ACL 2019 決勝ACL決勝、浦和レッズは残念ながら敗れました。

冷静に見直せば、まあ、完敗でしたね。1st legは言うまでも圧倒されていたし、ホームでの2nd legは、まあ1st legよりは試合になっていたけど、アルヒラルはあらゆる面で浦和を上回っていたと言わざるを得ないでしょう。

一番印象に残ったのはスピードの差。
カウンターでチャンスを掴みかけてもアルヒラルDFに追いつかれてチャンス潰される。ボールを持っていても、ちょっと油断するとあっという間にかっさらわれてカウンターを喰らう。その喰らったカウンターで抜け出したアルヒラルの選手を追いかけても追いつかない。大ピンチをなんとかしようとファウルで止めてイエローカードを貰ってしまう・・・関根、青木、岩波・・・3人ともプロフェッショナルファウルと言うのかもしれないけど、こうも頻発してしまっては・・・

スピードの差が印象的だったけど、球際でもなかなか勝てなかったし、戦術的にもアルヒラルが上回ってた感じ。
アルヒラルの前線は高い位置から浦和守備陣に積極的にプレスをかけ、ビルドアップを制限していました。元フランス代表のFWも献身的にプレスを敢行。そして、前線がプレスをかけても後ろに穴が開かなかったですね。浦和が付け入る隙があまりありませんでした。苦し紛れにロングボールを放っても、前線がキープ出来ずにボールを奪われてしまう・・・。

試合終了後に関根くんが真っ先にひとりゴール裏のところまで来て頭を下げていたけど、責任を感じちゃったんだろうなあ。残念ながら、アルヒラルの選手に局面で全く勝てなかったもの。
1st legでほぼ完璧に押し込まれてたから、点を取らなきゃいけない2nd legは両ウィングバックに高い位置を取らせる作戦だったんだろうけどね。まあ、確かに高い位置にポジショニングしていたとは思うけど、有効な左サイドから有効な攻撃が出来ていたかと言うと・・うんまあ、無かったな。(最初のチャンスは関根くんサイドからだっけ?)逆に失点に絡んだりしてたから、試合後のあの行動になったんでしょう。
逆サイドの橋岡くんも関根くんに続いて同じような行動してたけど、橋岡くんサイドからは何回かチャンスがあったね。

数少ないチャンスが得点に結びつかず、杉本を入れて最前線の高さ勝負に持っていったところで厳しいなと思っちゃったんだけど、あれは采配ミスじゃないかなあ。いままでも試合の終盤で得点が必要な時に放り込み要員として杉本が投入されたことが何回もあったけど、成功した記憶がない。いや、杉本が駄目とか言うんじゃなくて、杉本の使い方が良くないんじゃないかなあ???セレッソ時代に得点王争いをした時も放り込み要員じゃなかったんじゃなかったっけ?他チームなんで記憶が定かではないけど。

とにもかくにも、全ての面で完敗だった浦和。まあ、Jリーグで残留争いをしてしまう実力のチームがアジアを獲るなんて恐れ多い事だったのかもしれないね。いやもう、ほんっとに悔しいけれど。

シーズン前にJリーグとACLを制覇すると豪語したチームは、結局どちらも取れず、Jリーグでは残留争いをしてしまう始末。来季にむけて抜本的な改革が必要なのかもしれないね。フロントも含めてね。

でもまずは、J1に残らなきゃ。残り2試合のJリーグで残留を勝ち取って、それから考えましょう。(フロントは、とっくに考えてるんだろうな、まさか。)