Arigato 笑顔で会うために☆.。.:*・

カテゴリ: ファンミーティング

俳優イ・ジュンギ、ファンも大合唱で日本公演を大盛況で終演! レベルの高い歌にダンスでツアー開催
2016-12-26 記事

ドラマ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」や、12月23日に公開されたばかりのハリウッド映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」などに出演し、高い演技力と、人気を誇る俳優イ・ジュンギが、12月24日 (土)横浜・パシフィコ横浜 国立大ホールにて「2016 LEE JOON GI ASIA TOUR」を開催した。


今月3日に行われたソウル公演を皮切りに、日本では名古屋、大阪、横浜の3公演、そして台湾、香港と開催し、アジア各国のファンに会いに行く予定である。日本ツアー最終日である横浜公演では、会場は開演前から熱気に包まれていた。仮面をつけたダンサーたちの迫力あるパフォーマンスでステージが始まると、黄金の仮面をつけたイ・ジュンギが登場!仮面を外すとさらに歓声は大きくなり、カリスマ溢れる姿でラップを披露。


「LOST FRAME」、「Born Angel」などでキレのあるダンスも披露し、さらに会場を熱くさせた。耳に手を当て、ファンたちに歓声を求めると、会場には大きな歓声が響き渡りイ・ジュンギは満足そうに笑顔を見せた。「いやぁすごいねぇ、今日も!」と切り出し、集まったファンの歓声の大きさに喜びながら、「元気だった?会いたかった?僕も本当に会いたかった!!」とあいさつ。「横浜のみなさん、愛してます」とファンに伝えると、「一言だけ」を日本語バージョンで歌いあげた。「ご存じだったら一緒に歌ってくださいね」と「SWEET MEMORY」「For a while 」を続けて届けた。


手を左右に振ったり、一緒に歌おうと盛り上がるファンの姿に「可愛いです」と思わず笑顔がこぼれるイ・ジュンギ。温かな雰囲気のまま、続いてのバンド紹介では、話題を集めたピコ太郎の“PPAP”にアレンジを加えたダンスでお茶目な姿も見せると、ファンは大盛り上がり。そして「I’m yours」を優しい歌声で歌い上げ、「Geek in the pink」、「Ma Lady」では軽快なダンスで魅了した。


薄ピンクのニットにジーンズを合わせたラフな格好に着替えたイ・ジュンギは、「Sunday Morning」を歌いながら、客席に登場。握手をしたり、近い距離でファンと触れ合い、2階、3階のファンとも目を合わせ、手を振り、輝く笑顔を見せた。MCのYumiも登場し、ファンの「ジュンギオッパーー!!」の声で、準備を整えたイ・ジュンギが再びステージに立つと、トークタイムが始まった。


クリスマスイブということで、クリスマスのカチューシャをつけていたYumiを見ると、イ・ジュンギもカチューシャを取りに行き、赤いトナカイのカチューシャをつけ可愛くポーズをとり、ニッコリと微笑み、満足そう。「初めてのハリウッド映画で、たくさんのことを学んだ」という、「バイオハザード:ザ・ファイナル」の他にも、今年はドラマ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」でも活躍し、多数の雑誌のグラビア撮影や、中国での舞台あいさつなどを行った、今年の活動を振り返り、来年の活躍も「がんばりまーす!」と意欲を示した。


抽選で選ばれたファン2名に、ドラマでのセリフ再現と、ハグが送られる、プレゼントイベントでは、幸運にも選ばれたファンは偶然にも2人ともピンク色の服を着ており、ペアルックのような姿で、イ・ジュンギからのプレゼントを受け取った。北海道から来たというファン、それよりも遠い、ロシア、タイ、ニューヨークなど、海外から来たというファンもおり、ステージから降りてファンと握手をするなど、温かいファンサービスで、ファンの希望に応える場面も。


ダンスコーナーでは90年代に流行したダンスや、ガールズグループのダンスを披露し、今話題のガールズグループ「TWICE」の「TT」では、ポイントダンス“ノムへ”の表情もバッチリで、可愛らしく踊って見せた。また、来年は「個人的にはラブコメディに挑戦したみたい」とし、「期待してください!」とファンの期待を高めた。


青いライダースを羽織ったイ・ジュンギがステージに再登場すると、「Now」、「Thank you 」とさわやかに披露。ゆっくりとバンドの演奏が始まると、それに合わせて手拍子をするファンたち。アップテンポにアレンジされた「世界に一つだけの花」をファンと一緒に歌い、 会場は一体となり、最高潮の盛り上がりを見せた。続いて「君がいるだけで」ではファンとアイコンタクトをとるなど、楽しいステージとなった。最後はドラマ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」のOST「君のため」を熱唱し、ステージを後にした。


