nnanami2

癒しの国タイの 怠惰と享楽、酒と踊り、嘘と誤魔化し==日本人医師の啓蒙ブログ==このブログはタイを愛する人が一部タイ人の悪事に巻き込まれてタイが嫌いになってしまわないように 啓蒙することで、余計タイを好きになって欲しい、その気持ちで書いております。従ってタイやタイ人の欠点を書いた場合、一部の、という意味です== タイに13年近隣国に3年。あっという間に過ぎ去った16年間。その後半に書いてきた産経イザブログは2万6千人中、2位~10位のランキングで活躍しておりましたが、イザ廃止の憂き目に逢い、もうブログは辞めようかと・・が、引っ越しツールのお蔭で800タイトルを無事引っ越せたので、また活躍することになりました。ただ、面白知識全集など目次形式ブログではクリックしても無効です。ご面倒でも検索サイトで『タイトル名、nnanami2』で検索して下さい

2016年12月


 長年親交のある菊池さんが1昨日の我が家での食事会(いつものように 80歳のお父さんを連れられて)こられた翌日、息咳きって電話をかけてきて言うには・・・・

『一昨日は食事会(我々だけは飲み会も)ありがとうございました。今日電話したのは昨日フアラポン駅の近くのホテルで夜寝ていると突然足の激痛で目が覚めた。見ると、両下肢が激しく痙攣(=痙攣は激痛を伴う)を起こしている。そのうちにパニックになって息も苦しくなり、心臓もパクパクし始めました。それが長時間続いたので心配になって 早朝、Bm国策病院に行きまして日本人女性のアドバイザー(日本で医師資格がある。タイでは ただの アドバイザーしかやれない)がいうには『血栓の疑いもある』ということで、色んな検査をしました。註;この日本女性はBm病院ではアドバイザー(相談役)という名目で検査を指示しているが、これは 医療行為そのもので、厳密に言うと、いや、厳密に言わなくても、立派なタイ王国の医師法に違反!している。

色んな、たくさんの検査をした挙句、結局、原因は分からず仕舞。それで その女性は仕方なく 『保険の病名は筋肉痛としかかけませんね』と言った。これは病名でもなく、症状名でもない。あくまで 痙攣が起き、その結果としての症状名だ!。痙攣の結果として、筋肉が痛むのだから。この人は 率直に言えば、論理的に破綻している。原因が分からなかったから、出たお薬は 痛み止めクリーム(爆)・・・医者が聞いたら 臍がお茶を沸かすぞ。これで 〆て、総額約4万バーツを超えたって・・。原因も分からず この金額で 自費払いならやってられない。ただし旅行保険だったので 保険払いだった。

この日本から来た女医者は、まさに トンでもない?ボンクラだっ!(笑)。日本だったら 立派な藪医者だが、タイでは 医者ではないから、藪医者ではないが・・・その代わり、立派な偽医者だ。これらアドバイザーも 日本の自衛隊医官上がりの三百武士医師(=立派なタイの医師資格がある)らと同じく 給料に見合った稼ぎを上げさせられる(必要以上に?)
なお、三百武士医師と言うのは仮名です。こちらは 前出の苦し紛れの職業名称アドバイザー(相談役)ではなく、堂々たるタイの限定医師であるから 立派なものだ。流石は 防衛医大卒の元自衛隊医官だけある!

(勘違いされる方もいるので断るが、タイの国策病院は国立とは全然違って、いずれも皆 バリバリの民間の株式会社!  なので 少しでも多く 儲けを上げることを目的として、存在しているので、たくさんノルマを課されるのは仕方がない。そのため、医者は この人のように あえて検査を数多くこなして 診療費を 高くする必要に 迫られる。たとえば 大学が私立の医学部で、医学部を出るまでに 莫大なお金が掛かっていたら、それを回収するために、人によっては このように検査を沢山こなして費用を上げるかも知れない。

個人払いなら余り取り過ぎると二度と来てくれないから敢えてしないが、保険なら 山ほどしても 保険屋は 取りあえずは (患者さんか関係者が保険屋に、たとえば・・・日本の医者だがタイでは無資格なのに、沢山の検査やら誤診をされた挙句に4万バーツも請求された、と言う様な 苦情がない限り)文句を言わない。ミーハー的な患者さんも 沢山してくれた方が たぶん嬉しいだろうし・・・。


医者は藪であれば藪であるほど、不必要な検査や姑息な診断的治療を沢山しなければ診断が付かないので、お金が名医より、格段に掛かるようになっている。つまり、医者の腕と 収入(費用)が 逆比例している。これも 保険の悪弊の一つだ。 

