nnanami2

癒しの国タイの 怠惰と享楽、酒と踊り、嘘と誤魔化し==日本人医師の啓蒙ブログ==このブログはタイを愛する人が一部タイ人の悪事に巻き込まれてタイが嫌いになってしまわないように 啓蒙することで、余計タイを好きになって欲しい、その気持ちで書いております。従ってタイやタイ人の欠点を書いた場合、一部の、という意味です== タイに13年近隣国に3年。あっという間に過ぎ去った16年間。その後半に書いてきた産経イザブログは2万6千人中、2位~10位のランキングで活躍しておりましたが、イザ廃止の憂き目に逢い、もうブログは辞めようかと・・が、引っ越しツールのお蔭で800タイトルを無事引っ越せたので、また活躍することになりました。ただ、面白知識全集など目次形式ブログではクリックしても無効です。ご面倒でも検索サイトで『タイトル名、nnanami2』で検索して下さい

2010年11月

詳報。クメールルージュの後遺症が惹起させたのか?

 

註:Khumer Rouge(仏語) 赤いクメール人 と言う名のかって存在したポルポト派の政党名。なお、カンボジアの国名(言語、人)は大略Khumer クメール という。この国のイニシアルがKHであるのは、ここから来ている。
 

都心を南北に走るモ二ポン通りの北限(この通りとシアヌーク通りとの交差点=都心から3キロm北)である 銃撲滅・記念塔 からトンレサップ川を東にまたぐ長大な橋は、カンボジア日本友好橋という。その橋の上で、タイ等とも共通する水祭りロイクラトーン(灯籠流し)の最中に、橋一杯にぎっしりと詰まった民衆が、誰かの『橋が壊れるぞぉ~っ!』と言う妄言が周囲に広がって、民衆が我先に争って逃げ始めたため、押しつぶされるようにして345人以上が、内臓破裂などで亡くなった。死亡者数はまだ増える傾向にある。このような圧死事故で亡くなる方は、非力な子供、老人、および女性が圧倒的に多いとされている。(その後の情報では死者は349人で、内 女性が200名以上だと報道された)

”あの有名な(カメラマン殺害や社長が一時捕虜になった)”AFP通信ニュースでは、『事故はメコン川をまたぐ橋で起きた』とされているが、これは誤り。メコン川の川幅はプノンペンではトンレサップ川の約2倍あり、幅があり過ぎて架橋は金が掛かりすぎるため現在作られていない。トンレサップ川に掛かる橋もこの友好橋一つだけで、プノンペンはもとより、北部のずっと上流まで この友好橋以外にはない。(筆者後註=この友好橋の約15キロ上流に、実はもう1本、日本友好橋が最近完成していたことが分かった)

 

あと一つだけ橋はあるがプノンペン市内よりずいぶんと南にあり、トンレサップ川でもメコンでもないバザック川に架かる橋。(プノンペンは三つの川の交差する場所にある。)

 

AFPの記事は、これらの現地事情を知らない記者が現地の情報筋から聞いて誤解して書いたものと思われる。また、ニュース記事中、事故は『狭い橋で起きた』,とあるのも誤解で、この橋はプノンペン最大の橋である。他のニュースではトンレサップに架かる橋、と これは合っているが、幅50mくらいの橋などと これも同じ間違いである。


この友好橋は国道6号線にあり、トンレサップ川をメコン川と隔てている幅約1.5キロmの中州で着地して6号線は北に向かう。(一見、中州に見えるが、実は中州ではなくて北部の陸地までず~と陸続きである) その中州の隣には広大なメコン河が流れるれているが、橋はもちろんメコン川までは行かないで、中州で終点となって北上するわけだ。6号線は途中で東方面へ7号線となってコンポンチャームに向かう道と、折れずに真っすぐ6号線のままタイ国境の町ポイペトに向かう道の、二つに分岐している。

(ついでに言うと、コンポンチャームにも、メコン川=プノンペンのそれよりも狭い=に日本が作った同規模の まだ新しい目の日本友好橋がある)


さて349人以上も圧死で亡くなったと言うこの橋はどういうものか?
プノンペンのこの友好橋は往復2車線で、両側に約2mの歩道が設けられ、分離帯はないが橋の総幅=約12m以上、橋梁の全長=約1.4キロm以上、川の中央付近の高さはざっと視認で約50mはあると思える巨大なものだ。人間がぎっしりと何千人乗ってもびくともしない橋である。

 

重量トラックが数珠=じゅず=繋ぎに橋の長さ一杯に渋滞しても、更に十分な安全性をとって造られているから,上記は当然である。橋から川に飛び込む者もいたというのだから、事故の場所は橋中央付近からずっと離れた中州付近の比較的低い位置の橋上での事故であろう。中央付近では、飛び込むのは自殺行為である。

先進国では考えられない妄言に起因する大量の死亡事故は、科学教育の不十分さ(国民の大半は義務教育未満で、短大、大学は裕福な子女のみ)から来る前近代的な迷信や蒙昧さが招いた 人為的な事故ではあるが、、、、、明石で起きた似た様な大量死亡事故のことを考えると、一概に蒙昧さが招いた事故とは にわかに言い切れない。これは、或は、クメールルージュ(赤いクメール人)による大虐殺とも関係があるかも知れない。

なぜなら、ポルポト派は教師、会社経営者、医師、議員,地域のリーダーなど知識人やリーダータイプばかりを選択的に(人口の4分の一まで)ことごとく殺害したので、殺されずに後に残った人々は、良くも悪くも 誰かに指示されて動く従属的な性格の人ばかり残ったからである。これらの人々はどちらかと言えばおとなしい民衆であり、逆に言うと このような事態になると まるで羊の群れが一頭の肉食動物に どよめきながら 慌てふためいて逃げるように、付和雷同的な烏合の衆と化す可能性がある。



亡くなられた大勢の方のご冥福を祈ります。

以下はニュースから引用
____________________________________
見物客ら345人死亡=「水祭り」でパニック—カンボジア
時事通信 11月23日(火)7時35分配信
 【バンコク時事】AFP通信によると、カンボジアの首都プノンペンで22日夜、年中行事「水祭り」に集まった見物客がメコン川に架かる橋の上で折り重なるように倒れ、少なくとも345人が死亡、400人以上が負傷した。外国人が巻き込まれたとの情報はまだない。
 フン・セン首相がテレビを通じて発表、「(人口の4分の1が死亡した)ポル・ポト派時代以来の最悪の悲劇だ」と述べ、25日を追悼の日にするとした。事故の原因究明のための委員会も立ち上げる。
 詳しい事故原因は不明だが、AFPは政府報道官の話として、犠牲者のほとんどは窒息と内臓の損傷が死因だと伝えた。報道官は、見物客の間に橋が壊れそうだとのうわさが広まり、逃げ場のない混雑した場所でパニックになったとの見方を示した。
 目撃者によると、市街地と川の中州ダイヤモンド島を結ぶ狭い橋の上で、見物客の中で押し合いが始まった。川に飛び込む人も多かったという。 

党県連初の大臣として祝いの席で『法律分野の大臣として国会答弁は大変なんざんしょ?』と持ち上げられ、つい調子に乗りNHKのカメラがいるのも忘れて大臣は言った。

「なに〜、キミ〜っ、、、オレは法務何てものは何一つ知らないし知ろうとも思わんがね〜っ、法務大臣なんてものはだな君〜っ 《たった二つだけの言葉》を知っているだけで十分なんだよ。一つはだなあ、、『個別の事案については答えを差しひかえさせて頂きます』、とだね、、もう一つはだな、あれ?何だったけな〜、、、、あっそうそう、これこれ、『法と証拠に基づいて適切に やっております』これだあっ、わし、今まで何回使ったかなあ、これ。このたった二つで』全部上手く行くんだよっ。なあ分かるかあ、君〜い」 

・・・、こう言い放って祝いの席の爆笑をとり、其れを見て大臣も上機嫌に、わあっはっはっと頭を指差しながら、ここを使うんだここを、と大臣は高笑いした

、、、と思ったのも束の間、、、、、
国民に放映されて、あっと言う間に、このたった二つのせいで』大臣をクビになったっていう、こちらも、(何度も変わるのは拙いと言う)たった一つだけの理由』で政権に就けた管内閣が、一度も世の中を明るくした事がない中で、退陣直前になって 『たった一つだけ』放った明るいお噺(はなし)であります。
 

平成の平和ボケを覚ます中国。平成の眠りを覚ました中国煎茶(ちゅうごくせんちゃあ→ちゅうごくせんちょう→中国船長)、たった一回で夜も眠れず、ってか?
有名な川柳
太平の眠りを覚ます上喜撰たった一杯で夜も眠れず
は、幕末の江戸時代、猫も杓子も浮かれて太平ボケしていた日本が、黒船来航で大騒ぎになった時の有名な川柳です。

 

 

■              

                            ()

ここで、上喜撰とはお茶の特撰ブランドですが米国の黒船=蒸気船の意味もかけています。4杯はお茶4杯であると同時に、船4杯をもかけています(船は1杯、4杯とも数える)。

この川柳は、よく知られている様に江戸時代の1853年、アメリカのペルー総督率いる蒸気船の黒船が、日本に開国させ不平等条約を結ばせる為に、浦賀に4隻来航したとき詠まれた歌です。当時日本中が大騒ぎ、上は幕府から下は町人、果ては”犬や猫”まで () 右往左往の大混乱となりましたが、その大混乱の様を、(詠み人は)『上喜撰(と言う特撰のお茶)をたった4杯飲んだだけで、夜も眠れなくなってしまった』、と言う意味にかけて詠んだ訳です。浦賀の黒船から尖閣の中国船まで163年間。歴史は繰り返すんですね。当時も町人文化が大隆盛していた江戸の太平ボケ、今回も憲法第9条の下での平成の平和ボケ。

 

■それ以来日本は勤皇方と幕府方に真っ二つに分かれて血肉の争いが始り、結局 幕府方が敗れて明治維新、軍備近代化へと進んで行きましたね。

冒頭の私の下手なうたは、日本中を大騒がせにした中国漁船事件を、もじったわけです。

 

■ここで、中華の煎茶について補足しておきます。

中華煎つまり中国の煎茶と言う意味ですが、煎茶や煎茶道は日本独自の文化のように思われておりますが、しかし実際は、煎茶は元々中国の文化。中国では、養生も兼ねて茶を煎じて飲んで楽しむ 煎茶趣味 が発達して、それから煎茶道ができました。これが、日本に渡来して、日本独自に改善して日本の煎茶になり日本の煎茶道になりました。この経緯は、栄西の、喫茶養生記に書かれているそうです。

 

元の話に戻ります。江戸時代の4隻の米国大型蒸気船と 今回の一隻の中国漁船は規模こそ違っても、日本中が上から下まで右往左往の大混乱になった事には変わりありません。したがって、日本が、黒船事件によって外国に侵略されない国家、近代的で必要かつ充分な軍備を備えた国家へと大きく方向転換したと同じように、今回も、尖閣事件を契機として隣国が侵略的様相を呈し始めたこの時代に合わせて、日本国憲法第9条を改正する趨勢となるでしょう。

 

■まだ非近代的軍備しかなかった時(黒船1853年)から、近代的な軍備を備えた国家が誕生する(1868年)までに丁度15年かかりました。

第29代航空幕僚長で積極防衛などを論じた論文を書いて解任され軍事評論化になった田母神氏が、『中国の侵略に対処可能な装備が完成するまでに最低15年かかる』と言いましたが、まさにピッタり同じです。これは決して偶然ではありません。油断していた時の軍備は手抜きでお粗末。これを真の抑止力ある軍備にするには、163年前も今も同じく15年はかかると言う事です。

 

 

 

すべて事件ですスポーツ話題!コラむ世界からマネー・経済ビジネスIT政治も本・アートリビング

 

 

http://nnanami2.iza.ne.jp/blog/entry/1903077/
より続く

さてそこで、本題だ。
今日届いた最新号を見ていると、こんな記事があった。それは私が我が警鐘ブログで、散々 タイ人の騙しと誤摩化しについて述べて来た内容よりも、もっと優れた警鐘記事であった。その記事の事を表現したのが、表題の『囮(おとり)(筆者註:おとりと言うよりも、今の場合インチキ?)広告で騙すも企業が不渡り何回だすもOKのタイ企業にご注意』である。

以下に引用。(題字内容とも元のまま)
____________________________________
おとり広告で、騙された日本人【メルマガ149号掲載】 2010.11.12 
 パタヤ中心部にあるコンドミニアム。この階上に「売コンドミニアムあり」との看板あり。この辺りからなら、歩いて海岸に行ける、という距離。Aさんは、この看板を見て事務所へ行き、売買契約をしてしまう。

 そこまでは良いが、それから1年過ぎても所有者移転登記が終わらない。そのことを事務所に言うと、「手続き中。しかし、何の支障もなく住めます」と、話を住むことにそらして、手続きを終わらせようとしません。
 これは、典型的おとり広告で、詐欺行為なのです。タイではおとり広告の規制がなく、野放しです。要は、本人の不注意ということで終わり。警察へ行って、詐欺行為なので刑事事件として取り上げる相談しても、「弁護士の出番で素人ではどうすることもできない」とのこと。
 教訓としては、日本から来てタイの商習慣に慣れていない人は、大きな買物をする時、十分気をつけることです。「覆水盆に帰らず」の通り、手放したお金は元に戻りません。

[関連記事]
・ビジネス・生活情報ページ − 2章 3.商習慣

______________________________________
  
大上段にタイの商習慣を述べるつもりはない。ここでは身近な点について触れてみよう。 
  
(1)  不渡りは何回やっても銀行取引停止にならない。ゆえに、不渡り手形は簡単に出てくる。このことについて銀行は一切責任なし。大きな金額ではじめての取引の時は手形で受取らぬことが一番重要。受取る場合でも銀行振り出しの手形にすること。
  
  
(2)  金持ちは貧乏人と対等ではない。タイでは、金持ちは無条件に強い立場にたっているのである。 よって、金持ちを敵にまわし裁判に訴えても勝てない。
  
  
(3)  契約自由の原則のもと商取引を行っている。よって、弱者を救済する 目的の法律はない。例えば、借家法はない。
  
  
(4)  手形は普通使われていない。先付け小切手で代用している。
  
(5)  一度買ったものは、その品物に瑕疵があっても返品は非常に難しい。
  
(6)  契約書は平等ではなく、強い側が有利になっている場合が非常に多いと認識すべき。
  

 

実際私が買ったGスチール=タイ大手鉄鋼メーカーは2年間も、会社債の外国人所有者に約定金利を経営難と勝手に理屈をこね2年間1銭も支払わず堂々と上場
____________________________________
話はここから、、
以前、チェンマイに住むソムシー和田さんという一児の母親をしているタイ女性の方の家に、私が一人で闘病し易い為にと、数ヶ月間我が子ななみ と、タイ嫁のチャンヤーを、日本語も上手いと言う事で3食+日語家庭教師付きで 預かってもらった事がある。
ご主人の和田さんは日本で仕事があるため年に一回くらいしか来れないので、ソムシーさん母子は毎日が楽しそうで大いにハッスルしていらっしゃった。
その和田さんの従兄弟に当たる方が、たまたま、バンコクで押しも押されぬ有名な日系不動産屋である小林株式会社の社長さんだった。

まあ,そのヨシミで以前この会社のHPに我がizaブログのバーナーをのせて欲しいと電話で頼んだ事がある。すると小林さんは、いいですよと親切に答えてくれた上、ところで、あなたのブログのアクセス数はドノくらいですか、とお聞きになった。で、私は、毎日のアクセス数を正直に答えたのだが、小林社長は『ええーっ?それじゃ内より遥かに多いじゃないの、そんなんじゃ内のに載せても意味ないですわ』、と言う事になってしまった。私は、我がizaブログを邦人の為の警鐘ブログを自負していたもので、その意味では邦人用の不動産屋は多いに価値があると思っていたのだけど、断られた本当の理由は、警鐘ブログと言う事で当然タイの悪口にもなる訳だから、タイに来る邦人向けの会社としては相応しくない、と考えたのかもなあ、と私は内心思っていたのである。それ以来、我がブログもおかげさまで成長して、今ではアクセス数は当時の10倍を越えるようになったのだが、、、。

正直に言ったアクセス数のお陰で、まあ バーナー掲載はポシャったものの、それ以来、律儀にも小林豊さんは部下に言って、私に小林株式会社のメルマガを送ってくれている。このメルマガは、バンコクの住宅情報を主としているので本来私には関係ないのだが,しかし、賃貸数の上昇下降によってタイ経済の実需面から見た景気の良し悪しが分かる(註:タイ経済に付いても書かれている)。それで、タイの3つの大企業に投資している私としては重宝しており、毎回欠かさずに読んでおったという訳である。

さてそこで、本題です。
今日届いた最新号を見ていていると、こんな記事があった。それは私が我が警鐘ブログで、散々 タイ人の騙しと誤摩化しについて述べて来た内容よりも、もっと優れた警鐘記事であった。その記事の事を表現したのが、表題の『囮(=インチキ)広告で騙すも企業が不渡り何回だすもOKのタイ企業にご注意』である。
このあとは次(読み易いサイズにするため) 
続)編  http://nnanami2.iza.ne.jp/blog/entry/1903111/

端た金で新幹線技術を全部盗まれたJR関連企業の恨み(英メディア)。中国は確信犯の海賊国家、盗人国家である(昔、欧米日に蹂躙された恨みから、やって当然と考えている)。下は個人から上は国家まで、ソフトから新幹線まで、中国は最初客面をして一件だけ購入し、その後で、何千枚もコピーして売主の将来見込めたはずの利益を横取りしてしまう国である。一件だけの支払いで、その何千倍もの莫大な利益を企む略奪国家である。

 

国家が率先して密かに海賊コピーした新幹線技術で大儲けをやる国だから、国民も真似するのが当たり前。町に出て見ればそれは明らかだ!日本の貴重なソフトの違法コピーが氾濫している。自国のみならず全世界にまで売る悪どさ!

中国と言う国は、年月と費用と努力を注ぎ込んで開発した技術や商品を、同じ努力を全くしないで、たった一件の支払いだけで、開発者の権利を奪い去る。本来開発者が売って得られる筈の莫大な販売利益を、盗賊同様に 全部かっさらってしまう極悪非道の盗人国家だ。

国家ぐるみで行う(新幹線などの)最先端技術の略奪は、ひとり購入物件だけには限らない。すなわち中国は、なんと中国に進出した先端企業の製造技術や設計図までを、『日本の進出企業は国家安全保障上の目的に資するために、製造技術と設計図を、所轄官庁に届けでる義務がある』、などという邪悪で恐ろしい法律まで都合よく作って、十把一絡げに 国家的規模の盗みを企てる邪悪な国家である。
この点、偽札、覚せい剤製造販売業の北朝鮮と何ら変わらない。これらの共産国家の本音は、『どんな手段を使ってでも欧米先進国に経済的に追いつき、その経済力で軍事的圧倒的パワーを将来の侵略的国益の為に獲得する事に他ならない。

中国に借り(米国債)がある米国から、戦略的互恵関係を結べと言われ、脇の甘い日本政府がまんまと調子に乗って引っかかったのがそもそもの国益被害の始まりである。それはどういう事かと言えば、、、

 

例えば新幹線技術の引き合いに付いて言うと、、、JRの関連企業(川重工など)などが中国が購入を確定しているのは、新幹線のごく基礎的な一部商談だけにも拘らず、中国側の主張する『将来の商談も視野に入れて、予め本当に自国で実施できる物か知る必要がある。だから、念のために関連技術の全部を開示をしろ』という怪しげな主張に、最初は勿論JR関連企業が警戒して拒んでいた。にも拘らず、戦略的互恵関係の為だからと中国に発破をかけられた日本政府に説き伏せられ、止む得ず開示させられた。と思ったら、瞬く間に何時の間にか全技術を盗まれてしまい、たった数年で、、それこそ、中国が真面目に開発したならば20年はかかる新幹線最先端技術を、あっと言う間に、物にされてしまったと言う訳だ。JR東海が英国系のメディアとのインタビューで『中国が米国やメキシコその他の国に商談を持ちかけている新幹線技術は、我々JR関連企業が数十年かけて開発した技術を盗んだ物だ』というコメントに、その悔しさ、無念さの程が ほとばしり出ている。実際に中国が支払ったのは、新幹線の起訴技術だけ、将来商談予定だとした総額の僅かに過ぎない(1%にも満たない?) 掴み金 だけだった。

汚いぞ、クソ中国!

