nnanami2

癒しの国タイの 怠惰と享楽、酒と踊り、嘘と誤魔化し==日本人医師の啓蒙ブログ==このブログはタイを愛する人が一部タイ人の悪事に巻き込まれてタイが嫌いになってしまわないように 啓蒙することで、余計タイを好きになって欲しい、その気持ちで書いております。従ってタイやタイ人の欠点を書いた場合、一部の、という意味です== タイに13年近隣国に3年。あっという間に過ぎ去った16年間。その後半に書いてきた産経イザブログは2万6千人中、2位~10位のランキングで活躍しておりましたが、イザ廃止の憂き目に逢い、もうブログは辞めようかと・・が、引っ越しツールのお蔭で800タイトルを無事引っ越せたので、また活躍することになりました。ただ、面白知識全集など目次形式ブログではクリックしても無効です。ご面倒でも検索サイトで『タイトル名、nnanami2』で検索して下さい

2009年04月

恥しいから止めて。言論には言論で。未だ大人に成り切れない国と笑われちゃうだけ!

 

 

(まずはバンコク週報より)

アラブ首長国連邦で政治活動は不可

 

パニット副外相は4月27日、「アラブ首長国連邦(UAE)は、タクシン元首相を投資家として受け入れるとしているが、今後UAEをタイ政府批判の拠点に使わせないとも約束している」と改めて強調した。

 同元首相はドバイの事務所で外国メディアのインタビューに応え、タイ政府を批判する発言を繰り返していたが、副外相によれば、今後このような活動は許されないという。

 また、元タイ愛国党幹部がドバイで元首相に会ったとの報道について、副外相は、「ドバイでなにが起きているのかはわからない」と述べるとともに、同元幹部の渡航を禁止することは不可能と指摘した。

 同元幹部はタイ愛国党の解党に伴い公民権5年停止となったが、出国は制限されていない

(以上

 

 

解説

 

軍部がクーデターの大義名分とした理由の通りタクシンが悪いのか、そうではなくて軍事政権由来の正統性のない現アビシット政権が悪いのか、まだ誰にも結論はできません。

歴史が答えを出すまでは・・


しかし、いずれにしても、

『タクシンは悪い奴だから、タイの現政権への批判を禁止してくれ

(=タクシンの言論を禁止してくれ)』

と他国政府にお願いすること自体、突出した考え方であって、語るに落ちたというか、これでは タイは未だ大人の国ではありません と言うにも等しい。民主国家でそんなこと言う国がありますか?中国でさえも、(インドで中国批判を盛んにやっているチベット亡命政府の言論を受け流しているように)、そこまでは言わないでしょう。


クーデターやPDAというデモの超法規的な力で政権を奪われた側のタクシンやタクシン派の言論(タイの現政権批判)を

世界中で禁止して貰おうと言う 可笑しな考え方、 ましてや他国政府の力を借りてまで、さも当然であるかの様に タクシンの言論を禁止してくれ=悪口を言わさせないでくれ とお願いすることは、現在の政権は神聖なものであるから これを批判する言論は許さない、と自ら暴露し世界に宣言してるようなもので、民主国家なら無論のこと、例え非民主国家であっても、恥かしいことだ。

 

どの国も、そりゃ貿易などの損得を考えて、体裁上は取り繕うかもしれないが、本音では呆れ返える次元の話し、と思っているかもしれませんよ。

 

せめて、タクシンの辛辣な言論(批判)には 政権側も 的確な言論で反論する・・・幾らなんでも、せめてこれくらいの対応は して欲しいものだ。

 

旧支配者や旧貴族出身の議員が多い上院の議員有志数十人が、枢密院や司法への批判 (ぶっちゃけた極端な話し、現政権への批判) は不敬罪に触れる(不敬罪は、最高15年の重罪)、 との政令をちょっと前に宣言ないしは提言したことがあるが・・・さすがは、枢密院。卓越した崇高な思想に畏怖しました。

まずは、ニュースから、見ていこう。警察と警備員の危ない実例はコメントに!

 

警備会社が人気、中には「悪徳」も

 

 

  政府機関はもちろん、教育施設や民間企業でも警備を強化するところが増え、警備会社が活気づいている。

 英国ベースの警備会社「G4Sセキュリティー・サービス」では、学校やホテル、大使館などからの依頼が増え、毎年15%から20%の成長を遂げている。現在では全国に約7000人の警備員を抱え、収益は月間1億バーツにのぼるという。
 
 この急成長について同社幹部は「政情不安だけが原因ではなく、防犯や安全確保に対する人々の意識が変わってきた」と分析している。

 国内最大の警備会社「ガッツ・インベスティゲーション」でも需要増は顕著だが、最近ではいい加減な警備会社も増え、中には経費削減のために近隣国から人材をかき集めているところも多いと嘆く。

 ワロップ社長は「身元が不確かな外国人では、万が一の時に責任が負えない。政府は警備業についての法的整備を行うべきだ」と話す。

 警備業に関する法は10年以上前から検討されているが、いまだに現実化されていない。悪徳業者の
中には、元軍人や警察官が始めたところも多いという。

 

以上、バンコク週報 より(記事中の下線と太字と赤字は当ブログの修正)

 

 

コメント数 (4)

 

8 日時 : 2009/04/27 2:39:35 PM

 

もう住んで2年になる今のマンションの警備員に、ちょっと酒がはいってはいたが、単に大きな声で、怠慢に耐えかねて、怒鳴っただけで・・・・

警察に『酔った日本人に殴られた』と嘘の通報をされ、草なぎ同様に、僅か3時間のあいだだが(いや、3時間もの長い間)、豚箱に入れられた。翌日警備会社の社長(=経営者が警察官)を伴って、嘘の(50バーツで作った)診断書を持ってきて、2万バーツ出せと脅迫された。腹黒い女房のアイデアだった(←あとで分った)。偶然にも・・タクシイで奴と一緒に警察に連れて行かれるとき何か不安を感じて車中で撮っていた奴の顔などの『高精細度のデジタル写真、10メガサイズ』のお陰で、殴られたのは狂言だとその脅迫の場で証明して、3500バーツに値切る事は出来た。本当を言えば1銭も払う必要など無いが、理性の通らない後進国では、安全の為これくらいは止む得なかった。


