じゅにじゅに

浦和レッズサポーターによるブログです。浦和レッズに関するネタが多いですが、代表とか女子サッカーのことにも時々触れています。

今シーズン最初のタイトルを逃したけど、そんなに悲観することもないと思うぞの巻・・・ゼロックスーパーカップ

20170218ゼロックスーパーカップ先日、さいたまシティカップがありましたけど、12人も交代可能という変則レギュレーションだったので、まあ、本当の意味での公式戦はゼロックスーパーカップが今シーズン最初と言っていいじゃないですかね。

結果から言うと、その最初の最初のタイトルがかかった試合で浦和レッズは負けましたけど、あまりそれを悲観する必要はないと個人的には思っています。そりゃ、負けていい試合なんてないし、負ければ悔しいけど、一番目指したいのはJリーグとACLのタイトルだから、この敗戦を糧としてチームを作ってくれればいいよね。

このゼロックスーパーカップに臨むにあたって鹿島ほぼベストメンバー(なのかな?レアンドロは出場しなかったけど)、一方の浦和は、去年までの不動のレギュラーである柏木、槙野、そして今年エース候補のラファエル・シルバがベンチ外。中2日でアウェイのウェスタン・シドニー戦を見据えての温存策かと思ったんですが、柏木は前日に怪我をしたようですね。ラファエル・シルバはキャンプ中に負った怪我から全体練習に復帰したばかりなので大事を取ったんでしょうけど、気になるのは槙野。怪我ではないようですが、なかなかコンディションが上がらないという情報があるんで、普通に闘えるメンバーとしてはカウントされていないのかも?杞憂ならいいんですが・・・

さて、その槙野不在のポジションは去年と同じく宇賀神が対応。個人的には新加入の田村を試してほしかったんですが、まだその域には達していないということなんですかね。確かに、さいたまシティカップを見た感じだとまだ浦和の戦術にフィットしてない感じでしたけど。

今年の浦和は相手を押し込んでのハーフコートゲームを目指しているとのことですが、その狙いはある程度出来ていたようには思います。ボールを奪われた瞬間に相手陣内でもボールホルダーに襲いかかってボールを奪うシーンも何回もあったし、ポゼッション率も鹿島相手に60%以上を記録していましたからね。

ただ、サッカーはポゼッション率の勝負じゃなくて点の取り合いの勝負。鹿島はポゼッションを握られてもあまり気にしないでチャンスを伺うスタイルなので、鹿島から見ると特に不利な状況に追い込まれた感は無かったでしょう。

このような状況では、当然、鹿島の狙いはカウンター。
そして、ハーフコートに押し込んだ浦和の囲い込みが破れた時が浦和の弱点。鹿島が前線に残したペトロ・ジュニオールはよく抑えていたので脅威では無かったと思うんですが、金崎が前線でボールを持った時がちょっと嫌でしたね。西川くんのビッグセーブもあって凌いでいましたけど、結局は前半で2失点。

1点目は遠藤のFKが見事だったので仕方ないけど、そのFKを与えるまでの流れがちょっと守備がバタバタしてました。守備のバタバタで言うと2失点目の方が酷かったですね、左右に振られて最後は浦和のゴール前は浦和の選手より鹿島の選手が多い状態でした。西川くんのパンチングミスのようにも見えるけど、キャッチしてたらゴールラインを割った位置に着地していたかもしれません。あそこはそこまでの過程を分析して対策を考えるべきでしょう。

浦和の問題点は守備だけではありませんでした。
試合の立ち上がりは押し込んでチャンスも出来ていい感じだったようにも思えましたが、前半は前線へのパスが収まらずに攻撃がなかなか組み立てられませんでした。特にズラタンは良くなかったですね。もっとボールを収めてくれないと浦和の攻撃が形にならないどころか、相手にカウンターのチャンスを与えてしまいます。新加入したラファエル・シルバがフィットするようであれば、出場機会を減らすのはズラタンかもしれません。