 

お陰で今じゃあ、盗人の中国は日本が数十年こつこつと蓄積した最新の新幹線高度技術を中国全土で使うばかりか、他国でも勝手気ままに売りさばこうとしている。何度も言うが、、たった一件の支払いだけで、、全てを盗み、ただ同然に中国全土の新幹線を作り、海外にまで輸出するというんだ。

豚でもない盗人国家、右翼的に表現するなら糞豚野郎の国家である。かたや、日本は?といえば・・企業も不用心なら国家として世界でも珍しいアマチュア国家、間抜け国家 である。いくら言っても言い足りない。、、まさしく日本は、上からしたまで平和ボケした 幼稚国家そのものである。この間の事情は一人政府だけに責任を背負わせられないだろう。国民の自国防衛義務を放棄したも同然の《 憲法第9条 》を、理屈抜きに、そう、ヒステリックなまでに死守しようとして来た国民と馬鹿マスゴミと左翼系の馬鹿政党(最たる物が一に共産党、二に社会党の残党の福島、三に巧みに変装した民社)にもその責任の一端があるだろう。

 

すなわち自国防衛義務を放棄した第9条の下で これらを全部含めた全国民が、《太平の眠り》 とも言える様な平和ボケをしていた、という問題が根底にある。軍事力を否定した憲法9条を、これ幸いと65年間もの間 良くも悪くも理屈ぬきで死守してきた大きなツケが今回って来たのである。
 

中国政府、中国人、日本や全世界に散らばる華僑たち、いずれも、ずる賢く汚く大儲けを企んできた、油断ならぬ奴らばかりだ。かく言う海外在留邦人の一人である私でさえも、シンガポール、タイ、カンボジアで 華僑系の奴らに、どれだけ煮え湯を飲まされたことか(投資など)!言葉の真の意味で、彼らは ”決して油断できない連中” である、と声を大にして訴えたい。


幼稚な日本政府が、こんなずる賢い邪悪な略奪国家と、

戦略的互恵関係を結ぶなど、自殺行為に等しいのである。幻想であると言うよりも、中国自体、互恵の関係(ギブアンドテイク)を結ぼう等とは思っていない。互恵互恵と言いながら、相手が油断するのを待って、最先端技術や環境技術など様々な技術を一方的に略奪しようと手ぐすねを引いて待っているだけである。

この点、アメリカの大統領も日本を嘗めているだけではなく、考えも甘い。盗まれてもそれは単に(米国技術を見下しかねない強敵の)日本を毀損するだけで、米国は損しない、と思っているだろうが、それは浅はかだ。それが盗まれるということは、日本だけが損するのではない。欧米日の戦略的技術と言う物の根底には、共通した根幹技術の設計思想があるので、ゆくゆくは日本のみならず 米はもとより欧州の先端企業まで大損を被るのである。

日本丸は、これ以上、中国やアメリカにのせられて国益の毀損を全日本の技術に拡大しない為に、
『進路を取り舵(西に)イッパ~イッ』に切らなければならない。
それでも中国との取引はどうしても、かなり残るので、今後は米国同様に企業秘密管理法の様な法律を制定して進出企業や輸出企業に課し、その流出を防ぐべきである。私の知っている人でタイに住んでいる元大手自動車メーカーの中国系日本人は、新型自動車の設計図を部下とくんで盗み出し中国に約三億円で売ったと、かなりの確率で言える恐ろしい人物がいる。しかし、日本には産業機密防止法が無いから、パクられた所で(もし会社のを使っていたとして)コピー用紙とかフロッピーディスクの窃盗くらいしか問えないのである。韓国の自動車メーカでも中国の依頼で設計図を盗んで売って(6千万円から1億円の範囲)韓国警察に逮捕されたが、韓国には防止法があるのである。

今後増えてゆくと考えられるインドとて、油断できない国なのだから、そのためにも企業秘密管理法は必須である。

こんな大仕事は、可哀相だから一回ぐらいは民主に政権運営をやらせてみようじゃないか、と お情けで取らせただけの民主政権では 到底 覚束(おぼつか)ない。

 

では誰に政権を取らせるのか?
それこそが問題だ、あ~あ っ、日本国民は 頭が痛いのう〜っ。

 


   







ジャンル その他 話題世界

今の素人政権は過激派時代のイデオロギーの延長線上にある

仙谷、管らは、約40年前の1970年、熱病の様に流行った過激派学生のイデオロギーでもって、今 政権を運営しているのではないだろうか。
東大紛争、安田講堂の攻防戦などの、まっただ中にいて 角棒と火炎瓶で”武装”した戦争ごっこをやっていた仙谷らにとって(ただし仙谷は講堂に立てこもる”戦士達”に、弁当運びをする役割であった)いかに40年が経ったとは言え、成長期の柔らかい精神の上に培われたイデオロギーや思想と言う物は、決して消える事は無い。今、仙谷らの無意識な心の中央には、彼らが紛争時代に栄光色を帯びて輝いた共産主義被れの政治理念が今でも鎮座して生きずいているのである。

仙谷らは、40年前、東大紛争において中国共産主義のシンパとして 革命歌インターナショナルを 皆んなで肩を組み腕を組み体を揺すり合って こう、歌ったはずだ。、、、
            ♬ 起(た)て、飢えたる者よ、今ぞ日は近し、
              覚めよ、我が同胞(はらから)、暁は来(き)ぬ
                 、、、、、、、、、
彼らの政治観は恐らくこの頃に形成されたのだろう。もちろん連中の気持ちは、私にもよく解る。私と同じように あつく燃えた青春も、角棒で何もかもをぶち壊したいと思った当時の嗚咽の叫びも、私には痛い程よく解る。

しかし、一寸待ってくれ、

学生時代の延長線上の素人の政治理念で,日本国の政治をやられては困るんだ。アンタらは、まさに青春時代に植え付けられた政治観、すなわち 当時の過激派学生が拠り所にした”聞きかじりの(ノンプロをアジるための演説用の)聞きかじり政治理念と共産崩れした単なるバラマキ思想で、素人政治をやっているだけじゃないか。日本国が沈没する可能性がある現実を前にして、そんな馬鹿バカしい政治ごっこをやっている場合じゃない。そんな馬鹿馬鹿しい似非理念や、ばらまき思想で、日本国を運営してくれるのは、絶対に許せない。

時代錯誤かつ時代遅れの 耳糞的極小政党である社民と、特に必要不可欠ではなかったのに、民主党に投票した国民にきちんと問う事無く、馬鹿げた連立を組んだのも、おかしい。その訳は単に、仙谷が働いていた弁護士事務所に、たまたま弁護士の福島瑞穂もいて仲が良かったからに過ぎない。この事実は、仙谷らが日本の政権運営を、いかにお気軽に考えている化と言う証左であろう。まさに政権の私物化である。

1年前に、自民に愛想を切らして、鳩山や、仙谷管らに日本の運営を任せたのは、飛んだ見込み違いだった。
民社は、次期選挙で必ず国民から天誅が下されるだろう。

 

 超短期政権下の柳沢伯夫厚生労働大臣が2007年1月27日、松江市で開かれた集会で、女性を子どもを 産む機械に例え大批判された事件は記憶に新しい。一方こちらは、アマチュア政治家として(無能な管に代わり)摂政政治を担っている事実上の首相の発言である。自衛隊を、古い政治社会学の古い専門用語である暴力装置といったのは、非現実的な政治しかしていないアマチュア政治家ならではの発言である。

やはり、仙谷は約40年前のゲバルト学生運動時代の、栄光色に染められた共産主義理論に酔っていた頃の学生感覚で、今もなお (政治)『ごっこ』をやっていたんだね、その証拠に、暴力装置なんて誰が言うだろう。

この言葉は、学問的にしか、それも滅多に使わない古い政治学用語である。”首相”のこの発言を自衛隊員が聞いたら、イザと言う時に誰が命を張ろうと思うだろう。管はそれでも更迭はできない、せいぜい形だけの叱責で終わり!
管自身は、仙谷が居なくなったら、間違いなく実政権を担う能力も自信も無いからだ。演説するときはいつでも、管がおどおど、おろおろ と、している様にみえる訳が今分かった。

もう、政治ごっこしか出来ない政権はサッサと退場してください。

亡き妻より役者大事、弔い僅か2時間とは酷すぎ

役者がそんなに偉いのかね。ファンの為か、おのれの為か。どっちでも同じだ、死ぬ前も死んだ後も、妻に冷たすぎる事には変わりはない、、、何故もう少し、死に追いやられた妻を弔ってやれないのかね。そんなんだから(仕事に冷徹すぎるから)奥さんを自殺に追いやったんだろうね、、、オイラには到底考えられない。素晴らしき妻を貰って華麗なる人生と思いきや、夫婦の絆に”飽食ぎみ、食傷ぎみ”っていうの。なんとも普通の男には羨ましいほどの出会いと絆に、飽食するって、なんと勿体ない贅沢な役者人生であるのか。

私事で申し訳ないが、、
私の嫁はする事なす事、いつも腹が立つ事ばかり。真面目な日本人から見ると、信じられないほど怠惰な性格で、いつもテレビの前でお菓子等を食ってばかりの生活だから、一言三言 小言を言ったらば、大きな声で怒鳴り返す難儀な女。こりゃ言っても無駄だわ、と言うのを諦めたら、何時の間にか土人さながらに太ってしまった。全く手に負えない天性の怠けモンのタイの悪嫁である、、、、
私はそれでも こいつが重い病気でうんうん唸っている時は、『お前の日頃の恥ずべき行状が招いた病気だぞ。これに懲りて、これからは一寸は真面目になれ』などと文句を言いながらでも、毎日24時間付いていてやってる。

一方彼の妻は、そんな私の最低の悪妻と大違い!、、、なんと精神も肉体もぼろぼろになりながらも、重要な子育てと大変な(母親の)介護に奔走していたって言うじゃないか。その上、旦那より15歳も若い麗人だっていう、、、。聞いてあきれる様な恵まれすぎる旦那様だったんだ。まこと、北の将軍様だ。

我が不祥の、怠けモンでグウタラな最悪の嫁とは、月とスッポン程も違う。彼の嫁の方は、かって皆を魅了させてくれた素晴らしい女優さんだった麗人、例え何歳になろうとも、そんな素晴らしい嫁をもらった夫であれば、何があっても守ってやろうと考えるのが当然じゃないの。

普通の人なら、病気の妻を一人に放置して死なせれば、要保護者遺棄罪で逮捕される。鬱病だけでも立派に成り立つ。鬱病は一人にすると自殺し易いんだから、仕事とは言え長期間いたずらに放置すれば遺棄罪にもなる。彼女は鬱病だけじゃない、肉体的にもいろいろ病んでいた。そんな重い病人を家庭療養中に死に至らせば、立派に同罪が成立する。一見、病気を苦にして自分で勝手に頚吊って死んだだけ,と思う人もいるかも知れないが、今回の自殺による彼女の死は、食事を与えずに餓死させるとか、家庭療養中の病人を長期間一人に放置し、あげくに死なせるのと本質的には同じ事だ。すなわち仕事にかまけて病人を放ったらかしにした行為が招いた《必然的な死》である、と私は思う。

最後に:
以上の自分の記事を読み返すと、多少酷な書き方に見えないでもない。が、よく考えると、それは決して的外れの記事じゃないと改めて思ったのである。
何故なら、、、世の中で最近頻発している 病人を保護遺棄で死なせて逮捕される事例は 日本を覆う不景気の定着と共に段々と増加の一途を辿っている。しかもその大半は、単にお金、生活費が無いと言う貧しさから、どうしようもなくなって仕方なしにそうなってしまったと言う事例、すなわち、決して意図してそうなったんじゃない、結果的に遺棄になってしまい死なせてしまった、そして逮捕され起訴された、という事例が多くなって来ている。
これらの当事者の貧しさ故の結果的遺棄行為と、俳優業の多忙さが招いた結果的遺棄行為とは、果たして本質的に異なる点があるでしょうか?

何が友里を自殺に追いやったのか?
http://nnanami2.iza.ne.jp/blog/entry/1894218/
ある方は私に次の様に抗議した。

 ブログ主の医師としてのお考えに興味を持って拝見させて戴きました。
なるほどと、でも、読み終わりましてから、疑問を感じました。
このブログ主の推測通り、 
 
「死に直面してまで相手の事を思いやる、なんという優しさでしょうか!」
 
でしたら、どうして4歳の我が子への配慮がないのでしょうか。
 
疑問に思いましたので、その関連ニュースを読みましたところ、

「友里子さんが自室ドア上部のストッパーにひもをかけ首をつって」
とあります。
自室ドア上部のストッパーとは以下のようなものではないでしょうか。

         ( 抗議者はここで高さ2mくらいのドアの
          上に、ストッパーが付いている写真を示す) 

 
 抗議者続けて言う:
『おそらくドアの高さは2メートル以上はあると思われます。
亡くなった方の身長はわかりませんが、ブログ主の
 
「ドアのと取手という非常に低い物に紐をかけていらっしゃる(これでは首を吊るのは簡単ではない)」
 
は、事実誤認だと思います。
 
抗うつ剤の副作用と言いますか、うつ病の時にはいつも自殺を考えなければなりません。
うつ病を治すことの出来る「人」に巡り会わなかったと言うことでしょう。
残された4歳の子どもが、自分が居なくてもベビーシッターがいるから大丈夫という環境ですと・・・。引用終わり

一般に自殺する人は、精神状態として、今の自分が苦しい(または辛い、または絶望的な)ことに、耐えられないから、それよりも死んだ方が遥かに楽だという極限状態にある。

その際に当事者の性格(利己的性格または利他的性格)によって、同じ極限状況にあっても、例えば、焼身自殺で言うと、周りが全焼しても知ったこっちゃない、と言う場合と,逆に、家族に損害賠償などの迷惑をかけるから安全な場所でしなければ、とか判断する人の場合がある。
それと同様に、母性本能の多い少ないによって子供を道ずれにする利己的な自殺者とそうでない自殺者がいる。普通の母親ならば子供をつれて無理心中する場合も多い。
今の友里さんの場合に付いてみると、子供については夫がお金には困らないから十分面倒みれるし、肉親も協力してくれるので(単にベビーシッターが看るから、というお気軽でチャチな話ではなくて)ちゃんと子供の将来まで配慮した上で自殺している。4歳児を残して死んだけれど、利己的ではなくちゃん我が子の将来を見据えた上でお亡くなりになった。優しい方である。

同じ方は更に言う、、『この医師は、ドアのストッパーをノブと誤認して書いている。ストッパーは2mは有るから、簡単に頚が吊れるじゃないですか、従って友里さんが”死に臨んでまでも、夫や家族にショックを与えまいと、あえて低いノブに紐を掛けて困難な死に方を選んだ”、というのは間違いですよと。

この点は、逆に完全に抗議者の間違いです。『と取手』と書いたのはもちろん誤記ですが、ノブの事を指したのではなくて、ドアの上端のストッパー、止め金 の事を ”と取って” と書き間違えた訳です。拘置所で頚を吊る場合の例話では、ノブと書いています。その上で言いますが、、、

ドアの上端の止め金に紐を架けて頚を吊ろうとすれば、まず止め金から最低15センチは吊り代が必要です。その下に丸い結び目をこしらえますから紐と言っても太さ10ミリはある紐ですから、この丸に約5センチは取られます。その下に頚を入れる丸いワナ(直径最低30センチ。これを直線に伸ばすと約1,5倍になって最低45センチになります)を作るから、これが直線になって約45センチも取られてしまいます。

するとドアのトップからこのワナの下縁までは長さが65センチにもなりますので床からの高さは200センチ−65センチ=135センチです。たった135センチしか有りません。これでは友里さんは20センチほど腰を落として、かかんだ状態で、頚をワナにいれて吊る事になります。著しく困難な作業になることがお分かりでしょうか?
しかも、体重をかけた瞬間に幅が狭くて薄いストッパーがグニャっと直角近くに下へ曲がるので、友里さんは更に腰を15センチ落とさなければ 死ねなくなるのです、下手したら紐の もやい がヘタッたストッパーから外れて、友里さんは、ドシンと尻餅さえ突きかねません。

まあ、ざっと簡単に説明しましたが、いずれにしても、彼女は高い所に紐をかけて、椅子をぽんと蹴って死ねば楽に死ねたのに、苦労散々してまでして特殊な方法で頚を吊ったのは何故でしょうか。

やっぱり前ブログで書いたとおり、夫への心遣いと言う他有りません。
その理由を説明します。
『天井の梁から紐を架けて頚を吊ると、頚は頸椎骨関節の脱臼によってドチラかに曲がるので、現場の光景としては、、、天井から伸びる紐の下に、頚を斜めにした顔がまず有ります、口からは紐による圧迫によってベロがだらりと飛び出しております。その下に 体と両手足が 鉛直にダラリとぶら下がった姿になります。惨たらしい,おぞましき光景であります』この光景を夫に見せたくない、夫にショックを与え苦しめたくない、そう思ったからこそ、敢て困難な頚の吊り方をしたのでしょうね。
家族は、天井から一筋の紐で ぶら下がった おぞましい姿を見ると 生涯忘れる事が出来ないと言います。しかも真下には神経の遮断による肛門と尿道の括約筋の麻痺によって◯と◯が垂れ下がり溜まっているんですからねえ。

私は、ハッキリいって暴れん坊将軍等のスターである松平健
が好きではない。面白いが性格も顔つきも好きではない。◯◯の噂も決して良い印象ではない。
しかし、だからと言って事実を曲げてまで苦言を呈した訳では全くない。書いた理由はあくまで正義感からである。この種のケースでは、一歩間違えば、重病人の要保護者遺棄罪も成立する場合がある。しかし松平氏は有名人だし、妻は病院には十分に通っていたから、まだ良いものの、それでも道義的責任が全く無いという訳ではない、(と私には思われる)。


友里さんは、鬱病と ぼろぼろに病んだ肉体、完全な重病人なのである。それなのに仕事だと言って一人で放置されがちの寂しい環境、などの故に、自殺せざるを得なかった。そう言う哀れで気の毒な彼女の事情が、医師として一瞬に伝わって来た、それなのに友里さんは(夫への愛と優しさを)死ぬ間際まで忘れなかった事に、困難な方法を使って自殺された事によって理解して、私は涙を禁じ得なかった。

それ故、私はブログを書いたのである。真剣かつ真面目な気持ちから、友里さんを こころから可哀想に思うあまり書いたのである。

ご冥福をお祈りします。





抗議者のブログは次、、、
http://sakurako.iza.ne.jp/blog/entry/1897293
4歳の子どもへの配慮がない自殺 

道義的責任は100%ある!暴れん坊将軍様は、飽食の末、贅沢と食傷気味にお成り遊ばされたのか?かっての人気女優を。それとも、仕事の鬼がそうさせたのか、、
たとえ仕事の鬼ゆえ病んだ妻を一人に放置してしまい自殺に追いやったのだとしても、その場合と、お金がなくて病院にやれずに放置して死なせる遺棄罪とどう違う?欧米では遺棄に問われるのが必至だ。日本で、百歩譲っても道義的責任は100%あろう。なにしろ、病んだ妻を厳しい仕事環境とはゆえ長期間一人にして放置した事に何ら変わりはないんだから。

次の関連ブログも参照ください。
http://nnanami2.iza.ne.jp/blog/entry/1897968/拙ブログ”友里自殺に苦言への松平健ファンからの抗議に反論する

《はじめに》
医者として自殺を思うに、その原因はまず筆頭に鬱病という心の病が上げられる。
だが、鬱病の人は必ず自殺するのか、というと決してそうでは無い。後天的な原因で鬱病になった人は、後天的なその原因を取り除いてやれば自殺等しないものだ。

この観点から私は自殺速報を目にした時から、一人の医者として 鈴木さんの自殺に深い関心を持もって色んな関係サイトで参照例を引きながら、自分なりに思案を巡らせていた。

そして今、夫,松平さんが自殺に関してコメントを出したので、早速調べてみると、、、、
あ〜っ、と私は息をのんだ。私が自殺の原因として或る事をチラッと考えた物の、何の証拠も無い事だったのですぐ一人で首を振って打ち消した、その考えがまさに的中していたのだ。

人は、パートナーの死に関して自分が決して悪かった訳ではないと自分の潔白を語るとき、逆に客観的な第三者の目で読めば、潔白だという その言い分の中にこそ、パートナーの自殺の真の原因が潜んでおり、白日のもとに曝される”事がある”。

彼はこう言っている、、、、『パニック障害・不眠症・うつ状態を引き起こし、この三年はいろいろな病院にもかかりましたが、結局、心通じ合う医師とはめぐり合うことができませんでした。』

、、、何と言うことでしょうか。まるで他人(ひと)事の様な言い方ではないでしょうか。心通じ合える医者に巡り会える事が出来ませんでした?これはおかしい言い方ではないではないですか?
第一義的に心を通じ合う必要があるのは医者ではなくて夫の方ではないのではありませんか。15歳も年下の女房でしかも重い心身の病気であるなら、遥かに年長者の夫が、常に先回りしていろんな心配を講じてあげるのが当然だとおもう。
介護と言う仕事は大変辛い者である事は今では国民誰でも知っている事です。その介護を心と肉体を病んだ妻に任せっきりにして、自分は俳優業という(マッケンにとっては、その仕事が大切な聖職であるとの信念があるとしても)その大切な仕事があるからといって、自殺に至る程の妻の肉体的過労と精神の衰弱に配慮できなかったのは、こりゃ、何と弁解しようが良くないですよ。いくら自分が中心的な役割の俳優として仕事を、皆の為に台無しには出来ないと言ってもです、、、まあ、普通の人は仕事よりも妻の方を優先しますね。自分の妻の精神状態と肉体的状況が、こりゃどうも大事に至るかも知れない状況だとしたら(一緒に住んでいて病院にも何度も掛かっていたら,それくらいの事は医者からきいて知っている筈だし、また一緒に住んでいたら素人でもそれ位は分かります)、いくら仕事が大事でも、又かりそめにも妻を鬱陶しい存在と思う様になっていたとしても(それダケならば、まだ許せます)、仕事より病気の妻を優先するのが常識だし、たとえ撮影を中断すると契約違反になるとしても、やはり妻の方を優先すべきなのは、人間として仕方が無い事だ。それに、、、俳優の仕事も結局は誤解を恐れずに言うなら、結局お金の問題の行き着く。仕事より妻の危急の状況の方が、どんな場合でも優先されるべきだ。