タイの警察(これが一番危ない=経験上も断言する)とタイの警備員は、全く信用が出来ない。こいつ等は全員、誰でもまずは疑ってかかった方が身の安全です・・自分の経験だけで 全てを疑うのは 一寸非常識じゃないの、と偉そうなこと言って泣くのは貴方。

 

貧乏人日時 : 2009/04/27 4:42:49 PM

 

8さん、大変でしたね。警備員や警察に遭遇したら 出来るだけかかわらないように避けたほうが賢明ですかね。

 

ぽん 日時 : 2009/04/27 5:01:38 PM

 

本当に警備会社はピンキリです。
ヨーロッパや日系の警備会社はしっかりしています。
ローカルを使うなら最長1年サイクルで人又は警備会社を変えるのがベター・・・

 

タイに8年住む男 日時 : 2009/04/28 3:40:23 AM

 

タイ警察には忌々しい経験が一杯。一例:長期旅行から夜21時頃帰宅したら、空き巣に入られ多額の現金を盗まれたことが分かり警察に通報。警察中佐が夜なのに直ぐ来てくれ現場検証。指紋が付いているからと(盗まれたお金が入っていた)化粧棚のガラス扉とか数点を中佐に渡したが、不承不承受け取ったのが気になったが・・。

 

翌日アパートのスタッフ数人を非常に熱心に事情聴取してくれ、その時は感激さえした・・。

犯人はアパートの管理人でイサンの浅黒女29歳(自分が被害に会ったのは殆どがイサン人)だった。担当の警察中佐は、供述書はもう検察庁に送ったので被害者はタイの刑訴法に従って弁護士を雇って犯人を起訴する義務があると必死に言う、盗人に追い銭だと嫌がると、盗難は嘘だったのかと半ば脅してくる。不審に思って領事館に行き警察に聞いてもらったがその通りだと・・。その時、『捜査官が中佐なら賄賂でウヤムヤニされることは無いですかね』、と聞いたところ、以外にも無言で笑いながら首を横に僅かに振ったので、そんな馬鹿な、と言う程度にこちらは思っていた。

 

泣き寝入りしたかったのに、以上の経緯で止む得ないので、苦労して一流の(とその時は思えた)弁護士を探し当て、お金も払って弁護士を雇って手続きしたのに・・・

まったく、その後が悪質過ぎる。酷すぎる。

ったくもって開いた口がふさがらぬわ。

 

中佐は、起訴書類が出来た頃から何故か、裁判所が忙しいから等と口ごもり人が変わったように無視し始め、それ以来1年近く放置されたまま。担当の中佐曰く・・・本人は逃亡した、捕まるまで何も出来ないと、シャーシャー。で、悟った。弁護士を雇わせ起訴書類を作させ女をビビルらせる多額の現金を持っている筈の女からアレを吐かせる(=吐き出させる)、あとは実家にでも逃げろと・・

 

何事にも怠慢な筈のタイ警察にしては、いやに捜査に異常に熱心だった、それで何か変だなとは思ってたんだ。

 

※ 渡した化粧棚のガラス扉など数点も、指紋など金輪際取っていない癖に、未だに返してくれない。多分捨ててしまったんだろう。せめて公益になれば・・と思いコメントしました

 

戻る

 

小クライスラーの大口債権者団体は、ほんの数時間前に 既に、オバマの突きつけた『借金踏み倒し(70%以上)術』の脅迫、恐喝に全面降伏した。

 

次は御本尊のGMだ。オバマがクライスラーには1ヶ月を与える一方で、 GMには2ヶ月と、(債権者に対する)借金踏み倒しの猶予期間を敢えて違えたのは、大物は難しいと言う理由で、まず小クライスラーで踏み倒しの成功例を得てから、と考えたからだろう。

 

実はオバマは、ずっと以前からこの借金踏み倒しの脅迫術を効果的にやろうと予ねてテグスネを引いて待っていたのだ・・・その最初の一つが

GMの前CEOの追い出しだった。このCEOは正攻法主義なので、汚いやり方にはOKしなかったからだ。

 

そして代わりに据えたオバマの傀儡CEO=新CEOのヘンダーソン。今、こいつが、なりふり構わぬ恫喝的な強攻策で我々債権者を脅しにかかっている。以前のGMは泣いてお願いして借金をお願いしたくせに、新しいボスのオバマは債権者からの200億ドル以上の借金を、踏み倒して再建する道を選んだ。知能犯だ。

 

借金を棒引きしろ、そしたら(利払い不要の現在紙切れも同様の)GM株を少しだけくれてやる。嫌なら倒産準備に入るだけ、お前等の債権は紙切れになるだけだがそれでも良いか、と理不尽な交換を迫っている。すれっからしの下層階級出身で、どん底上がりの大統領オバマだからこそ汚いやり方が出来たのか、それとも、ドン底上がりなのに出来るのか。どっちにせよ、くそ恐喝的再建術が 今、垣間 見え始めた。

 

では詳しく見ていこう・・・・

 

 今すぐ90%以上の債権者(社債保有者)が1000ドル当たり225株(現在時価2ドル、一週間前は1.6ドル、1年前は30ドル)に交換しろ(Tender Offer)、そうしないなら直ちに、必ず破産準備付き再建手続きに入るとオバマの傀儡のヘンダーソンは宣言した。

 

虎の子を貸した個人債権者だってたくさん居るって言うのに、何と言う奴だ。真に潰れたのなら仕方がない。諦めもする。しかし本当に一旦潰すと10倍以上もの莫大な再建費用がかかるから、『潰さないで、(潰すぞ、潰すぞ と脅迫して)借金を踏み倒す』、これこそが、下層階級の黒人出身のオバマ流再建策だった。

 

ヘンダーソンは、社債を紙切れにしたくなかったら、今すぐ債権を放棄しろという、そしたら株を何割か残してやってもいい、しかし もし応じないなら直ちに破産準備つき再建に取り掛かる、その結果は お前等の債権が10%の値打ちもなくなるだけだ・・・

 

これはオバマの考えであり、それ以外の何者でもない。ゾン底上がりのオバマのやり方。善良な前のCEOではうん、といわなかったので退職金で釣って辞めさせて、オバマの言いなりになるヘンダーソンを据えたのだった。

 

現在、まず大口である年金基金などを信託する大手債権者のフェディリティなどに、債権放棄と上記の不当な交換を持ちかけているが、これは差し詰め、Tender Offer と言う名の恐ろしい恐喝、脅迫に他ならない。

 

我々のような個人投資家には、大口が降伏した直ぐその後、で一斉にレターを送って恐喝脅迫してくるだろう。もう個人用のレターも用意してるはずだ。

お金を貸してくれた人に対するこいうアコギなやり方。黒人出身のくせに哀れみのかけらもないのか、オバマの恩知らずTender Offer!

