やはりマクロン氏になりましたか。

タイトルですがマクロゴールっていう便を柔らかくする薬があるのですよ。
(Forlaxのジェネリック薬)

べべが生まれて授乳しているからか水分が乳に行きがちなので
毎朝私は服用しています。

薬剤師さんにも問題ないと言われているし、
便秘が続いて最悪大腸がんになる方が怖いので(祖母は大腸がんでした)
まだまだやめられません、MACROGOL。


 

 
マクロン氏の話題に戻ります。

最初は奥さんがマクロン氏を裏で動かしているんじゃないかと勝手に思ってましたが、
今は最初から全部マクロン氏の戦略なんじゃないかと勝手に想像しています。

15歳で25歳年上のしかも学校の先生(既婚者、2人の子持ち)を落とし、
交際を両親に反対されて転校させられ、
それでも諦めずに卒業後「絶対戻ってくるから待っていて。」と告げ、
29歳で一人前になって舞い戻ってからプロポーズし結婚。

超ドラマチックなのですが、奥さんのブリジットさんを見ると・・・

正直ちょっと私なら無理だわ、という風貌。(超失敬ですがまことだ。)

 

そこで思ったのですよ、あぁこれもすべて彼の戦略なんじゃないか、と。

年上で博識で、しかもお金持ちの彼女から得るものは大きく、
さらに劇的な恋愛の話題性と一方の一途な姿勢から
良いイメージを作り上げることができる・・・

もしそうだとしたら、とんでもない(凄い)男だな。

 

でも大統領となると一筋縄では行かないと思うのですが、
決まったからには何か面白い、
フランスにとっていい意味で歴史に残るようなことをやってくれたらと思います。

1回目選挙後にパーリーピーポーになっていたり
とある演説後に「今読んだ原稿に何書いてあったかよくわからないけど」発言したり
「フランス文化なんてない」と言っちゃったり
いろいろ聞きますが、とにかく情報の真偽もよくわからない世の中なので
これからどうなるか、どうにもならないか楽ませてもらおう(^ω^)

 

私の想像とは逆に、本当に単に大恋愛した愛妻家だったら
・・・それも凄い男ですな。



----



一方うちの愛妻家さんは、ココリコ田中・小日向夫妻の離婚に衝撃を受けています。

夫「え!『笑ってはいけない』で息子が手紙読んでたでしょう?」 

私(そうだね。)

夫「それで田中・・・タイキックってなったでしょう?」

私(よく覚えてるな。)

「田中のおかげで『愛妻家』って覚えたのにー!!」

 

・・・この発言に私が衝撃ですよ。





もち肌さんはココリコ田中氏の顔マネとますだおかだの岡田氏のマネができます、フランスより

banner