じゅにじゅに

浦和レッズサポーターによるブログです。浦和レッズに関するネタが多いですが、代表とか女子サッカーのことにも時々触れています。

浦和が狙うは1位突破・・・ACLグループステージ第5節・ウエスタンシドニーワンダラーズ戦

ACLグループステージも終盤の第5節、浦和レッズはホーム埼玉スタジアム2002で、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズと対戦します。
浦和の勝ち点は現在9で首位、3位、4位のFCソウルとウェスタン・シドニーとの勝ち点差6。仮に残り2試合を連敗したところで勝ち点で並ばれますが、直接対決で5−2、4−0と大勝しているので、余程の事がない限り、浦和が3位以下に落ちることはありません。(勝ち点が並んだ場合は、当該チーム通しの対戦結果で順位が決まるため)

となれば、後は1位突破か2位突破か。1位突破となればグループHの2位と対戦するので、どちらかというと1位突破したいかな。
なお、現在2位の上海上港が浦和と勝ち点で並んだとしても、直接対決のアウェイゴール差で浦和が勝っているので、浦和が上の順位となります。

いずれにしろ、浦和は、次節のウエスタン・シドニー戦で勝ち点1以上と獲得すればグループステージ突破が決まります。

浦和のメンバーですが、ミシャ監督はベストメンバーで勝ちに行くといったような事を言っていたようですが、これは疲労等を考慮した上でのベストメンバーという意味だと思うので、多少のターンオーバーが実施されそうです。前日練習の感じだと、阿部勇樹と宇賀神がお休みらしく、もしかしたら遠藤も休みかも?
その他にも、前線は李とズラタンを起用しそうで、ラファエル・シルバと興梠か武藤はベンチスタート濃厚。組み合わせとしてはベストとは言えないかもしれないけど、ここで結果を出さなければ出場機会が減っていくだけなので、みんな頑張ってくれるでしょう。

また、対戦相手のウエスタン・シドニーは金曜日にAリーグにプレーオフで120分間闘ったそうで、こちらも何人かターンオーバーしてきそう。

ここで気になるのは、ウエスタン・シドニーのモチベーション。どうなんでしょうね?
Aリーグプレーオフは敗退、ACLの決勝トーナメント進出を狙うならば、浦和との初戦の4−0敗戦をひっくり返さないといけません。かなり困難なお話です。まあ、今年のUEFAチャンピオンズリーグでバルセロナが大逆転した例がありますから不可能とは言いませんが、モチベーションの維持が難しい状況なんじゃないでしょうか?プロの意地もあるでしょうけど。

いずれにしろ、浦和は引き分けでもグループステージ突破が決まりますけど、やっぱり狙うは1位での突破。勝ち点3を取りに行きましょう。



拍手しながらブーイング・・・J1第8節・浦和vs札幌戦

20170422浦和vs札幌J1第8節、浦和レッズはホーム埼玉スタジアム2002で、コンサドーレ札幌と対戦しました。

結果から言うと、3−2で浦和の勝利。4連勝で勝ち点3を得て首位堅持。結果だけ見ると、まあ、オッケー。
でもねえ、どうなんでしょう?ちょっとボールの失い方が悪かったシーンが散見されたし、危険なミスが多かった印象。なので、個人的には浦和の出来としては、イマイチだったのかなあと。

全体としては、浦和が主導権を握っていてチャンスも量産したとは思います。

持ち前のパスワークで札幌のプレスを物ともせずに自陣に張り付かせ、興梠のループシュートなどで決定機を作った浦和。先制点も時間の問題かと思っていた前半20分、柏木の右からのCKでラファエル・シルバが競った後のこぼれ玉をラファエル・シルバ自らが蹴り込んで浦和が先制。こぼれ玉ではあるけれど、こういうところを確実に決められる選手がいるのは心強いですね。

そのCKを獲得したのは関根くんの突破から。関根くんは、何度もエリア内に侵入してチャンスを作ってましたね。関根くんは、札幌の守備陣に脅威になっていたと思います。

浦和がリードしたので札幌は前へ出てくるかと思ったのですが、そうでもなかったですね。相変わらず引き気味。

札幌の攻撃は、フィードを都倉に当てるところから始まりますから、そこをなんとか抑える事が出来ればあまり怖くないのですが、分かっていてもやられたのが前半34分、都倉のポストプレーから兵藤に裏へ抜け出されて失点。現地で見てる時はオフサイドかなと思ったんですが、左サイド側でDFラインが揃ってませんでした。 

浦和はチャンスも作れてましたけど、ミスも多かったのでこの同点ゴールはちょっとやばいかなと思っていたんですが、40分、左サイドから宇賀神が札幌ゴール前へクロス、これが興梠の頭へドンピシャであったんですが、興梠のヘディングは札幌GKク・ソンユンがセーブ、こぼれた所へ詰めていた関根くんが蹴り込んで浦和が勝ち越し。

後半になると札幌もある程度攻撃出来るようになりましたけど、リードされた札幌が前に出たというより、浦和側がちょっとまったりしちゃったんじゃないかというのが個人的印象。前節のFC東京戦で守り勝ったという経験がちょっと選手の心理として今シーズンの当初のテーマである攻め倒す事より守り切るという方向へ行き過ぎたんじゃないかと思うのは深読み過ぎ?