松平氏はいう『彼女は一途な子育て、一途な母の介護など、日々完璧にこなそうと取り組んだ』とすれば、松平氏は子育ての大変さと長期間の介護の辛さの事も、よく分かっていたことになる。中には介護疲れが極限に達して被介護者の命さえ断つ事もある。そうであれば尚更、普通なら、自殺する可能性が高い心の病い、その上、肉体的にも追いつめられている妻に、上の様な二つの重荷を背負わせるのは酷だし、ましてや長期間一人にしておく芸当(ゲイトウ)は、とても出来ないでしょう。こんなことを殊更言わなくても、これは常識ですよ。彼は良くも悪くも仕事の鬼と化して誰でも知っているその常識を忘れていたとしか考えられない。さらに言うなら、妻が女優だった事も災いしただろう。つまり、同じ芸の世界の女優としてとして、夫が仕事に一途で自分を構ってくれないのは仕方が無いと諦めた、即ち夫の言い分に対して理解が良すぎたんだろう。しかし、今回の自殺で、そのような押し付け黙って従って反論する事が出来なかったとしても、彼女の心の中では、夫が自分を妻として心配も構ってもくれないことに、決して納得してなかったことになる。

まあ、医者として前記の言い方(心通わせられる医者に巡り会えなかったので、、、)を聞いていてこれはおかしいと、いろいろ書きました。本当はもっと書きたい事が山ほどもある。しかし、、、、
それでは お亡くなりになった鈴木友里さんの御魂に申し訳ないから、もうこのへんでおしまいにします。

畢竟(ひっきょう)、鈴木さんは、松平健さんの仕事優先の冷徹な信念と、もう一つ言わせてもらえば、芸能界に今も流通しているお笑い的な神話 オンナ遊びもゲイのうち という間違った常識が邪魔をして、妻の病状に関する判断が甘くなってしまった。それが、今回 夫の知らぬ所で自殺にまで進んでしまった、これは、そういう事件(今のところ事件ではないが)であると私には思えた次第です。

最も惜しむらくは、心を病んでいた妻の重責を減らしてあげられる仕事上のユトリ、いつも側に付き添って妻を慰めてあげられるだけの 思いやりと心のユトリ が、松平さんの仕事故に、なかった事が 悔やまれてなりません。



まことに気の毒で哀れを誘う事件ではないでしょうか、、、何しろ本来なら前途洋々で夢多き女優であった彼女は、僅か40そこそこの若い身空で、死んで行ったのですから。

 では最後に《特殊な首の吊り方》について、
医者として最後に言いたいことは、首を吊るとき、椅子の上に立って紐を頚部に掛けてから椅子を足で蹴って成就させる為、普通は梁とかに紐をかける。それが無ければ兎に角椅子で手を伸ばして結べるなるべく高い所に紐をかけて死ぬのが普通です。何故なら首吊り自殺を覚悟した人間と言うのは、中途半端な方法ではなく完全かつ容易に実行できる事を望むからです。

ところが鈴木さんはドア上部止め金(ストッパー)という低いところに紐をかけていらっしゃる。首吊り等真剣に考えた事がない皆さんには分かり難い事ですが、これでは首を吊るのは簡単ではない。何故なら、上部の止め金に紐をくくると、(自分のクビを突っ込む)ワナの下限の高さは、止め金に”もやった”紐の結び目から、65センチも下方につまり高さ135センチに位置してしまう。
理由:ドアの上部の、もやいの高さ200センチ
   マイナス そこから最低15センチの吊り代
   マイナス ワナを作る為の支点5センチ
   マイナス 頚を入れるワナの大きさ直径30センチ(直すぐに伸びると
                          45センチになる)
以上のマイナス合計65センチを200センチから引くと 残りは135センチ
つまり顔を突っ込むワナの下端はたった135センチの高さ!! 
これでは、首を吊るのは床に足が付いたままだから容易ではない。しかも、腰
を曲げてクビをワナに入れてから全体重をかけると、止め金は薄いので、10センチは、へなって下へ下がるから、(135センチ−10センチ=125センチ)、160センチの方なら35センチも余る事になり、スネから下が余ってしまう。これでは首吊りが簡単ではない。この様な理由から、ドアの上部に紐を掛けて頚をつる、と言う首吊りの症例は 或る例外的な場所で死ななければならない場合を除いて、ほとんどありません。

こういう比較的低い紐の掛け方がされる例外的な首吊り例は、拘置所内での自殺です。このような場所では、紐を楽にかける所が全くと言ってよい程、何処にも無い(自殺防止のため、徹底的に取り除いている)
そこで、クビを吊りたい志願者は 如何しても吊ろうと考えに考え抜いた末に低い窓の鉄格子(刑務所兼拘置所の専属医をしていた知人に聞くと約120センチくらいと自殺防止の為に低く設計されてるそうだ)か、またはドアのノブに、密かに隠して持っていたタオルを、普通に所持が許される1本と繋いだものを架けて吊る。それも刑務官の巡回で発見されぬ僅かな時間内に実行するという(発見されると重い懲罰を受ける)。しかしそんなに低いドアのノブや鉄格子でも、絶対に死にたい一心で頚を吊るので、ちゃんと死が成就すると言う。

しかし、一般的には、ドアの上部に紐を掛けて、と言う頚の吊り方は滅多に無いと言う事がこれでお分かりいただけたと思います。

では何故鈴木さんは、そんな低い場所に紐を掛けたのでしょうか?

高い所に紐を掛けて椅子を倒して首を吊ると、その姿はこうなります、、、頸関節は脱臼してその上のクビは45度くらい傾きます。その下の体は完全に弛緩して鉛直に下へダラリとぶら下がります。また、頚が完全に絞まることにより運動神経の断頭ショック(全身の伸展性痙攣=ピンと伸びる)が最初に起こります。つまり上下肢が最初瞬間的に真横に痙攣してピンと伸びる。その直後、全神経が麻痺するため、全てがダラリとぶら下がる事になるわけです。
しかも、、、
死体の真下には肛門や尿道の括約筋が麻痺するので◯◯や◯◯が垂れ流れます。

この光景は、(見る者には)余りにも残忍で、終世忘れる事のできない恐怖を呼び起こす光景です(ただし自殺者は2,3分で意識を失うため苦痛は非情に少ない)。このように死んだのでは、いかにも”夫が妻に余りに非情なため、私は頚をつって抗議します”という感じが、丸出し になります。彼女は、それでは余りにも、夫や肉親や世間様に、ショックを与え過ぎると悩んだ。そんな姿で死んだのでは、夫にも肉親にも申し訳ない、、、と。

彼女は死の直前に際しても、そう考えたのではないでしょうか。

もしそうだとしたら、それは、死に直面してまでも相手や家族の事を思いやる、なんという優しさでしょうか!
首吊りする前に、一生懸命悩み抜いた鈴木友里さんの心中を察すると、、、思わず涙を禁じ得ません、、絶句ですよ。皆さんなら、どう思われますか? 

鈴木友里子さんの冥福と 魂の安穏を祈って、、、、、                                           
                    合掌!


後記:このブログを投稿して以来、マッケンのファンと思われる方達が、猛反発してこられました。その一例は次です(註:後でこの方はファンではないという事でした)
『我が子を放っておいたまま自分だけ勝手に死ぬことの方が、我が侭じゃないかと思う』、『ドアのノブ(低い)でなくストッパー(低くない)の間違いでしょ、だからあなたがいう、友里さんが相手を気ずかったと言う主張は間違いです』、、、、。

そういうけれど、もし想像力と言う物があれば、、、頚を吊って死ぬという人間の最も残酷で残忍な光景(=見る者にとって)を、もし想像する事が出来たなら、例えマッケンのファンであれ、そうでなくても、そう言う事を言うのは心苦しい筈ですけれど。

死ぬに際して相手を気遣う特殊な吊り方に涙する。詳細は巻末

次の関連ブログも参照ください。
http://nnanami2.iza.ne.jp/blog/entry/1897968/拙ブログ”友里自殺に苦言への松平健ファンからの抗議に反論する

《はじめに》
医者として自殺を思うに、その原因はまず筆頭に鬱病という心の病が上げられる。
だが、鬱病の人は必ず自殺するのか、というと決してそうでは無い。後天的な原因で鬱病になった人は、後天的なその原因を取り除いてやれば自殺等しないものだ。

この観点から私は自殺速報を目にした時から、一人の医者として 鈴木さんの自殺に深い関心を持もって色んな関係サイトで参照例を引きながら、自分なりに思案を巡らせていた。

そして今、夫,松平さんが自殺に関してコメントを出したので、早速調べてみると、、、、
あ〜っ、と私は息をのんだ。私が自殺の原因として或る事をチラッと考えた物の、何の証拠も無い事だったのですぐ一人で首を振って打ち消した、その考えがまさに的中していたのだ。

人は、パートナーの死に関して自分が決して悪かった訳ではないと自分の潔白を語るとき、逆に客観的な第三者の目で読めば、潔白だという その言い分の中にこそ、パートナーの自殺の真の原因が潜んでおり、白日のもとに曝される事がある。

彼はこう言っている、、、、『パニック障害・不眠症・うつ状態を引き起こし、この三年はいろいろな病院にもかかりましたが、結局、心通じ合う医師とはめぐり合うことができませんでした。』

、、、何と言うことでしょうか。まるで他人事の様な言い草ではないでしょうか。心通じ合える医者に巡り会える事が出来ませんでした?これはおかしい言い方ではないでしょうか?
心を通じ合える必要があるのは医者ではなくて夫の方ではないのではありませんか。15歳も年下の女房でしかも病気であるなら、遥かに年長者の夫が、常に先回りしていろんな心配を講じてあげるのが当然だとおもう。
介護と言う仕事は大変辛い者である事は今では国民誰でも知っている事です。その介護を心と肉体を病んだ妻に任せっきりにして、自分は俳優業という(マッケンにとっては、その仕事が大切な聖職であるかの思い込みがあるように私には思える)仕事があるからと、妻の肉体的過労と精神衰弱に配慮できなかったのは、こりゃ、何と弁解しても良くないですよ。いくら自分が有名な俳優として仕事を台無しには出来ないと言ってもです、、、まあ、普通の人は仕事よりも妻の方を優先しますね。自分の妻の精神状態と肉体的状況が、こりゃどうも大事に至るかも知れない状況だとしたら(一緒に住んでいて病院にも何度も掛かっていたら,それくらいの事は医者からきいて知っている筈だし、また一緒に住んでいたら素人でもそれ位は分かります)、いくら仕事が大事でも仕事より妻を優先するのが普通だし、たとえ撮影を中断すると契約違反になるとしても、やはり妻の方を優先すべきなのは、人間として仕方が無い事だ。俳優の仕事も結局はお金の問題である。仕事より妻の危急の状況の方が、どんな場合でも大事です。

松平氏はいう『一途な子育て、母の介護など、日々完璧にこなそうと取り組んだ結果、友里子はしだいに体調を壊すこととなりました。』
なんだ、松平氏は子育ての大変さと介護の辛さの事も、よく分かっていたんでしょ。そうであれば尚更、普通の夫なら、自殺する可能性が高い心の病い、その上、肉体的にも追いつめられている妻に、上の様な二つの重荷を背負わせるのは酷だし、ましてや長期間一人にしておく芸(ゲイ)当は、とても出来ないでしょう。

まあ、医者として前記の言い草(心通わせられる医者に巡り会えなかったので、、、)を聞いていて腹が立って いろいろ書いたが、もっと書きたい事が山ほどもある。しかし、、、、
それでは お亡くなりになった鈴木友里さんの御魂に申し訳ないから、もうこのへんでおしまいにします。

畢竟(ひっきょう)、鈴木さんは、松平健さんの仕事優先の冷徹な信念と、もう一つ言わせてもらえば、芸能界に今も流通している神話的常識 ”女”遊びも”ゲイ”のうち という間違った常識が邪魔して、妻の病状に関する判断が甘くなってしまった。それが、今回 自殺まで産んでしまった事件(正確には出来事)であると私には思えた次第です。

最も惜しむらくは、心を病んでいた妻の重責を減らしてあげられる仕事上のユトリ、いつも側に付き添って妻を慰めてあげられるだけの 心のユトリ がなかった事が悔やまれてなりません。



まことに気の毒で哀れを誘う事件ではないでしょうか、、、何しろ本来なら前途洋々で夢多き女優であった彼女は、僅か40そこそこの若い身空で、死んで行ったのですから。

 では《特殊な首の吊り方》について、
医者として最後に言いたいことは、首を吊るとき、椅子の上に立って紐を頚部に掛けてから椅子を足で蹴って成就させる為、普通は梁とかに紐をかける。それが無ければ兎に角椅子で手を伸ばして結べるなるべく高い所に紐をかけて死ぬのが普通です。何故なら首吊り自殺を覚悟した人間と言うのは、中途半端な方法ではなく完全かつ容易に実行できる事を望むからです。

ところが鈴木さんはドア上部止め金(ストッパー)という低いところに紐をかけていらっしゃる。これでは首を吊るのは簡単ではない。何故なら、上部の止め金に紐をくくると(頚を入れる)ワナの下限の高さは、止め金にもやった紐の結び目から最低でも40センチも下方に位置してしまう。これでは、首を吊るのは容易ではない。しかも、足を曲げてワナに全体重をかけると止め金は薄いので、へなって下へ下がるから、160センチの方なら足先が床についてしまい、首が楽に絞まらない。この様な理由から、ドアの上部に紐を掛けて頚をつる、と言う首吊りの症例は例外的な場所で死ななければならない場合を除いて、ほとんどありません。

こういう比較的低い紐の掛け方がされる首吊りの例は、拘置所内での自殺。このような場所では、紐を楽にかける所が全くと言ってよい程、何処にも無くい(自殺防止のため徹底的に取り除いている)
そこで、志願者は如何しても首を吊ろうと、考えに考え抜いた末に窓の鉄格子かドアのノブにタオル2本を繋いだものを架けて吊る。

従って、一般的には、ドアの上部に紐を掛けて、と言う頚の吊り方は滅多に無い訳でう。

では何故鈴木さんは、そんな低い場所に紐を掛けたのでしょうか?高い所に紐を掛けて椅子を倒して首を吊ると、その姿はこうなります、、、頸骨は折れて45度曲がり、体は完全に弛緩して鉛直に下へダラリとぶら下がる。また、頚が完全に絞まることにより運動神経の断頭ショック(全身の伸展性痙攣=ピンと伸びる)が最初に起こる。つまり上下肢が真横に痙攣的にピンと伸びる。その直後、今度は 全神経が弛緩切断ショックで麻痺するため、全てがダラリとぶら下がります。死体の真下には肛門や尿道の括約筋が麻痺するので◯◯や◯◯が大量に垂れ流しになります。

これは、余りにも残忍で、見る者に終世忘れる事の無い恐怖を呼び起こす光景です。このように死んだのでは、”まるで夫が妻に余りに非情”なため、私は頚をつって抗議します、という感じが丸出しになります。それでは余りにも、夫や肉親や世間様に、ショックを与え過ぎる、夫にも家族にも申し訳ない、、、彼女は死ぬ直前に際しても、そう考えたのではないでしょうか。

もしそうだとしたら、死に直面してまで相手や家族の事を思いやる、なんという優しさでしょうか!
首吊りする前そう一生懸命素人ながらも考えた鈴木さんの心中を察すると、、、思わず涙が、、これはもう絶句です。皆さんなら、どう思われますか? 

鈴木友里子さんの冥福と 魂の安穏を祈って、、、、、                                           
                    合掌!


後記:このブログを投稿して以来、マッケンのファンと思われる方達が、激しく猛反発してこられました。その一例は、、、
我が子を放っておいたまま自分だけ勝手に死ぬことの方が、我が侭じゃないのか、とか、、、ドアのノブ(低い)でなくストッパー(低くない)の間違いでしょ、だからあなたがいう、友里さんが相手を気ずかったと言う主張は間違いです、とか、、、。
そう言う方は、想像力と言う物が無いのでしょうかね。頚を吊って死ぬという人間の最も残酷で残忍な状況を、もし想像する事が出来たなら、例えマッケンファンと言えども、そう言う事を言うのは心苦しい筈ですよ。
 

書類送検になった保安官は今後一定期間を設けて最終、不起訴処分にせざるを得なくなるだろう。その真の理由は論理的にハッキリしている。それは巻末に結論として書くとして、まず最近の出来事とその理由をを時系列にそって辿ってみよう。

とりあえず検察は書類送検にしたのだが、その最も大きな原因は、悪質な犯罪を明らかに侵した中国の船長を中国が怖くて超法規的に=”不正に” 釈放していながら、自国民に対しては、政府を”告発”したとも考えられなくもない保安官を逮捕する と言うのでは 余りにもバランスを欠くからだ。

しかも保安官が犯した”犯罪”は、船長の凶暴な犯罪に比して形式的な守秘義務違反である。つまり、彼の守秘義務違反は、船長を現行犯で確保した巡視艇または石垣島海保の、第一守秘義務者としての保安官ではなく、一時期 日本の保安官なら誰でも見る事が出来たという映像をたまたま見る機会があった保安官が、国民として居たたまれず義憤を感じて暴露したという感じの形式上の守秘義務違反であった。しかも場合によってはその行為は、この件に関しては国民の願いを裏切った政府が、中国の脅しに屈して超法規的に(=不正に)国民を裏切って釈放した上 さらに、映像の公開までも脅しに屈して隠そうとした、、、そう言う意味での政府の二重の”不正”を、一国民として処罰覚悟で”告発”した崇高な行為とも考えられない事はない、そのような形式犯にすぎなかった。

してみれば、政府が中国人の悪質犯罪に関する処置で、不正に釈放してしかもその証拠を隠すという二重の”不正”を犯したのであれば、”告発した”側の保安官の方も超法規的処置というか、大目に見てやらないと、余りにも中国に肩を持った事になる。つまり中国には二重に(=釈放&暴露した保安官の処罰)喜ばせ、我が方の国民には二重に煮え湯を飲ませることになる。これではあまりにもバランスを欠き過ぎる。

ただ、対中国には”外交上の儀礼”でという口実も立つが、対する保安官の違反を、超法規的に無罪放免にするというのは、法定国家としては なじまない。そこで、苦渋の選択として、最低限の形式を考えた。それが、、、形式的に書類送検して不起訴か起訴猶予で終わらせる、と言う事である。それも今直ぐではなく、『1、2ヶ月、時間が経って、事件に対する関心がほぼ冷めた頃まで待って、不起訴か起訴猶予の処分で幕を引く、そういう心積もりではないだろうか。

従って、今後、起訴は有り得ない(だろう)。何故なら、起訴すれば最低でも2、3年はかかる訳だし本人も最高裁までも戦うと宣言しているのだから、その間ずっと国民もマスコミも議会も政府批判の大騒ぎが続く可能性がある。いや、もっと政権に取って怖い事が起こりうる、、、それは裁判の過程で、被告人として自分は現政権の侵した”不正”を告発する目的で暴露したのだ、と強く主張して行くことが当然予想される。すると法廷の場で現政権がとった処置の可否までが論じられる事になる。この自体は、現政権に取って《全く持って得策ではない》、いや著しく愚かである。

もともと、保安官の暴露を、政府の”不正”に対する国民へのの告発”と考えている国民の感情論、上で書いたバランス論、中国と日本双方への公平性などに配慮して、逮捕を見送ったのであるし、裁判になればこのような隠し球が炸裂すると言う事になる訳だから、起訴なんて絶対に有り得ない訳だ。

では最後に、表題で起訴猶予か不起訴になるホントの理由と書いたが、、、

それは、ここまで解き明かして行けば、もう誰にでも分かる、、、
それは、もし起訴すれば 国民や国会での長期的な政府批判と法廷での政府の
行為の適否の論争の始まりが必須の情勢だ、そうなれば選挙があれば勿論、民主政権の敗退を!そうでなくても、現政権に大打撃を!与えるからだ。

このような結果を予測できずに、逮捕を声高に喚いていた東大馬鹿(中退)は 誰だあ〜っ!仙谷が本当の馬鹿であることの自己証明は、今回、まことに
            語るに落ちた!
蛇足
語るに落ちるって何?、、、、
仙谷や管に、お前らは馬鹿なのか?と問うても、絶対にイエス、とは言わない。
しかし、自分で何かを実行する事で、自ら、私たちは真の馬鹿モンです、と証明してしまう。今回はその《問うに落ちず,語るに落ちる》の好例であった。

 癒しの国タイ 天使の都バンコクに住む

      ヤンチャ姫ななみ の冒険
         シリーズ第4弾
      チャン島 南海の秘島の旅


チャン島の南海に浮かぶ秘島 から コンニチわ


下は ≪両手ともマスカケの手相≫ を見せてコンニチはの ななみ
        

家に家相、人には手相がある!    ガキの頃、「テメーの手相は、百握りやな!」と親父に ・・・ 
特異な手相で、古くは 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康・・・最近では角栄、松井秀樹、浜ちゃん・・・
  
■今回の ななみ の冒険は海水の透明度の高い島でシュノーケリングを楽しむ2泊か3泊の旅。   
目的はシュノーケリングと、快適なリゾートの両方狙いの贅沢なもの。

それを満足させる旅の企画とはどうあるべきか?