 

数百年前、南米やアジアの国々に、キリスト教と甘い言葉で近づいて来て、最後は植民地にしてしまったあの列強の帝国主義を髣髴させるシタタカで強欲なオバマ流 再建策。要するに、クライスラーやGMが今まで借りてきた借金を如何に踏み倒すか、それがオバマ流 再建法だった訳だ。

 

さすが、黒人出身のシタタカな大統領だけのことはある。

 

しかし、私は、個人投資家ながら、オバマのくそ脅しには屈しない。幸い、GMの凋落のお陰で株価が逆に鰻上りの(漁夫の利を得た)フォードを GMの6倍持っているので、脅しのテンダーオファーに降伏する人が90%に届かず破産して(紙切れになって)も、構わない。痛いことは痛い、しかしオバマの恐喝にはクソ屈したくない。日本人だから、侍だから、と言うわけじゃない。ただ許せないからだ。こうなったら、オバマは、GMが、本当に倒産して10倍の損をすれば良い。潰れたらフォードの一人がち、さし当たってはフォードも割を食うが、最終、大局的には損は無い。

↓ 上からニューヨークダウ式工業株価、フォード、GM

 

 

 

 

 戻る

 

 

 

日本のニュース報道の3万人は、全くの誤報。10万人以上に膨れ上がった。

 

タクシン派デモ集団は、ソンクラン直前までに、選挙の洗礼を受けていないアビシット政権を退陣に追い込むとして、約5万人規模と見られていたが、始まってみると、これが何と10万に以上の規模に膨れ上がった。

 

選挙で誕生していた前政権を追い出して、アビシット政権をなし崩し的に誕生させる為に空港を占拠し、好き放題していた反タクシン派のPDA集団(国王に忠誠を表す黄色シャツ集団)は、せいぜい3万人規模であったから、これは予想外だ。

 

しかも、PDAの時と違って参加報酬を貰っていない自発的な人が大半を占めるという、意外なオマケつきだ。盲目の人や、下級軍人や、憤りに駆られて参加した普通の人たちが相当 多いという。これらの大集団が、国会前や、政府首脳公邸前、タクシンにクーダターの首謀者として名指しされた枢密院議長(プレム=王族に次ぐ高貴な地位の方)の邸宅前を 取り囲んでいると言う。

 

危機感を募らせた(傀儡?)政権の真の主役である旧支配階級、旧貴族階級からは、制服で参加した軍人は、懲罰に掛けるべきだと糾弾されていると、言うのだから、これらの人々が金で雇れている可能性は少ない。

 

イングランドのイートン校など、英国での留学生活が人生の半分くらいを占めるお坊ちゃん首相のアビシットの本音としては、もう首相は沢山だ!と本当は逃げ出したいところだろうが、後ろの大物達から強く圧力を掛けられていて辞めるに辞められないはずだ・・・・我が取材班の周りのタイ人らは、かく語った。

 

 

 

 

 

戻る

 

 

 

 

 

 

 

オバマ大統領が、急遽、GMとクライスラーへの連邦破産法準備つきの再建を勧告、全米を震撼させたが、プロ中のプロはこの勧告をどう見てるか?

結論から先に言うと、少なくとも、小口の個人的債権者は、何も慌てることは無い。例え値引きの要請が来ても、お金を貸したのだから、無視しておいても、今の所大丈夫だ。

 

では詳しく説明しよう。

一般の債権保有者は、これを聞くと、さあ、大変なことになったもう破産かな、もう駄目だ と思うだろう。特に日本人のように、試練に弱くて気の小さい国民性なら・・・・売るに売れない超低時価、それで債権者側への値引きの勧告に、もう従うしかない、ものと観念するかもしれない。

 

しかし、全ては情報である。情報が全てだ。

 

GMの株と債権を持っている大口債権者は、世界で最大のフィデリティファンドだ。このファンドは、米国や多くの外国の年金のお金を運用している民間で最大クラスのファンドだ。

 

この大口債権者は、前回のGMの債務圧縮対策のための勧告を拒否した。勧告は、債権の半分を株式に転換してほしい、そうでないと、GMは倒産して、貴社の債権が紙切れになる。紙切れになるより、半分を額面が同じの株式に転換してくれれば、生き残る可能性が高くなり、貴社の債権も生きる可能性が高くなると説得したのだが、同社は拒絶した。他の多くの債権者にも同勧告が行ったが殆どは無視した。

 

GMが抱える急所の一番は、GM(全米自動車)労組と結んでいる超高負担の医療費(退職後も会社が負担、サラリーの一部も負担)や、労働者の給与の高止まりした異常な高さだ。この是正、労組との是正交渉が第一であって、債権者への債務圧縮要請(謝金の棒引き)は二番手だ。

 

今回のオバマの宣言には、この労組と大口債権者への譲歩を容易にする為の、脅迫のお手伝いの意味合いが半分以上は占められている。前会長CEOは責任を問われて、既に数日前に退職させられたので、GMはオバマに意の如く操られるようになった訳だ。

 

現在、ニュースは二転三転して情報は混沌としているが、その中でも、大口債権者フィデリティは、半ば要請を飲む傾向を見せたと言う。

しかし、GM労組は、しぶとく無視しており、今後の交渉が危ぶまれている。

 

そこで、小口債権者の態度をどうするかだが、

GM(政府)としては、大口を説得するのが精一杯。小口は、あまり気にしていない。しかも破産準備つきの再建を実行するかしないか、決めるまでには60日も猶予を与えている。

