nnanami2

癒しの国タイの 怠惰と享楽、酒と踊り、嘘と誤魔化し==日本人医師の啓蒙ブログ==このブログはタイを愛する人が一部タイ人の悪事に巻き込まれてタイが嫌いになってしまわないように 啓蒙することで、余計タイを好きになって欲しい、その気持ちで書いております。従ってタイやタイ人の欠点を書いた場合、一部の、という意味です== タイに13年近隣国に3年。あっという間に過ぎ去った16年間。その後半に書いてきた産経イザブログは2万6千人中、2位~10位のランキングで活躍しておりましたが、イザ廃止の憂き目に逢い、もうブログは辞めようかと・・が、引っ越しツールのお蔭で800タイトルを無事引っ越せたので、また活躍することになりました。ただ、面白知識全集など目次形式ブログではクリックしても無効です。ご面倒でも検索サイトで『タイトル名、nnanami2』で検索して下さい

カテゴリ: 癒しのタイ 天使の都バンコクから今日は

タイや東南アジアには、先進国からの移住者にとって、普段から努力をして、或るルールを厳守しさえすれば、その地を自分だけの秘密のパラダイス、別名、極楽、天国 とする事が出来ます。

その極楽生活の要素の一つが、マッサージであることはもう、誰にも否めない。

 

東南アジア、東アジアの各国でマッサージを常に試してきた人間に、マッサージの最高な国は、どこかと尋ねれば・・・・

答えは唯一、タイ王国、だろう。

 

↓はバンコク最大の快適施設(風俗とは無関係)

 

大きいのでフィットネスもサウナもマッサージも全て立派です

 

マッサージの控え室、ここで足を洗うのがマッサージさんの娘(チップ5~10バーツ)

 

 

タイの古式マッサージ=タイ・トラディッショナル・マッサージは、中国、カンボジャ、マレーシャ、シンガポールなどに比べダントツの良さが認識できます。気持よさ、健康への寄与度合い、価格など全ての点で。

 

 

↓二人部屋に入る。マッサージ中に飲む甘茶が用意される。1人部屋も。

 

開始前に、左上の時計が何時か、わざと見えにくそうにして、今、何時ですか、と時間を聞いておくと、嫌でも時間の手抜きをし難い。

 

気持ちよくなったら、サウナ(「またはフィットネス)に入る。二つ一緒で300バーツ、時間制限はない

 

サウナは塩盤+岩盤 のサウナ。厚い塩の層の下はコンクリートだが、木のサウナより蓄熱効率が高く、

店の光熱費節減だけでなく(最近経済危機で客が激減した)、より波長の長い遠赤外線が塩層と岩盤から輻射され、苦しくないのに汗が多くでる。

 

おわったら、同じ施設の中で食事。シンハー大60バーツとお得。料理もお得価格

 

 

 

 

 

 

もっと読む

 

トップに戻る 

 

 

≪賢い 海外携帯電話 購入 術≫ 

海外携帯購入の正義の味方・アドバイザー

悪徳商法に近い日本の海外携帯のボロ儲け主義。

日本(そして香港)の、各国旅行者向け海外携帯の悪質なネタ

全部、ばらします。

 

 

 

海外携帯、日本で買うと、どうなる?

 

初期投資・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大幅な損失

ランニングコスト通話料・・・・・・・超大幅な損失

紛失し現地で他人に使われた時・・驚愕的損失

結局全て・・・・・・・・・・・・・・・・・・大損害です

 

その真実を以下、経験に沿って説明し立証いたします

 

※海外から日本の携帯会社の紛失盗難時の緊急連絡先が分からず数日経過しただけで、取得物横領者が現地で国内通話すると20万円くらいあっという間に課金されてしまう(タイ国内通話は、タイ→日本→タイのため、ダブル国際通話になる)。

 

海外使用の携帯電話 考現学 
 エイリアン方式=日本の異質な海外用の携帯電話


タイなどの海外で
携帯電話を買うとき、
失くした時、
また、水没した時、 
            貴方ならどうする?


携帯電話、中古携帯、プリペイドSIMカードの買い方

紛失SIMの機能を止めて同じ番号のSIM再発行の方法

料金後払い方式にする方法

海外で使えるようにする

携帯を水没させた時、直ちに100%生き返らせる方法

その他、海外購入の大切な事柄


(以下、いろんな参考例を織り交ぜ、順を追って説明)



■タイなど海外で使うための
GMS携帯電話は、どこの国で買うか?
以下タイではなく他の国の場合は、タイをその国に読み替えてください
間違っても、香港などの(家族的)個人会社などから、SIM付きの携帯を買わない方がよい。

(取材班や知人は香港通販で購入して著しく苦い思いをした経験からこのブログで、同じ目に合わぬように、真実を明らかにしたい)。


もし、香港通販で携帯やSIMを買うと、そのSIMは香港製なので、タイで使う時も、香港経由になり、
バカバカしいほど高いモノになる。

 

何故なら     
タイから日本(またはタイ)にかけるとき         

タイ→香港→日本(タイ)となり、
二重に、バカバカしいほど高くつくからだ

 

ご注意(次の点については、次項で再び、詳しく説明します)

・・・・・・・・日本で買ったときもこの事情は同じ。

・・・・・・・・タ イ→タイは タイ携帯なら、ただ同然に安いが、日本携帯では

・・・・・・・・タ イ→日本→タ イとなり、基地外じみた激高通話料になります。

・・・・・・・・(ダブルの国際通話のため)