下は今回の秘島での珊瑚と熱帯魚の一コマ


■考察1:
海水の透明度の高い珊瑚礁の綺麗なところは、いわゆる秘島と言われる無人島に近い島にしかない。
そのような島には、一般に、快適設備の揃ったホテルは余りないか、あっても、チャン島に比較して極く少なく極めて高価なものになる。

■考察2:
シュノーケリングを楽しみたいといっても、旅のあいだ中、ズット楽しみたいわけではない。それでは疲れるだけ。旅のあいだ、せいぜい一日に付き
2時間程度かまたは、まとめて一日。前者の毎日2時間方式では、島での宿泊が必要で、これでは もう一つの目的、≪快適なリゾート三昧≫がなり立たない。




■で、結論は?
チャン島で快適設備の整ったリゾートに2泊して、一日目はホテルでリゾートを楽しむ。2日目に8時間の秘島ボートトリップ・シュノーケリングツアーに参加。
3日目にチャン島探索を楽しむ。
 
これで決まりだ!ではでは。



■チャン島への行き方
飛行機の場合、バンコク→トラート空港は接続時間、アクセス時間、待ち時間を入れると優に3時間はかかる。それなら、ちょっと奮発して、バンコクからレンタカー※で行かれては、いかがでしょう?
※一日の値段:ハイウェイ・カーレント < ジャパレン
前者=ルンピニ公園近くのラーマ4世道のベルジャン・ブリッジ(ベルギー友好橋)の下付近=数年物のマニュアル車で800B以上

ではでは ≪レンタカーでトラート、コーチャンに行く≫ 

総走行距離=スクンビット・エカマイからトラートのセンターポイント・フェリー突堤まで=318キロ→約4時間


■都内からトラート方面への高速へ:

ラーマ9世道路か、それに平行して走る第二高速を東に走ると、バンコクチョンブリモーターウエーに入る。
それを下の写真の地点で降りて、チョンブリから344号線に入る。右は詳細図。
   

■下の地点Klaengで、ラヨンから北東に上がってきた3号線に乗り換える。



■3号線からSaenTungで3156号線へ右折。



■1016号線へ左折。


■3203号線へ道なりに乗り換える。



■3156号線に出たら右折して400mくらいでセンターポイントフェリー突堤入り口に。


■出発時刻:
普通は朝8時か9時にバンコクを出て、昼2時頃フェリー港に着くのが良い。

しかし、我々は普通と違って時間に拘束されない超ノンビリ族。2時半頃出発した。、トラートに泊まるしかない。
でも、ユッタリ、ノンビリドライブで体を休めながら行くほうが、ボートでも楽になるし、後々も元気。

トラートには予約なしで何時に行っても大抵OKという便利なホテル、ホテルトラートがある。寝るだけだが、
前回、友達二人と一緒に行って一泊2日で帰った後の一週間、
疲労がなかなか取れなかったが、今回は大違い!

下↓はホテルトラートの受付嬢
■Mueang  Trat Hotel:
トラート市内中心街のスクンヴィット・ポリスボックス(国道3号線の北向き車線に沿って在る=バンコク方向)
の北50mのWichit Chanya soi 東入る50mのところにある。
一泊ツイン650バーツ。エアコン、冷蔵庫、ホットシャワー付き。

ホテルの向かいには、大きな青果生鮮市場



翌日アサ、ゆっくり起きて、近所をベビーカーの ななみ を連れて、朝飯のレストランを散歩がてらに探すと、蒸し焼き鶏肉屋が。
老舗で旨い。そばには、食事後の口を潤す洒落た、たたずまいのバー。


■下の二枚目の写真で、船尾の真上が、トラート市内から最も近いフェリー港のCenter Point Pier 
赤い救命浮かんの真上あたり(陸地の右のほうのプックリ盛り上がった辺り)が、車は乗せない乗船者だけのフェリー突堤=レーム・ンゴップRaem Ngop Pier。
一方、下の地図にあるように西10数キロにフェリー・コーチャン突堤、その少し西にコーチャン・フェリー突堤がある。
料金は何れも、車は無料、一人往復180バーツ、終発は19時。
下の地図のT字型のマークがフェリー突堤。
   


■下の二枚目の船首/バウの真上がコーチャンフェリーの島側の突堤(港)。
この港にはレンタルバイク屋があった(バス派には重宝)。





■おなじみのビューポイントからの眺め。手前の白波のビーチはホワイト・サンド・ビーチ。
左の半島状の突き出しが、チャイ・ヤ・チェット突堤(港)の手前の丘。
目指すは、チャイヤチェット突堤。
そこに、コーチャンのプロなら知っている、穴場のリゾートがある。

写真で、半島の右方向の島はカイベービーチの約3キロ沖合いに浮かぶ4島(一つは見えない)、大きいのが、シュノーケリングで有名なユアック島。



■その穴場のリゾートに行く前に、明日の秘島シュノーケリング・ボートツアーの代理店を探して
予約をしないといけない。我々は、長年の勘と経験で、魚釣りで言うと入れ食い状態の、客が、芋を洗うようにいっぱいの
ホワイトサンドビーチの中心街は避けて、その先の、人通りが程ほどの辺りで、看板を探して、チェックを入れた。

すると、最初の一発で、いいアンバイのツアーに当たった。8時間で4島巡り、それぞれ一時間ずつのシュノーケリングタイム、
昼夕食の2食付。これで、600バーツ。通常なら1200バーツの編成だ。この代理店には1200バーツのもあったが、
それは同じ8時間で12島巡りだった。これでは忙しすぎる上、長時間の乗船でゲロするのがオチ、と思い、
600バーツのに決定。   
出発は8時くらいで、ホテル受付まで送迎あり。

   






下は、コーチャンの その道のプロなら知っている、高品質なのに、高くないチャイヤチェット突堤の奥にある
リゾートホテルのバンガロウ
ホテルタイプの部屋も。このクラスでは綺麗な室内、エアコン、冷蔵庫、広いトイレット、温水シャワーなど。

■朝食は7時半から10時までの洋、タイ料理混合のビュッフェ
(ただし、宿泊客が数人などで少ないときはアメリカンブレックファストになるが、ボリュームは十分)。
料金は時期により1800バーツか1200バーツ。詳細は後部に掲載しています。

■安く出来る訳:スタッフ30人のうち、20人以上が国境が近いカンボジャからの労働者で給料が安い。




■上のベッドの上の象さんは、大小のタオル二本を捩じって作ったもの。
下は、その分解写真。これを逆にやると、象さんになります。


■下はバルコニーから見た波打ち際の景色。水の色が明るすぎて、真っ白になってしまいました。最後の写真は波打ち際から見たバンガロウ



■少し休んでから、プールへ。
プールの長径は25~30mくらいで、十分の大きさです。水は、地下数十m以上の高深度のナム・バダンの水で、極わずかにショッパサがあるが
普通は分らない程度だ。


最後の二つの写真は、バーになっていて水中で腰掛けるスツールが周りにある。


■レストランで夕食(宿泊客は10%割引)↓

■ななみ をあやしてくれている下の写真の右の女性は、この、リゾートのオーナーの奥さんです。

■二枚目の写真は、屋根付きレストランの外にある、露天部のテーブルの横にたたずむ、ななみ 

■4枚目の写真に、奥のテーブルで食事をとるオーナー家族が写っている。
左の女性のカーディガンのピンク色から、一枚目の奥さんと分る。
オーナー家族(2世帯)は、プールサイドの洋館に住んでいるので、
従業員が家族の世話などに兼用できることが、コストダウンの一つの考え方かも。








オーナーの奥さんは、まだ、子供がいない。それで、ショッチュウあやしてくれる。
 

 

 

 

ななみ 夢の冒険シリーズ 

南海の秘島からコンニチはに続く



ジャンル リビング 話題 世界

何処の国でも日本人は騙され/嘗めれ易いのは何故?理由は巻末に、、、

ブロガーKさん
どこの国へ行っても直接投資の難しさは同じですね。真面目な日本人の基準では、どこへ行っても、騙されてしまいますね。実際、自分で経験してみないと、わからない、納得できない人が、多いのが、現実ですね。
 

《私の考え》
自分の目で確認した事以外信じない、という狭い合理主義精神では、納得した時には既に遅い訳です。もっと空想力想像力を逞しくして、人から聞いた『〜の国はこういう風に騙す奴がいる』、ときいたらば、想像力でもって、もっと一般的な危険性にまで広げて想像する必要がありますね。人から聞いた例だけでは、範囲が狭すぎるので、、、。

どこの国でも騙されるのは注意が足りないからだ と言えばそれに尽きてしまいます。しかし、タイの場合はタイの支配者階級と隷従者階級の歴史から見ても事情は全然異なります。実は今でも さほど変わっていない。例えば、、18年前の血の五月事件では300人くらいのデモをしていた人民が殺されたのだが、未だに放置されたままだし、昨今私が住んでいるサタヒップ(海軍基地がある)の沖合の海底でその人骨のはいったコンテナーがダイバーによって発見されたが、政府と海軍の合同調査隊(揉み消し隊)が、多くの遺族が徹底調査を願い出ていたのに、簡単にもみ消してしまった。これらの信じられないことが通る国ですから、下層人民はタイの人の金持ちから騙して金をぶんどるのは非常に危険な事と考えており、自然と騙しても安全な外国人に向かう訳です。レストランの歌手を強姦しようとした3人の警官が、相手が抵抗してバイクで逃げたので頭に来てバイクで追いかけて追い越し様にナタで腕を切り落とした事件でも、地元警察は無視するわ、バンコクの首都警察に訴えても無視されたと言うお国柄ですから、、。

まあ、こういう風なインフラがあって、隷従階級の人民は、極論すれば、お金持ち外国人は自分らが楽をする為に騙し取らないと損だとまで、考える風潮がある。だから、いくら注意していても、まだまだ追いつかないというのが現状ですね。日本と違って下層階級の人民と同じ底辺の警察官(警官こそ危険な相手なので注意が必要)は、人民の肩をもって守ってくれませんし、周りの人民も,お前、巧くやったな、って感じの人が多いんですからね。

(日本では雁字搦めの規制によって安全すぎるせいか)日本人は根がおおらかで、お人好しに出来ているため 何処へ行っても騙されちゃうんですが、タイ王国の場合は、おお,お前,巧くやったな!(笑)これですからね。そう言う感じなので他の国以上に騙されちゃう。
ベトナム中国も騙テクのレベルは凄いけれど、外国人を騙して儲けても巧くやったな、とまでは大ピロゲには言わない。反してタイでは今でも(本音で言うと)王制の国みたいなもんですから、被支配者階級たる人民の泥棒根性は また 別格なわけです。

では、冒頭の『何処へ行ってもお人好し故に嘗められるのは何故?』
答え:それは日本の司法、警察が国民を防犯に関してヒステリックなまでに過保護に守りすぎたため、国民に自分で注意し自分で守る免疫力が無くなってしまったから。



その他 ビジネス

流失させた犯人を早く探して逮捕せよと喚めき散らしていた仙谷は自ら墓穴を掘った形だ。国民が流出ビデオを見て政府批判をしている最中に、仙谷は 『流出は悪質極まる国家機密漏洩罪だ!犯人を早く探して逮捕せよ』 とヒステリックに喚いたが為、逆に”犯人”への国民の同情が高まった、それで政権批判が一気に膨らんだ、こんな事くらい仙谷は予測できなかったのか?

もし、仙谷が 頭が良かったら、むしろ放っておいて、誰がしたんだろうか程度に敢て留めておいた方が、政権の船長釈放以来続いて来て流出以降に頂点に達した政権批判は、もっと少なくて済んだろうに。

繰り返すようだが、それをわざわざ仙谷は『流出は重大犯罪だ、徹底的に捜査して早く犯人を逮捕しろ』などと喚いて、検察に命令した事で、まず第一に国民は、政府が拙い証拠を隠そうとして失敗しそれで頭に来ているんだな、と言う事が分かり政権批判が高まった。同じく、第二に、国民の犯人英雄論の高まりを見て それで勇気付けられた保安官が堂々と名乗り出た結果、流出者はヒーローになってしまった。

これは実に傑作な話だ、、、、、、
仙谷は、嫌な証拠であるビデオを隠そうとして失敗し、ヒステリックに喚き回った末にピエロと化してしまったわけだから。

もともと流出事件自体、大半の国民の同情を引いたのだが、それに火をつけたのが仙谷の言動だ。彼は『逮捕しないで』という国民の気持ちを無視して強引な大捜査体制
を引いたので、より多くの国民の著しい反発を招いてしまった。
その結果、流出事件を国家的な一大イベントにしてしまったという、これは笑える愚話である。

この事件は長引かせれば長引かせる程、現政権に取って大打撃になる事くらい予測できた無かったのかね、、、ホントに仙谷は大馬鹿だ。東大は東大馬鹿という揶揄が暗示する様に、『知恵ではなくて記憶力の良い奴が入る』(しかも仙谷は1年留年して5年生もやったが、卒業できなかった)、と言われるが本当にそうだ。もし保安官が名乗り出ていなかったら、現政権に対する毀損は、もっと小さくて済んだだろう。

流出しただけでも勿論、政権は傷ついたが、流出本人が捜査の手が迫ったため止む得ず名乗り出る、と言う事がなかったら、これほど国民は騒がなかっただろうに。管/仙谷政権は、これで決定的に墓穴を掘ったことになる。いよいよ、政権の幕引きか、或は、、、、仙谷のクビが飛ぶ日が近づいたわけだ。



ジャンル その他

タオ島高速カタマラン珊瑚礁ツアー



↑ 300人は乗れる。最高に快適。ナビ読み、時速約50キロ。小さい高速モーターボートで
バンバン海面に打たれながらのボートツアーは、もう我慢できない。1度快適を味わうと・・・ね。 ↓
   
↑ VIP室。僅か50バーツ。
1枚目の写真で分かるように、この外にも二階前方席や両側の席もある



ななみ の下の海中はこんな風になっています



更に海の底は、下の海中写真のように、竜宮城のような、目も覚める美しさ。
珊瑚が死んで珊瑚の墓場みたいなところも一部あるので、どこでも同じ
って言うわけではないが、
このような竜宮城のポイント沢山あります。
写真は、全て
オリンパス10mダイブ可能用だったのに、このタオ島とそば
にあるナンユン島で100枚ほど撮ったところで、水が数滴浸水しており、
使用不能に!!深くても6m位だったが・・・。帰りの
ボート
に戻るとき、白
人が、こっちのとよく似た水中カメラの蓋を開けて逆さにして、水滴を振
るい落としていた。見せてもらうと、な、なんと、同じ型のオリンパスだった。
後日、保証書でスムーズに新品に交換してくれたが、いつ、また浸水するやら・・・。


↑3年前きたときは、体長80センチ位の荘厳なナポレオン・
フィッシュや、6、70センチ 
   くらいの   
 ↓海がめもいたのに、どこへ行っちゃったの?場所と季節が違うのか?こん後、調べ    
   ておきます。




上の美形の姉妹は日本人の友達か恋人募集中!  
   連絡メールアドレスは下記。    
joey8888@hotmail.com
 Joeyは左の妹の方。責任は負いかねます。全て自己責任

↓スタイルも抜群。美しい体も、60歳になって超肥満体になったときの姿は犯罪的といってもいいくらい、変貌するのは、何故?God wishs it cause of panishment?

 

 

次回をお楽しみに・・・・ 癒しの国タイ Ⅱ

その他の、目も覚めるお魚さんの龍宮城の

珊瑚礁の写真は 、・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

すべて事件ですスポーツエンタメ話題!コラむ世界からマネー・経済ビジネスIT政治も本・アートリビングその他


事件ですスポーツ話題!コラむマネー・経済ビジネスIT政治も本・アートその他

裸の王様の農業が日本を食いつぶす!と政治家は票が恐くて言い出せない。誰かが真実を突きつけ適正に(零細田畑は大規模農業会社に集約して農家には転業資金など救済措置を講じるなど)引導を渡すべきだ。これ以上過保護せいさくを継続し、TPP不参加などを突き通すと日本は農業と共に沈んでしまうしかない。血と汗で父母らが築いた世界3位の経済大国日本は、ごく少数派の人々を庇おうとしてアジアの一小国に転落してしまうだろう(既に大きく転落した)。

民主主義は一部の人たちの意見も聞く必要があるけれど,だからといってデモや票の脅しで大多数の幸福を踏みにじる権利は無いことは明白である。もしそんな事が通るなら、ファッシストと何ら変わらない。それでも一部のエゴ団体が、デモや票で脅して政府に圧力をかけるなら、大多数の国民も、デモや票で政権に圧力を加えるしか無い。

以下のブログは大多数の国民が 今の所得のままで 今までの何倍も幸福になる為のお話しです。

 

1.欲張りチャーリーこと寄生虫どもは、アンシャンレジーム(旧体制)の権化=農水省と、その傘下の全国農業エゴ団体である。誤解や非難を恐れず、正直に言わせて貰うならば、農水省の過保護によって甘やかされ我がままになってしまった極く一部の農業団体もそうだと言える。戦前の小作農哀史真摯な反省から、戦後から必要な間は、(進駐軍の占領政策などの助けを借りて) 過保護も止むを得ないことであり、適切な政策だと言えたが。しかし、今や既に65年。こんなに長期になると言うのに 徒に延々と続けてきたため、それが既得権化してしまった。それによって今では逆に、

ごく一部の国民の利益のために

国民の大多数 (および他の産業) の体力を消耗させる

巨大なパラサイト(寄生虫)

 と化してしまったのである。

 

 

農水省や圧力団体は数十年前から、次のような錦の御旗を大上段に掲げて、毎回毎回いつも、こう言って国民を説得して来た・・・

先祖から国民(注釈:一部の国民)が営々と営んできた

国家安全の要(かなめ)である農業生産者を

外国産品の不当な(注釈:誰にとって不当なのか)攻勢から守り、

育成しよう!

農業生産者の保全と食糧安保のために

≪海外からの農水産品に大幅関税を!≫ 

 

 

戦後から 65年も経った今となっては 

これほど時代錯誤な錦の御旗があろうか!

と思う。

徒に続ける過保護は、、、 

我がまま軟弱化を産む元凶である。不合理な政策は、重ねれれば重ねる程、大きな矛盾となって跳ね返り、結局最後はその分野の死を招くことになるのは、火を見るより明らかだ。 

 

上の言い訳は、自分らさえ豊かで潤えば良し と、血税である莫大な国家予算を補助金として分捕るための大嘘 に過ぎない・・・国民は小さな嘘には敏感だが大きな嘘には案外気がつかないのかもしれない。

 

全国のこのジャンルのエゴ団体と、彼らに甘やかされてきた一部の人たち、そして誰よりも彼らの保護神であり利益代弁者である

農水省農林族は

一億2千万国民の大多数の体に寄生

してきた。

それ故に、当ブログは、国や国民の血(税金)を吸い続け、国と国民の体力を消耗させてきた彼らの利己主義、すなわち

日本を食いつぶす

欲張りチ ャーリーを 

全国の物言わぬ国民に成り代り、ここに断罪する。

 

国家と国民の命である血税を、時期を過ぎても尚延々と、吸い続けてきただけでも不公平な事なのだが、

もし それにより外国産に負けない強い体質に成長したと言うのなら、せめてもの救いになろう。しかし・・・・

過保護によって もたされた結果は・・・

単に寄生虫を太らせ怠惰にし日本国と大多数国民の

体力を一層、虚弱にしただけ

 

戦後より過保護に甘やかされたこれらのエゴ団体とそれをかばってきた農林族は、今の情勢では、既得権を決して手放す事はなく、永久に寄生し続けるはずだ。日本国に多大な国益をもたらすと言われるTPPも加盟させず、日本をアジアの1小国へと導くであろう。

 

2.

この寄生虫は単に血(税)を食うだけではない

更に欲張りな事に、一億2千万の大多数の国民に、海外の数倍~

10倍と言う理不尽に高い

生産物を押し付けている

 

つまり、この欲張りパラサイト(寄生虫)は、国民が払った血税を吸うだけでは物足りないとばかりに、更に 国民が税を支払った残りの財布の中の汗の結晶までたっぷりと吸って来たのだ。

 (道理でなぁ~っ!これら寄生虫の大半が どれもこれも太っている訳だ・・・・)

 

この事は、国民が一たび海外に出れば一目瞭然!

農林水産省所管の この1次産品が

 如何に理不尽なまでに高いか

 だれもが驚愕する。

 

 

エゴ団体やそれに率いられた我がままエゴ国民は、票によってエゴ農林族を選び、エゴ農林族は、農水省の既得権を守る為に働く。本来、農水省は 

全国民の最大幸福のために

行動しなければならないのに、真実は極く少数の農水生産者のために奉仕している。そして・・

 

国会と言う体にも寄生して、

大幅関税が続けられなくなるTPP等にも真っ向から背を向け、

日本をアジアの1小国へと傾ける

 

 

3.結論

 

閉塞した今の日本を良くする為には、

まず・・・ 

欲張りチャーリーである

パラサイトの駆除から

始めなければならぬ。

 

これらを駆除するだけで、間違いなく あなたも含めた国民の一人一人の体力は、著しく改善され、

今の所得で今までの2倍以上豊かになって

国民の幸福感は倍増します!