大口は譲歩させられることがあっても小口は拒絶したって、たいした影響を与えない。大口債権保有者の譲歩と、GM労組の譲歩でGMが生き残ることを待っておれば、良いのだ。

 

この問題の予測に役に立つのがシティ再建の経緯や、フォードの

労組との交渉成功、クライスラーとフィアットの合併成功寸前のまでの経緯だ。

 

シティは大株主のアラブの王子が譲歩して、高額の資本注入と債権の株への転換を受け入れた。ほかの大口投資家もそれに右へ倣えしたりして、結局黒字を生むことが出来た。

フォードは、給与の一部を株で受け取るなどの譲歩を取り付けて、ほぼ再建が見えてきた。クライスラーは、オバマにフィアットとの合併が不調に終われば手を引くと断言したが、それには30日の猶予はつけていた。その後、フィアットの社長が合併の細部を決める為に、渡米中だという。あとはGMの労組の強欲を、オバマの強攻策を使って如何に説得するかだ。

 

いずれにしろ、小口債権者は、かってな値引きなどの応じる必要はない。GMに貸した金(債権)が、GM労組の強欲労働者どもに、湯水のように給与に消えることだけは、許しがたい気持ちだ。



↑  
■ノキア6030携帯を紛失
2週間前のことだった。当団体が事務所でパーティーを開いたがワインが切れた。それで、取材班のNが一人で
         カーフール・ラーマ4世通り 
に買い物に行った時のことだ。

 

は前立腺肥大のために、急に、小用を催すという困った症状があった。
カーフールの敷地内の道路に駐車した時も、それが突然やってきたそうだ。それで、Nは、ノキアの携帯をズボンのベルトに大慌てで、震える手で、刺し込んで、
顔を引きつらせてカーフールのトイレに向かって駆け出した
・・・・までは良かった。


小用が終わってから、パーティーの友人に今からワインを買う旨、電話を架けようと・・・・ありゃー、無い、携帯がない。

『しまった!

慌てで、走って行ったから、落としたんだ、ベルトヘの差し込み方も、甘かったんだなぁ、きっと』   と判断した。
で、来たときと同じように、再び 大慌てで、来た道筋を辿ったが・・・携帯は見つからなかった。

拾った奴は、中古市場で売れると、大喜びだろうな、きっと。で、カーフールのインフォメーションの電話機から電話をかけたところ・・・呼び出し音は鳴る。

 

普通、人の携帯を不正に手に入れたら、・・拾った奴は、何となくだろうが不安めいて電源を消すのが普通だ。
・・・・・・・・・それなのに、鳴る。なら、未だ、拾われてない可能性はあるかもと、もう一度、道筋を丹念に洗いなおしたのだが・・・ヤハリなかった。

で、早速したことは、拾った奴との取引だ。電話には沢山の電話番号などの個人情報がぎっしりだ。早速、次のメールを打った。
『沢山の友人などの電話番号があるので、どうしても必要。4000バーツお礼を払うから、返事ください。』

この位の価格でメールを入れておくと、相手が電話には出なくとも、普通のタイ人なら
猜疑心が強い日本人と違い、”根がおおらか”なので、大抵は、メールか電話で返事が来るそうだ。実際、取材班の関係者はパタヤに旅行したとき紛失して、その方法でメールしたら1時間後に男がやってきて、購入時の半額を支払った所、不満そうな表情ではあったが、OKになったそうだ。

★結果から言うと・・・返事は来なかった。
Nは、この6030のノキアを、実は約4500バーツで中古を買ったそうだ。4500バーツで買ったものを4000バーツは、高すぎですが、申し出があったらどうすっかって?大丈夫、もう一度取引できます。

■実は、この6030、中古屋で買う前の機種も、同じ6030だったのだ。
同じノキアの中古を再び買わざるを得なかった事情と言うのが、
   まことに、タイのタイたる由縁・・・!

今年の 正月直前 のカウダウ(count down)の時のことです。
取材班が入っているビルで友人等を呼んでプールサイドで開いたパーティーの席で、
酒で泥酔して狂ったセキュリティーが突然、プール際でおとなしく飲んでいたNを 後ろから
 羽交い締め(はがいじめ) にして、プールにジャンプ!!


何ということをする!Nは突然2メートル20センチもの最深部の底に沈められた。

■Nいわく、
ビックリこいたの、何のって・・タマゲた。
しかし、正直言うと、《コレぞ、タイのカウダウだな~》と、水中で笑いながら、沈んでいったそうだ、既にNもタイ人化した証拠か。
しかし、笑いながら水から上がって来た段になって・・・
ポケットの電子キーに気がつき Nの顔色が変わった。

※タイ人のDNA
タイ人は、その昔、インドシナ半島沿岸部からシングルリガーの丸木舟に彼等独自の帆をはって、黒潮以南の南太平洋に移住した ポリネシアン(=戦前のカナカ土人) と一部、DNAが同じです。それで、ポリネシアンが、そうであるように、タイ人もアルコール分解酵素がカナリ弱く、そのため少しの酒で泥酔しやすいわけです。
詳細は、もし宜しければ以下をクリック
『ノー・アルコール・デイ=酒類販売禁止日 に衝撃を受ける必要はない』

■Nは突然沈められたショックで、電子キーの他にも、ベルトにノキア6030を差し込んでたのを忘れていたという。
それで、Nはずぶ濡れの携帯に気が付かず、トヨタ・ウィッシュの電子キーだけ、※携帯乾燥バッグに入れてドライヤーで30分乾かして、復活させた。

もし、携帯に気が付いていたなら、それも100%復活させられたのに・・・残念でしたねNさん。
Nは、酔い心地で朝起きて見ると・・・、
     《 ズブ濡れズボンのベルトにノキアが!》
・・・・・・が、もはや、手遅れだった、そうだ。

■100%相手が悪いのだが、すべては取引なので、

雇い主のセキュリティーの会社と交渉の結果、中古機の値段の50%分だけ弁償して貰えたそうだけど、それだけでも、幸いとしなければ。


 《■カーフールでノキア6030携帯を紛失》  
からの続 

                              きです。

それから2週間が過ぎたある日
Nはカーフールで紛失した携帯のことは、もう、すっかり忘れていたのだが・・・たまには

安心感のあるイスズのピックアップ※にも乗ろうと運転席に座ったときのことだった。

(※次から次と、バイクが超接近して脇をバンバンすり抜けるバンコク都心の道路では、スリムな乗用車は冷や汗もの。図体のでかいバンのほうが、威嚇効果があるのか、バイクも少しは離れ=それでも隙間は10センチもない=ちょっとだけ安心)


■シートベルトを後ろ手に掴んで、引き出そうとしたところ・・・

 

 

 すると、なにか、妙なものがベルトの裏にくっ付いていて掌に触れるではないか!
  なに、これ?・・・・オー!ウワー

                 
 ↓携帯が えっ?一体、何故・・・こんな場所に???




