じゅにじゅに

浦和レッズサポーターによるブログです。浦和レッズに関するネタが多いですが、代表とか女子サッカーのことにも時々触れています。

We are REDS !・・・ACL決勝 2nd leg

大一番!ここの全てを賭けます!
なんだかんだ言っても、やるしかない!


浦和は、1st legで負傷交代して心配されたラファエル・シルバが幸いにも軽症だったようで、2nd legの出場は問題なさそう。

1st legではほぼ終始押し込まれて、特に左サイドを上手く使われてピンチの連続だったのですが、2nd legは守備の要のマウリシオが帰ってきます。この点は大きな違い。

とは言え、守備時は1st legの宇賀神のように、前にいるラファエル・シルバの守備への貢献が期待できないなかで、中と外の両方を見なければならないような状況に陥るとやはりピンチに陥ります。1st legでは逆サイドで武藤が下がり気味になって5バックのようにして立て直しましたけど、今度はどうしますかね?マウリシオは危機管理能力が高いので、何とかしちゃうのでしょうか。

個人的にはミシャ式の3バック(5バック)もありなんじゃないかと思ってたりします。2017年式はリスクが大きいので、2016年版あたりで。でもそれは、どうしても点が欲しい状況に陥った場合かな。


アル・ヒラルは、これまでのACLでは、ホームで4バック、アウェイでは5バックで闘ったそうですけど、今度はどうですかね?0-0だと浦和の勝ちになるので、4バックで攻撃的にくるでしょうか。

いままでのACLの試合ではアル・ヒラルのイエローカードが妙に多いなと思っていて、それは審判の傾向とかの問題かなと思っていたのですが、1st legを見る限り、相当荒っぽいプレーをするチームで、あれならイエローカードが多くても当然かなという感じでした。終盤は焦りが出たのか、退場者が出てもおかしくなかったし。

だとすれば、浦和が狙うべきはアル・ヒラルの焦りを誘う戦術かもしれません。無失点の時間を出来るだけ長くして浦和がリードする時間が長くなれば、アル・ヒラルはファウルで自滅してくれるかもしれません。主審はあのイルマトフさんなので1st legよりきちんとファウルをとってくれると思います。

泣いても笑っても、この大一番でACLのタイトルの行方が決まります。どんな状況でも心は熱く頭は冷静なプレーが必要です。そして、俺達は浦和の選手を勇気づけ、相手にプレッシャーを掛け続けましょう。

今年の全てを賭けて。

J1残り2試合の優勝争いと残留争いのまとめ

J1をまとめておくのを忘れてました。J1よりACLに気持ちが行ってますが、とりあえず。

というわけで、現在の勝ち点と最大勝ち点、残りの対戦相手です。
鹿島 70 - 76 柏 磐田
川崎 66 - 72 浦和 大宮
---------------優勝可能性
セ大 60 - 66 神戸 新潟
木白 58 - 64 鹿島 広島
マリ 55 - 61 仙台 浦和
磐田 54 - 60 鳥栖 鹿島
---------------来季ACL出場権可能性
浦和 49 - 55 川崎 マリ
鳥栖 47 - 53 磐田 札幌
神戸 44 - 50 セ大 清水
ガ大 42 - 48 札幌 東京
仙台 40 - 46 マリ 甲府
東京 39 - 45 広島 ガ大
札幌 37 - 43 ガ大 鳥栖
---------------降格可能性
清水 31 - 37 新潟 神戸
広島 30 - 36 東京 柏
甲府 28 - 34 大宮 仙台
大宮 24 - 30 甲府 川崎
---------------降格決定
新潟 19 - 25 清水 セ大


優勝は既に鹿島と川崎に絞られていますが、残り2試合で勝ち点差が4ですので、次節にも鹿島の優勝が決まる可能性があります。

その次節は、26日に鹿島が柏と対戦しますが、川崎と対戦する浦和は25日のACL決勝に出場する関係で試合は29日。川崎の試合がないうちに鹿島の優勝が決まる可能性もありますね。