・・・・・・・・皆さんは

・・・・・・・タ イ携帯で タ イ→日本、または日本携帯で 日本→タイ の場合、通話料同じ

・・・・・・・・と思うかもしれませんが・・・・

・・・・・・・・実は、タ イ携帯から海外への国際通話料は、日本携帯からの海外

・・・・・・・・への国際通話料より激安なのです。

・・・・・・・・(むしろ、日本の携帯システムだけが、世界で孤立した

・・・・・・・・唯我独尊形式のため、国内通話料も国際通話料もバカバカしい

・・・・・・・・くらい高く設定されている、と言った方が分かりやすい)

香港で買ったSIMは

そればかりか、電話が全て香港経由のため、電話番号や架け方が複雑怪奇で、ものすごく煩わしいのです! バカバカしい程ややこしい。 
それでも、律儀にも取材班や知人は1年間やそれ以上も使ったのですが、いまだに、その ややこしい番号や架け方に加え、また業者の貧弱な説明で、苦労に苦労した結果、心の傷さえ残っております。


では、
日本の国際規格の携帯は?いいでしょうか。

 全くの、失望です。

 

タイなど東南アジアや、欧米、豪 州など海外で使うために 
《日本で国際規格の携帯を買う》 のは、
考え物です!
熟慮したほうが、必ず、貴方のプラスになります。
   
理由

まず、日本の携帯でタイから日本にかけると、日本独特の高料金を取られる。

更に、タイ国内→タイ国内でも、日本経由なので、べラボーな料金を取られる。
  タイ→日本 日本→タイ つまり国際電話をダブルで架けたことになる。
なんと、更に、何処の国に行っても、日本の携帯電話制度の異質さから、ローミング代が異常に高く設定されていて理不尽なまでに高くつきます。
それもこれも、全部、日本という異質な国の、異質な制度が招いた
         腹立たしい現象!

オマケ:日本からの嫌がらせやセールス勧誘の電話、つまらない人の電話でも、日本→タイ(などの渡航先)の海外分を支払わねばならない、という腹立たしいオマケつき!

■結論:どこで買う? (以下はタイ王国。他の国は、その国に読み替えてください)       
それに比べ、携帯もSIMもタイ製なら、日本へも安いタイ料金(何分の一)で済む。嫌な人からの電話に海外分を払う必要はなし(嫌がらせや勧誘の海外通話を架けるはずもないし)。もし、海外に電話を架けて欲しい場合は、日本の携帯を留守電話にして、海外携帯の番号をアナウンスしておく。


おまけにタイ国内へは、嘘みたいに安い。タイから海外に出ても、タイは(異質な日本と違い)国際基準の国なので、ローミング料金も安く 納得価格です 

日本の携帯電話の制度 は 異質な制度

世界標準のタイなど海外の携帯の制度と全く違う、
     
■結論■ 

タイなど東南アジア欧米など 海外で使う時は
 タイなど海外で買うのがベター 

 

連絡先対策:日本の携帯は、留守録 にしておきメッセージを流す=海外旅行中の連絡先として、海外携帯の番号を言って置く。大事な人や組織の場合は、連絡先を録音してもらい、後ほど電話すれば、それで足りる。

 


註:ご存知のとおり、東南アジアのタイなどでは、携帯電話は値段が若干高いが(←現地の金銭感覚で。1000バーツで買える)、その代わり逆にSIMカードや通話料金のチャージカードは激安。
プリペイドカード方式の電話番号は、僅か100バーツ。

外国人はパスポート提示で購入(最近は提示不要←確認済み)。

例外的注意ミャンマーはこの地域では例外中の例外に注意。軍事政権が、軍政維持のための 収入源として、GSM携帯とSIMカード(=電話番号)で、合計 最低でも2100USD=23万円もの脅威的高価格に設定。軍人のみ3台まで半値で買えるので、軍人は、転売により、差額をポケットに入れている。

       

 タイでは、携帯は高い といいましたが、
新品が1000バーツ位から買えるし、
     中古なら1000バー  ツ以下でも買える。
安いからといって、電話する分には、品質上、問題は全くない、メールなども問題ない・・これは小生や友人多数が経験したこと。ノキアであれば・・・。

1000~1500バーツなら、日本のSIMで架ける2~3回分で買えるはず。  

   タイリピーターは無論のこと、
   一回きりの使用者でも元が取れそうな感じです。

 

タイ等の海外に着いた翌日に1000バーツでタイの携帯と、SIMを買ったほうが、日本の携帯とSIMカードを使うよりも、ずっとお得、ってこと覚えておきましょう。

異質な国=日本 を出て、やっと普通の国に来たのに、
異質な国=日本   の携帯に、海外まで、尚も縛られて、
元国有のNTTドコモ、および右倣えの各会社を  ”ぼろ儲け”  させる事ほど、愚かしい!事はない、でしょうよ。



左はノキア2626(FMラジオ付新品で3800バーツ。カメラなし)。

中央はノキア6630(シコンスクエアーの中古市場で4600バーツ)。

右はノキア2650(不在時のメールや呼び出しで、折りたたんだ時の横一文字の帯が光るので、重宝します。

2650はシーコンスクエアーで中古1500バーツ、カメラなし)

↑総合成績が最高点なのは、やはりノキア。


一方、有名な某コリア製4900バーツは

壊れ易いことと、熱意のないアフターサービスに泣きました。

 

購入して僅か2週間後、

お尻のポケットに入れてただけで、丸みを出す為に

液晶が凸になっているため、簡単にヒビが入いりたったそれだけの事で全く使えなくなった・・・。

 

そればかりか、タイで二番目に大きい都市

チェンマイで売ってるくせに、修理はバンコクだけと言われた 

 

