じゅにじゅに

浦和レッズサポーターによるブログです。浦和レッズに関するネタが多いですが、代表とか女子サッカーのことにも時々触れています。

なでしこジャパンに長野風花さんが遂に召集されたお話

なでしこジャパンの6/4からのニュージーランド遠征に臨むメンバーが発表されました。

僕が応援する浦和レッズレディースからは、GK池田さん、MF猶本さん、FW菅澤さんが選出されました。もうちょっと範囲を広げると、去年までレッズレディースに在籍していたGK平尾さん(新潟)、MF長野さん(仁川)も選ばれてます。

平尾さんは、浦和時代の駒場でうちの娘と手を繋いで入場した事があるし、長野さんはサイン入りグッズを持ってるしで、ちょっと個人的な思い入れも強かったりしますので、嬉しい人選ですね。

特に長野さんは、各年代代表となってたり(U-17W杯に2回も出場!MVPも獲得!)、15歳でレッズレディースの試合にも出場したり、遠くない将来にA代表にも呼ばれるだろうなと誰もが思ってましたけど、遂にその日がやってきました。かくなる上は、是非、試合に出て経験を積んで欲しいですね。(まあ、国際経験は同年代では人一倍多いのですが)

そう考えると、長野さんが移籍してしまったのはレッズレディースにとっては痛かったんじゃないかなあ。今更だし、レッズレディース在籍時の試合出場も決して多くは無かったのも事実(怪我もあったけど)。将来のレッズレディースを背負って立つ選手になって欲しかったんですが・・・。なんとも勿体ない感が満載状態です。もちろん、浦和視点でしかないですが。

とにかく、今は、なでしこジャパンでの活躍を祈り、期待しましょう。もちろん、他のレッズレディース関係の選手もね。



レッズフェスタへ行ってきた

REDS festa 2018オフシーズンのレッズサポーターの楽しみ、レッズフェスタが開催されました。

いつもは本当にオフシーズンの2月初旬(一次キャンプと2次キャンプの間くらい)に開催されるのですが、今年はワールドカップの影響もあってJリーグの開催が早まったために、ワールドカップによってリーグ戦が中断されるこのタイミングでの開催となりました。

で、開催場所は(理由はしりませんが)ここ数年開催されていた駒場ではなくて、埼玉スタジアム2002。内容は、事前のオフィシャルからの発表によると、REX Club会員から抽選となる握手会とサイン会の他は、宝さがしゲーム(オフィシャルの情報ではどんな内容化は分からなかった)くらいで、なんとなく、目ぼしいイベントはないのかなあ、いつもよりは楽しくないのかも?・・・

・・・なんて、思ってたんですが、これは杞憂で、意外と?楽しかったですよ。

宝探しゲームは、サブグランドにボールとゴールが用意されていて、レディースの選手のパス出しからゴールへボールを蹴り込むところからスタート(これが宝さがしとどういう関係があったんか不明ですが)。あとは、振り分けられたコースに従って進むと、ところどころ問題があって、回答しつつゴールを目指すというもの。
REDS festa 2018 埼玉スタジアム2002放送ブースからの眺めいくつか用意されたコースは、埼玉スタジアムの普段はあまり入れないところ、放送ブースとか会議室?とか、ピッチ周辺とかを探検できるし、問題もいくつかひっかかりそうな絶妙なレベルの問題(埼スタの屋根は何の形?うっかり、しらこばとと回答しそうになった)だったので、それなりに楽しかったですね。(最終的には、10人に選手のサイン入りユニフォーム!が当たるものでした。)

REDS festa 2018 外国人選手クリアファイル
REDS festa 2018 ユース出身選手クリアファイルこれらの写真は、選手握手会に参加できた人のみが貰えた非売品ですが・・・なんかオフィシャルも「乗り」が変わりましたねえ。

スタンドではピッチ脇で行われたトークショウを見れるし、コンコースなどで子供むけの塗り絵コーナーとか、フットゴルフ(っていうのか?)とか、ちょっとしたミニイベントに選手がいたり、売店やキッチンカーで選手が何か売ってたり、かと思うと、選手がコンコースを普通に歩いてたり、原口元気と槙野智章のそっくりさん(似てたか?)が勝手に?参加してたり、とかくファンサービスが少ないと嘆く人もいる浦和レッズですが、この日ばかりはファンが選手と触れ合えるイベントがいろいろありました。

レッズフェスタ恒例となっていた「かくれんぼ」などのイベントは会場の違いもあってありませんでしたが、それでもなるべく選手とファンが交流できるように工夫はされていたと思います。


というわけで、うちの娘も大満足な一日でありました。
僕?僕は最初に猶本さんとハイタッチできたので、それだけで大満足です、はいwww










いい試合してるけど得点欠乏症の浦和レッズ・・・J1第15節・ガンバ大阪戦

J1第15節、アウェイでのガンバ大阪戦です。
長かった15連戦もこの試合で終わり。いい気分で中断期間を迎えたかったのですが・・・

結果としては、スコアレスドロー。いい試合だったとは思いますが、両者ともチャンスを生かせずに、ちょっともやもやした感じが残っちゃったかなあ。

浦和の守備は無失点だから悪くはないかもしれないけど、ガンバのシュート精度と西川くんのビッグセーブ(2回?)に助けられた印象。
一方の浦和の攻撃は、あとちょっと。あと30cmくらい右とか左とか上とか下とかずれていたら得点に結びついたかなというシーンが何度か。そういう意味じゃ、チャンスでチャントシュートまで行っていたガンバの方が得点の可能性が高かったかもしれない。

今シーズンが始まった当初の閉塞感は払拭されていると思うし、攻撃に可能性は感じるんだけど、それでも得点という結果になかなか結び付かないですねえ。なんというか、もどかしい試合が続きます。オリヴェイラ監督下での3バックは失点こそ少ないものの、チャンスは作れど得点にならない状況をなかなか脱せません。この試合で(ルヴァンカップと天皇杯はあるけれど)Jリーグは暫く中断。キャンプも行うというお話なので、守備ばかりでなく攻撃にもオリヴェイラさんは手を付けるでしょう。オリヴェイラさん自身が好みと言っていた4-4-2になるかもしれませんし、オリヴェイラさんが志向するサッカーを実現するには補強が必要かもしれませんが、中断期間中に浦和レッズがどのように変わるか見てみましょう。楽しみに待ちましょう。



Archives
記事検索
お天気
Google+じゅにじゅに
楽天市場
  • ライブドアブログ