誘導して問題の箇所を小さくする手術です。

そうそう、これ脳内出血で入院された患者さんに起こった事件です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070523-00000002-agara-l30


タグ:           
前の記事:脳内出血のリハビリテーション