nnanami2

癒しの国タイの 怠惰と享楽、酒と踊り、嘘と誤魔化し==日本人医師の啓蒙ブログ==このブログはタイを愛する人が一部タイ人の悪事に巻き込まれてタイが嫌いになってしまわないように 啓蒙することで、余計タイを好きになって欲しい、その気持ちで書いております。従ってタイやタイ人の欠点を書いた場合、一部の、という意味です== タイに13年近隣国に3年。あっという間に過ぎ去った16年間。その後半に書いてきた産経イザブログは2万6千人中、2位~10位のランキングで活躍しておりましたが、イザ廃止の憂き目に逢い、もうブログは辞めようかと・・が、引っ越しツールのお蔭で800タイトルを無事引っ越せたので、また活躍することになりました。ただ、面白知識全集など目次形式ブログではクリックしても無効です。ご面倒でも検索サイトで『タイトル名、nnanami2』で検索して下さい

2008年11月

事実に基づかず、または明らかな証拠もなく、いずれ日経は今後6000円台まで下がるとか、いずれドル円が60円台まで下がる可能性があるとかの、知ったかぶりの無責任で勝手な理屈で、報道・論評しているマスコミ・自称評論家のゴミ連中がやたら多いが、これは風評犯罪ではないのか。

 

投資や投機は博打的な要素を大いに孕んでいるので、経済インフラに そのような芽が殆ど無くても、悪い風評が風評を呼び(=受け売り的、猿真似的にどんどん広まり)、それによって投資家をして心理的にそれを皮肉にも実現させてしまう事態は充分考えられる。

 

はっきり言って確たる証拠も無く全国民に対して、マスゴミが悪い風評を垂れ流したり、何様の積りの自称評論家が日本のブルームバーグTVや民放TVに出演して御説をのたまうのは、その風評によって経済、社会に大損害を与える可能性の高い許しがたい犯罪ではないかと思う。

 

実際、マスコミが一寸悪いニュースを流すだけで取り付け騒ぎが起きて何の問題もなかった銀行が潰れることがある。日本は、デリバティブのCDS(債権破綻スワップ=債務破綻保険)が百兆ドルも売られてきた(そしてそれが現在、次々とドミノ倒しになっている)欧米とは全く事情が異なるのに、ニュース一つで心理的に日経225などの株価が欧米以上にどんどん下がってきている。それだけで、多くの、なけなし投資家がマージンコール(追証)を払えず破産している。小生が其の例だから言っているのではない(小生は欧米の比較的安全な債権中心の投資)

 

ロシア、中国などでは最近立件することを決めたという。日本でも

一社を標的にした風評被害では立件するのに、不特定多数の無数の会社の風評被害だと問題にしないのは何故か?

これはおかしい!

後者のほうが遥かに甚大な被害を、日本中の会社や投資家に与えるのだから。このような勝手な無責任報道は著しく有害無益な行為です。得をするのはショッキングなニュースを流して何ぼのマスゴミだけ。

このような甚大な被害をもたらす恐れがある経済指標などを予測する以上は、公共報道は、個別に『確たる証拠を要する』という規定を緊急に設けるべきだ。最低でも、報道倫理として。

 

ムーディース、S&Pなどの格付け会社の格付け発表には今後、全世界的に規制されることが先週の首脳国会議で、サルコジらによって提案され決議されたことも考慮すべきだ。
 

ウォーマンガイの戦争屋ブッシュは荒削りのお山の馬鹿大将だった・・・

過去8年間、マネーゲームに狂奔するウォール街の(高倍率の)レバレッジ(梃子)が利いたデリバティブ商品を野放しにして来たうえ、この時点でリーマンを潰したら、欧米で百兆ドルも売られてきたCDS※

のマルチドミノ倒しによって、今の危機が現れるのが全く分かっていなかった。

(( ※ 銀行、証券会社などが販売する。企業などが事業資金を集める為に発行する債権が破綻したときに支払う債務破綻保険の事。特筆すべきは、債権を買う買わないに拘らず、マネーゲームとして誰にでも買えると言う点だ=これは、或る人が死んだとき貰える其の人に対する生命保険を、不特定多数の誰にでも、かつ幾らでも掛けられる様な物))