携帯をバンコクに送って2週間もたってからやっと返事が、渋々あったが・・・・

修理代金は定価の8割と言われた。

諦めさせる手口だろうか

それで、直すのが腹立たしく、ゴミ箱に捨てました。バカバカしい話ですね

 

某コリアメーカーは目先の利益だけ考えるメ-カーかい。

格好だけ斬新にして女性などの買い気をそそり、

そして、売るだけ、と感じた・・・・のは我々だけか。

 

修理や、金にならないアフターサービスは、ほとんど考えていないように思う。         

 

 

 

もっと読む

 

 

トップに戻る 

 

 

 

 

 

 

副題:ドイステープ山の奥深くで禁断のケシの花栽培に遭遇

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

札幌海外支援医師の会♪国内&近隣国の現地取材レポート 

がお贈りする

バンコク

  チェンマイカウダウ(count down)初詣 

            4泊5日4駆の旅

         付録禁断のケシの花発見記 !! 

 

 

 

バンコクの日系企業に常務として赴任、タイ滞在2年生になられたばかりのハダニさん等と一緒にチェンマイのカウダウの花火大会や、チェンマイの守護寺院ともいえるワット・ドイステープ参りにの旅にチェンマイへ旅立ったのは師走も1段落した暮れの瀬の30日の朝のことでした。

↓ハダニさんの家のリビングで出発前に撮影!

 

ハダニさんは、バンコク郊外にあるムバーンの、庭付き二階建ての広い家に一人でお住まいですが、日本で飼っていた物凄く大きいドイツ・シェパード犬(オス)の愛犬も飛行機で連れてきたので、いわば愛犬と二人暮らしと言った所でしょうか。ただし、現在までの所、5時に会社が引けても、会社始まって以来の初日本人とあってか、二日に1回と空けずに、社員連中がウイスキーや肴などを片手にパーティーを開きにくるそうで、ナカナカの”お忙が氏”とお見受けしました。

↓ では、愛犬ラムちゃんと一緒に出発。

 

ラムちゃんについてもっと見たい方は⇒entry

 

 

 

 

二時間ずつ交代しながら運転して、約9時間でチェンマイのホテル・パシフィック・マンションに到着。

翌日から精力的に各地を観光。

 

於:チェンマイ県Meateng郡

    親類の実家訪問の記

 

↓カウダウを前に、チェンマイの北30キロのMeateng郡で唯一の大型レストランで食事会を開く

 

↓実家の直ぐお隣さんも親類。

そこの庭の一足早いカウダウのパーティーに参加して、ビールと肴をよばれました。ご馳走様でした。写真ハダニさんの側の男性は、シーラチャのトヨタ系に勤めており、1年間日本で勉強したので日本語が多少出来る。

 

 

■未練をのこしつつ、心はチェンマイのカウダウに飛ぶ。

夜9時頃、ビールもそこそこ切り上げて、チェンマイに出発。

 

目指すはチェンマイの カウダウ花火打ち上げ 会場=アヌーサワン市場へ。

 

↓その途中のお堀沿いの道すがら、見えたタイ名物の熱気球=コムローイの数万個の群れ。外国人は最初、これを見て、UFOかと身震いするそうだ。

 ↓少し近づくと、コムロイの形が少し見えてくる。

 

コムロイの詳細は⇒  entry

 

合言葉は、アヌサーン・マーケット。このマーケットの広場の周囲(三方)の僅か数十メートルの近さで、大きな花火が(数えた訳じゃないが感覚的には)百発、三つで合計300発、打ち上げられる。

 

 

↓露天レストランの椅子でビールと肴に舌ずつみを打ちつつその瞬間を待つ。

 

 

■正月1日0時0分

その10分前に、カウダウの花火打ち上げ、始まる!

  ドッオォォォーン!!

 

周囲の全ての物をビリビリとビビラせ、皆の耳をツンザキ、お腹にビリビリ響く1発目の激しい炸裂音を合図に

周囲三方の花火の大合唱が始まる。こんなにも、打ち上げ場の直ぐそばで花火を見れる人は滅多にいないだろう。しかも、周囲三方がそうなのだから・・。

 

これが、(感覚的には)三百発も続く。物凄いカウントダウンのご挨拶。日本の108つの寺の鐘の音に彩られた地味~な大晦日とは、大違い。

花火、もっと見たい⇒entry

 

その間、我々は美味いタイ料理とシンハーのドラフトを、ガッポウ(胃)にガッポ ガッポ 流し込んだのだった。

 

不浄の酒をたらふく飲んだ我々は、まだ覚めやらぬ翌日朝早く、罰当たりにも、ドイステープ山の山頂近くのワット・ドイステープに初詣。

 

↓は、ワットドイステープへの数百段の階段の入り口。

信仰心が薄いからか、我々は、それを避けて、50メートル下の楽チン・ケーブルカー(往復20バーツ)で上がる。

 

↓は修復中のチェディーの金色の光り。

 

 

さっきまで、神妙に国王陛下の御影まえでお祈りを捧げていたハダニさん

 

 

↓ 連なる鐘を一つ一つ叩きながらお願いを念じると、願い叶うとか・・。

 

↓これを叩くと、もう一つ向こう側に対面した同じ大きさの平鐘板と反射し合って、超低音の鐘の音が腹の底に響く。

 

↓では、そろそろ機も熟したようなので、オミクジを賜ると致しましょうか。

賽銭箱に、ハダニさんは何と500バーツも?そんな馬鹿な!