この両下肢の痙攣の真の原因は 

まともな医者ならすぐ分かる・・・下肢の(無呼吸症と動脈硬化などによる)酸素不足が原因の筋痙攣だ。
彼は相対的低血圧症で、上が115、下が65しかないらしい。若いときスポーツを本格的にやっていたと言うことだから、スポーツ心臓になっている。スポーツをやっている現役の時代は良いが、現在は辞めて久しいので、エンジン出力が大きすぎて血圧が 低く保たれる。その上 寝ているときは さらに下がる。これに彼の持病の夜間無呼吸症(普通或る一定の間隔で無呼吸と正常呼吸が交互に起こる)が起きると、普通の人は代償的に呼吸が足りないため、血圧が上がり、下肢の筋肉へ行く血流は何とかカンとか代償されるので、まあギリギリ酸素不足にはならない。彼の場合、低血圧のため それが余り代償されないので、下肢の筋肉に行く血流が相対的に下がって痙攣を起こすのだ。足へ行く動脈は手と違い距離が2.5倍以上も長いので、血圧が余り低くなると相対的に血流が下がり、痙攣などの症状が起きる。それに、長い間の不摂生で(酒、タバコ、過労、味は美味いが健康的でない外食が多い、などなど) 多少は動脈硬化(足へ行く動脈の内壁が細くなっている)もあるだろう。

こう言う夜間の重い痙攣とか激しいコムラ返りなどで激しい痛みが起きた時は どうするか

血管を弛緩させて拡げれば良いのだから・・・・ 
下肢に熱いシャワーを掛け続けると その人の病態(病理状態)によっても違うが 普通は4~6分くらいで 痙攣は完全に治まるはずだ。余りに痛くて4~6分も耐えられないと いうのであれば お風呂にすでに昨晩入った湯が張っているときは、熱さが足りないので(最大の熱めのシャワーを下肢付近に補いながら)下肢浴、下半身欲をすると、1分かそこらで収まる。とにかく 1分を争う痛みなので・・・。

お湯が張っていない・・ならば 仕方がないから、42度か43度くらいのカナリ熱いお湯を下肢全体に掛け続ける。痙攣痛の激しい痛みのため 43度までの熱い湯は 何とか我慢できよう(熱湯による熱傷はこの位温度ではありえない)。

スポーツは普通、体には良いものだけれど 

それは飽くまで精々、人並みのスポーツの時だ。しかしスポーツ家ともなれば話しは別だ。ケンブリッジ大学の全卒業生を対象に 職病別に寿命を調べた研究がある。英国の名門ケンブリッジ大学は歴史が非常に長く、約3百年あるので その統計値は 非常に確かな意味を持つ。

それによると、
一番寿命が短かったのはスポーツ家。
それも、
何らかの賞を三つ以上取ったスポーツ家、そのあと賞を二つとった人、一つだけとった人、全然取らなかった人と 言う風に だんだん寿命が長くなって行く。
その次に寿命が長いのが 文学部系の卒業生。

もっとも寿命が長かったのは 何だと思いますか。

一番長く生きられたのは・・・理学部系の卒業生です。





これらは何を意味しているのか?


スポーツ学部の出身の人は運動を職業として本格的にやるから、体が酸化され易い。酸素分子O2 ではなく 非常にラジカルな酸素原子O 。色んな生理機能(エネルギーを作るためのクレブス回路など)や病理機能(酸素銃で細菌やウイルスをやっつける)のために作られて利用されているラジカルな酸素原子が その目的外に漏れ出て、体を(=細胞の遺伝子などを)不本意にも酸化してしまう。それで、普通に生きた人より スポーツ家は老化が早く、寿命が短くなる。

文学部系出身の人は 理学部系出身者よりは 平均的傾向として 合理的、理性的に生活しないから (たとえば酒やタバコを 理学部出身者より、平均的傾向としては 情緒的に多くやってしまう)寿命が 理学部よりは短い。


こうして 理学部系の卒業生がもっとも長生き出来たのである。長生きしたければ・・
合理的、理性的生きよう!


