nnanami2

癒しの国タイの 怠惰と享楽、酒と踊り、嘘と誤魔化し==日本人医師の啓蒙ブログ==このブログはタイを愛する人が一部タイ人の悪事に巻き込まれてタイが嫌いになってしまわないように 啓蒙することで、余計タイを好きになって欲しい、その気持ちで書いております。従ってタイやタイ人の欠点を書いた場合、一部の、という意味です== タイに13年近隣国に3年。あっという間に過ぎ去った16年間。その後半に書いてきた産経イザブログは2万6千人中、2位~10位のランキングで活躍しておりましたが、イザ廃止の憂き目に逢い、もうブログは辞めようかと・・が、引っ越しツールのお蔭で800タイトルを無事引っ越せたので、また活躍することになりました。ただ、面白知識全集など目次形式ブログではクリックしても無効です。ご面倒でも検索サイトで『タイトル名、nnanami2』で検索して下さい

2014年10月

その内の一人は、日本人で、イギリスに留学した後、ニューヨークの市立大学に入学し卒業した女史(50歳)です。
帰国後、日本の小中高一貫校で小学部の教師をしておられ、タイに来てからは、タイ王立の小学校や中学校で主として英語の教師をなさってこられた方で、経歴といい、年齢と言い、申し分のないお方です。

その方に、国語と算数の勉強だけでなく、愛情面の情緒教育をフルタイムで見てもらうことになりました。

早速、火曜日からお任せしました。 

その先生には、今の泰日協会学校では、ななみが1歳から3歳の能力しかない  と言われていること、ダウン症候群などの子を対象とした特別支援教室に行くかもしれない、といわれている事などをお話ししました。
また、毎日、日本の病院で手術前に、必要に駆られて、知能検査や性格検査を常時してきた医者の私が、自分の子だから、殊の外 厳しく採点しても 6歳以上はあるし、高度な推理力に至っては大人顔負けの考える力がある、などもお話しましました。と同時に、学校では、ななみが算数など良く分からない授業のときに、先生方に反抗して(=第一反抗期)、よく動き回って他の生徒の勉強に、支障があると、先生が判断している、ことなどもお話しした。
すると、先生は『日本本土の一貫校でも、そこまでの管理はしないように思われます。ましてや、タイの小中学校では、ななみ ちゃん のような子供は、ごく普通の生徒で、伸び伸びと教育されてます。』と、開口一番、そう言ってのけられた。

続く



カンボジアとの国境に近い大きな二つの島、マーク島とクート島は、トラート県のトラ-
トからフェリー(車と人)で40分のチャン島の、沖に浮かぶ島です。
今回は、そのマーク島でゆったり遊ぶ非日常的な物語を書いてみました。




一方、バンコクの近場パタヤの、日常的な風物詩は こちら↓


長距離の観光バスに乗るなら、覚悟して乗ろう。タイのバス運転手は乱暴なので有名。

その他、飲酒、居眠り,ヤバー(覚せい剤)・・・。

車列に割り込んで来るのもバス。割り込んでは直ぐまた出ていく、足の身軽さ、それがタイ式路線バス。



↑クリック

下記をクリック




このようなことは、決して、稀ではありません。たとえば つい先日も こんな事件が起きました・・・・

ターク県、妻の連れ子3人を強姦した容疑で67歳男を逮捕。北部ターク県ワンチャオ郡で、妻の連れ子の娘3人(12、16、17)を強姦した容疑で67歳の男が逮捕された。

警察によれば、長女が通う学校の教師が長女が妊娠していることに気づいて事情を聞いたところ、昨年6月から父親に性的関係を強要されていたこと、妹2人も今年5月ごろから強姦されていたことを打ち明けたという。

取り調べに対し、容疑者は、「長女とは合意の上で、母親も承知していた。 次女と三女には手を出していない」と容疑を否認しているという。

タイの面白大全集/

12件 から抜粋

                 以下をクリック

                              http://blog.livedoor.jp/nnanami_papa/archives/1001061904.html


タイ式大災難12件 の一つ一つのタイトルを見たい時は、クリックしても無効ですから、タイトルをキーワードに(必要ならnnanami2入れて)検索して下さい

生活用品を届けに来た姉を刺殺!求刑よりも重い懲役20年。

一般に、尊属殺人は罪が一等減じられるのが普通だが、この例では、逆に 5年! も重い。
尊属殺人だけではなく、知的障害もあったのなら、どんなに重く見ても、20年には到底ならない。

素人裁判員の感情的評決を、職業裁判官が抑える役割が過少に過ぎたのだろう。職業裁判官は軽い判決を多く出しすぎると最高裁事務局の人事考課に遭って僻地に飛ばされるが・・(自分が指導すべき)裁判員の評決が軽すぎるのも、同じではないだろうか。裁判官とて一皮むけば、自分や家族がかわいい。

職業裁判官は余り無罪や軽い判決が出すぎると僻地に飛ばされるのだが、裁判官が指導する裁判員裁判の判決も同じだ。
この例では裁判官が、裁判員の感情を重罰化の方向へ誘導したのではないかと、推測できる。