この、小さい頃から我ががま坊主だったこの馬鹿息子は大人になっても、ヤッパリ、馬鹿そのものだった。

 

このうえ、GMもフォードも潰す気か?ポールソン長官の出身地のゴールドマンサックス社などだけは著しく優遇するくせに、三大自動車メーカーの裾野も含めて1000万人近いと言われるブルーカラーの全労働者が路頭に迷っても屁でもないのか・・・・

8年間ホワイトカラー優先だったお前は。

 

お前が今までやったことは、全て大失敗ばかりだった。たしかに就任直後に起こった9.11連続爆破テロは悪魔的な大惨事、大犯罪だったが、その結果、それ以降お前の無謀な数々の大失敗作戦が招いた経済危機のショックはその数十倍、金銭的にはこれはもう数百倍以上だ。これこそが、アルカイダの狙ったアングロサクソンを自滅させる最終目的だった。

 

1次湾岸戦争を始めたパパブッシュも賢いとはいえなかったが、その我がままクソ坊主は手に負えない馬鹿息子的PDになった。

 

来年1月の任期を待たず、一刻も早く辞めて、民主のオバマに禅譲することが、任期8年間に出来るかもしれない”唯一の善行”だ。ウォーターゲート事件で辞職したニクソンなど、100倍も可愛い。

 

お前のお陰で、米国で最低数百万、全世界で最低でも数千万の人たちや会社が資産的危機、死活的危機に瀕している。

 

お前ほど全世界の皆に大損害を与えて、資産的に恨まれた人物は、まずいない。

札幌海外支援医師の会

 

上記の会が

年齢不問の日本人夫婦などカップル1組のバンコク・ホームステイ希望者を募集します。

 

ホームステイ先:

ホームの所在地はエカマイBTSステーション近くに位置する静穏な場所で、

プリムロウズ・マンション10階にある冒頭の団体の主催者の事務所兼ホーム。

ホームは広さ310平方m以上で、各階1室の専用フロア、24時間警備員付き。

4LDK(130平方mの大型のリビングと、40平方mの大型キッチン付き)。

各室独立のバストイレ付きで施錠可能の4室のうち1室(36平方m)か、または完全独立した玄関付き2室をステイ用に使っていただきます。

11階建てマンションのうち、11階、10階、2階を

日本人三所帯が占める。

11階=当方の友人ですが、駐在員の子息を対象にしたテニス教室の経営者家族=杉山愛の元コーチらが経営=http://www.macyteam.jp

および 2階=会社経営の家族。

 3,4,5階、はタイ人・欧米人、6,7,8,9階はビルのオーナー家族。

     ※プール、フィットネス室 利用できます(無料)。 

 

主催者:

日本で長年、医者をしていたが、8年前に体を壊して引退。退職者

ビザで永住している。上記表題のボランティアの他、下記の日タイ交流会などを随時催している。

 

ホームステイの目的:

ホームにて初級タイ語を学ぶ。その上でタイの観光名所を見て回ったりタイ料理を学ぶ。

日タイ交流会で、異文化交流として誠実なタイ人や長期滞在日本人とも交流。

 

 

義務: 

何らかの仕事やボランティア参加など、いわゆる仕事の義務はありません。

ただし、異文化交流の一環として、

善良なタイの職業人やタイ人学生(男女)とか、交流会のメンバーと交流(談笑、会食、バンコクや郊外に遊びに行ったり・・・)

家庭料理(タイ料理を教える)を一緒に作ったり、

週一は日帰りや泊りがけでチャン島、タオ島などの風光明媚なビーチになどへ行動を共にする必要があります。

 

写真:タオ島東海岸での素もぐり=シュノーケリングにて(オリンパス10mW.P=μ1030SW深さ7m

 

特典:

宿泊費光熱費など無償、全食事無償(ただし単独行動中の食事は除く)。

バンコク近郊や郊外の風光明媚なスポットに車で遊びに行くときの旅費や食事は無償、ただし1室を単独使用したいときは、事情によって自己負担のこともある。

 