 

更に工業製品の購買力が増えるので

工業立国日本に『日はまた昇る』

事になるのです。今までの購買力は無意味なパラサイトに食われていたのですから、これは明白な真実です

 

                                                                                                      
            
            

皆さん、

                        
            

あなた自身の幸福のために

                        
            

張りで我が侭な寄生虫を駆除しよう

                        
            
            

国民一人一人の幸福のために、

                        
            

ごく一部の国民の為だけに奉仕する

                        
            

旧体制の腐った組織、農水省を断固改革しよう

                        
            
            

その為には、、あなたも含めた国民総意の革命的な

                        
            

意識改革と行動力が必要です

                        
            

 

                        

 

 

 

 

 

ご注意

このブログはあくまでフィクションです。

国民の誰をも傷つける意図は全くありません

 

 

 

 

 

 

(トリッキーなタイ人に鍛えられた戦略的知恵)

strategicストラティージック

Deep Intelligence 

come from my Live in

Tricky Thai

by 海外支援医師の会

トップページ 

すべて事件ですスポーツエンタメ話題!コラむマネー・経済IT政治も本・アートリビングその他

人間の欲には限りがない。どんな、お金持になっても、その金銭欲には際限が無く、およそ『足る』と言う事を知らぬお金という魔物に捕えられてしまう。

          ( 註;本題は下の方の青い太字の部分から・・)

これなど凡庸な人から見ればそんなに大金があるなら、もうそれくらいで満足して日常を楽しんだらいいのに、と思うものだが、いざ自分がホリエモンのように金儲けの才能があったり、田中角栄のように時流に上手く乗ってブルドーザー的に大金を稼げる立場に立ったら、やはり自分もまた金銭慾に魂を奪われるのが世の常であろう。

 

大分前の映画で 『大富豪、大貧民』 と言うハリウッド映画があった。米国の大富豪の実業家夫婦が脱税して姿をくらましたが、内国歳入庁(日本の国税庁) に指名手配され、国外逃亡した挙句辿り着いた村は、現代文明を拒否した生活を送るアーミッシュだった。ここでの生活で金銭慾に執着していた人間の業 から心を洗われて、人間の真の幸福へのヒントを悟ったと言う映画であるが、出演はティム・アレン、カースティ・アレイほかであった。

 

ここで映画の話を持ち出したのは、何もその映画を解説する為ではない。大富豪必ずしも天国ならず、大貧民必ずしも地獄にあらざるなり、という当ブログのお話しの単なる一例としてイントロに使ったにすぎない。

 

今仮に、百億円とかの物凄い大金があったとしよう。

その金で買える幸福は、せいぜい何か最高級の物質的なもの 例えば大型豪華クルーザーとか自家用の小型ジェット機とか 豪華な大邸宅 とかを買う類のことでしか達成されない。肉欲ですら、毎日お金で買っているとその内に『美人のあいつや、可愛い子ちゃんのあの子とのセックスの事を考えただけで もうウンザリ・・』、と言う風になってなってしまうもなのだ。(ただし、世の中には桁はずれに性欲が強い底なしの人もいるが、これは病気!・・ 笑)

 

しかも、そのクルーザーとか飛行機、豪華邸宅は、規模が大きいだけに、あらゆる種類のメンテナンスが必要になってくるし、それを被雇用人のプロに任せてあると言った所で その都度 オーナー自身が日頃から色んなことに注意と目を配りながら 自ら指示を出さなければならない。

 

しかも、困った事に思っても見なかった苦痛が、もう一つある。それは飽きてしまうということだ。買って最初の間だけはクルーザーにしろ自家用飛行機にしろ熱心に乗り回して乙に言っているものの、何ぶんにも人間には、飽きると言う とても大きな本能があり、これが頭を持ち上げてくる。

 

手に入れる前は、10年間毎週、いや毎日でも、楽しみたい、『(加山雄三ばりに)僕かぁ、幸せだなー』とあの時叫んだはずなのに、僅か1年もしないうちに 故障とかして酷い目にあったり、整備の面倒くささに閉口したりで、週一回が月一回に、そのうち年に数回となってしまうのが落ちであろう。最後には、何か、乗ることが義務見たいな感 になってしまうのが人間である。(賢明な皆さんなら既にお気づきのように・・この事は アッチの方にも全く同じことが言えるんである。)

 

さてさて、ここからが本題。 

江戸末期の幕末に、明治維新の立役者達にも少なからぬ影響を与えた 小松帯刀( こまつ たてわき )という薩摩藩の上級藩士がいた。帯刀(たてわき)は NHKの篤姫 と言う大河ドラマにも出てくる人物で、若い頃は将棋が縁となり篤姫の幼馴染のプラトニックな恋人でもあった。その後、篤姫が藩主の養子となり 更にその後 幕府の君主の奥方になったあとも帯刀は、いろいろ篤姫の身を案じる頭が切れて かつ 節度ある清廉潔癖な人物として描かれている。

 

しかし これはNHKが勝手に作り上げたフィクションで、それは、映画の上だけの虚像にすぎない。帯刀は、実は節制の利かない大酒飲みだったのだ。実際、名酒の名前にもなっているくらいである(薩摩焼酎、小松帯刀)。

 

帯刀は篤姫が自分の思いとは全く違う方向、すなわち 藩、次いで、幕府の上層に上り詰めて行くのを横目で見ながら、それと時を同じくして、帯刀もまた小松塾の催主であり藩の要職にもあった 小松家 に婿入りし、最終的に藩の家老にまで上り詰めた。しかしながら、それが小松にとって、生死を分ける地獄的な運命を決めたのである。

 

小松は婿入りしてから要職に上り詰める過程で、ある程度の大金を自由にできる立場になったことにより、(篤姫との悲恋や婿入りによる苦痛などの原因もあったとは思うが) 飽く事を知らぬ際限なき 美酒美食 (酒は言わずと知れた薩摩焼酎) に走ったのである。その結果 帯刀は今で言う糖尿病を発症した。

 

このため、最初の頃は足が酷く痛む程度で済んでいたが、その酷い痛みを 自暴自棄的に いやそうとして、 ますます美酒美食にノメリ込んだのである。

 

そのため、帯刀の糖尿病は次第に悪化の一途を辿り、10数年後には、回復不能の糖尿病末期となった。すなわち目は見えず(糖尿病性網膜症)、腎臓は機能せず(糖尿病性腎不全)、下肢動脈が閉塞(糖尿病性動脈硬化)して足が腐ってしまい、最後は地獄の責め苦のような信じ難い激痛と共に、僅か36歳の若さでこの世を去ったのである。

 

なにも帯刀だけがこのような美酒美食による地獄の責め苦にあったのではない。当時江戸時代の富豪といわれる人たち、たとえば回船問屋などの大商人たちも少なからず、この美酒美食の果てにこの病気に罹り、最後には 帯刀と同じように、地獄の責め苦と言っても良い筆舌に尽くし難い苦痛で、のた打ち回って死んでいったのだ。

 

 どんなにお金があっても、それを小銭で遊んでいた時と同じ価値の物差しでもって、莫大な全財産を、等価で幸せに変える事はできない。たとえば・・・

持ってる財産を、仮に 出来うる限りの食の幸福(食う、飲む)に変えたとしよう。するとその大金持は、10年もせぬうちに・・・肥満、内臓脂肪シンドロームを経て高血圧、高脂血症、動脈硬化、心虚血性疾患、痛風、アルコール性多発神経炎、肝硬変(酒三合を毎日続けると10年で100%肝硬変になって死ぬ)、解離性大動脈瘤破裂(石原裕次郎がそれで劇的にお亡くなりに・・)、糖尿病(=網膜症、腎不全、下肢動脈閉塞) などを次々に併発して・・・あっけなく死んでしまうのである。歌の文句にさえあるじゃないですか・・・

♪♪小原庄助さん、、朝寝、朝酒、朝湯が、大好きでぇ、、そーれで、しんしょう、つーぶした  (身上、潰した=身を殺してしまった)・・・

 

大金持も貧乏人も、お金で幸福(天国)が買える信じているが、成る程、或る程度までならそれも言える。しかし、上のように、それは飽くまで 或る程度まで にしか過ぎないのである。この点では、人間は幸福に関して平等に作られているわけだ。

 

従って、お金儲けも、或る程度までで停めておくのが賢人の知恵と言うものであろう。   それ以上儲けても使い道がないし、その上、儲けるための大きな苦労が、自然な人間で居られる限度を越えてしまい、その結果、度し難いストレスで癌などの致死性の大病を発症して死んだり、上のようにストレスを癒そうと、美酒美食肉欲(酒池肉林) に走った挙句、わずか10年足らずで地獄のような晩年を迎える事になるのである。

 

秦の始皇帝は、これらの病気を避けてでも、壮大な酒池肉林を続けたいと切に冀(こいねが)った。で、美食美酒しては直ぐに強引に吐き出すと言う方法で 何度も酒池肉林を続けたという・・・ん?おかしいな

肉林(=性欲)の方は?

イッタ後で、それを吐き出すってぇ訳にはイクメー

 

 

近々の4ブログ

 

 

 

 

 近々の4ブログ

完璧無比、水没携帯蘇生術

日本人がどんなに用心してもタイ人には敵わない

幼稚な国民が選んだ幼稚な政権の幼稚なる国

タイ嫁、長年の悪食と怠惰が祟り遂に来るべき物が 

 

最新版

中国の犬に引かれて地獄寺 (菅は丙戌いぬ) 

 

 

 

(トリッキーなタイ人に鍛えられた戦略的知恵)

strategicストラティージック

Deep Intelligence 

come from my Live in

Tricky Thai

by 海外支援医師の会

 

 

 

菅仙谷の責任逃れの癖は、中国共産セクトのシンパの過激派に属していた学生時代から始まった。二人は同じ学生運動家でも責任逃れに心を砕く似非(えせ=似て非なる)運動家であった。特に仙谷は社会主義同盟に属していたが東大安田講堂に於ける攻防では万一の責任(逮捕)を恐れ、講堂の中には入らず専ら外部に居て弁当を差し入れる安全な弁当運び屋をやっていた。そのため仲間から、おいっ弁当運び!と揶揄されていた。責任逃れの癖は、まさに学生時代から始っていた訳だ。

 

ところが5年時(通常は4年終了)に司法試験に受かるや、さっさと足を洗って(=大学を中退して)共産系の弁護士になってお金儲け。事務所には共産党の赤旗をおいていた。同じ事務所には 仲間の福島瑞穂もいた。

 

東工大の菅とて巧く逃げる点では、似たような、いや むしろ仙谷以上に巧みであった。しかも今の菅は、万が一首相として責任を追及されても自分だけは助かるように全てを仙谷に丸投げし、自分は追及の手が回らない所にいて高みの見物・・・・・

決して能力が人より抜きん出ていた訳でない菅にとって自分が矢面に立たないように狡猾に世間を渡る抜け目のない性格は学生運動家時代に既に彷彿していたわけである。

 

畢竟(ひっきょう)二人は、共産シンパとしての過激派から足を洗っても、責任逃れの癖までは洗えなかったと言える。いや、むしろ 今の二人を見ていると 責任逃れのワザは学習効果によって、より磨きがかかったといっても過言ではなかろう。

 

かって米国では 共産かぶれは厳しくチェックされ たとえ足を洗っていても過去の身上を厳しく問われた。資本主義国のリーダー米国では、今でも厳しく過去も問われる。共産かぶれの二人が 今、まんまと資本主義の国である日本の政権中枢に鎮座しているという この国の怪!

この国は一体何なんだ?結局、日本は政治的には幼稚な(アマチュアの)国家であるとしか言いようがない。

 

その典型的な幼稚さの顕れの一つが・・・

日本国と日本国民の安全を 日米安保の親分の米国に任せっきりにし、自らは国の防衛予算を自分等のお神輿にまわす為にドンドン減らしていく一方で、外交ではせっせと中国のご機嫌取りに回るというテイタラク。

およそ日本国の首相、官房長官として到底相応しくない御仁たちである。これでは米国の堪忍袋の緒が切れるのも無理はない。

 

沈没していく日本を救うべく、せっかく民主党に一度は政権を取らせて見よう、もしかしたら巧くやってくれるかも、という国民の真の願い(私もそう願った)は、似非運動家として学生時代を送って来た二人にはまったく通じなかったようである。

 

学生時代の甘えと誤魔化しいつまでも通用すると思うな、菅仙谷よ。

 

 


ジャンル その他話題 世界 ビジネス

トリッキーな性格を知らずに起業/失敗談をまず1つ。他の いろんな失敗譚は,続編でご紹介。

 

始めに: 大手企業は人事部門が組織的にしっかりしているから問題ないか、と言えば決してそうではない。日本では、会社の新方針とか社員への一つの事柄についての指導などの徹底は、ミーティングなどで1,2回言えば済むところ、タイ人の場合はそうは問屋が卸さない。性格が日本人と比べていつも楽をしようという怠惰な造りに出来ているからだ。

 

だからこのツケは指導に来ている駐在さんに全てかかってくるので、駐在さんはバンコクで豪勢な暮らしぶりをしてる、と言っても、実際には なかなか大変な立場に立たされているのである。とはいうものの大企業は、人事募集面において非常に有利な立場にあるので、その分、躾と常識を一応は身につけた(両親が揃った)中流階級の子息という良性の人材が集めやすいので、比較的楽だ。

 

問題は従業員10人以内の小規模な会社、特に、退職者が退職金などでタイで小規模な店や会社を起業する場合だ。

 

次にかく話は、後から聞いて分った事だ・・・ 

私が以前住んでいたマンション(各階1室専用で310平方mある賃貸)の2階に住んでいた日本人一家はもともとは日本で食品機械(スナックなどの食品のパックに電気的に取り出した窒素ガスを封入する機械など)の販売の中堅企業を営んでいたが、前からの夢であったタイ進出を果たそうと、一家総出でタイにやってきた。セールスマンと彼らを上手に使い販路を開拓するマネジャーを雇った。販路さえ充分に開拓すれば、後は日本から機械を輸入して販売先に納品して設置の上、運用法を教えるだけで良い。

最初の2年間は販路を開拓したりする事に全力を投入。3年目からは黒字になるはずだった。

 

ところが彼ら一家は、タイ人が≪自分が楽するために外国人を利用するのが とてもお上手なトリッキーな性格≫を余り知らなかった。2年を経過した或る日の事、社長さんが『諸君、いよいよ投資した資本を回収できる3年目に入った。最近君達はなんだか元気がないぞ。当社は、これから上昇気流に入って行くんだから、皆んな、ファイトを出して頑張ろう』と通訳を通してはっぱをかけた。その時である・・・。

 

マネジャーとセールスらは、全員が集まったこの契機を利用して、なんと一斉に、まるで申し合わせた如く、高額な昇給を要求してきたのだ。昇給額は恥知らずにも、常識では考えられない額であった。勿論、社長は、顔を真っ赤にして断固断った。すると、予め答えが分っていたかのように、全員が、それでは辞職させていただく、と言ったのだ。そして翌日顔を真っ青にした社長に対して全員が辞表を提出しすぐ退社してしまったという。

 

なんと言う事はない。彼らの計画は既に出来ていたのだ。

マネジャーが社長になって作る新会社は、2年間で開拓した得意先が既に相当先まで決まっておるので、資本金など僅かで済む。機械に熟知したスタッフも揃っている。結局、必要十分なスタッフも全ての得意先も≪タイ人同士の絆で≫乗っ)取られてしまっていたわけだ。

 

 

この一家は中学生と小学生の子供がいる夫婦とその親爺さんという家族構成だった(奥さんは綺麗な方だった)。親爺さんは当時年齢が63歳。

或る日のこと、マンションのオーナー一族が経営するイタリアンレストランに出かけようとした私はその親爺さんが、肩を落として帰宅した所にパッタリ出くわせた。『どうしたんですか、○○さん、顔が青ざめていますね、体が悪いんですか』

『いや、いや、ほとほとタイ人には参りました。』と親爺さんが言う。最近、オーナーの息子からそれとなく部屋を出るらしいと小耳に挟んでいたので、親爺さんのその言葉で、私はやっぱり仕事が上手く行ってないんだ、とピンと来て、彼に言った『バンコクという大変な町の同じ屋根の下で、我々外国人は大変ですよね、色いろとね。どうです?一杯やりに行きませんか。驕りますよ』

彼は、『おお、こりゃ嬉しいお誘いですね。丁度気が滅入ってムシャクシャしていた所なんで是非行きましょう、でも私のほうが驕りますよ』

 

私はそれを聞いて驚いた。と言うのは彼ら一家は、前からマンションの一階で顔をあわせても、軽く会釈する程度で、誰とも口を利かないらしいと言う話を、マンションの従業員達から聞いていたので、すぐ断られると思っていたからだ。

  

トップページ

 

 

 

 

 

(トリッキーなタイ人に鍛えられた戦略的知恵)

strategicストラティージック

Deep Intelligence 

come from my Live in

Tricky Thai

by 海外支援医師の会

情けなや) 歴代無能首相トップは誰・・

 

歴代無能首相サイトを検索すると・・わぁ~、出るわ、出るわ、日本の首相は こんなにも無能が多かったんだ、嫌んになるほど出てきました。成る程なぁ、だから日本は沈没していくんだなぁ~っ、と改めて納得。

 

その中で目立って多かった主な名前を拾うと、

・・・・・宇野、細川、森、に続いて福田康夫、鳩山、菅の名前が・・鎮座しておりました。

特に、宇野は、辞めさせられた理由というのが振るっておりましたねぇ。酒造会社の御曹子なのにぃ~ お妾さん(笑)に対するお手当てがたった30万円なのに更に減らせるってんでお妾さんがセコイって暴露。それを宇野が『ウー、ノー(Oh No!)』と言ったとか言わなかったとか。女にも愛想を付かされ、

マスゴミに馬鹿にされ、”有名”になったせいと、名前の宇野(うーのー)の音感と、無能(むーのー)の音感が 多少似ているせいなのか、宇野の名が比較的多かったような気がする。

 

でも流石、御曹司、潔く辞められたのは立派です。石油資源獲得に奔走されましたし・・。これらの点では、逃げ て、投げ るだけ、、何の奔走もしたことがない駄目菅とは大違いで、ずっとマシでした。念のため、それらサイトの一部を最下段に列挙しておきますので・・(でも、見るには及びません、ハイ!)

 

菅は最も新しい首相だからサイト件数が少ないはずであるのも拘らず ご立派に!比較的多くのサイトでその名誉な名前が挙げられておりましたよ。

(やっぱりっ! 尖閣で大失敗しても知らん顔、海保に尻拭いさせただけの男だから、想定通りの結果だぁっ。)

 

では、ここで、無能首相名/ネット最多賞に輝いた我等の埃り、菅首相を、アメリカの初等教育で最優秀賢人大統領にその名が上げられているアメリカの偉大な大統領・リンカーンと対比してみましょう。

(むろん、比べる事自体が、ナンセンスなのは承知の上。あくまでパロディですんでねぇ)

 

(余談ですが、因みにネット最多の(アメリカン)史上最低の無能大統領は誰?・・・・ブ○シュだそうです)

 

それでは行ってみよう

 

リンカーンと菅の

対比1:

 

リンカーン曰く

人民の人民による人民の為の政治!

 

菅 曰く

幼稚な民の、幼稚な政権による、幼稚な民の為の政治!

       

        (・・・・ひえ~、こりゃーまた酷い、 ド偉い違いですなぁ)

 

リンカーンと菅の

対比2;

 

リンカーンを 

澄んだ夜空に こうこうと輝く満月 に例えるならば

 

菅は 何だろう・・・う~むぅ

 

・・・そうだ、これは いかがです?

で 草の根っ子に引っかかって もがくスッポン!!

 

やったぜベイビー!

   

あー、忘れておりました、サイトの一部列挙を・・。

でも一部でさえもコピーすると、ブログが大変な長さに なってしまいますんで、勝手ながら省略させてもらいました  

 

  

 

(トリッキーなタイ人に鍛えられた戦略的知恵)

strategicストラティージック

Deep Intelligence 

come from my Live in

Tricky Thai

by 海外支援医師の会

 

トップページ

                       

 

 

すべて事件ですスポーツエンタメコラむマネー・経済T政治も本・アートリビング

 菅小沢ポッポは中国三従士,米なら重罪の赤議員!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・民主には

        中国に媚び売る売国議員

 が、ズバ抜け多いと喝破する論客も多いってぇーのに、民主党総裁の菅までもが、犬だってぇーのかい?

で、何処の国の犬だべぇ。嘘コクでねーぞ

 

 

( 菅は46年生まれの犬、それも中国の犬だべぇ )

 

こいつは酷でーや。国の首相ともあろう奴が

      中国の犬けーっ! 

        

もうチッとで、腰さ抜かすトコでねぇか・・

ここが米国なら中国の犬は赤狩りで重罪だべぇ

   

    ったくこれじゃ (能狂言風の節回しで)

                        ↓

            仲良く、三人揃ってぇ~ 

  中国三銃士、いや中国三従士

 

これがホンマの悪(わる)の新・三銃士だ

 

次はオマケ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

管の能力性格の弱さは大脳前頭野の老化症状の現れだが、それだけでなく、同じ前頭野が司る信念や心まで

  

     老化で曇ってきてたんだなぁ(笑)

 

註:菅首相の前頭野の老化現象についての医学的私見は、拙ブログ※を参照ください。

   ※旧版) 中国の、犬に引かれて、地獄寺   

 

 

近々の5ブログ

大 河 ドラマ 篤 姫でNHKが隠していた真実とは 

完璧無比、水没携帯蘇生術

日本人がどんなに用心してもタイ人には敵わない

幼稚な国民が選んだ幼稚な政権の幼稚なる国

 
 
 
 

 (トリッキーなタイ人に鍛えられた戦略的知恵)

strategicストラティージック

Deep Intelligence 

come from my live in

Tricky Thai

by 海外支援医師の会



その他 世界

甘い夢を抱いてタイで起業し泣きを見る、警鐘!誰がために鐘はなる?
 