後半に入って興梠を投入してからは収まりがよくなりましたが、ハーフコートゲームを志向するにあたっては去年以上のカウンター対策が必要なんでしょうね。

2点リードされた浦和は、後半に入って李に替えて興梠を投入、さらに駒井に替えて関根、菊池に替えて長澤を投入、宇賀神を本来のWBに戻し、長澤をボランチに、阿部ちゃんを左ストッパーに配置して反撃しました。

この布陣で同点に追いつく事が出来たんだけど、僕が考えていた以上に長澤のボランチは良かったですね。
長澤の最適ポジションはシャドウだと思っているんですけど、フィジカルでは負けないし、面白いところへスルーパスを出せるし、意外と浦和のボランチというポジションにハマる選手なのかもしれません。

結果的には遠藤航と西川くんの連携ミス?で敗戦となったわけですけど、ラファエル・シルバ、柏木、槙野、梅崎と全てのピースが揃った時の楽しみになった一戦ではありました。(伊藤くんも頑張れ!)

ちょっとコンディションが心配な選手もいるし、中2日のオーストラリア遠征は厳しいですが、これからが本番。タイトルへの第一歩がとても楽しみになりました。






浦和レッズの今季最初のタイトルは内容イマイチだったけど、まあ仕方ない面もあるかなの巻・・・さいたまシティカップ・FCソウル戦

浦和レッズは今季始めての公式戦・さいたまシティカップに挑みました。僕はと言えば、首を痛めて病院でMRI検査を受けたりしてたので残念ながら欠席でした。

公式戦と言っても、Jリーグ的にはプレシーズンマッチの扱いなのかな?交代選手は12人までという変則マッチ。ミシャ監督は、試合前日のインタビューで前半と後半で選手を総入れ替えすると前日のインタビューで明言していましたけど、その理由は、新加入選手を含めた今年のチームをサポーターへ披露することと、ACLで直ぐに対戦するFCソウルに手の内を(完全には)見せないという意味合いだそうです。もちろん、1週間後のゼロックスーパーカップから始まる過密日程も考慮しているでしょう。

なお、怪我で欠場の浦和の選手は、西川、ラファエル・シルバ、梅崎、福島、高木、伊藤。

対戦したFCソウルは、2016年Kリーグ優勝、FAカップ準優勝というKリーグの強豪。そして、去年のACLでは、浦和がPK戦で負けた因縁の相手。ACLを睨んで相手としては不足はありません。不足はないのですが・・・FCソウルはACLのグループステージで同じ組なんですよねえ。天皇杯の結果で組み合わせが変わっちゃう状況でのマッチメイクだったので仕方ないのですが・・・。なので、お互いにどこまで手の内を見せるのか微妙なところ。

浦和のスタメンは、新加入の菊池が左WBでスタメン、左ストッパーはコンディションが一向に上がらないとされている槙野でなく宇賀神。また、GKは西川くんが負傷していることもあって新加入の榎本。

そして、後半はミシャの公言通りに選手総入れ替え。新加入選手は、矢島くんとオナイウがシャドウで長澤がボランチ。


結論から言うと、内容はイマイチ。シュートは少ないし、今季の目標である「ハーフコートゲーム」は出来てないし、何より攻守の転換が早くないし、サイドチェンジパスが少ないし通らない。

でもまあ、「手の内を見せない」試合だったし、前日まで沖縄でハードなキャンプしていたわけで疲れも残っているだろうし、怪我人が何人かいるし、仕方がない部分もあるかなあ。

今季の特徴が出たのはおそらく前半だろうけど、プレシーズンマッチということもあるのか、低い位置からリスクを冒しながらショートパスで繋ぐプレーを意識していたな気がします。
その前半はFCソウルのプレスも効いていたこともあってなかなかシュートまで持ち込めなかったですけど、唯一の決定機のシーンは新加入の菊池のところから綺麗に崩していましたね。武藤のシュートが当たり損ねだったのが残念だけど。