もともと、裁判員裁判は、職業裁判官のマンネリ化、冤罪多発、重刑罰化を防ぐ目的もあって、導入された。欧米の陪審員裁判が、日本ではまだ寝付かないだろうと、最高裁(東大)事務局の”理想とする”中間の裁判員制度の形で誕生した。
こんな判決では(重すぎる評決では)、最高裁事務局も思いがけない”理想的”な結果に、ほくそ笑んでいることだろう。

日本司法の有罪率は99.99%。欧米司法のそれは、平均すれば65%。
日本の無罪率では0.01% 実に欧米司法の35%の3500の1だ。

素人が裁判に参加することの1つの意義は、素人の素人としての痛みを感じて、職業裁判官には余りない痛みという観点から、冤罪事件などを極力排除してほしいからでもある。

だが、これでは、素人の欠点が逆に出てしまった。素人が職業裁判官の真似をしたって、それは正に 猿真似 に等しい。中国の裁判員制度の様相を帯びてきている、と言ったら少し大げさだろろうが・・。

やはり、日本は欧米流の陪審員裁判は、まだまだ、なじめぬのだろう。戦後の日本は、民主化がかなり進んだ国と思ってる人が多いが、司法の分野では、まだまだ欧米より中国に近い のだ。

民主主義の歴史が浅い(民主主義は戦後、敗戦によって欧米より与えられた)のも原因だが、『民主化より治安を優先する』意図が、民主化を遅らせていると言えよう。最高裁事務局は東大閥の巣窟だといわれている。

実は海外に住む日本の児童がBCG予防接種をしていない割合を調べていて、それが終わって寝たのが、夜の3時だった。『バタン、キュウ』で寝てしまい、目覚まし時計をセットするのを、つい、忘れれてしまった。それで・・慌てふためいて大急ぎで身支度させているときに、担任の先生から、電話がかかってきたわけ。

私の子供はポリオなどの接種は他の感染症とセットでしているが、BCG接種だけ敢えてしていない。
それは今ではBCG接種には平均40%から50%の児童には効果がないことや、接種が有効な児童でも7年くらいで効果が切れることを医師として分かっているからだ。

現に、そのような疑問があって、欧米ではBCG接種は しない。

従って欧米ではツベルクリン検査は結核にり患していないかを調べるために行う。もし、陽性反応があれば、即、結核菌に侵されている、とみなされる。

この点、日本ではつい最近まで、BCG接種前にあらかじめ乳幼児が結核菌に感作していないか(もし陰性ならBCG接種をする)を調べるツ反応を、陽性率(つまり結核菌に感作している)が0.002%しかないにも関わらず、していた。
やっと、BCG接種前のツ検査は無意味だということになって、廃止になったのだ。

日本の予防接種法の事情が分からない米、欧州主要国に、BCG接種を受けた日本人児童がいくと、本来、結核に蝕まれてないかを調べるツベルクリン検査(日本では予防接種の前にする検査と思われている。)で陽性となり、胸のX線写真やら予防的化学療法剤投与など、いろんな検査や治療が始まって大変な事態になる。

そのため、『日本では法律でBCG予防接種義務がありまして・・』などと、めんどくさい複雑な説明をしなくてはいけなくなる。もし、欧米の医者にそれを分かってもらえたとしても、結核にり患していないかをしらべるために厳重なX線検査など複数の検査を受ける覚悟はしないといけない。

ところで、日本から駐在員と一緒に、家族や児童がついてきた、というような事情では、ほぼ全員がBCGを受けているが、私の子供のようなケースでは、BCGを受けていないケースの方が多い。

結核は体格や栄養が貧相な者がかかる感染と言われる様に、栄養が十分、身体強健で、かつ、周辺に結核患者が蔓延していない環境では、まず り患する病気ではない。むしろ、後で留学などで欧米に住むことが決まっている人の場合、日本でBCG接種をうけると、体が(毒性を取り除いた結核菌という)ワクチンに感作しているので、欧米留学時に、ツ検査で陽性になって、結核菌に感染していると みなされ、前記のような色んな不都合が始まる。

産経のソウル支局長を、情痴的な、大統領閣下が起訴。

週刊誌が、『今週の馬鹿』に選んだだけのことはある。今週 どころか、今年、いや、通年の馬鹿といってよい。

また、韓国民も同様だ。まさに、馬韓国であり、情痴国民だ。科学的根拠も全くなしに福島産の食品を輸入禁止にしたり、国際大会で姑息なインチキを系統的にやったり・・・。まったく情痴な感情だけが 一際 抜きんでた国民性。それもこれも、すべて『恨みの情念』から来ているそうな。それは一見すると、吉良上野介を打ち取った暁には47士全員が切腹をすることになる赤穂浪士の物語にも似ているが・・。