 >タイ人に騙されるようだと、ちょっとさびしいねー

と誰かのブログでコメントされて・・10年選手の私も一応 反省してみた 。

 

タイは国も民も、そもそも外国人を利用して自分は楽をする習性を発達させてきた。タイ人の だまテク にかかると、脇きの甘い?日本人は (私は30年間日本で医療経営で苦労してきたので、決して甘くは無いのですがね,それでも たまに油断して騙させれちゃう

) 、タイの最初の数年間に 最低10指に上る災難に遭わされて、今畜生と腹が立ちっ放しなる事でしょうね。

 

かくいう私でさえ またしても騙され酷い目にあった体験を綴ったブログタイ・トヨタの3年前の大嘘でまたまた散々な目に!で書いたところ、タイ経験年数不詳の或るブロガーに、こう言われちゃいました。

      >タイ人に騙されるようだと、ちょっとさびしいねー。

 

でも、その方は私がタイ経験年数10年にしては、寂しいねと思われたのでしょうね。もしかしたらトヨタ関係の方だったのかも知れません。でも上のブログで紹介した『トヨタの上級社員による騙し』は、アクまで3年前、つまりタイ滞在7年目の時点で騙されていたって事です。そして、その騙しの被害が3年後の今になって発生したっことです。決して今騙されたのでは無いんですよ。お陰で愛車のトヨタ・ウイッシュ・スポーツツーリングがエアコンの水で水浸しになり白カビが車の中の全面に生え その駆除に1週間と修繕費3400バーツ(約1万円)掛かりました(詳細は上のブログ参照)。トヨタのホワイトカラーの上級社員が新車を購入した顧客を、買った当日に『平然と』騙すんですから、日本のトヨタを信用している日本人には防ぎようがありませんよ。
 

 まあ、色いろあって10年も散々酷い目にもあってきたので、今ではずいぶんと用心している・・・・

その積りでも、

やっぱ騙しの得意なタイ人(金持も貧乏人も問わず)には敵いません・・・最近その騙しに引っかかり体中の皮膚が接触性皮膚炎になってしまうと言う 筆舌に尽くし難い災難に見舞われました。小さい災難はもう馴れっこなって今では書きませんが、今回は余りにも被害が大きかったので以下にご紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ビユティフルなプールにビユティフルなビーチがあるジョムティエン近くの高級コンドウミニアムにバンコクから引っ越してきました。そして抵抗力を鍛えるために毎日国道を4,5キロジョギングで走ったいたが車が時速100キロでビュンビュン直ぐそばを通過してゆくので怖くなり、一度も使わなかったここのビューティフルなプールで、毎日40分以上泳ぐ事に切り替えた。


ところが・・・・
水泳ジョギング2日後に、私はトンでもない体になってしまった。

原因は華僑のオーナーの超スティンジィ(吝嗇)にあった。

 

超スティンジー?

ここのオーナーは、時々やって来る敷地内の自宅の電気代さえ他の一戸建ての入居者宅の配線に繋いで相手に払わそうとするなどは序の口。金のためなら、手段を選びません・・・たとえば水道局に払うコンドウの膨大な料金を減らすため、頻繁に起きる断水時を利用して 大量の空気を出水口からモーターで送り込み、水道メーターを逆転させるなどまでする。こんなこと日本では聞いたこともない。お陰で、我が家の貯水タンクの出水口までもがシューシューと激しく空気が噴出する始末(当宅も一軒屋)。断水時なのに当然メーターが課金が増える方向に回転しております。

 

このトンでもない吝嗇オーナー、大量のプールの水を捨てるのを惜しんで、何時までも同じ水を使おうと、毎日塩素消毒剤を追加しておった。
キレイなプールなのに、何故か利用しているのは、ホテル代わりに1日利用で来た客達だけ。買って住んでいる住人は何故居ないのかと思っていたが、その理由は、上の塩素にあったわけだ。

それを知らず私は二日続けて40分間ずつスイミングでジョギングをした為、乾癬という持病を持っていた私は、全身が塩素でやられて赤剥けになり、赤剥け部が全部乾癬を発症してしまった。折角乾癬が軽快していたのに・・・。

2ヵ月間必死で治療したが、今でも全身の皮膚が凸凹の発疹だらけで毎日死ぬほど苦労していますよ・・・・。大気汚染の酷いバンコクで発症して、汚染から逃れて病気を直そうと引越ししたって言うのに。

 

タイ人の馬鹿野郎!このタイ人を罵倒する言葉に もし、非難めいた気持ちを抱かれたら、是非私がどんな体にされたかが一目で分る次の画像付きのブログをご覧ください。タイ人の馬鹿野郎!でもまだ飽き足りませんよ・・・まったく、クソタイ人って野郎は・・!

スティンジーな大金持タイ人のプールで泳いで体中が皮膚炎に 

 

しかし、最低限、タイ人に用心していたお陰で、多少高くついても購入などせずにレンタルを押し通していたが、それが正解だった。

こんなとこ買った人は、自分で住めないし、人に貸すわけにもいかないから、安く転売するほか無い(貸しても直ぐ出てしまうので、利益にならないから)


 

 

近々の4ブログ

大 河 ドラマ 篤 姫でNHKが隠していた真実とは 

完璧無比、水没携帯蘇生術

幼稚な国民が選んだ幼稚な政権の幼稚なる国

タイ嫁、長年の悪食と怠惰が祟り遂に来るべき物… 

 

最新版 

中国の犬に引かれて地獄寺 (菅は丙戌いぬ) 

 

 

 

(トリッキーなタイ人に鍛えられた戦略的知恵)

strategicストラティージック

Deep Intelligence 

come from my live in

Tricky Thai

by 海外支援医師の会

 

 
 
 
 

ジャンル 世界

タイ人に典型的な三悪を一身に集めた嫁は、私が一緒に住んだ最初の従順な1年間を除いたその後の3年間というものは、肥満を改善する為に体を動かすことは大嫌い・・後述のように、ジョギングは勿論、散歩の類の運動さえも絶対にしない。する事と言えはやれ痩せ薬とか、電池式でお腹に巻いて使う器械とか、家庭用のビニール製スチームサウナとか、いずれも努力不要のお気軽なものばかり、という まことに怠惰な女であった。
   

註:多少長いブログなので3つに分けて読むと楽チンです

  ■~■づつ


勿論上のどれもこれも全く効果はなかったのだが、最後のスチームボックスなら効果があるかも知れないと当時は思ったので『週最低3回、1年間続けること。約束を破ったら弁償して貰うよ』という約束で買って上げたものだ。しかし案の定3、4ヶ月もしないうちに、効果がない、お尻が熱くて困るなどと散々ケチを付けた挙句、プイッと投げ出してしまった。弁償しろ、と言うと『あなたはケチ。ケチ日本人よ』と食って掛かるだけでチョン!、、、もう情けが無いったらありはしない。

 

ことほど左様にこのタイ嫁には何事に関しても向上心というものが全くなく、真剣になって声を大にして改めようとさせても、ビタイチモン変えようとはしない強情な女だった。
 

何事も中途半端で大雑把。

例えばドアを開けたら閉めると言うことがない。『エアコンきかせてるんだから閉めてくれよ』といっても返事するだけで馬の耳に念仏。

私の部屋から何かが必要になって黙って持って行ったも、元に返さず放ったらかし。それで、こちらはアレがないコレがないと苦労の連続。扇風機を使っても半分は切らずに放置。部屋の電気も付けっぱなし、そのくせ、留守にする時は、火事を恐れて電気製品を消し回るのは良いけれど、電子レンジはコンセントまで抜き、延長コード式のタップ(例えば4連タップ)に繋がった電気製品のコンセントまで抜いた上タップのイルミネーション(LEの点灯)が付いているのが怖くてタップのコードのコンセントまで抜いて回る、複数あるので。何度言っても、無駄!学習効果ゼロ。こんなのは安全志向だから未だ良い。
最も許せないのは、、、
この女は見かけのキレイさだけを考える奴
なので、誰かお客さんが来るってというと、家を綺麗に見せることに心を砕くのは良いけれど、こちらが頭に来るのは、机の上や本棚の上にちゃんとこちらなりの秩序で置いてた物すべてを、十把一絡げに段ボール箱へ掘り込んで隠してしまう事。で、後は放ったらかし。  これで今までどんなに苦労させられたか分らない。あれやこれやがどこに行ったか分からなくなる。 

 

車に乗ったら乗ったで・・・シートベルトをしてくれと、何百回も言ってきたも、未だに私が言うまで殆どしたことが事がない。

立ち居振る舞いも繊細さにか欠け大雑把であるだけでなく、じっと耐え忍ぶ忍耐力もないので、例えば一例として、蚊取り線香が二つが合わさったのを外す操作を例にとると、、、10回のうちまず最低でも6回以上は上手に外せず、バラバラに切ってしまうと言う有様だ。

雑っぽさはバイクでも同じ事が言える、、、

本人がチェンマイで一人暮らしをしていた頃、2割の頭金を払いローンでバイクを買った事があるらしい。しかし元々神経が雑にできているから、1週間もしない内に転倒して頭に大けがをし、それでバイクはローン付きで姉に譲ったのである。

 

姉はとえば、これがまた、全く逆の性格。非常に臆病でかつ用心深い性格だから譲られたバイクを8年以上乗っていると言うのに、転倒した事がないく、乗らない時は家の床に上げているので、バイクは今でもピッカピカ、新品同様の状態だ。ただし、姉は臆病すぎて男が嫌いなレズビアンである。

しかし嫁は、何故か不思議な事に、この様ないろんな欠点は、私と二人で暮らした最初の1年間だけは、それ程ではなかった。その理由は後記する。

 

先にも言ったが、

体を動かす事が大嫌いと言う事について再度述べる・・・・
私が毎日ランニングマシン(バンコクのマンション)で40~60分ジョギングしている時とか、一時間ほど体のために散歩(=パタヤ近郊に引っ越してから)している時に、10分でもいいから一緒にやろう、と いくら言っても、全く聞く耳をもたない奴で、1分たりとも絶対に運動しようとしない。

 

足の親指の爪が食い込んでいるので痛いから、と言い訳して。それで私が つい大声で 『お前の健康と痩身の為に言っているのに、全くもって お前みたいな怠け者見た事もないよ、などと口が滑ろうものなら、それこそ『あなた、悪い日本人ね、そんな大きな声を出して怒るから皆に嫌われているのよ』と(自分の事を棚に上げて)、凄い剣幕で怒鳴り返す始末だ。彼女は、『日本人が周りから嫌われる事を気にして小さくなる習性』を 以前から二人の日本人と付き合っていたので、日本人の泣き所をよく心得ていたのだ

 

日本人と付き合っていたというのは、後で知った事であるが、これがまた何れもビックリ箱みたいに凄い事柄がポンポンと飛び出す話なので少し長くなるが紹介しておこう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この女の最初の男性は17歳と言う同い年の隣村のタイ人で、女の子を出産して1年後にはもう分かれたという(生まれた娘は男性側が引き取った)。

しかし、その事は(=一度タイ人と一緒になり子供が出来たこと)後で分かったことで私が一緒になる時には露 知らされなかった。

 

一緒に住んで子供が生まれた(私には子供が未だ一人もいなかった)。日本領事館へ日本国籍を貰いに行った所、女の独身証明が要ると言う。それで故郷の役所まで出向いて取りに行ったんだが、なんと証明書には、過去結婚した事も子供を生んだ事もない、非常に善良なる女性である、と書かれていた。善良なる女性・・・そんな事書くかな、逆に悪いことした女ならどう書く気?。

 

彼女が次に一緒に住んだ男性は、当時30代の日本人だったが、何と言う事だろう、、その男は日本の警察に追われて自殺したのだっ。その次が、当時62歳の退職組の日本人だあ~っ。タイ人は男女とも出入りが激しいと言われるが、それにしても・・・

前者は親父が有名暴力団のせがれで、浜田省吾の歌が好きだったという 割とかっこの良さそうな男であったが、組の犯罪に絡んで親分である父親と息子の彼が共犯とされ親父はアメリカに逃亡、息子はタイに逃げた。しかし親父は入国時に捕まって日本に送還され収監された。それで息子への送金が途絶えた上に、息子もまた指名手配されたため、逃げ切れないと観念して、(彼女と同居中に)首を吊って自殺してしまった。
 

 

■以上の事が何故分かったと言うと、、、、私らは最初の間は、しょっちゅう彼方此方に車で旅行したものだったが、車に積んでいたDVDで200曲も入っているMP3のアルバムがあり、それを惰性で いつも聞いていたのだが、、、その中に浜田省吾の曲があった。彼女は、不思議な事にその歌がかかると、その度に必ず涙をポロポロ流して泣き出す。何回でもその度ごとに激しく泣き出すのだ・・・

それで これはどうも変だ、何かあるに違いないと思って 彼女に問いただした結果 上の様な事情が分ったと言う訳だ。

後者の2人目の高齢日本人は (当時16歳の)マッちゃんというチェンマイ娘に ぞっこん惚れ込んだ男の話だ。彼は惚れたあげくに、婚約して、それだけで退職金など2000万円を娘と母親の悪知恵でだまし取られた。正確に言うと、実際に騙し取られたのだけれども タイの法律では犯罪にはならなかった。

何故なら、、、、
その老男性は、16歳という相手の年齢に負い目を感じて、婚約と同時に 『婚約中の2年間、娘が安心して待てる様に、連名の預金口座を作って欲しい。その上で退職までの2年間この口座に給料残や退職金を結婚後の夫婦の生活資金として送金して欲しい』、という母娘のグッドアイディアに引っかかり、晴れて退職してチェンマイに着いた時には、口座から全額引き出されていたのである。連名ではどちらが引き出しても文句は言えない。警察は、『金額は大きいが、プレゼントしたのと同じです』、と言ったそうだ。(確かに。1億円のヨットを誕生日にプレゼントする富豪もいる。)

 

彼は、その後、女からお金を返して貰おうと2年程必死で交渉している間、お気の毒な事ではあるが 彼は、彼女が住んでいた高級アパート(ナコンピンコンドウ16階に住む)の、丁度真下にある2階(3階?)建ての家賃2000バーツのボロアパートで頑張っていたのである。しかし その努力が実って、最終的に200万円だけ返してくれたそうだ。

 

世に悪行の栄えたためしは無し!この女は2008年の某月、覚せい剤の販売目的・大量所持で逮捕され、その時 所持していた複数の銀行通帳には なんと2000万バーツ以上もの大金があったと、テレビのニュースで報道された。TVを見ていた嫁がキャーッと大きな悲鳴を上げたので私も見たのだ。(女は、厚化粧の整形だらけの顔に見えた)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

ここらで元の嫁の話に帰ろう。
、、、、そして、毎日の食事についていえば・・タイ人特有の唐辛子をテンカ盛りにした 塩分が一杯で 食用油がどっぷりの (赤唐辛子で真っ赤になった) 炒めもの料理しか食わない。プリックキーヌウ(ネズミの糞の大きさの唐辛子という意味)のような凄く辛いタイプの唐辛子もポリポリ食っている。しかも、合間合間には、お菓子の類の甘物を意地汚く口にするのに余念が無いという、子供も同然の性格であった。ただ、最初の1年だけは、親爺が私と未だ上手くいかなくなる前で、彼女に親爺としての口を出さなかったので、私の言う事に耳を傾けてくれていたのだ。ネコを被っていたものかどうかは分らないにしろ、とりあえず従順で理性的な奴ではあったのだ。ところが今では・・・

 

本人や私が、和風料理を作っても、幼少時の食習慣から抜け出せないのか、相変わらず上のような悪食を食べており、冷蔵庫に良い材料があっても、インスタントの激辛ママカップを食べておった。意地汚く、ママカップの固いちじれた緬を、そのままポリポリ食べる事もある。チャンヤーが寂しくないようにと、田舎の実家から、姉をお手伝いとして来て貰ったのを良いことに、自分は何もせずテレビを見ながらお菓子を食べる毎日。あまりの事に姉がメーテンの方言でたしなめると、大声を張り上げて双方が怒鳴りあっていることも多々ある。

 

私が幾らいっても、言う事を聞かないのだから どうしょうも無い、そのうち私も、幾ら言っても激しく反抗して大喧嘩(口論だけだが)になるだけなので、言うのを止めてしまった。何時の間にやら、4年前にあったときとはまるで別人のようなコレステロ-ルで太った女に・・・。この女が、かって(10年前)高校の勉強にツイて行けずガテーに唆されて年齢を2歳誤摩化してミスチェンマイ/コンテストに応募し、準ミスに選ばれた女だろうか、今では、どこにもその面影などない(準ミスは嘘がバレて取り消され賞金の20万バーツも返還させられたと言っていたが、、。今になって見ると、本当の話しか、どうかも怪しいもんだ)

 

■そして、今日・・・・・

 

朝ごろ、私が寝ていたら、ドアをドンドンたいたので開けると、息絶え絶えに苦しそうに転がり込んで『おしっこが全然でない、物凄く胃(タイ語でガッポウ)が痛い痛い』と 臍の下の方を押さえて七転八倒している。

私は一瞬で尿路結石だな、それも尿が出ないのだから、膀胱結石だ、と診断した(私は日本国の医者なので)。

 

病院に行く前に、まず すべき事をするために、鎮痛鎮痙剤を服用させる。膀胱炎も当然あるので尿路感染用の抗生物質も飲ませる。が、直ぐ嘔吐して出してしまう。鎮痙剤も吐き出したのを確認して、再度、直ぐ吸収できるように今度は噛み砕いて服用させる。

 

半時間くらいで効いてきたので、その間に、鎮痙作用で石が出るかも知れないと、水を飲ませたり、体を動き回らせたり、背中をたたいたりしたのだが・・・・

尿は、少量は出たものの石がカントンして出ず、1時間ほどすると、また苦しがるようになった。

 

これ以上、自然排出は難しいと判断したので、病院へ連れて行くことになった。病院は、普通の人は パタヤで一番設備が整ったバンコク病院パタヤがいいと思うだろうが、それは考え物だ。

完全尿閉とか腹部の板状硬化があれば開腹の必要性があるので、勿論バンコク病院に連れて行くのが正しいが、今は完全尿閉でもなく、お腹は非常に柔らかい。

つまり開腹手術の適応は未だ無い。

しかしバンコク病院

(この病院は、サミティベート、バムルンラードなど

外国人用の株式会社/高級病院と同類の病院)

利益優先病院であると以前の交通事故時の体験(下の註参照)からはっきり分ったので、この病院へ連れて行くと、本当に!直ぐ開腹される恐れがあり、考え物なのだ。手術の方が保存治療より遙かに治療費が高額になるのは日本と同じである。法律遵守の傾向が強い日本でさえも富士見台病院事件何てのもあったですよねっ。

 

開腹の適応が無い今は保存的に治療してくれる所がよい。チャンヤーにバンコク病院か、国立病院、どちらが良いか、本人の意思を聞いてみた。

 ここで先程の体験を一寸だけ説明しておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

註:3ヶ月前のことだ。時速120キロ以上という暴走運転の基地外バイクが 私の車の横っ腹に衝突して来ると言う事故があった。ライダーの頭はヘルメットごと緩衝作用のあるm窓ガラスを破っただけで済みヘルメットは全くの無傷、頭も外傷等が全く無く、脳内出血の可能性は幸運にもゼロであった(腕足の亀裂骨折の疑いは2カ所)。しかし、(バンコク病院が金を出しているNPOの救急車で自動的に運ばれた)バンコク病院では、翌日になって開頭する必要があるから、すぐ貴方にサインして貰いたい、危急の事態である、とライダーの親ら素人を相手に説得したため、身内の人間が入れ替わり立ち替わり電話して来て私にサインサインとしつこく言ってくる。

が、私は医師として99%脳内出血なしとの確証があったので、サインを毅然とと断ったのである。

するとバンコク病院は、相手方の保険金が切れるまでの1週間は入院させ、保険金が丁度切れた日にんると、『もう大丈夫』と、即退院となったのであった。結局、開頭する必要など全くなかったのである・・・・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このような経緯があった事を私は思い出したので、チャンヤーにドッチがいいかと本人にも意思を確認した訳だ。

 

するとチャンヤーも何度も『開頭手術にサインして』と電話で苦しめられた時の事を覚えていて、『バンコク病院は直ぐ開腹するから嫌っ、国立でいい』・・と同じ事をいうではないか。まあ大体、バンコク病院パタヤに入ったら御殿か超高級ホテルかと言う雰囲気だから、田舎出身のチャンヤーには逆に居心地が悪いんだろう、と思った。

 

そう言う訳で私は・・彼女の姉と ななみを車に乗せて、かなりスピードを出してチャンヤーを27キロ離れたサタヒップ病院へ搬送したのである。

 

病院での診察結果は、私が診断していた通り、膀胱には石があり、尿道カテーテルも中に入らない、との事であった。鎮痙剤や抗生物質などの点滴をして、3時間ほど経過すると、完全ではないが尿がかつかつ出るようになった。

 

そして明日と明後日 病院に来うように言われた(私は入院を望んだのだが)。このあいだの やり取りは 全て本人と彼女の姉(チャンヤーによると準看として昔、チェンマイの国立病院に1年間勤めていたらしい)に任せて 私は待合室の方で待っていた。タイの病院のすることに あれこれ日本の医者が口を挟むとお互いに嫌な思いがするので。

 

医者はどんどんキレイな水を飲んで よく歩くなど動き回りなさい、辛いものと塩分は摂らない様に、(私が言ったのと同じ事を)言われたと、本人は この時だけ神妙に、つぶやいた。私が言う事を聞かなかったのが悪かったと・・・

 

私は、一計案じて『でも、石は残ってるんだから、次回また同じ事が起こったら、今度はバンコク病院で手術だからな!』 と、言ってやった。実際そうなのだし。 この女は、痛みが去ったら、喉もと過ぎれば何とやら・・・今日の激痛のことなどすっかり忘れて、また同じ悪食と体を動かさない怠惰な毎日を 完全に繰り返す であろうことを今までの学習効果で悟っていたからである。

 

■この女は4年前あったときでも だいぶん、太っていたが、今では、すっかりデブデブでブヨブヨの 土人さながら、いや土人そのもの(ただし肌は日本人同様に白いが) に変わり果ててしまった。性格もすっかり親爺のマインドコントロールのせいで変ってしまった。

二人だけで暮らした最初の1年間は 性格は良かったのに。何故?

