私はタイの演歌,ルクトウーンが大好きなタイ在留邦人だが、特に嵌っているのはアジャリヤ。彼女は(昔はチェンマイ県だった)ラムプーン県出身で、ランプーン高校在学中からルクトウーン歌手を目指して部活などで歌や踊りを熱心に練習していた大変な努力家として知られる。自分が嵌ったのとは関係ないが、最近になって ななみ(2歳半)の母親チャンヤーも実家が貧しくてラムプーンの親戚の家に預けられていたので、同じ高校に通う事になった。

 アジャリヤはその後ちゃんと卒業してすぐグラミーなど大手音楽プロダクションの一つ、U2に入り,毎年ジャケットを一枚ずつ出すまでになった。一方チャンヤーはといえば、勉強が嫌になり付いて行けなくなった頃 友人のオカマちゃんに、そそのかされて、年齢が足りないのを承知で経歴をごまかしミスチェンマイに応募。これが年齢が足りない、つまり少女の印象が強かったせいかどうか、分からないが何とミスチェンマイNO2を受賞し20万バーツほどの賞金をもらった。

 その結末であるが、賞金の半分をお釜ちゃんに持ち逃げされるは、受賞者の義務である孤児院慰問などに、ミスチェンマイら受賞者全員と一緒に学校にも行かず回っていたため学校や親戚にばれ、ミスチェンマイの主催協会にも知れる事になった。受賞と賞金は取り上げられ、あげくは高校も退学、お釜に持ち逃げされた賞金も親が親類縁者から借金して協会に弁償した。、、、とほほほ。

 閑話休題、
長い前置きになったが、ここらでアジャリヤの話にもどる。
アジャリヤの実家は農家出身で、これはタクシン元首相派の支持団体UDD(反独裁民主主義統一戦線)の構成員が主としてタイ北部(チェンマイ、ラムプーンなど)、タイ東北部(イサーンなど)の農民であるのと一致している。
そのせいか、彼女はデビュー当時からタクシンに因んだ曲を歌っていた。タクシンは今でもそうだが、現役時代はタイ国民のほ大多数を占める下層階級から慕われていて歌の世界でも、よく彼の事を言っていると思われる歌が出てくる。
 例えばタクシンの恋人だったリディア(Lydia)の歌では、、、、タクシンのことを歌っていると思われるハイ パイ カップ ドグマイ(花束をなくした)と言う曲がある。これは秘密裏に会おうとしてホテルにとった自分の部屋に、彼が花束を持って会いに来てくれたのに、部屋が分からないまま終わってしまう、と言う曲だ。その前曲のSo Lonelyではあなたが居ないので非常に寂しい、すぐ側にきて)と歌っている。

 さてアジャリアの歌だが、、、極め付きは、サパイ ナヨーク(ナヨーク=首相=タクシン の奥さんの息子)という歌では、今をときめく首相の義理の息子と恋人になれたら、どんなに素敵だろう、などと歌っている。タクシンが逃亡者となった今でも、最新版の(1年ん前の時点)ジャケットの中に、アメリカの大ヒット曲、悲しき 雨音を変曲した歌(8曲目)がある。これは十数人の女性ダンサーが真っ赤な傘をリズミカルに振り回して踊る(踊りの民ならではの巧さ)楽しい曲である。同じジャケットの、1、3曲目には赤シャツ隊(UDD)の赤いバンダナや赤い上着を彷彿させる衣装を身につけた10数人が、息もつかせぬ、ものすごい早さでリズミカルに踊っている。
かって、これほどまでに庶民に親しまれた首相があっただろうか。

註:以上の曲はブログnnanami2 の中に(ユーチューブ経由で)すべて収録。
 

 

 

 

追記

ビジネスのジャンルで一位にしていただき御礼申し上げます。

 

(けんどよ、写真なんか載せて恥かしくなかとかぁ)

 

瞬間風速なもんで、何時も写真に撮っておるんですよ。

 

(いや、いや ヤッパリ恥かしかぁ。誰もしねーべや) 

 

すみません。その代わり、最後にアジャリヤとリディアの歌を載せ、させて頂きました。よろしくお願いします。

タイ歌謡の歌姫 アジャリア 全代表曲ご紹介:イザ!

 

あのタクシンの恋人、美人歌手リディアは今どこに?:イザ!

  岩城玲奈オフィシャルサイトA 

今でも好きな