旧来の日本の仇討は 恨み だけではない、死を覚悟の上の恨みである。仇を討った暁には切腹(或いは返り討ち)をも覚悟した。これが日本の旧来の『潔い恨み』だ。

あちらさんの恨みは、インチキや嘘を使ってこれを遣り遂げる卑怯極まる恨みだ。自分は安全な所に居て恨みを果たす。そして一度(ひとたび)自分の命が危なくなると、「アイヤ、アイヤ』と嘆き悲しむふりをして、卑屈に命乞いをし始める。ベトナム戦にご褒美のアメリカ移住権欲しさに参戦した、お馴染み韓国兵の定番だ。〚命が危なくなったらアイヤ、アイヤと敵に懇願し、必要ならば喜んで寝返る〛卑怯極まる卑しい恨み。こんな国民性だから、ベトナム戦争で普通の村人が住んでいた女子供を含む村民全員を殺害し、あるいは若い女がいれば強姦したうえで皆殺しにする。そんなベトナム女性の何%とかが、生き残ってライダイハンを身ごもった。

 こんな潔くない国民性なのに、GDPが世界第7位になれた。ただし、韓国のは、日本の技術をパクって一時的に優秀な物を真似して作って、日本のデフレと日本円の超円高に日本が苦しんでいる隙に、火事場泥棒的に成功しただけのこと。

こんな情痴な ずるい国民に 真に(継続的に)優れた物つくりなど、出来るわけがない。
ウォン高に苦しんでも、今度ばかりはアメリカににらまれて、為替操作のズルはできない。

理性なき、潔よくない、情痴な韓国が、20年前の姿に戻る日は近い。

こういう性格を精神分析では 精神病質気質 という。
病気(精神病)ではないが、病気に限りなく近い性格で、問題を起こしやすい。
精神分析的には 次の特徴を持った人である。

1.著しい外向性向を呈する(後先考えずに行動する)
2.情緒不安定で、神経症(ニューローシス、ノイローゼ)的傾向を認める
3.執拗なまでに執着する(執拗に恨む  とか)

この性格の持ち主とは、当たり障りのない態度 で 付き合うしかない。

最初は学校の近くで、全くのデッチ上げの交通違反にあった。
つまり、警察官の、その日の飲み代を稼ぐカモにされそうになった。

警官が『おたく、車線変更したでしょ』と、違反を誘導しようとする。私は、『ノー、ノー。車線変更せずに、まっすぐ来た。』と主張(なんにも、違反はしていない)。
押し問答だ。このままでは でっち上げられると思ったので・・・学校の近くだから、若しかしたら効くかもしれないと、バッグから免許証を出さないで・・、色んなものと一緒に、子供の写真付の生徒同伴下校許可証を、一か八か チラッと見せてみた。

すると、色んなものなかの同伴証だけ目ざとく見つけて、警官はそれに反応。
『オー、▼×● か。』というと、急に罰金(≒賄賂)を取る熱意が失せたようだった。
私は何かを探すフルをして尚もバッグをまさぐっていたが、警官は次の獲物をみつけて、プイとそっちへ行ってしまった。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、これは学校の近くだから警官は日本人学校を知っていて、「そこの生徒の保護者だから でっち上げは不味い」と思って でっち上げを辞めたんだと、”最初は” 考えた。

次に、3週間ぐらいして、再び警官に止められたが、今度は でっち上げではなく、(微罪だが)違反らしい。私はこの交差点のすぐ右のあの店の行きたくて信号待ちしている、と警官に説明した。警官は『でもお宅の車は車線をハミダシテいる』・・その通りだが。

『免許証を見せて。』
この免許証を見せてという言葉が、曲者で、見せたが最後、ポケットに入れてしまう。罰金という名の賄賂を支払わないと、じゃ警察で聞こう、ということになり、余計高いものになる(賄賂なら、警官は400バーツというが、結局は200バーツになる。警察の行くと100%、400バーツ支払わないといけない。一度、免許証をだすと、人質を取られているので、言うことを聞かざるをえない)。

だめで元々、という気持ちで 今度は一発勝負、生徒同伴証だけ取り出して 警官に見せた。この時は学校の近くではなく、ラーマ4の、BigCのそば。全然、近くじゃなかったが・・・。

すると、どうだ。打てば響くような反応があった。「オー、小学生の子(筆者註:6歳で、小1)がいるのか、」というような感じで、『そうか、それなら、もう良い。行って。』  あっという間。瞬間的変化。
ただし、『二回目は、駄目だよ、今回だけ。』というのを忘れなかったが・・。  (でも、ほかの警官なら分からない・・)

タイ人は異常なくらい子供(特に、6,7歳までの子)が大好きで、その子を育てている親には、贔屓するらしい。私の場合は高齢者だから、特に・・・。

この後、「大した威力だ。同伴証さまさまだ、これからは、この同伴証、大事にしよう。」と思って どこかにしまって、ビッグCにいった。
しかし、後で家に帰って、大事にしまったはずの、同伴証、どこを探しても見つからない。学校に行けば、すぐ交付してくれるが、カッコ悪い。その日は金曜日だったので、金、土、日と3日間探しまくった。金曜日に寄った所は全部行って確かめた・・・結局同伴証は遂に出てこなかった。落としたのだ。
これからは、もうするな、っていうことだろうか。でも。タチの悪い相手が相手なら・・。

今度遣られたら、カバンから出さずに、直接首に掛けておこう。

↑このページのトップヘ