・・・・・・・じつは20バーツ入れた後で、その写真を取り忘れたということで、もう一度20バーツ入れるまねをお願いしたのだが、ハダニさん曰く、同じ真似するなら500バーツでも良いんじゃないの?と相成った次第。物凄く罰当たりなことと、今更ながら懺悔。

 

 

↓ドイステープ山の奥深くの村で、なんと禁断のケシの花を発見。

ケシの花とはOpium Poppy (阿片のケシ)の花のこと。その昔1980年代までタイとミャンマーとラオの出合う黄金三角地帯で多量に栽培されていた。世界の約6割にも登る数百トンという阿片が、生産されていたのだが、その黄金の三角の帝王クンサーの逮捕と共に、次第にケシ栽培は、国連や国家の指導の下、柿や野菜などの換金食物に鞍替えしていったはず、なのに・・・。

↑誰かが向こうで、美しい禁断の花を見つけた喜びからか、万歳のトキを揚げる? 注意⇒ケシの花の種や蕾を所持すると、罪は覚せい剤より重く、タイや日本で厳罰(実刑)に処せられます。また現地人に吸引を薦められても、報奨金目当ての密告で逮捕されます。タイではタクシンの時代に薬物犯罪に関わった犯人等が裁判抜きに15000人も射殺され、ました。

ケシの花の記事をもっと読みたい⇒entry

 

 

 

 

 

 

 

 

戻るentry

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイの秘島 

マーク島 探検 & サバイバル

          (Ko Mark)         (罠かご漁)

 

または

 

『ローマの休日 in  タイの秘島』

(或るシンガポリアンと大和なでしこ の場合) 

 

 

永遠の名作:ローマの休日 は、

某国の王女アンが滞在国であるイタリアローマで、自由のない生活への不満が爆発し、密かに城を抜けだすことに成功した所から始まる。そこに通りかかったのがアメリカ人新聞記者

 

王女は かれと秘密のローマ体験・・スペイン広場ジェラートを食べ、ベスパに二人乗りしてローマ中を廻り、真実の口を訪れ・・・などなど自由を生き生きと満喫する王女アンの物語・・

ということ位は誰でも知っている。

 

 この名作をモジッたのが○○○○in ローマの休日。

たとえば・・

サブリナ 麗しの魔女 in ローマの休日Sabrina Goes to Rome

 

 ローマの休日in『ノッティングヒルの恋人』( ジュリア・ロバーツヒューグラント

 

「ハマちゃんとデドューのローマの休日 in 東京」   (釣りバカ日誌 )

 

 

このブログで今からご紹介するのはちょっとお洒落に

 

『 ローマの休日 in タイの秘島 (銀行マンと大和なでしこ)』

 

『 ローマの休日 in タイの秘島』は、シンガポリアンの男性が、名古屋城で有名な愛知県にお生まれのお姫様、つまりヤマトなでしこプリンセス のハートを、射止めたところから、始まる。

 

男性は、当時上智大学に留学中だった(現)シンガポリア ンのAKさん。彼は、マレーシャから上智大に、国費留学して皿洗いや英語の家庭教師などをしながら留学していた。(昔風に言うと)苦学生。そのころ知り合ったのが、愛知県に住む、由緒ただしいお姫様のTさんだった。

AKさんは、日本という閉鎖的な社会特有の誤解に苦しみながら、苦労さんざんの末、遂にお姫さまのハートを射止めることに成功。お姫さま から、お嫁さんに身分の変わったTさんは、AKさんと一緒にマレーシャやシンガーポ ルで生活を送ることになったのだが・・・AKさんは、最初は生活が苦しく、有名なパンダ旅行社のガイドなどのアルバイトなどもしながら、最終的にシンガポールの、イギリ ス系の世界最大の銀行 の銀行マンとなった。今ではシンガポー ルから日本などの国へ、ビジネスクラスの深いシートに身を沈めながら海外出張する富裕なエリート銀行マンだ。

 

写真シリーズ前半は、重い職責の日々の合間に休暇をとって、インドネシア、タイ、マレーシャなどを何時も仲良く一家で旅するAK一家が、今回はチャン島の南数十キロの絶海の孤島マーク島で過ごされた時のものです。

 

釣り馬鹿でもあるAKさん一家と、数日遅れでマーク島で合流するため車を駆けて急行したボスだったが、今回は、同じ魚取りでも釣りじゃなく、仕掛けた罠で魚を取るための罠かごを、トラート市内で調達して馳せ参じたのだった。

 

 ↓ボスは トラート市内に着いて、 まず罠かごを

売っている店を探す。

 

 

今回の取材は、個人的な付き合い故に、主催者であるボス自らだった。

ボスによるとAKさんとは、投資を通じて知り合った仲だそうだが、札幌、東京、バンコク、チェンマイ、シンガポールなどで何度も会うこと、かれこれ8、9年にもなるという。ヘー長いんですね。

 

  

 

さて、罠かごはゲット(籠は1個僅か45バーツ)。次にマーク島マカターニーリゾート行きボ ート乗り場を探す。目印は

『高さ10mの鉄塔=広告塔のTHIDAツアー』↓ 

 

 

運賃は往復900バーツだったが、リゾートの

コミッションが入ってるそうだ。

 

 

 

波が高かろうが雨が降ろうが、頑固なクソ艇長は知らぬ顔でエンジン全開、お陰でマーク等島に着いたとき腰をシタタカ痛めた。

どの位の頑固者かは顎が異常に角ばった顔をみりゃ分かる。 

 

 

約40分で到着 

 

 

 

空は既にとっぷりと暮れ、目が暗さに弱いボスには、海中での作業は難しく、ほとんど全てを若いAKさんに任さざるを得なかった

 

 

 

このとき、8年間で初めてAKさんの

サバイバル能力の高さを思い知ったのだった

 

 

 

 

ポリエチレンの袋で目印が付けないと、瞬間でも籠を見失う。海の中は見通しが悪い。現に筆者は、自分のミスで餌のガンガゼをたくさん入れて置いた罠かごを 失くしてしまった

 

 

 

 

設置し終わった後で念のため籠をチェックしたら既に1匹の魚がかかっていたが・・陸地では 帰りが遅いのでTさんらが心配していた。ボスの大きな声が聞こえていたので、まあ、大 丈夫かな、とは思いながらも。いろんなことがあって、やっとディナータイに!  

