レッズの試合がないこともあって更新をサボってしまいました。代表戦もあったけど、まあ、レッズからは山中がちょっと出ただけだし(その山中はやっぱり裏の守備が・・・)というわけで、ちょっとだけ感想を。

で、女子ワールドカップが始まりましたね。
日本のなでしこジャパンは2回目の世界一を目指して闘います。前回よりも世界のレベルが上がっているので苦戦が予想されますが頑張って欲しいと思います・・・


そのなでしこジャパンの初戦はアルゼンチン。
実力的には日本が圧倒的に優位。それはアルゼンチンも相当意識していて、ドン引きの守備。ドン引きの時でもカウンター要員として一人二人は前線に残しておくのが普通だと思いますが、アルゼンチンは1トップの選手までが自陣に引いていた時間帯が多くて、試合を通じてスコアレスドロー上等というプランだったみたい。

で、そのアルゼンチンのプランになでしこジャパンはすっかりはまってしまって、結果はスコアレスドロー。
まあ、ドン引き相手を崩すのは難しいってのはその通りなんだけど、それにしても工夫が無さすぎたんじゃないかなあ。
FWに楔のパスを入れても相手の人数が多くて直ぐに囲まれてロストしたり、出しどころがなくてドリブル突破を図ってロストしたり、難しいのは分かるんだけど連携があまり見られなかったなあ。
印象的には狭いところばかり狙ったような感じで、崩すことに拘り過ぎた感じ。ボールを持てるだけに崩せると思いこみ過ぎたのかも?時いは菅澤を狙って放り込むとか、ミドルシュートを狙うとかしてみて欲しかった。

攻めに工夫が見られないのも気になったけど、時折あったミスも気になるな。徳にDFラインからのミスはアルゼンチンがドン引き過ぎてたから大ピンチにはならなかったけど、強い相手だったら致命的になるよね。

というわけで、勝ち点1をとったものの、今後が不安になる初戦でした。次のスコットランド戦には勝たないとグループステージ敗退の可能性が大きくなっちゃうよ。いろいろ見直して絶対に勝たねば。