期間:

1ヶ月以上~

 

応募資格:

年齢不問、性別不問の誠実で協調性のある健康な日本人で夫婦などの男女カップル。年齢や性別は不問で必要なことは勤勉で誠実なことだけ。

ただし、次の方は参加出来かねます。

 

風俗目的のかた。

なんぱ目的とかタイに知人・友人・恋人等がいて、その方に会う目的など、『ホームステイ本来の目的』とは違う目的※ で来られる方。

暴力団関係者。

刺青がある方は、お洒落的なものは問題ないが事前に必ず申告願います。

刑事犯罪暦(執行猶予を含む有罪判決)がある方、元暴力団構成員などの方は、今回は対象外です。

要身元保証書※

    ※以上のすべての不適格条項に該当しない旨の特記事  

      項をつけた、両親など(高齢者の方は別途定めます)  

      の保証書。知り合い(会社自営の方 か会社員で夫婦  

      で所帯を持つ方)の保証書が必要なことがあります。

 

応募方法:

応募ご希望の方は、次のメールアドレスまで、住所、職業(学生または無職の方は 各々、所属学校または最近までの職歴を付ける)、年齢、家族構成、父親などの所属会社名と

応募の目的などの詳細を添付の上、ご照会ください。

nnanami2@yahoo.co.jp

 

当会に関する資料: 

http://nnanami2.iza.ne.jp/blog/entry/606176/  (日タイ交流会)

http://nnanami2.iza.ne.jp/blog/entry/686257/  (第15回日タイ 

                                  交流会)

http://nnanami2.iza.ne.jp/blog/ (上記ブログを含む関連ブログ)

 

Aさんのメール:NANAMIさん、お元気ですか?ブログ 止めたみたいですね。
円安になってますから、少し心、落ち着いてきたのではないかと思います。
 

体は大丈夫ですか?
体調崩してるような気がしてなりません。
 

 

NANAMI
 

ご心配をおかけしましたが、小生は元気です。ただ、先日見た
恐ろしい夢=腎臓が癌で大出血して泣き喚いて目がさめた
ことをヒントに、手っ取り早い癌検査=癌マーカーのチェック
に行こう行こうと思いながら、未だ行っていないのが、気がか
りですが・・・。まあ、大丈夫だと思っています。この夢を見
た原因は、シンガポールで丸二日間、ホテルの部屋でブルムバーグの画面を見てて、
破産=金銭的な死の恐怖 を
何度も味わったので、そのときの恐怖
が、(夢の次元では、非常に大袈裟に置き換えられるので)、
癌死の夢に、なっただけ、と夢分析して、打っちゃっている次
第。明日は早起きして行こうと思う。

糖尿病の件だけど、運動を、1ヶ月前から二日に1回はしてはいたけど、ここ5日間以来、糖尿病を薬に頼らず直す為に、毎日8キロm走る運動療法(バンカピのフィットネスにて)すると共に、飲食量の半減化に努力している。
で、今日、毎日走ろうと思い、年間メンバー会員(毎日、何時
から、何時間でもOK。サウナも)になったよ。夕方7時15分
から入場できる回数券2枚は阿部さんが来たら、使えるように
使わずに、とってあるので、バンコク滞在中は、一緒に行かな
いかい?11月20日まで有効なんで・・。

米と、まあまあ欧州も、日本、アジアと世界中の株価などが、
共に急速に回復して、ひとまず危機を脱したようだ。オマケに
世界の危機と各国の人々にとって、精神的に安心感を
もたらしそうな黒人オバマの大統領確定が間違いなさそうで、
それで嬉しくて、心に太陽を、という鼻歌を歌っていたね、今
日は。オバマは少年時代インドネシア(イスラム国家)のジャ
カルタですごしたことは世界中のモスリムが知っているから、
オバマのやり方次第ではイスラムVS欧米の争いが少なくなる
可能性がある。白人:イスラムの構図に黒人は番外で虐げられ
ていたから、モスリムは人種的には同情的なんだろうね。
鼻歌を歌っていたといったけど・・・ただ、ジャンク債と化した色んな債権=疫病神の件では、半ば達観(諦観?)している状況。