 

 

釣り馬鹿日誌に優るとも劣らないAKさん 

 

なんという美しいビューだろう、ボスが羨ましい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の夕方設置した籠は、AKさんらが早朝のボートで帰った後、上げるしかなかったので、残念ながら以下の料理は・・・

筆者等だけで食べざるを得なかった。お味の方は・・・新鮮そのもの!

 

 

 

↓ 常識的には8か月の赤ちゃんには、止めた方が良いと 思います。

(うちの子は少なくとも200回はプールや各地のビーチで苦労を積んでおりますもので)

 

 

 

 

 

 

 

このクソ親父のお陰で、バンコクに帰った後もズート腰が疼いていた。 

 

 

トラートを離れる前に、もう一度、カオマンガイの老舗へ!

 

カオ・ムー・コーッもパリパリ感で劇うま  

 

 

これでお終い。ご拝読に感謝。

 

 

 

 

 

戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌海外支援医師の会

 

byhttp://www.x-mas-society.comドクターによるタイ日孤児ボランティア

 

■日タイ語交換勉強 交流会 ■          
 シップサンリアン(13リアン)、パタヤ、南海の島々編

■その他の 交流会 は巻末に■
    えっ?京大卒の舘ひろしに・・あの故新井将敬の新井さん・・エッ?



このブログは5月30日の交流会の様子と
その後一部の参加者の強いご要望によって、、翌日から1週間、
舞台をパタヤのラン島ターウェンビーチに移して遊んだことや、さらにコーチャンとその南の海の島々を旅して楽しんだ日々の記録です。

まずは、参加してくださった方の紹介から。

早めにお出でくださったのは、バンコクで日本人に対するサービス業に従事しているIDAさん(↓の写真右)でした。
この方はタイ滞在暦、約1年と少しの方で、バンコクで仕事をする前はプーケットで同じような仕事をしていたそうです。


★シンハービール、フルーツ等、いろいろ取り揃えて、ご用意。
             参加費は無料

↑■
もう一人の方(上の写真左)は今回、日本からの旅行者(リピーター タイ旅行5回目?)として、バンコク、パタヤ
旅行にこられた28歳の男性のABEさんです。新潟で仕事に励む合間にスキーインストラクターとしても活躍されてます。

ABEさんは今回の旅の前に
バンコク週報の当会の掲示板
http://www.bangkokshuho.com/friends/friend.aspx

を見てメールで何度も説明を受け、十分に納得されて、今回の交流会に参加されました。
メールでのご要望は、タイ人と
 友人として、気さくに、お話やお食事 を一緒に》
してみたい、との事でした。



↓■それで実現したのが、下の写真です。
レストランの名前は13リアン(シップサン リアン=サーティン コイン)本店。24時間オープンで全国チェーンの本部です(24時間は本店だけ。
レストランの上はホテル)。質、量とも立派にも拘わらず、料金がカナリ抑えられているので、タイ人には良く知られたお店です。

各自の出費は、自分の飲むビール代だけ、それ以外は会のオゴリです(笑)。





我々がビールを飲んでると、ボスの ななみ もビールを???ねだりました。おいおい、18歳からだぞ、ちっと早い!
ビールなら何でも良いわけじゃなく、シンハーハイネケンならほんの数的含まさせるとチビチビ舐めます。でもリオチャーンビアは顔をしかめて吐き出す
スッゴーイ!すでにビールの味わかるのか??  もう、絶対ダメ、あげない!
  ※実は、これは赤ちゃんの好奇心を利用して探究心を育む育児理論の実践です。身近な大人が飲んでるものに対する好奇心に過ぎません。下↓の写真が、小生で、日本では30数年間ドクターをしておりました。

ななみ & パパななみ(七海)

             


★パタヤの沖合いにある、日本人に良く知られた島コー・ランのター・フェンビーチに
 総勢6人と ボスの 
ななみ
(赤ちゃん8ヶ月) の計7人でやって来ました。
パタヤのコー・ランのビーチ詳細図、各種フェリーの乗り場、時刻表、料金表は、次をクリック
http://www.pattayaparadise.com/kohlarn.htm



ゴムボートは3人乗りですが、周囲に手で掴むロープが付いているので、
さらに数人漂流できます↓ 海の中では漂ってるだけでも楽しい?




     ■カーツアー  コーチャン&南海の島々の船旅  再アタック

  会の主催者との間で、話がまとまって、コーチャンと南の海の島々への合同ツアーが決まった。
  ツアー決定の決め手は
ABEさんが、スキーインストラクターとして磨いてきた技術(安定とテクニック) 
 によって
、車の運転でも”安全かつ的確”なことが、パタヤへの往路のドライブで証明された事、から。

チョンブリからトラートに向けハンドル握るABE

           主催者らはバンコクから。ABEさんが泊っているパタヤまで迎えに行くと遠回りになる。
          で、考えて
二泊目の宿を引き払ったABEさんと、電話連絡でチョンブリのロータスで合流





行程のほとんどをABEさんが運転。主催者らは安心して眠っていた。
    
     ↑  コーチャンフェリーの4時発に間に合って乗り込んだ
       小生だけなら疲労で休み休みのため6時発がいいとこだろう。

主催者にはお馴染みのホワイトサンドビーチの見晴台  に、初めて立つ感動のABE
この機会が無ければ今回ここに立つことは無かった・・・    とのことでした。
     


日本人の新婚さんカップルと同じ船旅同士に!