なんと、ノキア6030がベルトの裏側に(差し込まれて)くっ付いているじゃないか。それは、2週間前のあの時から、ちょうどベルトの裏側にくっ付いて、室内壁のベルト固定部に格納されたままだったわけだ。見事に隠れている。これじゃ、何度探しても、見つからなかった訳だ。夜だったので、懐中電灯で探したのだが、こんな所では気づかないわけだ。


■ 一体・・・何故こんな所に???

カーフールで、車から降りる前に、慌てて、ノキアを
    『ズボンのベルトに、差し込んだ』
・・・下の写真のように。


・・・正確に言うと・・・
        『ズボンのベルトに差し込んだつもり』
だった。

・・・・しかし、真実は、差し込んだのは、
ズボンのベルトではなくて、↓写真のように、シートベルトの方だった。




Nさん、これって、≪漫画≫ でしょうや。アホらしいお話し・・・

見つからない携帯をどこにあるか探すときは、他の携帯で電話を鳴らせば分かるが・・Nは今回、鳴らそうにも携帯がなかったわけです。しかも家に帰って他の携帯で架けたときは電源がすでに切れていたと言うわけ。
 

 

もっと読む 

 

 

一つ前に戻る 

 

 

 


 

≪賢い 海外携帯電話 購入 術≫ 

海外携帯購入の正義の味方・アドバイザー

悪徳商法に近い日本の海外携帯のボロ儲け主義。

日本(そして香港)の、各国旅行者向け海外携帯の悪質なネタ

全部、ばらします。

 

 

 

海外携帯、日本で買うと、どうなる?

 

初期投資・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大幅な損失

ランニングコスト通話料・・・・・・・超大幅な損失

紛失し現地で他人に使われた時・・驚愕的損失

結局全て・・・・・・・・・・・・・・・・・・大損害です

 

その真実を以下、経験に沿って説明し立証いたします

 

※海外から日本の携帯会社の紛失盗難時の緊急連絡先が分からず数日経過しただけで、取得物横領者が現地で国内通話すると20万円くらいあっという間に課金されてしまう(タイ国内通話は、タイ→日本→タイのため、ダブル国際通話になる)。

 

海外使用の携帯電話 考現学 
 エイリアン方式=日本の異質な海外用の携帯電話


タイなどの海外で
携帯電話を買うとき、
失くした時、
また、水没した時、 
            貴方ならどうする?


携帯電話、中古携帯、プリペイドSIMカードの買い方

紛失SIMの機能を止めて同じ番号のSIM再発行の方法

料金後払い方式にする方法

海外で使えるようにする

携帯を水没させた時、直ちに100%生き返らせる方法

その他、海外購入の大切な事柄


(以下、いろんな参考例を織り交ぜ、順を追って説明)



■タイなど海外で使うための
GMS携帯電話は、どこの国で買うか?
以下タイではなく他の国の場合は、タイをその国に読み替えてください
間違っても、香港などの(家族的)個人会社などから、SIM付きの携帯を買わない方がよい。

(取材班や知人は香港通販で購入して著しく苦い思いをした経験からこのブログで、同じ目に合わぬように、真実を明らかにしたい)。


もし、香港通販で携帯やSIMを買うと、そのSIMは香港製なので、タイで使う時も、香港経由になり、
バカバカしいほど高いモノになる。

 

何故なら     
タイから日本(またはタイ)にかけるとき         

タイ→香港→日本(タイ)となり、
二重に、バカバカしいほど高くつくからだ

 

ご注意(次の点については、次項で再び、詳しく説明します)

・・・・・・・・日本で買ったときもこの事情は同じ。

・・・・・・・・タ イ→タイは タイ携帯なら、ただ同然に安いが、日本携帯では

・・・・・・・・タ イ→日本→タ イとなり、基地外じみた激高通話料になります。

・・・・・・・・(ダブルの国際通話のため)

・・・・・・・・皆さんは

・・・・・・・タ イ携帯で タ イ→日本、または日本携帯で 日本→タイ の場合、通話料同じ

・・・・・・・・と思うかもしれませんが・・・・

・・・・・・・・実は、タ イ携帯から海外への国際通話料は、日本携帯からの海外

・・・・・・・・への国際通話料より激安なのです。

・・・・・・・・(むしろ、日本の携帯システムだけが、世界で孤立した

・・・・・・・・唯我独尊形式のため、国内通話料も国際通話料もバカバカしい

・・・・・・・・くらい高く設定されている、と言った方が分かりやすい)

香港で買ったSIMは

そればかりか、電話が全て香港経由のため、電話番号や架け方が複雑怪奇で、ものすごく煩わしいのです! バカバカしい程ややこしい。 
それでも、律儀にも取材班や知人は1年間やそれ以上も使ったのですが、いまだに、その ややこしい番号や架け方に加え、また業者の貧弱な説明で、苦労に苦労した結果、心の傷さえ残っております。


では、
日本の国際規格の携帯は?いいでしょうか。

 全くの、失望です。

 

タイなど東南アジアや、欧米、豪 州など海外で使うために 
《日本で国際規格の携帯を買う》 のは、
考え物です!
熟慮したほうが、必ず、貴方のプラスになります。
   
理由

まず、日本の携帯でタイから日本にかけると、日本独特の高料金を取られる。

更に、タイ国内→タイ国内でも、日本経由なので、べラボーな料金を取られる。
  タイ→日本 日本→タイ つまり国際電話をダブルで架けたことになる。
なんと、更に、何処の国に行っても、日本の携帯電話制度の異質さから、ローミング代が異常に高く設定されていて理不尽なまでに高くつきます。
それもこれも、全部、日本という異質な国の、異質な制度が招いた
         腹立たしい現象!

