天皇杯というACL出場権を得るための最後のタイトル。浦和の前には宿敵・鹿島がいました。

負傷で離脱していたマウリシオが復帰して、浦和のスタメンは久しぶりのベストメンバー。リーグ最終戦で温存した興梠や武藤も元気(のはず)です。

一方の鹿島は、レオ・シルバと三竿がベンチ外。理由は知らないですけど、リーグ戦、天皇杯、CWCと続く過密日程対策の温存なのかなあ?まあ、浦和としては、レオ・シルバ不在は助かったかもしれません。


試合の立ち上がりは鹿島ペース。浦和はなかなか攻め込めません。
そして鹿島の方は、鈴木優磨の抜け出しやクロスに対して2列目3列目の飛び込みなどで、多分、前半20分くらいまでに決定機に近いシーンを2〜3回作られてたと思います。どうも浦和の守備が嵌らない。

柏木、青木、長澤の3ボランチが話し合うシーンがありましたけど、守備が嵌ってない事はやってる選手が最も感じていたんでしょうね、話し合ったあとの20分過ぎくらいからだんだん守備が上手くいくようになっていきました。

そして、前半27分、柏木の右CKに中央ややファー寄りのところでマウリシオが頭で合わせて浦和が先制!
なんかね、多少押し込まれても少ないチャンスを物にしてしまうというのは、鹿島っぽい強さだなあ、浦和もオリヴェイラ監督によって勝負強さが身についてきたのかなあと、この先制点を見て個人的には思ってました。

先制してからの浦和は、気持ちもより入っただろうし、浦和のシュートシーンが増えて行きました。中でも、先制点を同じサイドからのCKに、やはり先制点と同じファーサイドで岩波が合わせたシーンは惜しかったですね。

そんな感じで、立ち上がりは鹿島ペース、浦和が先制してからは浦和ペースという形で、1-0で浦和がリードして終わりました。


後半の立ち上がりは前半の終盤と同じような感じだったと思いますけど、やがて徐々に鹿島が浦和を押し込んで行ったのは、リードされた鹿島が選手交代などで攻勢に出た事、浦和がリードしていた事により守る気持ちが大きくなったなどが考えられますが、試合の流れに大きく影響したのは、浦和の選手の負傷だったのではないでしょうか。

まず51分、興梠が膝?を痛めて李と交代、65分に武藤が右足?を痛めて柴戸くんと交代、72分には青木が肘を痛めて阿部ちゃんと交代。
なんと、浦和は3つの交代枠が全て負傷交代という不運に見舞われました。

確かに、今までも興梠に代えて李を投入することはあったし、終盤のクローザーとして柴戸君が投入されることはよくありました。したがって、この不運も大きな混乱にはならなかったかもしれませんが、ただタイミングがねえ。オリヴェイラ監督のゲームプランとは無関係に交代枠を使わざるを得なかった事は、浦和の選手にその後の時間帯においては忍耐を要求することになりました。

ただ、終盤は忍耐の時間帯になったものの、鹿島の決定機はそれほどなかったと思います。それは浦和がしっかりブロックを作って献身的に守備に奔走していたからかと思います。

そこでカウンターから追加点を取れたらもっと楽に勝てたんでしょうが、2トップを負傷で欠いて、李ひとりではなかなかチャンスにはなりません。(チャンスになりかけた事はあったけど)

最大のピンチは終了間際にGK西川くんがセーブしきれずにボールがゴール前をコロコロと転がったシーン。ギリギリのところで宇賀神が鹿島の選手より先に触れたけど、いやあ、あれは肝が冷えました。万一、同点にされてたら、再び勝ち越すことは難しかっただろうなあ。

ともかく、3人もの選手が負傷交代するという大ピンチの中、浦和はなんとか1-0で逃げ切りました。

3人も怪我人を出した苦しい試合に勝てた勝因は、押し込まれても決して怯まずに体を張らせる、オリヴェイラ監督のモチベーションアップ術なんじゃないかな。
以前からモチベーターとしての手腕はかなりのものだと聞いてはいたけど、選手はもちろん、前日練習への集合を呼び掛けて、サポーターのモチベーションもスタッフのモチベーションも、浦和レッズに関わる全ての人のモチベーションをアップさせてこの鹿島戦に集中させた、凄い人なんだなあ。

勝利の瞬間、ベンチで感極まってた様子だし、浦和へ帰るバスの中からサポーターに向かってオリヴェイラ監督が何か叫んでたけど、本人も凄い熱い人みたいだ。


さて、辛くも決勝に進出した浦和レッズ。決勝に向けて中3日、3人の負傷者が果たして間に合うかどうか・・・(交代後に興梠は笑顔を見せてたけど・・・)

でも例え負傷者が間に合わなくても、ここまで選手、スタッフ、クラブ、そしてサポーターが一緒になって同じ方向を向いているのは凄いことだし、今ならどんな相手でも闘える気がする。

さあ、9日の天皇杯決勝は俺たちのホーム埼玉スタジアム2002。皆で闘って、今シーズンサイドのタイトルを取って、来期のACLを勝ち取りましょう。