ちょっと仕事で遅くなったので簡単に。

アジアカップの初戦、日本代表はトルクメニスタンと対戦しました。

FIFAランキングだけから見ると日本が楽勝してしかるべき試合でしたが、やっぱりアジアは簡単じゃないですね。前半に日本は大苦戦。

トルクメニスタンは基本的に引いて守ってカウンターという感じできて、特にゴール前では中に人数をかけて守ってました。そんな中を固めてる相手に対して日本は中へ中へと攻めるもんだから、全然崩せない。中央へ楔のパスを送ってはボールロストするの繰り返し。

そんな中、カウンターからトルクメニスタンのゴラッソが飛び出して、前半は日本が1点ビハインドと苦しい試合となりました。
この失点は、遠目の位置からのゴラッソとはいえ、ボールホルダーに対して誰もプレッシャーをかけにいかないし、あれでは狙ったボールを蹴りやすいよなあ。それと楔を入れてロストしてピンチになるってのは、ミシャ時代の悪い時の浦和を見てるようで、ちょっとリスク管理に問題があるんじゃないかとも思っちゃいましたし、他にも危ないシーンが散見されて、こりゃやばいと思わされた前半でした。


後半になると、森保監督の檄が飛んだのかもしれませんが、相手が固めてる中へ中へという単調な攻撃より、サイドを使った攻撃な効果的になりました。特に左サイドに開いた原口元気からの攻撃は良かったですね。同点ゴールも逆転ゴールも左サイドの元気のところからでしたから。

その後もトルクメニスタンの足が止まってきた事もあり、堂安の追加点もとれて後半は余裕を持って試合を見れました・・・

・・・と思ったら、途中出場の北川が自陣のスローインからボールをキープしようとしてロスト。センターバックの吉田と槙野が攻撃に備えて開こうとしていたところだっただけに対応が遅れてGKと1対1に持ち込まれ、GK権田が相手を倒してしまってPK。3−2と試合がわからなくなってしまいました。

これなあ、相手を倒した権田もさることながら、北川のロストの仕方が個人的には印象が悪い。簡単に叩けば何の問題も無かったシーンでしょう。自陣で無理するところじゃないよなあ。2点差になって周囲の選手も含めて油断があったかも?

この1点差に追いつくPKはトルクメニスタンを勢いづかせて試合を難しくしちゃったけど、それでもさほど決定的なシーンは作られなかったかな。

という訳で、予想外の苦戦となりながらも、日本代表はなんとか初戦で勝ち点3を得ました。同なんだろ?数人の選手のコンディションが悪かったみたいだけど、日本に油断はあったのかなあ?
Twitterで誰かが、トルクメニスタンの監督はやり手だって言ってたけど、そういうスカウティングは出来ていたんだろうか?

まあ、こういう代表の大会では、試合をこなすうちに段々とチーム力が上がっていく事があるんで、そこを期待しましょう。次はオマーン戦かな。初戦で出た数多の課題を解決していてくれると嬉しいんだけど。期待しつつ遠い地から応援します。はい。