オマケ:日本からの嫌がらせやセールス勧誘の電話、つまらない人の電話でも、日本→タイ(などの渡航先)の海外分を支払わねばならない、という腹立たしいオマケつき!

■結論:どこで買う? (以下はタイ王国。他の国は、その国に読み替えてください)       
それに比べ、携帯もSIMもタイ製なら、日本へも安いタイ料金(何分の一)で済む。嫌な人からの電話に海外分を払う必要はなし(嫌がらせや勧誘の海外通話を架けるはずもないし)。もし、海外に電話を架けて欲しい場合は、日本の携帯を留守電話にして、海外携帯の番号をアナウンスしておく。


おまけにタイ国内へは、嘘みたいに安い。タイから海外に出ても、タイは(異質な日本と違い)国際基準の国なので、ローミング料金も安く 納得価格です 

日本の携帯電話の制度 は 異質な制度

世界標準のタイなど海外の携帯の制度と全く違う、
     
■結論■ 

タイなど東南アジア欧米など 海外で使う時は
 タイなど海外で買うのがベター 

 

連絡先対策:日本の携帯は、留守録 にしておきメッセージを流す=海外旅行中の連絡先として、海外携帯の番号を言って置く。大事な人や組織の場合は、連絡先を録音してもらい、後ほど電話すれば、それで足りる。

 


註:ご存知のとおり、東南アジアのタイなどでは、携帯電話は値段が若干高いが(←現地の金銭感覚で。1000バーツで買える)、その代わり逆にSIMカードや通話料金のチャージカードは激安。
プリペイドカード方式の電話番号は、僅か100バーツ。

外国人はパスポート提示で購入(最近は提示不要←確認済み)。

例外的注意ミャンマーはこの地域では例外中の例外に注意。軍事政権が、軍政維持のための 収入源として、GSM携帯とSIMカード(=電話番号)で、合計 最低でも2100USD=23万円もの脅威的高価格に設定。軍人のみ3台まで半値で買えるので、軍人は、転売により、差額をポケットに入れている。

       

 タイでは、携帯は高い といいましたが、
新品が1000バーツ位から買えるし、
     中古なら1000バー  ツ以下でも買える。
安いからといって、電話する分には、品質上、問題は全くない、メールなども問題ない・・これは小生や友人多数が経験したこと。ノキアであれば・・・。

1000~1500バーツなら、日本のSIMで架ける2~3回分で買えるはず。  

   タイリピーターは無論のこと、
   一回きりの使用者でも元が取れそうな感じです。

 

タイ等の海外に着いた翌日に1000バーツでタイの携帯と、SIMを買ったほうが、日本の携帯とSIMカードを使うよりも、ずっとお得、ってこと覚えておきましょう。

異質な国=日本 を出て、やっと普通の国に来たのに、
異質な国=日本   の携帯に、海外まで、尚も縛られて、
元国有のNTTドコモ、および右倣えの各会社を  ”ぼろ儲け”  させる事ほど、愚かしい!事はない、でしょうよ。



左はノキア2626(FMラジオ付新品で3800バーツ。カメラなし)。

中央はノキア6630(シコンスクエアーの中古市場で4600バーツ)。

右はノキア2650(不在時のメールや呼び出しで、折りたたんだ時の横一文字の帯が光るので、重宝します。

2650はシーコンスクエアーで中古1500バーツ、カメラなし)

↑総合成績が最高点なのは、やはりノキア。


一方、有名な某コリア製4900バーツは

壊れ易いことと、熱意のないアフターサービスに泣きました。

 

購入して僅か2週間後、

お尻のポケットに入れてただけで、丸みを出す為に

液晶が凸になっているため、簡単にヒビが入いりたったそれだけの事で全く使えなくなった・・・。

 

そればかりか、タイで二番目に大きい都市

チェンマイで売ってるくせに、修理はバンコクだけと言われた 

 

携帯をバンコクに送って2週間もたってからやっと返事が、渋々あったが・・・・

修理代金は定価の8割と言われた。

諦めさせる手口だろうか

それで、直すのが腹立たしく、ゴミ箱に捨てました。バカバカしい話ですね

 

某コリアメーカーは目先の利益だけ考えるメ-カーかい。

格好だけ斬新にして女性などの買い気をそそり、

そして、売るだけ、と感じた・・・・のは我々だけか。

 

修理や、金にならないアフターサービスは、ほとんど考えていないように思う。         

 

 

 

もっと読む

 

 

トップに戻る 

 

 

 

 

 

 

携帯、カードの購入法

店頭で買うのだが、日本と違ってその場で購入・使用が可。
IDカード(外国人はパスポート)を提示する。SIMカードも店頭に、番号をいろいろ取りそろえて展示してあり、選んで購入、直ぐ使える。電話機にお金をチャージするには、セブンなどで、テレフォン・チャージ・カード(バットム・ングン=料金 カード )を買って、爪でナンバーを露出させてその番号をカード通りに送信すると、料金が入る仕組み。後払い方式は、後述。

※日本はなんにしても世界標準から、大きくずれている。タイの方式が世界標準であって、日本の方式こそ、イビツです。
江戸幕府以来の (携帯)鎖国制度 といっても大げさではない位に、イビツです
これらの原因の根源にあるのが警察庁の厳しい行政指導だ。

※月々の携帯電話料金が高く、逆に携帯が1円などと言う馬鹿げたことが起こるのも、その行政指導から派生した、いじけた携帯電話会社の苦肉の作です。そのせいで、日本(その他一部の国も)の携帯だけが、設計上、他の国のSIMを使えなくされている、という世界標準のGSMから離脱の結果日本でしか使えないと言う過酷ともいえる不便さをしいられる。