MOMは、後半に同点ゴールの長澤。クロスが相手に触られてこぼれたところをミドルシュートだったので崩した感はないけれど、シュート自体はゴラッソ。矢島くんも遠目から狙ったシーンがあったけど、浦和にはミドルシュートが少ないと思ってるんで、こういうシュートへの意欲は個人的には好印象。

後半はシャドウに矢島くんで長澤はボランチだったけど、逆も試して欲しい気がします。長澤はキャンプから一貫してボランチ起用だけど、体の強さからそうなってるのかなあ?長澤はシャドウの方がいい気がするけど。矢島くんと長澤は期待したいですね。もうちょっと周りとの連携が良くなればいいのだけれど。

前半、左WBを勤めた菊池だけど、充分試合で使われる可能性があると思いました。そこはもっと高い位置にいなきゃと思ったシーンもあるにはあったけど、そこは修正できるでしょ。

オナイウ阿道はミシャ監督に期待されているみたいだけど、まだ浦和のサッカーへの慣れが足りないかな。ミシャ監督にポジショニングについて怒鳴られてたけど。

(特に)西川くんとラファエル・シルバが欠場したこともあるけど、このままだとミシャが言っていた2チームの稼働は難しい印象。だけど、上に書いたようなエクスキューズもあるし、残る1週間でどれくらい仕上げられるか。楽しみに待ちましょう。





堅実経営の浦和レッズが投資を増やすらしいので、期待しようの巻

日経新聞に淵田・浦和レッズ社長のインタビュー記事が掲載されていました。

J1浦和社長「17年度、投資の選択肢広げる」(日経新聞)

浦和レッズは、その集客力をベースにJリーグではダントツの営業収入を誇っています。でも、選手にかける人件費はJリーグでトップクラスではあるけれど、トップではないんですよねえ。そのあたりは、タイトルを望むサポーターにとっては、ちょっともどかしい面があるのは否めません。

それはひとつには、親会社に頼らない(頼れない)経営をしているからに他なりません。

今オフで、セレッソが清武を獲得しましたが、報道によるとその移籍金は6億円とも言われています。セレッソの社長によると、その金額は無理だなと思いながら親会社に相談したら、ぽんっと出してくれたそうな。

残念ながら、レッズの親会社にはそんなことは望めません。
レッズは、犬飼社長時代に親会社との損失補てん契約を打ち切って独立採算制をとっているので、収入以上の投資はなかなか出来ません。
実際、レッズの補強は予算内に収まるように、なんとかやりくりしながらやっている感じです。外国人にしても、あまり冒険はせずに、国内で実績がある選手や、外国で未知数な選手には高いお金を使わなかったりしています。(まあ、直接の外国からの獲得は、あまり成功していない感じがします・・・)

そして、犬飼さんは、比較的大胆な投資をする社長でしたが、その後任の橋本前社長や、現在の淵田社長は、固い、堅実な、冒険しない経営者という印象を抱いていました。

今回のインタビューでの淵田社長の発言は、こういうった僕の印象を覆すことになるのでしょうか。

5億円の増収をベースに、かなり威勢のいい言葉が並びましたね。
営業・マーケティングへのITの活用やユースなど育成部門への投資、クラブハウス改築、その他にもスタジアムアクセスの改善(クラブがなんとか出来る問題ではないので自治体などへの働きかけ)や、スポンサーとWin-Winの関係を目指すレッズビジネスクラブ、レッズランドの一般社団法人化など、いろいろ意欲的にやろうとしていますね。

どちらかと言うと、保守的なイメージがある浦和レッズの経営陣ですが、どうやら、これから、より面白いクラブへ変身していきそうですね。

インタビュー最後の淵田社長の言葉、

「年はチーム低迷の後遺症か、クラブ内には投資マインドを忘れたムードもあった。これからは未来の描き方が変わる。」

この言葉は期待を抱かせますね。これからの浦和レッズを期待を持って見守りましょう。



・・・ところで、チーム運営費を4億増やすそうだけど、夏に新たな選手獲得ある?


Archives
記事検索
お天気
Google+じゅにじゅに
楽天市場
  • ライブドアブログ