 

それはこういう事だ・・・住んで一年して子供が生まれた。 するあいつの親爺も人の子。孫をそばで見ていたかったのだろうねぇ、両親の希望(人分の給料も希望)で、バンコクで我々と一緒に住んでいたことがあった。

 

しかし、文化習慣がまるで違う。しかも田舎では、自分がお山の大将 だったのに、バンコクの都心で4人(+赤ちゃん)暮らしでは 親爺の文化習慣が全く通らない。こちらの方は、世界標準である合理的な文化習慣なのだが、向こうは向こうでクソ意地を張る。親爺は畢竟、こちらをせめて理解だけでもしようか、と言うような柔軟性がなく、非常に頑固な性格であった。

 

それというのも、親爺は、反抗心がずば抜けて強いので知られるラオス・モン族の出身だったからだ。共産主義華やかし頃のパテトラオ時代、敵の米軍に唯一協力した勇猛果敢なモン族の出身であった。そのお陰でラオスを追われた多くのモン族と同様に、親爺はタイに逃げ、若い頃は色んな仕事について馬車馬のように働いていたらしいが、そのお陰でタイ人のIDを貰った。

 

私らと一緒にバンコクに出てくるまでは、メーテンの刑務所の夜間12時間の守衛をしておった。無知蒙昧で文盲の親爺ではあるが、プライドが高いモン族だけあって、強情で柔軟性がない分、盗みなどの悪い事は絶対にしない。それで重宝がられておったようだ。それで3ヶ月たったある日、刑務所から電話があって、あんたが居ないと他の守衛では 一人なのを良いことに いろんな物を盗み、転売するので困っている。ぜひ帰ってきてほしい、これからは昼と夜半々の仕事にしてあげるから、と甘い言葉で説得されたのだ。(メーテン刑務所はタイで最大の刑務所になるために、大規模な工事がなされていたので建築資材が山積になっていた)・・・。

 

そう言う誘惑の電話とか、あれやこれやで、親爺夫婦は、都会暮らしに嫌けがさして、(引き止めるのも聞かず)、さっさと帰ろうとした。それに対して、私は謙虚に、気に入らない点は直すから、もう少し我慢して居てくださいよ、とお願いしたのだった。

 

すると彼は・・・

(入居したての頃の話だが親爺が余り歯を磨かないのを知り、朝晩 歯を磨かないと歯茎が腐って歯が抜けちゃうぞ、と鼻をつまむ仕草をしてクチャーイ と言いながら、歯磨きを勧めた事があったのだが)、、、

・・・突然、子供たまま、4メートルほど大袈裟な身振り手振りで横にピョンピョン飛び歩いて、そして、大げさに鼻を指でつまんで見せ、『クチャーイ、、、(と私が言った。だからここには居たくない)』 と叫んだのだ。親切のつもりで言った事を、無知文盲と、それを補う壮大な自尊心のせいで、私がモン族の親父を馬鹿にしたと思い込み、ずーと根に持ち恨んでいた訳だ。

 

そのような不和があってからと言うもの、彼女が親父に電話を架けたり帰省したときなどに、親爺のバンコク同居中に経験した様々な腹立ちから、『お前の、あの男は俺たちを馬鹿にした偉ぶった奴だ』との 娘へのマインドコントロールが始ったのだっだ。まあ、こんな親爺の下で育ったのだから、ある程度は元々もっていた性格だとは思うが(子供を産んで強くなり本性がでた?)、、、。

 こうして結局、手に負えない程の酷く頑固で強情な反抗心や、聞く耳を持たぬ無知蒙昧性格という、親爺そっくりの人柄になってしまったのである。今でこそシオラしそうにシテいるが、喉元過ぎればナントやら!、、この病気の辛さが、すっかり消えて楽になった暁には、再びまた 私を苦しめて来た あの野蛮人の様に無知で恩知らずの動物的な激しい習性が、彼女の全てをすっかり占領してしまうだろう と私は過去4年間の学習によって100%分かっていた。

 

『私の兄弟が重い病気だそうなので しばらく日本へ帰ってくるよ』、

と、いつの日にか彼女に告げる日が来ない(来る?)事を ひそかに願う私であった。

  

 

近々の4ブログ

大 河 ドラマ 篤 姫でNHKが隠していた真実とは 

 完璧無比、水没携帯蘇生術

 日本人がどんなに用心してもタイ人には敵わない

 

 

幼稚な国民が選んだ幼稚な政権の幼稚なる国

 

 最新版

中国の犬に引かれて地獄寺 (菅は丙戌いぬ)

 

 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

(トリッキーなタイ人に鍛えられた戦略的知恵)

strategicストラティージック

Deep Intelligence 

come from my live in

Tricky Thai

by 海外支援医師の会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公開せぬが花、盗人に追い銭になると言ったのに・・

などと以前に書きましたが、今回危機管理の甘さから流出と言う形で実行されてしまいましたね。今後は中国だけでなく近隣の特亜の国からも、さらには与野党からも、いろんな国難が出て来るでしょう。今の政権はあともう少しで崩壊するかもね。早く念しろ、総理。

 

日本国民の平和ボケは誰の所為?

今、日本で起きている近隣国とのゴタゴタは、全国民が金儲けだけに専念する余り堕落してしまって平和ボケ・・自分さえ幸せでありさえすればそれで良しとしてきた国民総意の堕落の所産です。そんなダラシない国民にまで堕落させた原因は、畢竟 憲法第9条に帰着するでしょう。

 

人は誰でも向上する必要がなければ水が低きに流れるように 楽な方向へ流れようとする傾向があります。従って、今の堕落した日本人の姿は、日本人を国家国民としては根性なしの骨抜き にすることを第一義の目的として憲法を書いた当時の駐留軍総司令官マッカーサー元帥の まさに図星通りの結果になったわけです。憲法9条は、国民が国防に関する向上心を怠る最高の大儀名分(言い訳よりもっと強力なもの)として作用するからです。

 

なんと65年も前のマッカーサーの目論見は 昨今 マッカーサーも聞いたら驚くほどの想定外の成果を得て、見事!日本国民を 国を愛する向上心も根性もない単なる拝金主義者に堕落させてしまったのです。

 

 

以下は前のブログのまま:

 

■証拠は薮の中に封印!がまだ益し
ゴリ押し外交を戦略的に進める中国に、勝てる戦略など全く持たぬ管政権が、国益を損じると分かっている屈服的釈放を敢て決断した事は、『これ以上の国益毀損を拡大することは今の時点で得策でない』、と判断したからであろう。

釈放したらしたで今度は損害賠償と謝罪を求めてきたが、それは中国のごり押し戦略では当然のことで、これに対処しよう等と安易に考えビデオを公開するのは『盗人に追い銭』にも等しい。必ず捏造ビデオだ、なんだかだと因縁をつけてくるのは分かりきった事である。さもないと、沖縄の検察が100%自信を持って『証拠はある』と発表したそのビデオを出せと敢て言ってくる筈はない。

発表するともう一つ大きな国益が失われる恐れが強い、、、それは世界中に、これだけ確実な証拠があるのに釈放するくらい日本は中国に完全に尻に引かれているのだと日本の屈服外交を更に印象づけることになる。

したがって、中国に公開しても利益どころか(ビデオを見ても中国側が悪かったなどと言う訳がない)、更なる損害しか出てこない以上は、真相は薮の中に閉じ込めておく事の方が、まだ益し(まし)と言うものだ(国益を既に毀損したがそれを拡大しないだけ、まだ益し)。『日本はこんな悪質な違反をされても中国には手も足もでないのか!日本はすでに中国の手中に入ってしまったのだ!、と世界中にだめ押しみたいに宣言するに等しい(今でも十分中国の手中にあるが、、)。

与野党からビデオを出せと攻撃が続いているけれども、それは管を引きづり下ろしたいための攻撃で、この点に関してもビデオを出すと新たな国会運営上の損害だけ生じる(いわく、こんな立派な証拠があったのに何故釈放したのか!)。

情けないがこれが今の ”日本外交の実力”である。(民主党だけではない)

世界の国なかんずくアジア諸国から日本はなんて無力な国なんだと一層、見下げられるだけでなく(すでに十分見下げられているが、、)、日本国民からも見放される。

しかし、日本に恒産を持たない海外在留邦人だから言えるのだが、、、
これは一人民主党(自民も同じ)の政治家のせいではない!
まさに堕落してしまった有権者(全部ではない、いわゆる無党派層、考えの甘いミーハー階層、及び 愛国心など無関心な階層、スフトスマイルで選びやすい◯性層や敗戦で傷ついたポストトローマチック心障害層)、そう言う有権者が、能天気に見かけだけ倒しの無能政治家を選んだツケではないのか!

 


今回に留まらず、今後も、中国から(そしてロシアや韓国からも)あらゆる種類の国難がどんどん回ってくるものと覚悟しておくべきだ。
 

 

 

 

トップページ

 

(トリッキーなタイ人に鍛えられた戦略的知恵)

strategicストラティージック

Deep Intelligence 

come from my Live in

Tricky Thai

by 海外支援医師の会

 

 

すべて事件ですスポーツエンタメ話題!コラむ世界からマネー・経済ビジネスIT政治も本・アート

安部元首相は有能で愛国心にていたが毛並みの良さ故に政権にしがみ付く菅とは違って、潔ぎ良すぎた。

 

毛並み?ハイ、毛並みが良いのです。安部の父親は言わずと知れた安部晋太郎(外務大臣など歴任)で、元首相の岸信介の孫に当たり、大叔父は同じく元首相の佐藤栄作である。私は未だ駆け出しの医者の頃 医師会のお偉方にくっ付いて・・・いや、正確に言うと、お偉方の友人の、そのまた友人として(笑) 金魚の糞よろしく、くっ付いて行った事がある。当時、安部晋三氏は既に政界にはいり秘書官をしていて、眉目秀麗の好青年で、その年に森永製菓の令嬢と結婚したという事を覚えている。

 

・・安部家は、当時 確か国立市にある非常に大きな邸宅だった。玄関は凄~いと言うか、豪邸だらけの周辺でも一際目立つ重厚な造りの門であった。流石、岸の血筋だけあるなぁと感心した記憶がある。

 

・・・安部元首相は、それ故に毛並みが良すぎて、潔さと良心と名門の誇りが、アレだけ糞さんこに言われては、誰かさんのように ふてぶてしく首相の座に居座る事を許さなかったのだろう。

( しかし、それは実にもったい無い事であった。是非、もう一度と言う声がある中、再度自民が政権を取り返したら、首相の座にカムバックしてもらいものだ。失敗で引きずり下ろされない極意を充分に学んだであろうから 今度こそはきっと巧くやるはずである。)

 

対するタレ菅(アカンタレの菅)は と言えば・・・草の根運動出身の性の卑しい貧乏タレのセガレであった笑。(注釈:貧乏タレのセガレが悪いといっているのじゃなくあくまで性アカンタレだと・・)。

 

元々彼の性根ズ太く、てぶてしく出来ている(笑)。

その証拠に、いくら 駄目菅、投げ菅、逃げ菅と言われようが、無能、無能と蔑(さげすまれようが 顔に似合わず強情で、ふてぶてしく『一度貰った物は絶対に手放さんぞぇ』と言うご性格なのだ。

 

つまり、棚からボタ餅式に貰ったも同然の政権の座なのに、一度喰らい付いたら最後、絶対 何があっても放さない・・良くも悪くも まさしく そんなスッポンみたいな性癖である。国民の60%強は、お前さんと一家いや国家心中はっ、もう辞めてっ!・・と皆なさん、そう言っとるのにねぇ。まあ前書きはこの辺で・・・

 

では、

菅政権とかけて

           

()草の根に絡(から)まった

          泥沼のスッポンと解く

 

 (その心は?)     

      藻がきながら、もうすぐ死ぬ 

 

やったぜ、キョウダイ。ざまー見やがれ!!

 

 

(菅 が言った・・つもりで ↓)

たかがスッポンというが、されどスッポンじゃよ、スッポン鍋は高級料理じゃあ~っ、、、手が出ま~いっ。

 

 (わし)

スッポンスッポンじゃ。生き残ろうとクビを延ばしてきょろきょろするスッポンほど見苦しい生きもんはねぇ昔、鍋食って胆石発作で、死ぬ目にあったから 

スッポンは、だ~いっ、だ~いっ、だ~~いっ嫌いっ!

                 早く死んでけろ!

(スッポンが首を長く、長~~く伸ばしてキョロキョロしている姿は

   珍 ○  そっくりじゃってに・・                                 

      ×放送禁止用語

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

言論の自由ってヤッパリいいな。思いっきり菅に罵詈って胸がスカ~ッとしたぜィ

 

 

ここからは余談です・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上の赤い字の6行を、私が今、在留している○×王国で、

恐れ多くも水戸のご老公いや、元首○○に向かってもしも戯れに言ったとしたら どうなると思う?・・・・不敬罪で 200%確実に!15年の実刑+α!

もしシャムの国の時代なら・・・ 

即、その場で両側から手を引っ張られて、首切り落としの刑これ、まじホント 

             

(嗚呼、民主主義の国の日本はいいなぁ)

 

 

(騙テクのタイ人鍛えられた 戦略的 知恵)

strategicストラティージック

Intelligence 

cultivated against

Trichy Thai

 

by 海外支援医師の会

トップページ

 

騙テクまたは別名騙天とはしのテクニックまたはしの才の意味

Trichy  とは トリックつまり騙し が上手な という意味

 

すべて事件ですスポーツコラむ世界からマネー・経済ビジネスIT政治も本・アートリビング

携帯会社が決して教えぬ完璧術

 

アイデア医者と重宝される一方、人一倍そそっかしいのが玉に瑕の私。日常生活のようなミスっても何でもない分野ではせっかちで焦り易い性格なので、慌てると粗相をやりやすく、そのせいで、胸ポケットに入れた携帯を何度、アッ!といって便器に落したり、プールの底に落したりして、死なせてしまったか分らない(あのニュートンでえ、ハット気付いたら腕時計を鍋で煮ていた!って話もあった位だからから、医療分野では大丈夫だが・・)。

 

ご承知の通り携帯を雨や水に落として水没させた時、『何もしないのに故障した』と申し出て保険を使おうとしても(私が、そう)、携帯のメーカーが、水濡れの証拠の紙シールを中に貼っているので、嘘は通じない仕掛けになっていた。

 

しかし、必要こそ発明の母と言うように、そそっかしいが故に、携帯を水に落として何度も駄目にしてしまう内に、水没2時間以内であれば100%蘇生できるという素晴らしい特技をあみ出せたのである。

 

方法は至って簡単。

携帯を水没させると、携帯の電子回路は1平方センチ当たり何千と言うトランジスターが集積させれいる超精密IC回路のため、水によって錆が生じて微細な回路を壊してしまう。しかし、水にぬれたら直ちに錆びるわけではない。

 

そもそも、携帯の集積回路は、製造過程の各段階で、ミクロ単位の塵埃が付着して不良品が出るのを防ぐ為に、超純水で洗浄する過程が必ずある。したがって、水没させたら即駄目になるという訳ではない事をまず分ってほしい。携帯電子回路の純水による洗浄工程では一定の時間内に洗浄後に乾かす過程がある。私の蘇生術の発想は、これにヒントを得たものだ。

 

1.携帯を雨や水中に落としたら、速やかに髪毛用のドライヤーとゴミ用ポリ袋(サイズは中でも大でも良い)一枚と、洗濯バサミ3~4個を用意する。これで貴方の大事な携帯はもう大丈夫!

 

2.袋の中に携帯を、電池を抜き裏蓋を外したまま、横にして立てた状態で置く。

超薄型のように横に立てられないときは、折りたたみ式ならくのじにまげておく。そうでないタイプは裏面を表にして袋内に置く。(なお、携帯が薄いほど早く乾くので直ぐ蘇生する)

 

3.袋の入り口にドライヤーがずれて外れないようにタオルのようなものを敷いて、その上にドライヤーを置き ドライヤーのテッペンあたりでポリ袋を洗濯バサミで締めあげて固定する。

 

4.ドライヤーを中にしてスイッチを入れる。すると袋が大きく膨らみ、袋の上方が大きく開いて熱風が出てくる。その穴は大きすぎ、内部が熱くならないので、この熱風の出口を残った洗濯挟みで適当に締め、丁度自分の手が入るくらいに小さくする。

 

5.あとは1時間もすれば携帯は蘇生されるが、若しチョットでも水分が残っていると長期間の間に次第に故障が発生し始める。そのため、念のために、合計2~3時間ほど必ず熱風を送風し続けること。時々手を穴から入れて、携帯が熱くなっていること、しかもその熱さが、手で掴めるか掴めない位の熱さになっていることを確認してください。

この程度の熱では携帯のプラスチック部分や部品は壊れない。ただし、時々穴から覗いたり手を入れて掴んでみて、プラスチックが変形するほど熱くなっていない事の確認はすること。通常500ワッなら一度も問題はなかった。

 

原理;

携帯をこのくらいの温度で熱すると、電子回路のなかに浸潤した水や水分が蒸発して無くなってしまう事で、回路は正常になる。ただし、水没から2時間以内がベターだ。それ以上経過すれば、錆(酸化)が始るので、回復しない可能性がある(ただし2時間以上でもやってみる価値は充分ある)

 

プールなどに落として完全に水没したはずの携帯が蘇生されると感激しますよ。

 

質問1:そんなに素晴らしい方法なら何故携帯会社は教えないのか   

回答; 折角の儲けが無くなるから。

 

質問2:蘇生させた携帯をその後また水没させても蘇生できるか

回答: 数度は間違いなく出来る。私は3度生き返らせた(そそっかし 

     過ぎる?)。 

質問3;便器に大便の後で落としても蘇生できるか

 回答;できる。たとえウンチでも問題ない。ただし、不潔な成分が入

    っていると後で  劣化し始めるから  蘇生処理をする 

    前に、裏蓋と電池を外してキレイな水で何度もよく洗う事(携

    帯をよく洗うってことに抵抗があるかもしれないが、プールに     

    完全に落とした携帯を蘇生すると思えば同じ事だ)

 

ただし、実際に水没携帯を蘇生する時は、コツがあるので 

 写真で図解の次のブログを見ておいてください。

★★完 璧 無 比!★★

  携帯を 生き返らせる 

 

 

 

 

 

 

(トリッキーなタイ人に鍛えられた戦略的知恵)

strategicストラティージック

Deep Intelligence 

come from my live in

Tricky Thai

by 海外支援医師の会 

 

 

 

 

近々の4ブログ

大 河 ドラマ 篤 姫でNHKが隠していた真実とは 

日本人がどんなに用心してもタイ人には敵わない

幼稚な国民が選んだ幼稚な政権の幼稚なる国

 
 最新版 
 
 
 

 

 

 

菅は戌年)牛に引かれて善光寺参りなら未だ益しだが中国の犬に引かれて地獄参りはトンでもない!

 

管の能力性格の弱さは一医師の診る所、大脳前頭野の老化症状だろう。次第に表情筋の適正な緊張が無くなって来ている。医師でなくとも、管の表情に良く注意してみれば、ボケが次第に忍び寄っている居ることが分かると思う。老化による病気に罪は無いが、政権を担当するのはどうかと思う。これは真面目な話です。

管の演説時の表情目口首などの動きを医師として望診していて分かった事だが、管はいつも おろおろ、またはオドオドし、表情筋は口元を中心に弛緩して締まりがなく、なかんずく目は死んだサバの目のごとく光がない(あくまで私の判断です、誤解なき様に、、)。

これらの現症を望診(表情や動作など外部に現れた外形の現症を視て診断)すると、老化(老化は個人差が大きいことに注意)などによる大脳前頭野の能力低下とパーソナリティの退化を示していると(私には)思われた!昔の管は、そうでなかったから、、。

駄目管、逃げ管、投げ管 とは良く言ったもので困難な問題を解決する知的能力やパーソナリティの低下の兆候をズバリ言い当てたニックネイムであろう。
《駄目》は知的能力の低下を、《逃げる》と《投げる》は各々、性格の弱さと意志の弱さ、すなわち共にパーソナリティの劣化を表す言葉である。


先の首相選演説や国連演説でも、冒頭の指摘の通りに 表情筋は弛緩し目は死んでいた。演説もそわそわした態度で、顔を上げて正面を見据えるのはほんの1,2秒でその前後は常に原稿を見ていた。国際演説ともなれば、相当練習していただろうに、、。

総裁選の演説では、冒頭の様な私なりの”望診”結果から、管は、こりゃ駄目だわ と思い、そういう”消極的な理由”で小沢に勝って欲しいと思ったものだ。が、期待に反して管が勝ってしまった。
そのとき首相に選ばれるくらいだから、それなりの才能は備えている筈、管がもしかしたら、首相として日本を立て直してくれることもあろうかと期待する他なかった。しかし、それは、先の船長問題や中国に対する対応の仕方や、過去最大級の円高進行に全く なす術もなく手をこまねいている管をみて、完全な思い間違いだったと思い知らされた。

今の管が昔と違って能力や気力が低下している事の露呈は、仙谷の様な”アホ”(=1ドル82円の円高なら介入する、と言ってはいけない手に内を、堂々と発表したのを、渡辺が”アホ”と評価した)を、要職の官房長官に抜擢したことにも現れている。仙谷の”アホ”が間抜けたことを言う前には85円まであがり成功したが、馬鹿をしたお陰でその後のドル売り介入では無効になり、今や以前よりもっと悪い80を目前にした数字になってしまった。管のお陰で日本はお先真っ暗!!