アンコールでは、金の刺繍が施された赤いジャケットを身につけたイ・ジュンギが登場するすると、「Nothing on you」、「Bring Da beat」で会場は再びヒートアップ。「BIG BANG」のダンスメドレーも披露すると完ぺきなカバーダンスで会場を盛り上げた。


イ・ジュンギがファンの歌うアカペラの「世界に一つだけの花」にのせ、セクシーに踊ったり、水浴びパフォーマンスに沸く会場。「帰りたくない~」とステージに横たわるも、気合いを入れ、「Together」へととりかかる。ファンの掛け声や振りもそろい、一体となる会場。


最後は、クリスマスらしく赤いニット帽をかぶり「クリスマスキャロル」を歌唱。途中、ステージから降り、ファンと触れ合ったり、プレゼント投げたりと、クリスマスにふさわしい、賑やかな幸せな雰囲気で最高潮のまま、公演の幕を閉じた。

2016-17 LEE JOON GI ASIA TOUR 'THANK-YOU' in JAPAN レーベル

閲覧・ダウンロードはニックネームとパスワードを入力してログインしてください

続きを読む

俳優イ・ジュンギ、なぜ人気俳優なのかを自ら証明したファンコンサート 
2016-12-06 記事

俳優イ・ジュンギが、コンサート会場を興奮のるつぼに巻き込んだ。
チケットの前売りが開始されるなり全席完売を記録したイ・ジュンギのアジアツアーコンサート「Thank you」のソウル公演が大成功で終了した。当初1回だけの公演が、ファンの要請によって2回に追加されるという珍しい状況が起こった今回の公演は、まさにイ・ジュンギのファンへのプレゼントそのものだった。


ピンクのペンライトで染められた会場は、イ・ジュンギにもファンにも感動的な光景だった。イ・ジュンギは、MCなしで華麗なダンスやパフォーマンスとラップ、そしてバラード曲まで非常に長い3時間にわたって、彼の魅力にあふれたステージを果敢に公開して自身を応援してくれるファンに感謝の思いを伝えた。

そしてイ・ジュンギは、3日に音源サイトを通じて公開した新曲「NOW」と「Thank you」を初公開した。特に「NOW」は、さわやかなイメージのミュージックビデオまで上映されてファンを驚かせた。2曲ともにファンと共に過ごしたいというイ・ジュンギの感謝の思いと真心が歌詞に溶け込んでいる楽しくなるような曲で、ファンにとって最高の贈り物になった。


そしてイ・ジュンギは、自身が出演したドラマ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」のO.S.T 曲「君のために」を熱唱し、ファンが一緒に歌うという脚本のないドラマが展開された。またBIGBANGの「FANTASTIC BABY」、「Good Boy」、「BANG BANG BANG」のカバーダンスも公開して、イ・ジュンギの魅力でステージをいっぱいにした。会場にはちきれそうな歓声があふれたのはもちろんのことだ。

ファンへのサービスは申し分なかった。ファンとともに「麗<レイ>」の名場面を面白おかしく再現したり、イベントに当選したファンの足を自ら洗って上げるという洗足式で会場を感動させた。会場のファン皆がひとつになれるようにと思いやりにあふれたイ・ジュンギの進行には、笑いが絶えなかった。なぜイ・ジュンギのファンコンサートが注目されるのかを感じることができる公演だった。


イ・ジュンギのアジアツアーコンサート「Thank you」は、3日にソウルを皮切りに、日本、台湾、香港での公演が決まっている。「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」の世界的な人気と、俳優として歌とダンスまでこなしてひとりでMCまで担当するイ・ジュンギに、海外の関係者の関心がもっと熱くなったという。これについて所属事務所の関係者は、「南米と中東の国々でも公演の要請が殺到している。慎重に決定するつもりだ」と語った。

イ・ジュンギは、来年初めまでアジアツアーコンサートを進行する。

2016-17 LEE JOON GI ASIA TOUR 'THANK-YOU' in SEOUL レーベル
閲覧・ダウンロードはニックネームとパスワードを入力してログインしてください

続きを読む

2014 JG NIGHT in JAPAN ジヤケット
2014 JG NIGHT in JAPAN レーベル-1
2014 JG NIGHT in JAPAN レーベル-2
2014 JG NIGHT in JAPAN レーベル-3


昨日の「アジアツアー2014 JG NIGHT in JAPAN」 最高でした^^。
動くジュンギ君は久々のせいか体の芯まで沁み込んだ感じでした。
素敵で、可愛くて、カッコ良くて、ダンスも歌も最高で、話は面白くて~
ジュンギ君の優しさに包まれたファンミでしたねヽ(^o^)丿
ジュンギ君、幸せな時間を…大切な思い出をありがとう~♡

このページのトップヘ