ACLショックが冷めやらぬ浦和ですが・・・
無理にでも気持ちを奮い立たせて残留に向けて闘わなくてはなりません。

クラブからは来季のGMの話や監督の話が出てきていて、それも気持ちを萎えさせる一因にもなっていますが、それでも気持ちを奮い立たさなければなりません。

まずは、残留条件を確認しましょう。
J1_2019_残留争い33節
まず、浦和は、自動降格にならない事は確定しています。16位の湘南、17位の松本が連勝して浦和が連敗した時のみ浦和は17位に落ちますが、最終節に湘南と松本の直接対決があるために、両チームとも連勝はあり得ないからです。

16位はJ2のプレーオフで勝ちあがったチームと1試合のみの入れ替え戦となりますが、残留争いで気持ちが疲弊しているチームと勝って気持ちに勢いがあるチームとの対戦になりますから、やっぱり15位以上を確保したいですよね。

という訳で、浦和は残留するためには、残り2試合で・・・
・勝ち点3以上獲得すること
・勝ち点2で湘南との得失点差9をひっくり返されないこと
・勝ち点1で湘南が連勝しないこと
・勝ち点0で松本が連勝しないこと
・勝ち点0で湘南が連勝しないこと
・勝ち点0で湘南が勝ち点4を獲得し、得失点差9をひっくり返されないこと
のいずれかが必要です。

そして、FC東京戦で残留を確定させるためには・・・
・勝つこと
・湘南が負けること、かつ、松本が勝たないこと
のどちらかが必要です。

ようするに、勝ちゃあいいんですよ。
相手は、滅法相性がいいFC東京です。試合内容で押されたとしても、何故か終わってみれば負けてないというFC東京。

ただ、今回は、相手は優勝争いをしているんですよね。いつも浦和を相手にするとモチベーションを高くもってきますけど、優勝争いしているからいつも以上にモチベーションは高いでしょう。そこが焦りに繋がってくれれば浦和の勝機が見えてくるようにも思いますが。まあ、相手の焦りを誘発するように無失点に抑えることがポイントですね。

ただ、どうなんでしょうね。前節の湘南戦を見ましたけど、FC東京は低調で内容的には湘南に押されてました。あの時のパフォーマンスでいてくれれば浦和が勝つ事は難しくなさそうですけど・・・うんまあ、そう簡単にはいかせてくれないかな?


とにかく、いいとは言えないシーズンでしたが、最後は気持ちよく(いやまあ、多少はですが)終わりましょう。

さあ、残留するぞ!