浦和レッズは、来季も残留争いを覚悟してJ1を闘う決意をしたようです。監督の途中解任も十分にあり得る話です。

新任の土田スポーツダイレクターの決意表明のような作文も合わせて発表されています。言わんとする事はわからんでもないですが、その具体的施策の第一弾が大槻監督続投の発表です。


大槻監督は、チームの危機に火中の栗を2度も拾ってくれた恩人です。ですが、残念ながら今年のリーグ戦の結果は解任されたオリヴェイラ前監督時代より成績は下がっています。ちょっと続投はあり得ない選択ではないかと個人的には考えています。同じように渦中の栗を拾ってくれた堀さんも途中解任されてクラブを去っていますし、またも恩人を切り捨てる事になるのでしょうか?

もちろん、物凄い補強をすれば成績が上がるかもしれませんが、浦和は「Jリーグで実績のある人」という条件の中で探しているようなので、あまり期待は出来ません。個人的な本音を言っちゃえば、金と海外のサッカー界の情報を持ちコネがある外資とかに入って貰いたいと思っちゃたりしてます。
最大の補強ポイントは経営陣だと思ってる人も少なくないんじゃないでしょうか?

さて、クラブが監督続投という決断をした以上、僕らは来季も残留争いを覚悟し、何とか残留できるよう応援しましょう。
(ちなみに僕はシーズンチケットを更新してます。)