              


 優しさ1万ボルトの新郎さん。硬派で鳴らした主催者には到底出来ない技のため
 感心すること、しきり。ABEさん曰く・・・
・・・《最近は、それが普通です》。 小生にもこんな芸が出来てれば・・・
今頃、小生ももてもてだったかな?いや、硬派で十分持ててた、ってか?     
       嘘コケ 

                
 


総勢14,5名の参加者たち。写真右奥は若いファラン(白人)グループ女性の
  見事なスタイルは、後ほど出てくる水着姿で。



さあ、シュノーケリング・ポイントに着きました。写真の手前は底が写っています。
           


    ↓ 早速二人は、海へ!と繰り出した。



どうです?あなたも来られては?クソ暑い都会にばかりしがみ付いてないで・・。ン~!爽快そうかい!ウヒャ ウヒャ・・。




     第一ポイント(Rung島)でのシュノーケリングが、終わったところ。前方はポイントの岩場

                         
   次のポイントLoan島に向け進路をとる。ポイント近くのボートの周辺には漁船が彼方此方に。
      つまり、魚がそれだけ多いという証拠↓期待できそうだ
          


さてさて、ポイントLoan島です。熱帯魚はいるかな?
    


他のツアーの船も数隻来ています。↓   さあ、潜ってみよう。ではでは
                  


オーッ!!!いるいる、すっごい!熱帯魚が一杯!
     


            ↓  熱帯魚に取り囲まれ状態! 数万匹はいそうだ


    ↓  他のツアーの船の参加者。シュノーケリングツアーではないようです。


我々のボートのファランの女性が、水着になって、渚で遊んでいました。気分を壊しては悪い、と遠慮がちに撮影していたのだけど・・


送迎タクシーで、ホテル前で別れるとき、満面の笑顔で手を振ってくれた、二度も振り返りながら・・・・な~んだ!
 船内で横になっていた見事なボディー、正面から撮影しとけばよかった。ブログ読者のために・・・嘘コケ 

(ホントですよ)

そっちにばかり気を取られていないで珊瑚と熱帯魚に、もう一潜り。魚が、大好物の
ガンガゼダイバーや猟師の嫌われ者のウニ)を石で潰してくれるのを待っている。
      

潰した瞬間に、熱帯魚がやって ↓ 来て、あっという間に、白い殻だけにしてしまいます。

上の写真にある、このガンガゼは、素人はもとよりダイバー泣かせ
生足で絶対に踏んだりお腹などに触れてはいけない。水でふやけた皮膚に
簡単に刺さり、、釣り針のように逆棘が付いてるので、絶対に抜けず、刺さった棘の大きさにより、2週間以上も
苦しむことになります。

日本の素潜りなどの漁場では、見つけ次第全部潰すか、集めて撒き餌に使います。ガンガゼは、海底の
沈殿汚泥だけでなく、海草や珊瑚も荒らします。で、日本では、一部のダイバーらは下の写真のような器具を使って、
ガンガゼを退治することがあります。

■■小生が、これで熱帯魚を呼ぶため、ガンガゼを潰   
   していたら・・・・・・・

海中の岩に、我々のボートのモヤイをとる
(=ロープを結ぶ) 役目の
ウェットスーツのタイ人が、海の中で近づいてきて、手で × をした。
小生は、  といわれ《タイ人は、何も知らないんだな》、と思ったが・・・・・・

これも、郷に入らば郷に従え、だと直ぐ悟り、コトーカップと頭を下げました、ハイ。
お陰で後々、問題はなかった。タイ人は、比較的裕福なのんびりした人と、短気な人とが極端に別れ、後者(大体がチョー頑固)に無理に反論すると、どんな反感を買うやら・・・。




下の写真のグンさん、ガンガゼで大失敗
グンさんやヌンさんはABEさん等とパタヤのターウェンビーチに行った二日後の日曜日、両親を連れて同じビーチに!
遊びに行ったまでは良かったが・・・・。
たくさんのガンガゼをABEと小生がマークしていた何と同じポイントで、ガンガゼを滅茶苦茶踏んでしまった
で、痛くて痛くてたまらず、小生に何とかしてと、泣きついた

コー・ランのセームビーチでガンガゼを踏んでしまったタイ旅行リピーターで小生の友人の新井さんの『日本に
帰ってから医者に麻酔をかけて抜いて貰った』
という話をした。
すると、グンさん、同じように踏んだヌンさんと一緒に、外国人が行く病院に行って、抜いて欲しいと懇願したが・・・・、
安い治療費で2時間は掛かるとあってか、拒否され、申し訳に 痛み止めの薬(無意味?)だけくれたそうだ。

                     

上の写真では、照れて笑っているが、一歩、歩くたびに激痛だそうだ。で、小生が(脊椎辷り症で)昔使ってた松葉杖を、
二人に1本づつ貸してあげた。  30箇所はガンガゼの針が刺さっている。ガンガゼの針は皮内に刺入してポキッと折れる。

一見、小さい点々にしか見えないが、実は、逆棘(=釣り針の返しが無数にあると思えばいい)の仕掛けで、歩く度に深部に侵入
する原理になっているので、皮表から深くて、ボケて小さく見えているだけ。  