来季のACL出場権(プレーオフ含む)は鹿島と川崎は確定として、3位内のクラブが天皇杯優勝した場合に出場権を得られる4位は磐田までを、セレッソ、柏、マリノス、磐田が争っています。(残念ながら浦和は可能性なし)
まあ、勝ち点から言って、セレッソと柏の争いかなあ。残りの対戦相手を見るとセレッソの方が優位に見えるけど、どうですかね。


残留争いの方は、新潟の降格が決まってしまいました。
去年と比べて二人のシルバがいなくなってその穴を埋められなかったのと、三浦さんを監督にして高い位置からのプレスという新潟の特色が消えて、その後にガンバを降格させた一因でもあるロペス氏を後任監督に据えるというフロントの失策が降格を招いたんじゃないかな。
サポーターが多い新潟の降格はとても残念ですが、またJ1に返り咲いて、美味しいお握り頂戴したいものです。

一方で、札幌のJ1残留も決まりました。個人的には嬉しいですね。また札幌で美味しいものを食べられる。その前に今度は勝たなくちゃね。まあ、日程が合わないと行けないですけど。

残りの降格枠は、大宮が風前の灯。残留するためには広島を追い抜かなければなりませんが、得失点差もあるので、かなり厳しい状況です。

もう一枠は甲府、広島、清水の争い。チームとしての強さは広島が一枚上手のように思いますが、残りの試合はFC東京と柏。柏はACL出場権を得るためにモチベーションは高いでしょうから厄介な相手ですが、FC東京は元気がないのでこっちで勝ち点を稼ぎたいところですかね。

清水は新潟と神戸が相手ですが、降格が決まって開き直った相手は厄介ですよ。清水が残り2試合で勝ち点を得るのは簡単ではないような気がします。怪我人も多く出ているようだし。

清水にとって気分的に楽なのは甲府との勝ち点差が3あること。でも、次の試合で並ばれると非常に厳しくなりますよ。プレッシャーも半端ないだろうし。


というわけで(どんなわけだ?)、僕はまずACLの決勝に集中です。


ラファエル・シルバと共に・・・ACL決勝2nd legに向けて

サウジアラビアでのACL決勝 1st legの試合の後、俺達のラファエル・シルバとマウリシオのInstagramアカウントに差別的表現のコメントが多数書き込まれました。その件について、浦和レッズが声明を発しています。

ファン・サポーターのみなさまへ(レッズオフィシャル)

差別が許さざる行為である事は、過去、加害者側に立った事があるレッズサポーターには身に染みている事です。今回の出来事は非常に悲しい残念な事です。アラビア語が使われている事からアル・ヒラルのファン?の可能性が高いと思われますが、おそらく、ほんの一部の残念な人の行為でしょう。その本の一部の人の行為で全体が悪く思われるのは我々が経験した事です。

ですから、我々もアル・ヒラルというクラブ、または、サポーターを罵ったりせず、そのごく一部の心無い人たちと闘いましょう。

(1st legの試合中にGK西川くんにレーザーポインターの光が照射された事が明らかになっています。浦和レッズは、この件についても、差別的表現の件とともにAFCへ報告したそうです。なんか、チケット転売の件といい、最近の浦和レッズのフロントは頼もしくなってきた気がする。)


浦和レッズの声明にあるように、


ピッチ外の事象にとらわれることなく、サッカーでの決着で栄冠を得られるよう、共に闘ってください。


ここが大事です。「ピッチ外の事象にとらわれることなく」
相手に嫌な事をされたからと言って、同じ土俵に上がってはなりません。あくまで、俺達の目的はサッカーで勝つ事。正々堂々と戦って栄冠を手に入れましょう。



でも、なんか燃えてきたよね。
絶対、勝ってやる!


Archives
記事検索
お天気
Google+じゅにじゅに
楽天市場
  • ライブドアブログ