 

その1:

アイスランドのカウプシン銀行の債権・・・その債権のCDS(債務保証保険)を売った保険会社が、国有化=デフォルトと見なして、カウプのBOND競売価格(=10%に満たない)の差額90%以上を支払ったという最悪の状況だ。が・・、CDSをつけなかった小生のBONDが駄目になったとは、まだ言えない。もし、持ち主のアイスランドが国際的に銀行業務へのカムバックを認めてもらおうとすれば、債務を弁済しない訳にはいかないからね・・。


その2:

フォード、GMの債権もジャンク債になりかけている。これも、かなり持っているため、これからも、これらのジャンク債の疫病神と終末まで静観せざるを得ない。
 

これらは全て、客を金儲けの為には犠牲にしかねない、汚い勧誘で悪名高いシンガポールのシティバンクの日本人に、勧められて買ったものだ。

勧誘の第一目的は顧客の為でなく、会社からのマージン欲し
さだったと今、はっきり言える。危ない時期に、プロなら危ないと理解していながら、色んな債権を勧められ、今じゃどれもこれもジャンク債になっている。

この男と、初めてシンガポールであったのは、

Ito&Tay Associates 

というHPの開設者の日本人の紹介からだった。3万円ほどの紹介料を払ったが、今にして思えば、組んでやっていたんだと思う。

この行員は、会ったときから、非常にせっかち。幾ら言っても相手の為にスピードを落とせぬ非常に早口な、冷たい感じの男だった。愛想もこうそもない変な奴だが・・、仕事熱心なせいかもしれないと善意に思っていたんだが・・・こんなに酷い奴だとは夢にも思わなかった。

この人物の口車に乗って、A銀で借りたドルのうち使わずに残っていたドルでこの男の勧めた債権を、

もしも、もしも全部買っていたら、今頃完全に破産していた。

 

人を高利率と言う欲で勧誘(釣って)して買わせて、その本音は手数料が欲しかっただけ。客のことは二の次。万が一顧客が破産すれば、また、HP見てやってきた顧客を掴んで勧めればいいだけ。悪いプライベートバンキングの行員を絵に描いたような人物だった(スミスバーニーは厳密にはプライベートバンキングでない。シティーはすでに、この部門を人件費削減の為閉鎖している)。この男は、50歳だが、何回かあったとき、今まで収入をためて、1億くらい貯まったと、バーで話したことがあった。


また、シティーは日本で、10年前くらいに、客に悪い金融商品で顧客に迷惑をかけすぎたことが明らかになり、財務省より閉鎖命令の憂き目にあったいる。

 

この男に勧められ買ったのは、額面合計で350くらい(債権)あるが、その現在価値は、約3分の1以下=僅か100 の担保価値にしかならなかった。一方A銀で勧められて買った方は60%あるって言うのに・・・。とにかく、もう一寸で、このシティーバンクの日本人の利己心のお陰で、破産しかねなかった。

 

以上は、小生が命からがら悟った小生にとっての真実です。

過去100年間の経験則によると、民主党の勝利は1900年のウィルソンからクリントン大統領まで計7回で、その後1年間のダウ平均株価は9.8%上昇している

民主党候補が勝利するか、または民主党の副大統領が大統領に昇格して次の大統領が選ばれるまでの期間では、ダウ平均は33%も上昇している

 

一方、共和党候補が勝利したのは、計10回で、ダウ平均は2.5%下落している。フーバーやニクソン、ジョージ・W・ブッシュ氏など5人が勝利したとき1年間でダウ平均が下落している。

 

 

 

投資顧問会社FWIAのCEOによると、『皮肉なのは、大半の人が(地味な)民主党よりも(威勢の良い)共和党政権下の方が株式相場のパフォーマンスが良いと考えて(思い込んで)いることだ。実際の経験的証拠は正反対(逆)になっているのに・・。』

 

ダウ平均は今年に入って32%下落。その過半はここ数週間の出来事だ。米株市場の時価は総額で6兆ドルも目減りした。

米のサブプライムに端を発した100年に一度の世界規模の金融破綻は、米の金融工学で創作された、デリバティブ型レバレッジ(数倍の倍率の梃子による大儲け)商品(の破綻)が犯人だ。核反応に例えられる金融大量破壊兵器の引き金はサブプライムに賭けられたCDSの破端だった。 