最初に書いた 美味しいウイスキー&ソーダに加える+アルファは マンゴージュース(100%冷凍) だった。

しかし、後で、もっと美味しい +アルファ を見つけた。



それは 冷凍パッションフルーツジュース(種を除いたもので、100%)だ。
これだと何杯も行けます。パッションフルーツはライムの酸っぱさと マンゴの甘さを兼ね備えているから、
だと思う。


因みに 私の かって愛した蔵書に 成美堂の カクテルの辞典 がある。この中で、あらゆる種類のスピリッツ(ウイスキー、ジン、ブランディ、ウオッカ、ラム、テキーラ、など)に 割って入れるジュース類は 一番多いものから並べると
1. レモンジュース
2. オレンジジュース 
3.ライムジュース(レモンとほぼ同じ見たい。私はレモンの代替に これを使う。安い)
4.グレナデン ジュース
5.パパイヤ ジュース 
6.ETCなどなど

であるが、どこを探しても パッションフルーツは 出てこない。

こんなに美味しいのになぜ使わないのか?たぶん 日本では 種を抜いたもので生100%は 希少過ぎて 使えないのかも・・。タイでは お店屋さんの他に消費者も買える マクロ(Makro) で 売ってる。日本でもデパートならあると思う。冷凍ではなく 普通の生ジュースなら タイでは 普通のショッピングセンターで売っている。

 一度試してみて。掛けねなく、美味しいから。

なお、冷凍ジュースは 生のジュースより、カクテルには 断然良いと思う。
とくにマンゴーも まあ、そうだけど、パッションフルーツ100%種無し は絶対に冷凍でなければ 作れない※
生フルーツから種を取って すぐ冷凍するので、新鮮さが100%閉じ込められている。生のパッションフルーツは、小さい無数の種が入っているので、生フルーツ使用では カクテルは作れない(※の理由)。

パッションフルーツ100%種無し を入れると  掛け値なしに美味しい。冷凍の100%種無しジュースに 包丁を突き立てて、切りとって カクテルにいれて ステアして すぐ飲む のが 一番美味しい。 作り置きは なぜか 二番煎じ。このあいだ、うちの娘9歳が 作ってくれたを 少し置いてから 飲んでみたが、(娘に悪いが)二番煎じだった。それで今回 私も わざと作り置きをしてから 20分後に 飲んでみたが やはり 二番煎じ だった。娘が 下手に作った訳ではなかった。




私は 美味しいスピリッツを飲み過ぎると 調子になって いっそう沢山飲んじゃうんだよね。飲み過ぎの害は 短期的には 高血圧の再再来襲で 降圧剤で下げている血圧が 一気に急上昇しちゃうんだよね。先日も スピリッツの何とか割を飲んで いい気になっていた。フッと何か異常に気がついてブラッド プレシャ計ったら、なんと200越えてる。こりゃ大変だ。元 医者の癖に アポッたら 洒落にならぬと 急に断酒したのは 言うまでもない。

で、暫くの間 酒を断っていた・・のはたったン週間。もう良いだろうと 思って
今日から スピリッツの何とか割り はじめたが・・・・

ウイスキーアンドソーダ を作って飲んでみたが これが少しも美味くない。まえはあんなにも美味しかったのに。
別に媒体が変わったわけじゃない。まったく同じだ。

それで、何とか美味しくしようと、冷凍庫開けて 何かないかと 探してみた。ライムがあった。これを勿論入れて飲んでみたが 美味しくないのは 前述のとおりだ(ウイスキー&ソーダには 自分は必ず ライムを入れる)。

そのほかに 大分前に買って入れておいた 未開封の100%マンゴ汁があった。

で、これを入れて ためしに飲んでみたら・・・・美味い!今度は二倍入れてみた。断然美味い。

確か、前にも 飲んだ覚えがあったが、そのときは さして美味しいと思わ
なかった。結局 舌は 随分と 健康状態や とりわけ、糖分を断っているか否かによって かなり 変わるもんだと 分かった次第。以前は 中等度の糖尿病DMで 糖分を断っていたので、辛口のライム割のウイスキーアンドソーダが 丁度良かった。20年以上続いた糖尿病も、いまは 大麦などを主食にしてから(そのほか水溶性FIBERドリンクも たくさん)、約半年で 根治!!したから、甘いのもOKになった。

それで 独特の甘みのマンゴー割が 大受けなのだろう。

いちど 試してみて。きっと大変美味しいから。 

20130620

 

ハワイ・サイパン・グアムや沖縄やタイの海浜の浅瀬などにも生息する 体長僅か10数センチのマダコ科の小さいタコであるが普通のタコと違って噛まれると猛毒の唾液によって命を落としかねない非常に危険なタコである。

敵に遭遇すると他のタコのように、表皮の色を瞬時に青色など蛍光色に変えて脅すのは同じだが、このタコの場合は、表皮が豹紋に似た蛍光鮮やかな色彩に瞬時に変えて脅す。それでも敵が近づくと、小さいくせに噛み付いてフグ毒と(フグ毒と同じ仲間の神経毒)パパロトキシンの唾液を、敵や捕食相手(カニやエビなど甲殻類)に注入して、神経毒によって身動きを奪い、最後は呼吸不能にして、殺す。

