ミネラルの中でも、カルシウム、リン、鉄、ナトリウム、カリウムなどの栄養素は、
なくてはならないもので、不足すると欠乏症を引き起こします。
他にも、体組織をつくるもの、他の成分と結合して生体の構成成分となるもの、
血液や体液の分量、浸透圧やpHを調整する働きをするもの、
筋肉や神経の収縮や興奮性を調整するものがあります。

おいしい 水現代の日本人の食生活は魚や海藻などの海産物を食べる機会が減り、
レトルト食品や加工食品などを利用することが多くなり、
食品だけではミネラルを補うことが困難になっています。
体内のミネラルが不足すると体の発育や新陳代謝機能が低下する恐れがあります。
逆にミネラルだけを大量に摂取するのも体に害を及ぼすことがあり、
ウォーターサーバーバランスよくミネラルを摂取することが大切なのです。

ミネラルおいしい 水を摂取しないのも取りすぎるのも体によくないって・・・難しいですね。

環境汚染が進み汚染物質が体内に取り込まれやすい状況にある今日では、
ミネラルの役割もより重要となってきます。
飽食生活に起因する糖尿病や痛風、高脂血症についても、ミネラル不足は
病気をいっそう悪化させます。従って健康を保つためには、食事だけではなく
毎日飲む水からも、十分なミネラルをバランスよく取ることが望ましいのです。