 

これらの(サブプライムローンを色んな割合で割り込ませた)商品には全てCDS=債務保証保険、債務破綻保険 という証券会社や銀行の保険商品が付いていたが、その保険は更に下流で無数のCDSが次から次と網の目のように付いていた。何と、これらの保険は債権を買っていない第三者でも買える、幾らでも。その債権を買ってもいない第三者なのに、その債権のCDSを買うと、その債権が破綻したとき債権の額面が儲けられる保険だ。生命保険に例えれば、何の関係もないある人物に生命保険が賭けられるのと同じ。

 

この様なもの凄い仕組みのCDSが全世界で数百兆ドルも発行された。最初の上流のCDSが破綻して、次々と下流へ連鎖的に(複合のドミノ倒し)CDSが破綻していったのが今回の世界規模の金融の破綻だ。一口で言えば、連鎖反応的に(核爆発的に)猛烈な勢いでCDSの破綻が世界規模で波及していった訳だ。

 

金融工学は生産を伴わないお金にお金を産ませるシステムなので、効率よく儲けられる反面、破綻するときも”効率”が同じだ。

違うのは、ただ、一瞬にそれが(=トータルの吐き出し)起きるので、甚大な破壊をもたらす。お金にお金を産ませるだけで、実経済の生産物を全く伴わない金融工学の金儲けのワザは、エネルギー保存の法則が成り立ち、博打と同じで、プラス方向に行けば驚異的な利益が得られるが、マイナス方向に行けば、壊滅的な損失をもたらす。要するに、お金にお金を生ませるシステムはバブル。必ずトータルでは、最後に、ゼロサムになる。しかも、一瞬に起きる(=爆発する) ときに経済全体に対する甚大な破壊という(ゼロサム以上の損害である)副産物も伴って・・。

 

1年前、みずほ証券アメリカは、この部門進出の錦の御旗として、フランスのクレディ・アグリコール銀行証券部門のカリヨン社の数学の天才レケダ氏34歳(ウクライナ生まれ)とアシスタント計6名を、移籍料10億円で引き抜いた。

 

かれは、就任後1号の成果として、みずほもよく分からないサブプライムローン を組み込んだ証券にみずほを引きずり込んだ。このころ既にサブプライムを組み込んだ商品は11%くらいがムーディースによって不適格と格付けされていた頃だ。

 

その結果、みずほは後に6700億もの損失をこうむった。その過半が

サブプライム関連の商品、CDS=債務保証保険 での支払い者としての支払いによる。

 

この後もこの天才はサブプライム関連のCDSなど9つの案件を纏めて商品化したが、後に、ことごとく失敗した。

 

みずほは、レケダ氏とアシスタント5名を解雇した。そのうえ更にみずほは、カリヨンから、10億円でレケダらを引き抜いた時の手法に違法性があるとして、訴えられている。

 

金融工学の勝利は、バブル上昇期にのみ有効に働くが、一度マイナス方向に動き出すと、それは核の連鎖反応と同じように、網の目のように張り巡らされたCDS=債務保証保険が、次々に破綻して、核爆発に似た連鎖反応的な破綻を起こしてしまう。

 

高倍率で大儲けを生み出す為に発明されたデリバティブ商品・レバレッジ型金融商品の債務保証保険(CDS)は、一種のねずみ講だ。 ねずみ講が破綻するように、債務保証保険の破綻(デフォルト)も次々と下流へ、マルチのドミノ倒し的に、または連鎖反応的に、破綻していく。

 

強欲な金融人が数学の天才を使って編み出したお金の錬金術=金融工学は、ねずみ講の破綻のように、負の局面で世界を金融破綻へと導いた。

 

牛に引かれて善光寺、金銭亡者(の金融工学)に導かれて世界規模の経済破滅。

くたばれ、米国製金融工学!もう二度と脚光を浴びる事はないだろう。

 

↑このページのトップヘ