5月1日に痙攣が起こって一週間以上経ちました。

熱はあの後2日くらいは上がったり下がったりぶり返したり
何日かは1、2時間ごとに起きたり、1度起きて数時間眠れなかったり・・・
それでも幸い痙攣はなく、問題なく過ごしています。 

身体の調子は問題なさそうなのですが、とにかく私、もしくはパパから離れません。

お散歩が大好きだったのに、外に行ってもすぐに「抱っこ」。
今までは甘えても私に「くっつく」感じでしたが、現在「貼りつく」になっています。

珍しく甘えん坊な姿なのでかわいいけど、
母ぎっくり背中に2週連続でやられていたのできつかったYO\(^o^)/





ここで前にお話した秘薬的なValiumという薬について。
お尻から入れるといっても座薬ではなく、なんとアンプルに入った液体。
20170509_204842
左のシリンジで薬を採取(?)し、針の代わりに右上のものをシリンジに取り付け
お尻から注入するそうです。

何だかなぁ・・・座薬でも使うか躊躇すると思うのですが
この場合、即効性高そうすぎて本当に怖いです。

とりあえず「お守り」として持っておくことにしました。





そうこうしているうちに日本に帰るまであと1ヶ月をきっている!!!!
スーツケースの中が息子と私の薬だらけですよ\(^o^)/{マクロゴール6箱

ここでひとつ問題が・・・
3ヶ月滞在する予定なので、息子の保険はどうしよう。

外国で治療を受けてもセキュから返金されるみたいな情報があったけど、
「緊急で医療行為を受けた場合に限る」みたいな感じだったし。

中耳炎とかで救急車呼んだり、救急でかかるわけに行かないもんなぁ。

日本に住民票戻すのもなぁ・・・フランス側でも転出とかするんだったら面倒だし、
しかも今、10年カード待ちだし、レセピセ期限あと2週間だし、
10年カードもらえるかわからないのに、また2枚目のレセピセ発行されるみたいだし、
(↑ よくわかりませんが現在私の住んでいるところでの通常の流れだそうです)

とにかくよくわからんので近所のAXAにでも
もち肌さんと一緒に行ってきます⊂( ˆoˆ )⊃




Valiumとバリウム(baryum)、相変わらず音の違いがよくわからんよVとB、フランスより

banner