大き目のものだけでも、どうしてもと取って欲しいというので、自分は日本の医者だがタイでは資格外といって断り、
(山奥での怪我など)万が一のために持参していたリドカインのスプレー式表面麻酔器と ピンセット1式を貸してあげた。
翌日には二人で協力しあって、あらかた、取りだしていた。タイ人は器用です


コー・ランや他の島やビーチの一般的なガンガゼの好繁殖ポイント=コー・ランの地図
http://www.pattayaparadise.com/kohlarn.htmで、ターウェンビーチ左側(←浜から見て)の湾の岩場
特にポンツーン(桟橋)の下。セームビーチの右側の湾の岩場全部。島、ビーチの岩場にはガンガゼの
好物の一種のノリがあるので、大体いる。従って砂浜にはほとんどいない。
最善の避け方=海水浴には水中メガネを必ず持参!
             たったこれだけで、バッチリガンガゼも避けられ眼炎の細菌も防げる



ガンガゼの話はもうストップ、さて、このブログもイヨイヨ終わりに近づいた


食パンをかざすと、熱帯魚が、たちまち集まって食べに来ます。

どうです?水槽で、熱帯魚を飼うより、ズーット楽で面白いでしょう?なにしろ、毎日世話することもなく、
放し飼いなのに、 一緒に遊んでくれるんだから・・・・・



 小は 熱帯魚ペット、  大は 森付きのお屋敷 や プライベートビーチ付きの屋敷+プレジャーボート 
それらを人間の所有欲で独占しようとなると、大変な困難を伴う。お金があっても、メンテナンスや維持に常に
頭を悩まされる場合が多い・・・・その上、
飽きてしまってもポイする訳には行かない(体験者談)。

しかし、
自然と一体になって一緒に楽しむ
のは
超簡単・・あなたは一体派、または、独占派、どちら?
     

なんだか、哲学を考えたくなってしまう ひと時 でした。



   その他の 交流会

タイ人に大好評のレストラン  
ナ・トーン 
編 
     ↓
  うまい、価格も納得

某大学でタイ人大学生に 自動車工学 Automotive Engineering 
を教えておられる  教授(左端) が交流会にお越しくださいました。


↓の写真は遠目で、すこし分かりづらいが・・・切れ長の目と高い鼻など、顎を細くした感じの、舘ひろし似 。教授は口べた、だとか。




★↑教授は、
日本最大の自動車会社で開発などに取り組んでいただけに、車は専門家、運転もテクニカル。日本駐在のほとんどがタイ人運転手任せ、という”運転が冷や汗もの”のバンコクで、三菱トライトンTritonのステアリングを自ら握る。腕前は、小生の考えるところ A級ライセンス 以上か?
 ※  http://www.yomiuri.co.jp/atcars/newcar/20060921vf41.htm?from=os1


ナトーンは、ホイクワーン通りのソイナトーンにありジャスコラチャダピーセーク店の東、約500mにある。大きな長方形の、鯉が無数にいる池の周りに、食事の席が並ぶ、大規模海鮮レストランなのに、納得価格で、しかも旨い。何時来ても、何百人ものタイ人子供連れファミリーで一杯だ。


今まで見た数多くのレストランのバンドの中で、最も楽しい雰囲気のこのバンドの魅力の秘密は、リーダーのユーモアと一生懸命なヒョウキンさ   
 にある。リクエストでドラエモンもOKだ。



困惑の教授にぴったりぎみの、両側の女性は、タイでは普通の、ルームシェア同士で住んでるそうです。



その他の 交流会


バンコクから直線で30キロ、最も近い美味しい漁港の町              
 マハーチャイ
随一の安くてうまい
  海鮮レストラン 
   (タールア・パタカーン※※)

小生がパタヤ沖の、ラン島=コー・ランで知り合った時から懇意にしている友人の Arai さん。
タイ大好き人間!1ヵ月半ごとにタイに。 たった今さっき、
到着したばかりの Arai さんは、優しいお人柄。



男女ともに常識のない人が、
結構多いタイに棲みついた日本人
(※下記、最後の写真参照)をたくさん見ていると

ひときわ目立つ常識人
礼儀正しい方がこの方!
  
         まだ、 独身です。
  日本人かタイ人で、誰かいい人いませんかね
(↑これ小生の独談ですが、もし、よければ巻末のメルアドまで・・笑)
      名古屋で、人材派遣会社経営。



↓汽水の海の側に立つ海鮮ビル、タールア・パタカーンにて: ラーマー9世大橋の高速道路を一直線に約40数キロ行った先、マハーチャイの町のフェリー波止場にある。
よりレベルの(値段?)の、高い水辺にある海鮮レストランは、近くの橋を右折した4キロ先の岸べに、さらに二つ(一つは全国的に有名)ある。
★タールアパタカーン 行き方:1号高速のラーマ9世大橋中央(基点)から3.2キロMでホアヒン方面への35号線に合流(500M前くらいから左に急カーブして行く)。基点から27.3キロMで左に折れる(実際には数百Mくらい前から左車線に折れておく)とマハチャイ病院。その主玄関前の4車線の道を左へ真っ直ぐ1.6キロ行った突き当たり=渡し舟の駅 に時計塔が。その左側の4階建てビル(棟屋入れると6階建て)。

タールアには何度か来たが、この日タールアで初めて料金を誤魔化されそうになった。
手口=正しい会計の印字の請求書=1100バーツに、ウエートレスらが勝手に追加した手書きの請求書で1500バーツ請求されそうになる。常にビン=請求書はチェックが必要、だからこそ勘定をお願いします、をチェックビンと言う。日本ではしなくても普通はOKだが、
タイでは、”100%要チェック請求書”
ビール7本、料理は蟹のカレー粉炒め(=プー・パッ・ポン・カリー=蟹・炒め・粉・カレー)ほか4点で1100バーツは、この港町ではここだけ。


↓ビルの下は渡し船


さてさて、上記1枚目の写真で説明した”常識のない人が結構多い”ってどういう意味?