日本の携帯(1円)では、タイなど
          海外の世界標準のシムカードは使えなくする一方で、
タイなど海外の世界基準の携帯では、
          日本のSIMカードを使えるようにしてある
(そして、日本経由の超高額料金をとる)。
すなわち自国の携帯には他国のカード(他国の収入)を使わせず、他国の携帯には自国のカード(自国の収入)を使える
ようにしてある。
  まさに、
国際正義から見ると エイリアン※方式
  
と言われる由縁です。 ※異星人、(異質な)異邦人

※ソニーエリクソンなど外資との提携によって製造された日本の国際規格の旧携帯の一部は、タイなどでは、エンジニアが
”日本以外のSIMカードを使用不能にする機能”を、予め設定されている極秘コマンドを入れて潰すことができた。
しかし、最近のものは、100%不可能になっている。

※このように、警察庁=お上 から始まった日本独自の異質な制度が、更なる異質を次々に呼ぶ
という結果を招いている訳だ。
そのためか、日本の携帯電話は、本来の品質は良いのに、世界の携帯市場では、あまり相手にされていない様に見える。

 

 

 

 

次の・・・・・・・・から・・・・・・・・・・までの

小文字の部分は、興味なければ無視してください

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

警察庁=お上の、江戸幕府いらいの民に対する高圧姿勢がいまだにアラユル方面
に残っていて、民業、民主主義を圧迫している元凶になっている。

日本は、ちょっと前までは、高検挙率、低犯罪率で有名だったが、警察庁が優れていたのでも何でもない(ただし、警察科学など一部は優秀)。
民を、ありとあらゆる方面で
ガンジガラメの制度 で縛って、
民に極端な不便を強いている結果 
からに過ぎない。

いわば、
国民の便利さの犠牲の上に成り立っていた だけ。

笑い話にもならないが  →  警察庁は高検挙率低犯罪率の切り札として以前 ”ご自慢の交番” を タイなどに ”輸出” したことがあります。
・・・で、効果の程は?
   警官の談笑の場 
   と、信号をオートから手操作に切り替たとき(赤⇔青5分間 隔)の
   交通渋滞の原因 
   と、化しているだけ。あえて、利点を探すと、
 交番の、壁などを利用した広告代収入(チェンマイなどで)くら  い?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

■紛失したどうする

タイなどでは、紛失したら、携帯が高くつく。もう一度買わなければならない。日本と違って、携帯の紛失、損壊などの保険はないので。
しかしSIMカードは、そのSIMの電話会社の営業所などに行って、IDカードなどを提示してSIM機能を停止できるし、新しく、同じ番号のSIMその場で、ほぼ無料で!貰うことが出来る。日本のを持参していたら、カードの再発行は不可能。また、電話で日本の携帯会社に紛失を連絡するのも、大変で、その通話料も馬鹿にならない。

タイで購入していたら、特筆すべきは
(タイ人の友人などに言ってもらえるなら)
SIMの発行先の電話会社(AIS,DTACなど)に、電話で、事情をいうだけで、SIMの機能をストップできます。

 

 

■日本携帯の盗難で

      25万円通話料を

 

 

取材班の某が体験した実例ですが・・・・・・

★タイで、取材班の某が、ボーダーフォンの日本の新型のGPS携帯携帯を、タイ人にいつの間にか盗まれていた。
通話停止の、日本の連絡先などが分からず困っていたところ、銀行口座からの電話料金の引き落とし額が10万円にもなっていて驚いた。
ほうほうの呈で連絡先を調べ、通話停止 を届ける事ができたのだが、それまでのわずかの間に、何ん、何んと現地人に、数え切れないくらい何回も国内通話をされたため      
       25万円以上も使われていた!!!
全部、タイ国内→タイ国内で本人はたいした事ないと思ったに違いない。タイの電話なら、1000バーツ程度にもならないだろう。しかし、日本のSIMカードだったので、すごい金額になったわけだ。

しかも、その後、携帯会社の言う≪代理人を立てて、正規に解約≫なる物が完了するまでの8ヶ月もの間、ずーと基本料金の約4000円が、毎月、引き落とされ続けた。

 

携帯者会社の言うその理由とは・・・

直接!店頭に出向き、店頭でもらう正規様式の解約書類で署名捺印しないと、タイからそれ以外の用紙で紛失届けを出しても、解約できず、基本料はずーと掛かるというのだ電話で紛失を届けた時、スタッフに『これで、もう、大丈夫ですよ』といわれたので、こちらではもう終わったものと思っていたのが、とんだ出鱈目を教えられたと言う訳だ。不親切でいい加減な対応と言うほか無い。口座残高を数ヵ月後に調べたところ、
その後もずーと基本料金が引き落とされていたので、ビックリして国際電話で質問して初めて説明を受け、その理由が分かったわけ
★そこで、取材班の某は


 
『直ぐは、帰国できない、何とか、なりませんか?』
とお願いしたが、相手のボーダフォンの担当者は
『直接、あなた自身または貴方の委任状を持った代理人が店頭にお出でになって解約書類を提出して下さい』
と繰り返すだけ。相手が苦境に陥っていても救いの手を差しのべるどころか、定款を逆手にとって毎月4000円の基本料金を口座から引き落とす。まさにエコノミックアニマル。

★そのために、取材班の某は、日本の代理人を通して店頭に契約時の判子をついた委任状を持って行って貰うまでの8ヶ月間もの間、どうすることもできないまま、

携帯会社に、携帯もSIMもなく通話不能のまま本来不要な3万円数千円を(店頭に来て正規書類を出せといって)ムシリとられたことになる。

 

 

■新携帯は何処で、幾らくらいから買えるか?

 

ショッピングセンター、デパート、スーパーなど何処ででも買える。価格は、ノキアなら1000バーツからある。ノキアなら、例え1000バーツのものでも、国内通話、海外通話、ショートメール、留守電、そのほか、ほとんどの機能が問題なく使える

 

 

■中古携帯は 幾ら位で どこで 買えるか?