更にいえば、管は、内弁慶で外には超お人好し(=馬鹿)である事をも露呈した。管がミレミアム開発サミット演説で拠出金を去年より更に4割も多い8億ドル以上も出すと発表したことがこれを示している。何と言う節制のない大判振る舞いだろう。これは前頭野の老化に起因した能力やパーソナリティの弱化の現れかもしれない。つまり、多くの列国を相手にして説得する能力と毅然と主張するパーソナリティ力の弱さ、すなわち自信のなさを、拠出額の多さでカバーし認められようとしたのではないか。


官庁の無駄使いを、事業仕分けでケヅルのにかまけて、調子に乗り、国益を守る最重要部門(防衛費、米軍関係など)まで仕分け対象にすると言っていた。これは愚かだ。防衛や米軍の存在は死活的な我が国の国益を守る最後の砦でだと言うのに。これらは、管に分別もない事を示している

国を傾けかねない防衛費を削る一方で、このような国際貢献の方面には大判振る舞いして欧米から褒められてオツに入る管。こんな所行は、”大事な親の遺産を 狡獪な取り巻き等に おだてられて食い潰してしまう『内に強く外に弱い』我がまま大馬鹿息子”にありがちな、『お人好しで家を傾ける』所行を(私は)思い起こす。先の尖閣諸島の国益を毀損した腰抜け外交といい、為替介入にしても”アホ”の仙谷をしてく無効にしてしまった経済馬鹿といい、外に弱いお人好しといい、国防にかんする無分別さの露呈といい、管を首相に持ってしまった日本は世も末の感である。


管の欠点はそれだけには止まらない。更に、裏切り性格ももっている、、、、
若い頃の管には(適度な緊張感を備えた)温厚そうな紳士に見えたものだ。が、しかし今になって見ると、それは表ズラだけ。実際には仮面の紳士だった。管はソフトスマイルの下に、低次元の憎悪を隠した別の顔をもっていた、と私は確信した。何故なら、、、管は、首相選演説において小沢派の議員も要職に就ける挙党態勢で組閣すると約束して選挙に勝った筈なのに、勝ってしまったら、その約束を彼は100%反古にしたのであるから。裏表が激しく違うイジケタ性格。能力のない人間がリーダーになろうとすると、才覚がない分 それを『裏切りによって補おう』と考えるものだ。

”牛”に引かれて”善光寺” ならぬ ”管”に引かれて”袋小路(袋小寺)”へ

管にこれ以上、対中国,対米外交を任せてはいけない、と(私は)信じる。(老化で退化した可能性のある)解決能力の低下とパーソナリティの弱さが、日本を一層の敗北に追い込むことだろう。
日本をこれ以上おとしめない為に、一刻も早く管に辞めて頂きたいものだ。それこそが今の管さんに出来る 唯一で最大の貢献だ。


註:以上は、あくまでも 一つの私見にすぎず、事実とは限りません。

 

 

近々の5ブログ

大 河 ドラマ 篤 姫でNHKが隠していた真実とは 

完璧無比、水没携帯蘇生術

日本人がどんなに用心してもタイ人には敵わない

幼稚な国民が選んだ幼稚な政権の幼稚なる国

 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

(トリッキーなタイ人に鍛えられた戦略的知恵)

strategicストラティージック

Deep Intelligence 

come from my live in

Tricky Thai

by 海外支援医師の会

リンカーン曰く人民の人民による人民の為の政治を!

菅曰く、幼稚な国民の、幼稚政権による、幼稚な国民の為の政治を!

ド偉い違い!政治レベルは大人と子供程も違う。

 

リンカーンを 澄んだ夜空に こうこうと輝く満月とすれば 

菅は さしずめ、泥の底で水草の根に引っかかりもがくスッポン。

たかがスッポン、それでもスッポン、

首伸ばす姿は まさに性○そのもの

                            

 言論の自由は、ヤッパリ良いな。

 

≪参考≫上の三行類比した事を、私が在留しているタイ王国で、もしもを指して言ったらどうなる?不敬罪で100%間違いなく15年の実刑!世がシャムの代なら即首切りの刑!まじホント・・・日本人でよかった

                            

閑話休題、以下は前回既に書いたものです。

 

中国人民が日本打倒の士気高く昂揚して臨戦体制で燃えていると言うのに、日本国では、民も政治家も相変わらず平和ボケした頭で、やれ民主だめ、自民も駄目だと内輪もめに終始し、政府は中国や米国の顔色で行動する。日本は幼稚な(=平和ボケの意)国民と、それが選んだ幼稚な(=同)政府からなる幼稚園国家である。

 

アメリカの偉大な大統領リンカーンは南北戦争の戦没者を祀った国立墓地で

人民の人民による人民のための政治を!と宣言したが

日本では、これが 上記のようになるんである。何ともはや・・!

 

恥かしくないのかね、国民に これほど糞さんこに言われても首相の座に しがみ付いてるなんて・・・

 


日本国民は自己主張が不得意で、自我を主張する人を ひたすら忌み嫌う。
皆がシテいると同じ様に行動し、はみ出る事を ひたすら恐れる。
争いごとが起きても、なるべく大人しくして、事なかれを良しとする。


自分一人が豊かで平和でありさえすれば良しとし、、、画一的、迎合的で、事なかれ的な、村/集落根性の著しく強い国民です。昔風に言えば島国根性の国民です。国民を、自分一人が豊かで平和でありさえすれば良いと、堕落または虚勢させた真犯人は、実は占領軍の司令官マッカーサーが作った日本国憲法第9条ではないだろうか。

これでは、士気高く昂揚している中国を相手にし、日本を台頭する中国の楯にと企(たくら)む米国などの国際社会の中で、これからも、どんどん転落して行くだけでしょう。

今時、セクショナリズムで、内輪もめしている時じゃないぜよ。

 

 

 近々の4ブログ

 

大 河 ドラマ 篤 姫でNHKが隠していた真実とは 

 

完璧無比、水没携帯蘇生術

 

日本人がどんなに用心してもタイ人には敵わない

タイ嫁、長年の悪食と怠惰が祟り遂に来るべき物が 

 

最新版

中国の犬に引かれて地獄寺 (菅は丙戌いぬ) 

 

 

 

(トリッキーなタイ人に鍛えられた戦略的知恵)

strategicストラティージック

Deep Intelligence 

come from my live in

Tricky Thai

by 海外支援医師の会

 

 

 

関連ブログ;プノンペン女工愛(哀)史 写真特集

 

 

 

私が今まで泊まった東南アジア各国のホテルの中でワーストホテルはどこか?

それはカンボジア随一のリゾート地であるシアヌークビル(コンポンソムとも言う)のホリデイ・パレス・カジノホテルの、その前の道の向かいにある別館、(海浜に立つ)ホリデイ・パレス・ビーチホテルの事だ。

 

ホリデイ・パレスは、有名ブランドである世界的なホリデイ・インとは縁もゆかりも無い。

しかしこの名前は、有名ホテルのホリデイ・インを宿泊者に連想させるネーミングである。いわばパクリだ。私は、たとえパクリであっても、もしグッドホテルであれば何も問題は無いと思う。ところが、私は、ホリデイパレス・ビーチ・ホテルに長期間、泊まって、実に酷い目にあった。他の旅行者が私と同じ目に合わないために(公共の利益の為に)私の経験談を以下に紹介する。すべて真実であり、誇大な説明は全く無い。

 

私はこの10年間タイに住んでいる外国人であるが、排気ガスによる大気汚染の酷いバンコクで或る皮膚病(尋常性乾癬)にかかった。そこで大気汚染が無いパタヤ郊外のサタヒップに住み替えることによって、この皮膚病を軽快させることに成功した。私は、更なる軽快を求めて、もっと大気が綺麗な海浜で静養しようと考えた・・静かで美しい海があるビーチサイドのホテルで一ヶ月以上滞在したいと。

 

しかしながら、タイのビーチリゾート地は、多くの旅行者が(まるで芋の子を洗うように集まっており)あまり安静が取れない。そこで私はもっとベターな静養地として、近隣のリゾート地、カンボジアのシアヌークビルのビーチリゾートを選んだ。この地にも、多くの外国人旅行者で騒々しいビーチが4つか5つ程あるけれど、一方 昔開発され今では非常に閑散となってしまったものの、風光明媚さはダントツのビーチもある。その一つがヴィクトリア・ビーチだ。

 

私は、ビクトリアビーチの丘のアパートに3年ほど住んでいる高木(仮名)さんという(前回知り合ったばかりの)友人に会いに行き、このビーチの海浜に立つホリデイパレスビーチホテルが長期滞在には打ってつけだ、と教えてもらった。以前40過ぎの日本女性に勧めた事もあるとも聞かされた。この高木さんと言う方は、私が何を喋っても、そう、例えば私の専門分野の病気に関するお話をしても、『イヤ、それは違う。それはコレコレだ!』と常に断定的に自説を述べられる方だったので、私は彼の事を『教授』と名づけていた。

 

彼は、英語が話せるカンボジア人と一緒に私をホテルに連れて行ってくれて、そして長期滞在の場合の金額を交渉してくれた。むろんリベートははらう必要がある。値段が折り合ったので私はこのホテルに決めようと思った。それは午後8時頃のことだ。私は、ホテルの受付の男に連れて行かれた2階の部屋を、チェックインの前に予め見せてもらった。

窓の外は真っ暗闇で窓からは何も見えなかったが、まあ、悪い部屋では無さそうだと思い、長期滞在費を全額前金で支払った。長期の為、安くなったものの高々2割強の割引に過ぎなかったが・・。この前金全額支払が、後に後悔の種になるとは そのとき思いもよらなかった。

 

翌朝起きて窓を開けて見て、私はアッと驚いた。窓の外に広がっていたのは、このホテルの平屋建て部分の汚いオレンジ色の屋根ばかり。海などその屋根の群の右手にちょこっと見えるだけ。しかも、屋根群の左側には、物凄く汚い お化け屋敷も同然(真っ黒に汚れていた)の壁の無い建物(柱と屋根だけ)が悄然と建っていた。その屋根下には、沢山の古びた

エアコンの室外機が所狭しと並んでいた。このホテルはかなり広いものの2階と3階だけだから、この部屋と同じ側のどの部屋も景色は ほぼ同様であろうと思われた。そこで、反対側ならマシではないかと推測して部屋のチェンジは可能だろうと思い、たまたま反対側にある部屋のドアが開いたままになっていたので 中に入って窓から外を見てみたところ・・・なんと!こちらの側の窓の外には、広大なゴミ捨て場然と化した、瓦礫とゴミで一杯の空き地になっていた。これじゃ今の方が未だマシだ。

 

また、昨夜チェックインした時には気が付かなかったが、受付から2階に上がる階段までの通路の天井は、直径4,5メートルも有ろうかと思われる大きな穴がぽっかり開いており天井上の薄汚い内部がさらけ出ておった。

私は、この鬱陶しい景色や、薄汚い破れ天井の有様に、実に愕然とたのである。しかしながら、私が冒頭で、これは最悪の経験だ と言ったのは、このような有様の事を指しているのでは全く無い。それ位なら未だ許せる。

 

私は、お化け屋敷風の建物は常時カーテンで隠して見ないことにし、正面に広がる鬱陶しい屋根群も、陽光が欲しい時以外はカーテンを閉めて隠すことにすれば良いだけ、破れ天井はホテルからの出入りの時だけだから大した事ではない・・・私は、そう思いなおして今後の長期静養の心構えを固めようとしたのだった。

 

滞在して最初の頃の朝のことだ。バス・トイレの水が止まったまま、夕方になっても水が出ない。受付に行って苦情を言ったが今修理しているので一寸待って欲しいと言うだけ。受付と言っても、ホテルマンには全く見えないアンちゃん風の若者が1~2人いるだけだが・・。このホリデイ・パレス・ビーチホテルにはホリデイ・パレス・ホテルと違って宿泊者が数えるほどしか居ないので、経費削減のために安上がりの若者を雇っているんだな、と私は思った。

 

その頃は未だ断水は数時間で解決した。しかし、その水は錆か何かで黄色く着色しており、1時間以上流しっぱなしにしても未だ透明にならなかった。しかし、まあ、こんな断水はせいぜい一回ぐらいのことだろうと考えて、私は我慢したのだが・・・・。

 

ところが・・・・

私の、この考えが余りにも浅墓だったと 私は 後に、思い知らされる事になったのである。すなわち、この断水は、その後も数日間隔で起こった。しかもここが重要なポイントなのだが・・・・段々と回復するまでの時間が長くなるのだ。

水が止まると風呂やシャワーどころかトイレさえも使用できない。ビーチホテル全体が断水になるので一階にある職員や一般人用のトイレも利用できない。これ程不便なことは無い!まさに地獄だ。しかし長期契約で宿泊費の全額が押さえられているので、解約して他のホテルに移ることも出来ない(出たら全額没収される)。私は次第にこのホテルに非常に腹が立ってきた。

 

朝から晩まで水が出ずトイレにも出来ないと言う断水が何度も続いたその最後の断水の日のことだ。受けつけのアンちゃんに何処で修理をしているのか聞いて現場に行くと、2,3人の男が送水ポンプの周りで動いていた。その横に顔なじみのホテル関係者が立っていたので、二三聞いて見ることにした。

 

このポンプでホテルに水を送るのか、その水は何処から来るのか。

男は、直ぐそばの、そのコンクリート製の濾過用のマスを指差しながら、これで井戸水をこして、その横にあるコンクリート製の地下貯水池に貯めるんだ。そこからポンプで送水する、と答えた。見ると、濾過マスには褐色に薄汚れた木炭ガラが無造作に散乱しており、しかも野天であった。つまり雨水も使うのだ。その横にはコンクリート製の地下池に 濾過された?という水がたまっておったが、黄色く着色したような水であった。次いで、ポンプについての話しに移り、中国製で350ドルだったという。わずか3万円程度のチッポケでチンケなポンプであった。しかも中国製。

 

これじゃ故障が頻発するわけだ。本館のパレスホテルも同じかと聞いたら、この場所ではないが井戸水を濾すシステムは同じと答える。オーナーは同じか、きっとそれは中国人だろう?と尋ねたら、オーナーは同じだが、華僑のマレーシャンだと答える。道理で重要部署のフロントなどを中華系で固めている訳だ。一方、守衛、売店、メイドとか、客が殆ど居ないビーチホテルの従業員は、安いクメール人を使っていた。以上は、ビーチホテルの馴染みが (パレスの中華系に日頃から顎で使われているせいなのかどうか)、肩をピクリと そびやかして 得々と話してくれたことだ。 

 

私が部屋に帰ってから1時間たっても未だ水が出ない。 思い余って、道の向かいのオーナーが同じ(←実際、ビーチホテルの受付のアンちゃんは最初の長期滞在金額の交渉時にこのホテルに指示を仰いでいた)このパレスホテルの受付に出向き、『ビーチホテルに長期滞在している者だが、朝から晩まで水が出ないので困っている。』と申し出た。

 

すると、中国のテレビでお馴染みの、あのメガネをかけたキツネ顔の女報道官をもっと意地悪くした感じの女が、冷たく此方を睨みつけながら『ノー、このホテルとあのホテルは関係が無い。ノー、ノー!』と冷たそうな顔をしてツッケンドンに言うではないか!私はその言い草に腹が立ち、『あのホテルもこのホテルもオーナーは同じマレーシャンだと向こうの受付で聞いた。』と抗議。すると女は、『オーナーは同じでもこのホテルはあのホテルと関係がない!』とまたも睨みつける様に金切り声を上げる。私は『経営者が同じなら、道義的に責任はあるだろう!』と遣り返す。すると、女は形勢が悪くなったと見るや前言をひっくり返して『このホテルのオーナーは、あのホテルのオーナーではない』とヒステリックに嘘まで付く始末。そして、もう帰ってくれという仕草をした。

私は怒り心頭に達して、ポケットからさっとデジタルカメラを取り出して その女および直ぐ横にいたアシスタントの男に向けた。そのときのことだ。

 

そのとき、まさに抱腹絶倒と言うべき光景が起こった。(今でもその光景を思い浮かべると笑いが込み上げる)、カメラを構えるや、二人は泡を食った猿の様に、慌てふためきカウンターの下に、こそこそ身を隠したのだ。私はそこで、カウンターの上越しに二人を撮ろうとしてカメラを構え直すと、二人の内、男の方は顔を両手で隠し 上半身を曲げた姿勢のままカウンターから逃げ出したのだ。が、女の方は未だカウンターの下にいる。これでは顔など写るはずも無いのだが、あえて私はカメラを向けてシャッターを押す仕草をしてやった。

 

押す仕草?実はメモリーが満杯である事を私は知っていたのだ。するとこの女も次の瞬間の隙に、腰をかがめたまま、カウンターから慌てふためいてまさにイザリのように這って逃げだした。この時の二人のさまは、実に滑稽で泡を食った猿も同然であった。するとカウンターの外にいた他のスタッフが、受付の女性が、写真を消して欲しい、と言っているが消してもらえないでしょうか・・・と丁寧に言うではないか。私は高笑いをしながら、『実は、メモリーは一杯で、写真は、もともと撮れないんだよ、単なるパーフォーマンスさ。ほら見てご覧』と言って、シャッターを押しても画面が《Memory Full》となる事を見せてやった。男は『OK、サャンキュウ』と苦笑しながら低姿勢で言ったので、『私は、あっちが断水のため、私のベイビーが朝から晩までシャワーどころか、オムツ交換後のお尻洗えさえ出来ず、むずかって泣くので困っていたのだ、それで、ここには、単にこの子のお尻を洗いに来ただけなんだ(私は我が子を連れて静養に来ていたのだ)。そこのトイレで洗ってもいいかね?』というと、男は、是非どうぞ と答えた。

 

トイレで赤ちゃんのウンチで汚れたパンパース(使い捨てオムツ)を脱がして(タイのトイレに標準装備の)例のお尻洗いのシャワーで充分に洗った。その後ホテルを出るために

受付の所まで帰ってくると、ガネの女は既にカウンターに戻ってきた。私は、軽くサンキュウ と言うと女も軽く頭を下げた。私は出入り口に着いた時、振り向きザマに女の方へ向かって、あえて一癖ありげな笑顔を浮かべて『You know ,I am very famus blogger,!  Please remember me.おい、私は有名なブロガーだ。覚えてろよ』と(大嘘を)こいてやった。

すると女は、顔を引きつらせて『I might not remember youあんたなんか覚える必要ない』などと小さな声で言っていた。

 

私はこのホテルで散々な目に合わされた。それと言うのも私が静養の目的で来ているため余り外出せずに殆ど室内に居て、長時間冷房を使ってきたこと(乾癬には温度が低い方が良い)が最初の発端になっていたのではないかと、私には感じられた。冷房は電力を食うので高く付く。しかも家庭用の一室一機と言う小型ではなく一機で数室を受け持つやや大型の物だから。

 

そこで、ボイラー代の節約(=湯を出さない)でその代わりをしようと考えたのではないだろうか。このホテルは殆ど宿泊客がおらず(大抵は私一人だけ)それではボイラーでお湯を出すコストが掛かりすぎる。それで最初にまずお湯を止めたのだろうが・・・

 

カンボジア人なら湯は勿論のこと水さえ出なくても我慢するという。それを実行する積りで一ヶ月滞在の一人客を取ったんではないだろうか。しかし 私はそうではなかった(つまり客の権利として冷静に苦情を言った)。私は、お湯が止まる度に冷静に、かつハッキリと『お湯を出して頂きたい』と当然要請しておった。それで連中はオーナーからの指示に応えることが出来ず、この『お湯をストップして経費を削減する策』は取れなくなった。そこで、今度は、ポンプが故障する(実際に故障するのだが)に乗じて、今直しているからと言いながら直ぐには修理屋をよこさず夕方近くになって初めて修理屋を呼ぶ。これでは朝から晩までお水が出ないことになり・・・客は憤慨して逃げ出す このことを期待したのかもしれない。

 

3万円程度の古い中国製ポンプを百室以上もあるホテルに使い、頻繁に故障しても買い換えず使い続けるほどの吝嗇な(スティンジーな)オーナーである。雨水さえホテルで一番大切な水に利用する、それだけでなく、その濾過装置とやらも誰が汚物を捨てたり犬が屎尿さえしかねない場所とマス壁の高さ(せいぜい50センチ高)、その上露天と言うお粗末な安普請なのである。吝嗇にも程がある。以上から私は上のように勘ぐったのである。

 

私は契約期間を大分残したまま、ホテルを出てコッコンのホテルで静養することにしたのである。(冒頭で述べた)高木さんから勧められ1ヶ月間前払いして滞在した女の人も、さぞかし閉口しただろう。私が以上の不愉快な出来事を男性に言わなかったように・・彼女もまた何も言わなかったわけだ。滞在し始めて一度だけ、男性に断水が直らないので何とか苦情を言ってくれないかとお願いした事があるが、彼は来てくれたが、部屋に入るなり『フロントは無人だったけど、今直しているようだよ。天井に大きな穴が開いていたからね。あの天井裏が原因だ』と自説を相変わらず喋っておられた。

 

私は以上の理由から、翌朝早くチェックアウトし、我が子の手を引いてコッコンに向かったのだ

ホテル側は、あの日本人は作戦が功を奏して遂に屈服した、と思っただろうが、実は まったく違う。黄色い水の正体が分ったので、我が子が病気になったら大変!と思い、出たまでの事。

                            私の赤ちゃんはお風呂に入れるとキャーキャー大声を張り上げながら、はしゃぎ回って1時間でも遊ぶのが大好き。犬の屎尿が濾過された水が混じってるかも知れないお風呂の湯や水で我が子を遊ばせるなど、  真っ平ご免こうむる          

 

 

 

↑このページのトップヘ