topclubsakawa平成29年度(第24回)全国クラブチームサッカー選手権大会 高知県大会 2回戦 

2017年7月9日(日) 9:30 Kick Off

奈路南国FC  vs 佐川FC

会場 春野球技場


前半 1 - 1
後半 2 - 1

奈路南国FC 3 - 2 佐川FC




【Starting Member】

GK 三谷充永
DF 松田文哉
DF 金子純史
DF 山中悠司(Cap)
DF 池 廉次
MF 筒井祐貴
MF 堤 龍一
MF 和田祐児
MF 松原 慎
FW 山中祐輝
FW 岡林晃史


IMG_2825


【Sub Member】


池本和広
松田悠一郎
和田将志
森田惇史
竹内 伸
藤原裕也


【formation 4-4-2】

attachment00


【Goal(Assist)】

28min 筒井祐貴(山中祐輝)
34min 佐川FC
50min 佐川FC
55min 池本和広(松田悠一郎)
58min 松田悠一郎



【change】
 
HTmin 山中祐輝→池本和広
HTmin 松原 慎→松田悠一郎
HTmin 和田祐児→和田将志
51min 岡林晃史→竹内 伸
60min 筒井祐貴→森田惇史




【Yellow Card・Red Card】




【coach・staff】

監督 佐竹 洋
マネージャー 高橋彩佳




【戦評】


県リーグ勢のみの参加が許されている全国クラブチーム選手権高知県大会。

奈路南国FCの初戦となったのは、昨年度高知県大会ファイナリストの強豪佐川FC。


初戦突破を目指す奈路南国FCは、後半勝負の姿勢で挑んだ。

前半開始1分に山中祐輝が抜け出すと正確なクロスを供給。これに岡林が飛び込むも僅かに合わず得点には至らない。しかし、開始早々のこのプレーがチームの緊張を解き、選手が躍動する。

激しい主導権争いを繰り広げながら試合が進み、向かえた28分。


左サイドでボールを受けた山中祐輝が再び精度の高いクロス。これにファーサイドで筒井祐貴が頭で合わせて先制。

相手DFの背後を取る動き直しと、GKの脇を抜くテクニカルヘッドで今季3点目。天皇杯高知県予選に次ぐゴールでカップ戦に強い部分を見せた。


このゴールで俄然攻勢を強める奈路南国FCだったが、34分に失点してしまい同点で前半を終了する。

前半終了間際、攻撃の起点となっていた山中祐輝が負傷し交代を余儀なくされるアクシデントに見舞われたが、池本和広、松田悠一郎、和田将志を投入し後半勝負に出る。


しかし、得点は佐川FCに。

50分、FKを合わせられ一度はGK三谷が弾くもこぼれ球を拾われ失点。逆転を許してしまう。


この失点により、落ちると思われた奈路南国FCだったが、佐川FCの足が止まりスペースが目立ち始める。

すると、右サイドの松田悠一郎が躍動。


爆発的なスピードで幾度となく右サイドで突破を見せ、迎えた55分。

右サイドへの配給に快速を飛ばしDFを引き離すと、中央へ高速クロス。これにGKの鼻先で池本和広が合わせ同点に。

この同点弾で勢いが増すと、再び松田悠一郎が見せる。


58分、筒井祐貴のロングフィードからサイドで受けると、今度は中央をドリブル突破。

二人をぶち抜きそのまま右足を振り抜くと、これがネットを揺らし再びリードを奪う事に成功する。


この得点で優位に立った奈路南国FCは、途中出場の和田将志や竹内 伸、森田惇史といった足元の技術に定評のある選手を中心にポゼッションを強め、この試合をクローズ。

白熱のシーソーゲームを制し、準決勝進出となった。



その後に行われた試合結果により、準決勝は強豪ロッサライズKFCとの対戦となった。

しっかりと準備し、チャレンジしたい。



クラブ選手権高知県大会 準決勝
2017年7月23日(日)
対戦相手:ロッサライズKFC
時間:9:30KICKOFF
場所:春野球技場