新機種、旧機種、程度により、新品の半額前後から、三分の一位で買える。

これは新品と違い上記のショッピングセンターなどでは売っていない。

あちこちの市場の屋台などで売られてるほか
バンコクなら
パンティ(ッ)プラザ: (スケベーな タイ人のタイ語の先生が 下着のパンティ に プラザをつける感じで発音したら通じますと教えてくれた)とか、
シーコンスクエヤ(sikon square):( シーナカリン通りにある)
で売っている。

 

チェンマイならパンティップラザ:(ナイトマーケットの南端にある)

 

 

もっと読む

 

一つ前に戻る 

 

 

 

 

 

プーケットに次ぐタイ・ナンバー2の歓楽ビーチ街のパタヤへ、

4泊5日のチェンマイ初詣の旅もまだ覚めやらぬ土、日に行って来ました。

ジャーマン・シェパード・ドッグのラムちゃんを連れて、飼い主のタイ滞在2年選手らとパタヤへ遊びに行ったのだったが・・・。

 

ビーチに面したホテル・インぺリアル・レジデンスのテラス式のレストランで食事をしたあと、ななみ が音楽に合わせて、タイダンスを始めた・・・。

 

最初はいつものANNさんにアムゥ、アムゥ、  マンマ、マンマと甘えていただけだったが、ANNさんの直ぐ左側にいるオレンジ色の上着の女性が抱いたとき・・・・。

 

かかっていたタイ・ルクトゥーン音楽のリズムに合わせて、踊り始めました、アムゥアムゥ・・とリズミカルに声も出しながら!

 ダンスのため、手足腰の部分がぶれて(ぼけて)います。

 

 

ほら、この通り、本場タイダンス特有の手や腕の≪反り返し≫も付いた振り付けまで真似して・・。高く上げた右手の手の平に ご注目。アー、ノイノイ アー、ノイノイ・・

 

 

これには、その場にいた全員が大爆笑(回りに沢山いるが写っていません)

エンタテイメント精神が豊かなのか、皆が喜ぶと更にノリがよくなり、踊っている間中、爆笑が途切れなかったので、はらわたがヨジレてお腹が痛くなりました、です。ハイ!

今まで、叱ってばかりでしたが、これを契機にヤンチャOKに改めます。

 

             

              

                 戻るentry

タイ南部サトゥン県沖の海上で3月23日、ヨットに乗っていた英国人夫婦が襲われ、夫(64)が殺害された事件で、警察はミャンマー人の男3人(181920)を逮捕した。

 3人は、被害者所有のヨットに乗り込みゴムボートを奪おうとしたが、夫に抵抗されたため喉を切りつけ、海に突き落とした。その後、妻に陸に向かうよう指示したが、間もなく当局海洋公園の職員にみつかり、身柄を拘束された。3人はトロール船の従業員だった。

 夫婦はピピ島からマレーシアのランカウイ島へ向かう途中だった。

 軽症を負った被害者の妻は、現在、在タイ英国大使館に保護されている。英国大使館では、「タイ警察と事件の責任追及を急いでいるところ」と発表している

(以上バンコク週報より)

 

 

このようなミニ海賊行為があるのは、マラッカ海峡からフィリッピンのミンダナオ海域までの流域と、それと最近問題の大型海賊のソマリア海域。
昔、宇宙戦艦ヤマトの作者らの世界一周ヨットが、こんな海域の海賊に対処する為にライフル銃2丁拳銃1丁をヨットの壁などに隠していのだが、その秘密が、元関係者の密告によって発覚して逮捕され、なんと武器に関しては世界で最も厳しい国=日本 の裁判で5年6ヶ月年の実刑にされたことがる。

日本の銃砲規制は、世界で一番厳しい法律で、世界の平均的な規制から見れば病的でヒステリックなまでに厳しい。そのため銃器が氾濫している後進国の海域を行き来するヨットマンの防御に関してミスマッチが起こるわけです。日本なら警察がまぁ守ってくれる(建前です)が公海では自分で守るしかないですから。それを解決するには危険領域の公海上に入った時点で、業者に護衛を頼むとかだが、これも、通過後護衛をどう送り返すかの課題があるし、又逆に送り狼に変身する恐れがあります・・・。


こういう領域の海では、銃は必須に近い護身具だが、タイなど外国の領海では、居住国の国の銃砲所持許可は、無効なので、イギリス人でさえイギリスでは所持可能でも、他国の領海には持ち込み不能だ。それを忠実に守るとこういう悲惨な事件が起こってしまう。そのため、それをカバーする手段として壁に秘密裏に銃を埋め込むことが行われるような悪しき習慣があるのは有名な事実だ。銃なしにこのような海域を航行中、海賊、ミニ「海賊にあったら、無事で済んで帰ることなど不可能だ。銃の所持許可の、

そぞれの国ごとの規制の違いが産む悲劇。

 

因みに取材班では、事務所に凶悪な強盗が侵入したときの防御用に、身内のタイ人に、合法的にライフル銃を護身用に持たせている。幸いなことに、今まで

一度も使う機会が起こらなくて、銃身とかにサビが浮き始めていることが最近分ったのだが、錆を見て、逆にむしろ安全無事で居られたことのあり難さを噛みしめている。

 

参考資料

元「宇宙戦艦ヤマト」プロデューサー 西崎被告が自動小銃密輸。 船で香港から
[1999年05月12日 東京朝刊]

 自動小銃や短銃、などを所持していたとして二月に逮捕、起訴されたSFアニメ映画「宇宙戦艦ヤマト」の元映画プロデューサー、西崎弘文被告(六四)=銃刀法違反罪(所持)で公判中=が自動小銃などを自己所有の船で海外から国内に持ち込んだ疑いが強いことが、十一日までの警視庁銃器対策課と四谷署の調べで分かった。銃器対策課は容疑が固まり次第、十二日にも銃刀法違反(密輸)の疑いで西崎被告を再逮捕する方針。
 調べによると、西崎被告は昨年暮れごろ、オーストリア製自動式短銃「グロック」一丁と弾丸約百三十発、自動小銃「M16」二丁と小銃用弾丸千八百発、榴弾三十発を香港で購入し、自己所有の船を使って国内に持ち込んだ疑い。

 西崎被告はダイビングが好きで、漁船を改造した船を所有し、「海賊が出るから航海上の安全のために五、六年ぐらい前に香港で買った」と供述している。。

西崎被告は、最高裁の上告棄却により、懲役5年6ヶ月が確定した。 
 

 

戻る

 

 

 

 

 

 

↑このページのトップヘ