タイに棲み付いた日本人ヤンキー(※下記、最後の写真参照) について・・・・・・タイ長期滞在初心者にアドバイス
常識がない、とかの程度なら未だ許せるが、・・・日本人がタイ人と組んで 騙しと誤魔化し を商売にする例をバンコクはもとより、チェンマイなどの田舎でも、いろいろと 見、聞き、してきました
(=日タイ混成の騙し、誤魔化し屋)
特に高齢の独身の退職者ビザ組は、

女絡みなどで、騙し屋に
狙われ
やすいのでご注意ください。(結婚詐欺 恋人紹介 土地住宅購入 など色々)

      犯罪に免疫のない方たちは、
タイに棲み付いたインチキ稼業の日本人や、インチキタイ人を題材にした爆笑コメディ映画(ビデオ)↓

  松竹(株)、ポニーキャニオン熱帯楽園倶楽部        
          (清水美砂、萩原聖人、風間杜夫)

を観て、是非自分を守る上での参考にして欲しい。



http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD28304/

■日タイ語交換勉強 交流会 ■
シップサンリアン(13リアン)、パタヤ、南海の島々編
           
終わり

当ブログへの要望は,次へ nnanami2@yahoo.co.jp

08 06 11 23:01 

コムロイは良く出来た手軽で完全、失敗無しの人間サイズ熱気球だ。

 

ハリウッド映画にも度々登場。

レオナルドディカプリオの≪ザ・ビーチ=The Beach≫ではレオナルドと道連れのフランスの男女ら3人の名を書いたコムロイが、星輝く満天の夜空の天高く、ぐんぐん上昇していく映像が印象的だった。

↓左からフランソワーズ エティエンヌ リチャード

 

 

 

しかし、かくも完璧な熱気球1個の値段は、なんと45バーツ(中)から60バーツ(大)。北朝鮮との国境などでこれを使えば、風向きしだいで、そのままでも極薄紙の戦略ビラを格安で運べる(気球の表面も効果的だ)。NPOが現在やっている水素気球1基=数十万円分(数万枚)の予算で、数千個の熱気球が飛ばせるし、大型1基と違って、全体の内、一定割合が人民の手に届く確率が高い。

 

打ち上げは簡単だ。

一人が左手で、コムロイの片端をもち、右手は頂点の部分を高く上げて持つ。もう一人が左手でもう一つの端を持ち、右手で真ん中に吊り下げられた燃料にライターで火をつける。

このあと、待つこと数分、左右の端が、完全に手指の支えなくても、浮き上がるまで、絶対に手を離してはいけない。

 

パタヤとかチェンマイなど観光地各地で、ソンクラン、正月、クリスマス、ロイクラトーンなどの行事の際、何万という熱気球が上がるのは壮観だ。始めてみた人は、UFOかとビックリ仰天するだろう。

 

↓遠くから見ると

 

↓少し近づくと

 

 

その実態は↓

 

↓袋は燃えそうで燃えない。燃えた例を見たことない。

 

冬など、空気が寒いほど、熱気球内部の 一定温度に加温された空気の浮力が大きいので、早く上昇する。

 

もっと見たい方は⇒blog

 

 

               戻るentry

 

 

 

バンコク最高の穴場 の数少ない一つ、河畔の海鮮料理屋で第十五回、交流会を催しました。
景色の美しさ、お値段の安さ、静かで広々としたテラスに設備、美味しい料理・・どれをとっても言う事なしの穴場です。



大高さんは、新人の交流会のメンバー。週5回ほど、タイ語学校に通っているが、
生のタイ語交換を求めて参加してくれました。週三回ほどの予定で、来られることに。




この日最近見つけた、チャオプラヤーの川べりの、最高の穴場のレストラで、勉強会と交流会
を催すことになり、集合しました。
残念にも、大高さんは、この日、日本人の友人のパタヤガイドのため、欠席でした。
また今度、ご一緒に行きましょうね。




写真の設定が間違っていたため青白っぽくなってしまいました(補正をかけてもこの通りの青さ)。




勉強会の間、ズート土砂降り。

 




折りよく、土砂降りが、ピタット止んでくれた。
イザ!チャオプラヤーの海鮮レストランに出陣!


の豪華4点+ビールシンハー4本と女性人は全員ジュース。
          しめて、約1400バーツ!や、やっす~いわ、こりゃー。
メニュー=左下から時計回りに、1.海鮮(鮭切り身大、海老、貝、蟹一匹など)とステーキ、
2.海鮮パパイヤサラダ(烏賊丸焼き、鮭照り焼き、貝、海老開き)、3.魚のプラーカオの甘辛煮
4.中華風スープ

交流会のパーティーの直ぐ側に、100万ドルのチャオプラヤー河の夜景が!


パーティーの向こうからはシンガーの”悲しき雨音”が!

小生は昔激しく失恋した時これを999回以上は聞いて忘れようとしましたが・・・それでも忘れられず涙が止まらず、くっくっくっ・・・。

 

 

  交流会の事務所にまで戻って愛車で帰られる教授たち


↑このページのトップヘ