2019年シーズンの浦和レッズの最後の試合、ガンバ大阪戦は2-3での敗戦と結果で終わりました。
今シーズンの闘い方について思うところはいろいろあるけど、それはまたの機会に譲るとして、とりあえず、この試合のお話。

発表されたスタメンを見て、何これ?有終の美を飾ろうと思ってる?ってのが第一印象。
興梠はベンチにもいないし、シーズン中活躍出来なかったマルティノスと山中がいるし、関根くんとエヴェルトンはベンチだし、どうなってるんだこれ?

(興梠の不在はご家族のご不幸があって急遽帰省したということでした。ご尊父様のご冥福をお祈りいたします。)

試合内容は・・・まあ、今シーズンの成績を象徴するような感じだったかな。
守備は意思統一が図られてない感じで前からプレスをかけても連動してないので随所にスペースができ、攻めては楔を打ち込めず、打ち込んだところでキープ出来ずにロストしてカウンターの起点に、シュートまで持ち込んでもシュートは枠に飛ばず・・・

後半に5-3-2にしてから多少は形になったような気もするけど、痛かったのは柏木のFKで同点になった直後のセットプレーからの失点。ありゃあ酷いかったねえ。あそこまでドフリーでヘディングされるのも珍しい。
全然うまくいっていなかった試合がFK一発で追いついて、これはひょっとしたら・・・と思った直後の失点だけに心理的ダメージも大きかったですね。

とどめを刺されたの3失点めは、縦パス一本で裏を取られたもの。山中の裏ってのは、浦和攻略の狙い目となってますね。

まあ、終盤にファブリシオの個人技で1点差となったものの、あれもあんまりチームで崩した感はなかった気がする。

交代策も疑問。
リードされてファブリシオを投入するのはいいんだけど、下げたのは何故、長澤なのか。前半ぼろぼろだったマルティノスだったんじゃないのか?(と思ったら、マルティノスの突破で得たFKから同点になったけど)

勝つために関根くんを投入したのはいいけれど、下げたのは何故、橋岡なのか。守備に難点を持つ山中だったんじゃないのか?(案の定、左サイドで裏を取られて失点)
ファブリシオも関根くんも何故スタメンではないのか?

とまあ、選手の組み合わせもコンビネーションも戦術もよくわからん、まあ、これじゃあ残留争いに陥るよなあという試合でした。(個人の感想です。)



仮にこのままだと来季も残留争いだよなあ、いや、今より酷くなるかも?と思わせる試合だったと思います。(個人の感想です。)ほんとに抜本的な改革が必要でしょう。

さて、その意識と覚悟がクラブになるのか。見守るしかありません。