アナルを少し拡張してやるだけでその体を大きくのけぞらしながらその初めての異物感を楽しんでいるように見えた。

しかしそんなアナルの小ささではまだ僕の極太のディックを飲み込むことはできそうにないのでさらにその肛門を無理やりに押し広げるためにそのもう一段大きなアナルバイブを用意してやったんだ。

その太くなったバイブを見たその彼女はとても潤しそうな目でそのバイブを見つめてきて早く入れてほしいとい言った表情になっている。