浦和レッズの2014年シーズンが終わり、チームは来季への鋭気を養うためのオフに入りました。
そして、この季節はサッカー関係の人たちにとっては出会いと別れの季節でもあります。

関口訓充との契約について(レッズオフィシャル)

関口が仙台から浦和へ来てから2シーズンが終わりました。関口は田中達也の帝京高校の後輩ということもあって、かつて田中達也が付けていた背番号11を希望しました。その田中達也がレッズサポーターの間では特別な存在だっただけに、プレッシャーもあったとは思いますが、あえてその番号を選んだのですから、大きな覚悟を持っての移籍だったのでしょう。

当時の浦和は平川、宇賀神、梅崎というWBがいましたが、ミシャサッカーでは特に運動量を要求されるため、さらにWBが出来る選手を探していました。ミシャサッカーにおいては、時にはサイドアタッカー、時にはディフェンダーという運動量を要求されるポジションであるWBに対応できる選手として、白羽の矢が立ったのは関口でした。

関口の加入によって、WBは4人体制になって、試合中の選手交代も両WBを替えるのが定番となっていましたが、いつしか、左WBは宇賀神、右WBは平川が中心になっていきました。

そして、2014年シーズン、浦和ユースから関根くんが昇格・加入してきました。個人的には関根くんの適正ポジションはシャドウのような気がしていますが、それはさておき、持ち味のドリブル突破でWBのポジション争いに参戦してきました。関根くんは(今の所)守備に難がありますが、時間が経つにつれてスタメンに平川と宇賀神、途中交代で関根くん投入というパターンが確立されていき、関口はベンチ入りもままならなくなっていきました。

関口は運動量を期待され、その期待には応えていたとは思いますし、関口の活躍で勝利を掴んだ試合もありました。さらにチームにフィットしていけばもっと活躍できると期待していた人も少なくないと思います。

ただ、現実は厳しいですね。右サイドではベテランの域に入った平川からポジションを奪えず、左サイドでは槙野との絶妙な連携を見せる宇賀神に割り込めず、さらに新人の関根に割り込まれては・・・。契約満了も仕方ないのかもしれません。(さらに、柏の橋本の獲得も噂されていますし・・・)
関口については契約満了を惜しむサポーターも少なくないようですが、2年間あったチャンスを残念ながら生かすことが出来ませんでした。

今後の関口の進路についての情報はまだありませんが、彼ならば他のJ1チームでもやっていけると思います。浦和の強化部を後悔させるような活躍を祈っています。もちろん、浦和との対戦時を除きますよ。