浦和レッズのライバルチームはどこか?と聞かれたら、ガンバとか鹿島とかあげる人が多いかと思うけど、古くからのサポーターの中ではライバルは札幌という声も少なくないと思います。

札幌サポーターの方もお馴染みの「お前は既に死んでいる」横断幕を期待している方もいらっしゃるようですが、浦和は例の事件以降、横断幕は許可制になっているんで、ちょっと難しいかな。いっその事、札幌さんに返却しちゃってもいいんじゃないかしら。

というわけで、永遠のライバル・札幌戦です。

印象だけで言うと、目下のところ首位の浦和とJ2から上がってきたばかりの札幌の対戦ですから、浦和が勝ち点3を獲得するのが普通と思いがちですが、油断大敵です。
前回の対戦では、既に降格が決まっていた札幌に浦和はホーム埼スタで負けてるんですよね。その敗戦で優勝争いから脱落したという苦い経験が浦和にはあります。

それに、札幌は、FC東京に勝ち、川崎に引き分けているんですよね。それも、ドン引きの末のカウンター一発とか力の差があるチームの闘い方じゃなくて、堂々と渡り合っての1勝1分ですから、決して侮れるチームではありません。

ポイントは、いかに都倉に仕事をさせないかでしょう。都倉へのボールの出処を抑えれば浦和が押し込む時間帯も増えるでしょう。そうなれば浦和ペース。逆に都倉が活きるようだと浦和にとって厳しい展開となります。

その都倉、かつて神戸にいた頃は。それほど脅威とは感じなかったんですが、FC東京戦、川崎戦を含めて既に4得点。若くはない選手ですが、J2で成長したんですかね。もっとも、アウェイでは札幌を勝ちに持っていく事は出来ていないんですが。

個人的に札幌で注目したいのは、やっぱり小野伸二。怪我が多い伸二ですけど、今は復活しているようなんで、スタメンかどうかはわかりませんが、出場するでしょう。浦和レッズに嵌っていくきっかけいなった選手なので、またそのプレーを見れるのは楽しみです。でも、得点は取られないよ。そういえば、前回の対戦だったかな、宇賀神とやりあってたな。

もうひとりは、今シーズン前に浦和がオファーを出したと報道されている福森。キックが上手いらしいので、見ておこうかと。来年は浦和に来るかもしれないし。


浦和は怪我をしていた選手もGK福島くん以外は練習に復帰しているのが好材料。来週水曜日にACLウェスタン・シドニー戦があるので、ターンオーバーも考えながらのスタメン選考になります。さて、どんなスタメンになるでしょうか。まあ、前線はKMRが妥当な線かな。右WBは関根くんが怪我から復帰しそう。
しっかりと闘って、首位をキープしましょう。