 

このタコは浅瀬にいるので誰でも遭遇しやすいのだが、恐ろしいことに、このタコは、(猛毒で相手を殺したり捕食したりできることで、進化の途上で)運動能力が退化していて、動きがトロイ。そのことで却って危険なのだ。つまり、運動能力が退化してユックリとしか動けないことで、見つけた人間(とか敵)は、手(とか口)で捕獲しようとする。それで、逆に噛み付かれて、命を落とすことになるわけだ。このことを十分知っておく必要がある。

 白いヒョウモンダコ
 

モリやヤスで突いて取った場合でも、毒液の唾液を吹き付けるので、人間の皮膚に傷がついていた場合はそこから滲んで、被害を被る事もある。

取った後で、食べるのは、毒フグ同様に著しく危険だ。生は勿論、煮ても焼いても、神経毒のテトロドトキシンやパパロトキシンが体に回り、舌から痺れ始め、呼吸筋が麻痺して、死にいたる。解毒剤は未だ無い。

 

私は子供のころ淡路島の海辺にキャンプに行き、普通のマダコ等に混じって、立派な大きさのオコゼも、水中銃で突いて取ったことがある。フグ毒については子供ながらに知ってはいたが、オコゼについたは無知だった。表皮を蛍光色に光らせて相手を威嚇するこのオコゼもまた、背ビレに猛毒がある。それを知らず、キャンプ場で調理していたとき、背ビレが手に刺さった為に、1ヶ月間近くも、手腕がパンパンに腫れあがるなどで、死ぬほど苦しんだ。肉はたいそう美味だったが、割に合わない苦痛だ。

 

人間にしろ動物にしろ、見かけが異常そうで、かわった奴は、危険な奴が多いので近寄らないことが一番だ、笑。

          ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆    

            新国王陛下にワチラロンコン皇太子が即位なされた。

                    新しい国王陛下の下で、
                   
                  タイ王国の全国民が一団結して

               国力の一層の邁進に奮励努力する事を祈ります

          ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆


ところで タイ王国には不敬罪という非常に重い罪が存在する(最高で懲役15年だが、その単純加算もある厳しい罪。最近捕まった反政府活動家は10年×三倍加算された)。国王だけではなく、その一族すべてを対象に、絶対的に敬わねばならない。たとえ王族が飼っているペットでも それに対する不敬は王族への不敬になる。戦前の日本の天皇家にも 同様の不敬罪が存在したが、タイ王国の不敬罪は より重きがある。

たとえばチェンマイ/タイの田舎暮らし と言う本を書いた高橋公志と言う人物は この本の中で述べた記述が 不敬罪に触れて、14年前に懲役刑(実刑)に処せられた。タイ語や英語ではなく 通常は日本人しか読めない日本語の本である。不敬罪に触れた内容は15行。国王に対しては当然のことながら褒めていたが、他の王族に対しては体〇や〇格に対して独りよがりな小言の類を書き連ねていた。
この男は159頁の後半で ただ単に 勝手な感想を敬語を使いながら 記述している。たとえ要約でも ここに書けば これまた同じ罪になるので書けないが・・・。


この人物はロングステイの支援業に携わっていたところ、同じ業務の日本人が この本の不敬罪を翻訳をつけて当局に通報した。実刑ながら 最終的に 色んな状況を考慮して 国外追放処分にされた。(この人物には恋人のタイ人女性が居て、後に 彼女に会うためにタイに舞い戻ってきたが、当局に再び逮捕されたという、不名誉なエピソードがある)

 
このように、不敬罪の存在を知らずに王家を揶揄したり、または知ってはいても これ位なら大丈夫だと思って言ったところが、実は甘かったが故に 逮捕される輩が 非常に多いのは嘆かわしいことだ。

最近では〇〇〇の過去に触れた不敬罪が出現した。
〇〇〇はかって空軍に所属していた。地位は空軍大将。〇〇〇はパイロットとしての誉れも高かった。 従ってTHAIの最新鋭の戦闘機はもちろん 特定の大型旅客機も操縦できたのである。その〇〇〇は かっての古巣の空軍から大型機(普通は大型旅客機として利用される)ボーイング737-400を贈呈された。 


〇〇〇自身の手でその大型機を自家用機として操縦していたとき ドイツのミュンヘン空港に立ち寄って駐機していたところ、ドイツ ベルリン市内の裁判所の差し押さえ官吏によって、飛行機が差し押さえられた。最初はミュンヘンの裁判所に仮処分が申請されたが、この裁判所は操縦士はタイの〇〇〇であって、しかも正規の制服をご着用遊ばされているとして 当裁判所では扱えないと仮差押申請を却下していた。