それでも74分、中央からのカウンターでラファエル・シルバのスルーパスから興梠がエリア内で倒されてPK。(その前にもPKを疑えるシーンがあったなあ)これを興梠自らが決めて3−1。

終盤に2点差を得た事でこの試合は決まったかと思ったんだけど、87分にシーズン前に浦和がオファーを出したという福森にFKを直接決められて1点差。FK自体は福森を褒めるしかないと思うけど、FKを与えるまでの流れが良くなかったですね。ちょっとボールを回され過ぎ。
でも、冷や汗を書きましたけど、その後は決定機を作らせずに逃げ切りました。

20170422浦和レッズゴール裏浦和の苦戦?の一因は、札幌のGKク・ソンヨンにあったと思います。興梠のところに何度も決定機が訪れていて、それでもPKの1点だけに終わったのは、ひとえにク・ソンヨンが1vs1でいいポジショニングをしていたから。身長があるのももちろん大きいのですが、ポジショニングが絶妙で、そのプレッシャーから興梠のシュートがちょっとづつ上へズレてましたよね。このGKがいる限り、札幌はJ1残留の可能性がかなり高いんじゃないかと思いました。

試合の終盤には、小野伸二が途中出場。選手紹介の時も拍手で迎えたレッズサポーターは、交代出場の時も拍手。(やっぱり小野伸二はレッズサポーターの中でも別格だよなあと改めて思いました。)とはいえ、敵チームなのだからやっぱりブーイングだよな。ということで、拍手しながらブーイングというよく分からない光景(笑)が見られました。

プレビュー記事の中で油断大敵と書きましたけど、まあ油断はしていなかったとしても難しい試合になりましたね。予想通りと言えば予想通りなんですが、浦和にはもうちょっと安定して勝ち切るようになりたいですね。いや、まだまだ伸び代があると解釈しておきましょう。

さて、第8節を終わったところで、浦和が勝ち、神戸と鹿島が敗れたため、首位・浦和と2位との勝ち点差が4に広がりました。まだまだ先は長いのですが、少しずつでもこの差を広げられるように頑張りましょう。
まずは、水曜日のACLで決勝トーナメント進出を決めましょう。



浦和の永遠のライバル札幌・・・J1第8節コンサドーレ札幌戦

浦和レッズのライバルチームはどこか?と聞かれたら、ガンバとか鹿島とかあげる人が多いかと思うけど、古くからのサポーターの中ではライバルは札幌という声も少なくないと思います。

札幌サポーターの方もお馴染みの「お前は既に死んでいる」横断幕を期待している方もいらっしゃるようですが、浦和は例の事件以降、横断幕は許可制になっているんで、ちょっと難しいかな。いっその事、札幌さんに返却しちゃってもいいんじゃないかしら。

というわけで、永遠のライバル・札幌戦です。

印象だけで言うと、目下のところ首位の浦和とJ2から上がってきたばかりの札幌の対戦ですから、浦和が勝ち点3を獲得するのが普通と思いがちですが、油断大敵です。
前回の対戦では、既に降格が決まっていた札幌に浦和はホーム埼スタで負けてるんですよね。その敗戦で優勝争いから脱落したという苦い経験が浦和にはあります。

それに、札幌は、FC東京に勝ち、川崎に引き分けているんですよね。それも、ドン引きの末のカウンター一発とか力の差があるチームの闘い方じゃなくて、堂々と渡り合っての1勝1分ですから、決して侮れるチームではありません。

ポイントは、いかに都倉に仕事をさせないかでしょう。都倉へのボールの出処を抑えれば浦和が押し込む時間帯も増えるでしょう。そうなれば浦和ペース。逆に都倉が活きるようだと浦和にとって厳しい展開となります。

その都倉、かつて神戸にいた頃は。それほど脅威とは感じなかったんですが、FC東京戦、川崎戦を含めて既に4得点。若くはない選手ですが、J2で成長したんですかね。もっとも、アウェイでは札幌を勝ちに持っていく事は出来ていないんですが。

個人的に札幌で注目したいのは、やっぱり小野伸二。怪我が多い伸二ですけど、今は復活しているようなんで、スタメンかどうかはわかりませんが、出場するでしょう。浦和レッズに嵌っていくきっかけいなった選手なので、またそのプレーを見れるのは楽しみです。でも、得点は取られないよ。そういえば、前回の対戦だったかな、宇賀神とやりあってたな。

もうひとりは、今シーズン前に浦和がオファーを出したと報道されている福森。キックが上手いらしいので、見ておこうかと。来年は浦和に来るかもしれないし。


浦和は怪我をしていた選手もGK福島くん以外は練習に復帰しているのが好材料。来週水曜日にACLウェスタン・シドニー戦があるので、ターンオーバーも考えながらのスタメン選考になります。さて、どんなスタメンになるでしょうか。まあ、前線はKMRが妥当な線かな。右WBは関根くんが怪我から復帰しそう。
しっかりと闘って、首位をキープしましょう。


Archives
記事検索
お天気
Google+じゅにじゅに
楽天市場
  • ライブドアブログ