これは凡そ二十数年前、落札したドイツの企業が高速道路(ドンムアン⇔バンコク)の一部を請け負って工事をしていたが、その設計と施工が杜撰だったため、契約を解除された。で ドイツ企業は タイ政府に損害賠償など25億円を請求したが、タイ政府は 当然にして応じなかった。ドイツ企業は後に他の事情で倒産したものの その管財人が未払いの25億円を取り返そうと 気長に構えて 虎視眈々 〇〇〇の操縦する大型機がドイツのどこかの空港に立ち寄る可能性を、複数のアルバイト達に命じて実地調査させていた。


そして遂に或る日、 〇〇〇の操縦する大型自家用機がミュンヘン(英語名MUNICH)空港に立ち寄ったときに ベルリンの裁判所が、差し押さえの仮処分を執行(最初の申請先はMUNICHの裁判所だったが、前記のとおり不発に終わっていた)、かくて飛行機は差し押さえられたのだ。

これに対してタイ政府は 飛行機は 政府の所有物でなく 空軍より〇〇〇に贈呈されたものだ、それに〇〇〇は件の企業とは何の関係もない。飛行機は〇〇〇に無条件で引き渡せ・・・と言う声明を出した。そのごタイの国民もドイツの裁判所の激しく無礼な差し押さえを憤って 金額は びた一文も支払うな という国民運動を起こしたので、タイの外務大臣は ドイツとの国交をかけて その関係処理に当たった。

どういう様な解決がなされたかは公表されていないが、兎に角 一応は解決した。 問題の写真は・・

〇〇〇がお供の〇を伴ってMUNICH空港で、ドイツ政府関係筋のお出向かいの 物物しい お偉いさん方が敬礼する姿と、差し向けられた黒塗り高級車の前に お見え遊ばされた〇〇〇(と、お供のお方)のお姿が ドイツ ベルリン裁判所の激しい非礼に対する強烈な抗議として、△△が大きく開いた◇◇◇をお着召し遊ばされていたのである。 その△△には 大きな〇〇が・・・。むろん、ペインティングだが、これは あくまでも ドイツの〇〇〇への非礼に対する最大級の皮肉をこめての ご抗議であった。 

このお姿を写した写真がつい先日までインターネットに出回っていた。しかし、現在では、不敬罪に触れる可能性を恐れて 世界の関係写真のすべてが、完全に削除されている。 これらの写真の掲載主が掲載した趣旨は 〇〇〇が真に意味したところと違って もしかしたら、撮影主や掲載主は 勘違いしていた可能性がある。すなわち 〇〇〇の抱かれた高遠な思慮、思想を掴みきれず、浅墓な凡人の考えで 写真を掲載した 可能性がある 。タイ王国では 体の〇〇は 高僧などが魂を入れる極めて崇高な物とされる。

 ことほど左様に・・・ ドイツ人は民間ないし国がらみを問わず、この様な 無礼極まる行為とか または由々しき国家的知能犯罪などの行為は 近年に始まったことではない。
ちょっと思い出しても、以下の様な異常な事例が 直ちに上げられる・・・

1.かって ナチスヒットラーのドイツでは 国家的な人道犯罪=ユダヤ人400万人大虐殺を行った。


2.またドイツ人の精神薄弱児に対しても ヒットラー率いるドイツでは 本来優生保護法で保護されるべき精神薄弱児に対して、その劣化した遺伝子を排除するために 国家的規模(何十万人という規模)で抹殺てしまった。その目的は ドイツ人の優秀な遺伝子だけを残すためであった。この 神をも恐れぬ おぞましい行為を 逆に 『我々ドイツ人は このおかげで 極めて優秀な遺伝子だけ 残っている』、と真剣に ほくそ笑んでいる節がある。

3.最近では ドイツの国民的な世界最大(の売上高)の自動車会社フォルクス・ワーゲンが、アメリカの公の機関である排気ガス検査機関を 十把一からげ的に騙すソフトを その会社の製造した自動車に組み込んでいた。トンでもないことで、正気の沙汰ではない。


これらに比べたら、余りにも下賎な私事で申し訳ないが、私の友人が1年前に 娘さんの家庭教師として雇った50代後半の ネイティブのドイツ語はもとより 英語もタイ語もスムーズに書き話せた ドイツ未亡人(東ドイツ出身)は 合鍵を密かに作って、何かあった時(たとえば、解雇された時)に 合鍵で侵入して 元を取ろうと言う魂胆が ある小細工からハッキリと読み取れた という。この人物はアルコール耽溺症であった。 





↑このページのトップヘ